論語詳解058八佾篇第三(18)君につかえるに’

論語八佾篇(18)要約:下克上の世、形だけになっていたお作法も、その形さえ消えようとしていました。孔子先生がお作法通りに殿様を拝むと、皆はやれやれと眺めます。それでも先生は、お作法をやめようとしませんでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「事君盡禮、人以爲諂也*。」

校訂

武内本

唐石経句末也の字あり。


→子曰、「事君盡禮、人以爲諂。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 事 金文論語 君 金文盡 尽 金文論語 礼 金文 論語 人 金文㠯 以 金文論語 為 金文臽 諂 金文

※諂→臽。論語の本章は、文末の也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、きみつかふるにれいつくさば、ひともつおとしいるるとす(かななり)。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「主君に仕えるに当たって礼儀を尽くすと、人はそれをわなだと言う。」

意訳

論語 孔子 熱
例え人に笑われようとも、礼法を尽くして主君に仕えなさい。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「君主に仕えて礼をつくすのは当然だ。然るに世間ではそれをへつらいだという。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「對領導盡禮,人們認為是諂媚。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「権力者に礼を尽くすと、人々は媚びへつらいだと思う。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

盡(尽)

盡 尽 金文 論語 尽
(金文)

論語の本章では、”つくす”。上掲の金文は戦国末期のものだが、甲骨文から存在する。

『大漢和辞典』ではその他”つきる・まごころ”の意を載せる。『学研漢和大字典』によると会意文字で、盡は、手に持つ筆の先から、しずくが皿にたれつくすさまを示す。津(シン)(しずく)・燼(ジン)(燃えつきたかす)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「尽」を参照。

禮(礼)

論語 礼 金文 論語 饌 礼
(金文)

論語では、孔子の言う仁者のスペック。当時の常識的な礼法とは、およそ懸け離れた珍妙な作法だった。詳細は論語における「礼」を参照。

論語の本章では前句を受ける接続詞で、”それで”。

諂(テン)

論語 諂 金文大篆 論語 落とし穴 諂
(金文大篆)

論語の本章では、へつらいのうち、相手を落とし穴にはめるようなへつらい、ワナ。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。置換候補は臽(カン)。詳細は論語語釈「諂」を参照。

論語:解説・付記

上記の検証に拘わらず、論語の本章はおそらく戦国時代の孟子による偽作だろう。儒家の「礼」に対する世間の批判は、孔子と入れ替わるように春秋末期から戦国を生きた墨子が最初で、墨家は楊朱の学と世間を二分する巨大学派に成長した。

対して儒家は、事実上滅亡していたが、開き直って冠婚葬祭業に徹した子游派などが何とか生き残っていた。そこへ現れたのが孟子で、孟子は墨家への対抗上、「礼」を大げさに売り出す必要があった。それゆえの本章のでっち上げである。

儒教の礼法は「礼儀三百、威儀三千」と言われるほど細かく多岐にわたるが、孔子の時代にその全部が揃っていたわけではない。ほとんどが孟子から漢代儒者の創作である。礼法を記した『礼記』の類も、彼らの手によるものだと判明している。以下、『字通』を引用する。

【周礼】しゅらい
。〔漢書芸文志〕に「官經六」とあり、「天」「地」「春」「夏」「秋」「冬」の六官より成る。悦の〔漢紀〕に「劉官六を以て禮と爲す」とあり、劉がはじめて冬官を得て六を定め、杜子春がこれを学び伝え、玄が〔注〕し、唐の賈公彦が〔〕を加え、〔十三経注〕の一となった。その成立について古来偽書説が多いが、古代の職能氏族の伝統を存するところもあり、それらをも承けて新しい官制組織を構想したものであろう。大統一を想定しているとすれば、の統一前後のものであろう。
【儀礼】ぎらい
十三経の一。冠婚葬祭・朝覲聘問の儀礼を記す。漢の武帝のとき、魯の淹中から得た古経五十六のうちの十七(古文)と、漢初に魯の人高堂生の伝える今文十七とあり、今文の経に玄が注し、唐の賈公彦のを加え、〔十三経注〕の一。礼の細節を記し、士昏・士喪などには古代の風俗を存するところがある。
【礼記】らいき
四十九。漢の戴聖の編。兄の戴徳の編する〔大戴礼〕(だたいれい)に対して〔小戴礼〕という。祭祀・儀礼・喪葬・教学を統論するものが多く、「大学」「中庸」「礼運」など、思想史の上で重要な文章を含む。漢の玄が注し、六朝期に義を作るものが多く、唐に至って孔穎達の〔礼記正義〕が作られた。〔五経正義〕〔十三経注〕の一。
【大戴礼】だたいれい
十五。漢の戴徳の。漢の宣帝のとき、后倉が梁の人戴徳・戴聖、沛の人慶晋に礼を伝え、戴徳の伝えたものは〔大戴礼〕、戴聖の伝えたものは〔小戴礼〕(今の〔礼記〕四十九)という。〔漢書芸文志〕に〔記〕百三十一、〔明堂陰陽〕三十三、〔曲台后倉〕九等、礼家説計二百十五があり、〔大戴礼〕はそれらのを刪取したものらしく、〔隋書経籍志〕に似た記述がある。〔初学記〕に大・小戴とも〔后蒼曲台記〕百から出たという。成立に問題があり、今本には佚亡多く、古記とみるべきものに乏しい。清の王聘珍に〔大戴礼記解詁〕十三巻がある。

さらに孔子の時代の礼法なるものも、孔子による創作で、つまりは全て虚構の産物。

孔子の当時、礼儀作法が廃れており、孔子はその復活を提唱したことは通説になっている。しかし孔子の提唱する礼儀作法が、果たしてその宣伝通り周初めのそれだったかは極めて怪しい。廃れていたと言われる当時の礼法なるものは、現在でも発掘されていない。

廃れていたから無いのだというなら、孔子は無いものを根拠に世を嘆く、頭のおかしな爺さんだったことになる。孔子は貴族としての一通りの作法を教えただけで、後世の儒者がでっち上げてやらかした、繁雑極まる作法を弟子に強要したわけではない。

しかしそれでもなお、当時の人にはやり過ぎに見えた。そうなった理由は、平民から成り上がるためには、血統貴族以上に貴族らしくしなければならなかったからだ。その例のいくつかが論語の郷党篇にあり、なるほど煩雑だが、郷党篇の各章は、後世のでっち上げ率が高い。

孔子はこういう事を言い回ったから仕官できなかったのだ、とされるが、実は若い頃、斉の景公に気に入られ、貰う領地まで指定されて仕官がほぼ決まっていた。それが”なし”になったのは、斉の名家老・晏嬰アンエイの反対による。

論語 晏嬰
「儒者どもは煩雑な礼儀作法を説き、それはどれだけかかっても学び尽くせはしません。節約を説きながら、儀式は派手にやれと矛盾しています」(『史記』・『墨子』)との批判だが、実はこれを言い出したのは墨子で、本当に晏嬰がこう言ったかどうかは断言できない。

なお既存の論語本では吉川本に以下のように言う。

論語 吉川幸次郎
礼の生活は、当時すでに崩壊の過程にあったが、孔子はその美しさを知るゆえに、君主と接触する場合にも、その規定に従って行動した。私としては当たり前のことをしているつもりなのに、人々は私のこの態度に無理解であり、私が君主にへつらっているとする。美しい秩序を保持しようとする私の気持ちを知らない、というなげきの言葉である。

吉川はバカげたことを書き連ねている。礼は崩壊の過程にあったのではない。そもそ儒教的礼なんて無く、そこへ孔子が周初の礼法だと言いふらして、かくあるべき貴族の作法として、礼をひねり出した。だから当時の人には珍妙に見え、バカの仕草だと笑われたのだ。

理想の姿が先ず孔子の頭にあって、それに都合のいい記録を当てはめていっただけ。言わば現代の素人絵師が、理想の異性を想定してそれに合わせて造形したようなもの。等身大フィギュアを喜ぶ人もいるだろうが、人間離れした容姿に不気味に思う人も少なくないのと同じ。
論語 おたく論語 フィギュア 魔法少女

現代人は中国の礼法を、儒教のそれしか知りようがないから、孔子があたかも過去の礼法の復活者のように思うが、それは孔子のいやが上にも高まる想像と、自己宣伝のために後世の儒者が想像した産物であって、論語時代の一般的な礼法から見れば、途方もなく奇妙だったのだ。

これにつき古注はこう言う。

子曰事君盡禮人以為諂也註孔安國曰時事君者多無禮故以有禮者為諂也疏子曰至諂也 當于爾時臣皆諂佞阿黨若見有能盡禮竭忠於君者因共飜謂為諂故孔子明言以疾當時也(『論語義疏』)

本文。「子曰事君盡禮人以為諂也」

注釈。孔安国「当時君主に仕える者の多くが礼法を知らなかった。だから知っている者が出ると媚びへつらいだと言った。」

付け足し。先生はへつらいの極みを言った。当時は家臣どもがみな媚びへつらいを競っており、徒党を組んでいた。もし礼法通りの所作をし主君に忠義な者が出ると、口を揃えてゴマスリだと言いふらした。だから孔子はこの当時の悪癖をはっきりと「馬鹿者どもだ」と言ったのだ。

見てきたように書いているが、もちろん妄想の産物である。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)