論語詳解052八佾篇第三(12)祭るにいます°

論語八佾篇(12)要約:孔子先生の生きた時代、人は亡霊や神霊をおそれ、あたかも実在するように仕えていました。そんなもんおらん、死んだらそれまでと思っていた先生は、供養の所作のあれこれを、極めて冷たく見ていました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

祭如在、祭神如神在。子曰、「吾不與。祭如不祭。」

校訂

定州竹簡論語

……如在,祭神 外字a如神 外字[在]。46曰:「吾不與祭,如不祭。」47

  1. 神 外字、今本作「神」。神 外字即神字、『説文』云、「神 外字、神也。」段注「神 外字即神字。」

→祭如在、祭神 外字神 外字在。子曰、「吾不與。祭如不祭。」

復元白文

論語 祭 金文如 金文論語 在 金文 論語 祭 金文神 金文如 金文神 金文論語 在 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 吾 金文論語 不 金文論語 与 金文 論語 祭 金文如 金文論語 不 金文論語 祭 金文

書き下し

まつるにいますがごとくし、かみまつるにかみいますがごとくせり。いはく、われあづからず。まつりてまつらざるがごとければなり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
たましいにお供えを捧げるにはそのたましいがいるように捧げ、神にお供えを捧げるには、神が居るように捧げる。先生が言った。「私は関わらない。供えても供えないのと同じだからだ。」

意訳

お供えの時には、祖先や神様がおわすと思ってお供えしていた。それを見た先生が言った。

論語 孔子 居直り
「ワシはやらん。バカげとる。誰もおりゃあせんぞ。」

従来訳

論語 下村湖人
 先師は、祖先を祭る時には、祖先をまのあたりに見るような、また、神を祭る時には、神をまのあたりに見るようなご様子で祭られた。そしていつもいわれた。――
「私は自分みずから祭を行わないと、祭ったという気がしない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

祭祖如祖在,祭神如神在。孔子說:「自己不去祭,如同不祭。」

中国哲学書電子化計画

祖先を祀るときには祖先がいるかのように取り行う。神を祀るときには神がいるかのように取り行う。孔子が言った。「私は祭礼には行かない。祀らないのと同じだからだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


論語 祭 金文 論語 読経
(金文)

論語の本章では”祖先の祭祀”。「チンチンドコドン」の”お祭り”ではない。日本で言う法事、先祖に向けた冥土の供養を言う。中国では祖先へのお供え物として生肉などが好まれた。そのような祖先への供物を「血食」という。詳細は論語語釈「祭」を参照。

神(神)→神 外字

論語 神 金文 論語 神
(西周末期の金文1)

論語の本章では、あらゆる神や超自然的存在。『字通』によると、もと「申」とつくりだけを書き、それは雷の屈折して落ちる姿の象形という。

神 金文 論語 天
(西周末期の金文2)

一方『学研漢和大字典』によると会意兼形声で、申は、いなずまの伸びる姿を描いた象形文字。神(=神)は「示(祭壇)+〔音符〕申」で、いなずまのように、不可知な自然の力のこと。のち、不思議な力や、目に見えぬ心の働きをもいう。電(いなずま)と同系のことば、という。

詳細は論語語釈「神」を参照。

天の最高神を「帝」というが、唯一神・絶対神ではない。人間も優れていれば死後に神となるのは、日本の神と同じ。『封神演義』は、その事情をよく伝えていて、後世になればなるほど神の神聖性は薄れていき、願いを叶えねば社を壊すぞ、と『水滸伝』で脅されるに至る。

しかし論語の時代はそこまで人間が自信を付けておらず、孔子でさえも神は敬うべき存在だった。だが同時に「遠ざく」のも孔子で(論語雍也篇22)、孔子は大自然の摂理を恐れはしたが、その主宰者である神の存在をほとんど信じていなかった。古代に驚くべき合理主義である。

しかし普段は祭司として生活している「小人の儒」(論語雍也篇13)にとっては、神は一般人にとって恐ろしく有り難くないと、生活に差し支える存在でもあった。神への口利きが商売だったからである。

論語:解説・付記

前々章で検討した通り、孔子は古代人らしからぬ合理精神の持ち主で、少なくとも神が見えるような体質の人ではなかった。論語の本章が、前座と孔子の発言に別れて書かれているとおり、前座は当時の一般的な祭祀の模様を伝えており、孔子はそれを頭から否定したわけ。

『字通』によれば「祭」とは、もと祭祀そのものを言うのではなく、供え物の肉を祭壇に上せた象形で、”おそなえすること”を言う。従って本章の、「祭るにいますが如くす」というのは、”そこに先祖がいるようにして、血の滴る生肉を進めた”ということになる。

現代の都会のまん中でこれをやれば、少なくとも通報はされるだろう。だが古代中国での価値観は違い、人は死んでも魂は不滅と思っていた。だからこそ食事を出すわけだが、孔子はおそらく、死ねばそれまでと思っていた。それは最愛の弟子顔回の死に対しても同じだった。

「供養など知らん」と言ったほどなのだから(論語先進篇11)。なお孔子が「鬼神」に仕えることを重んじたと解せられる章が、論語泰伯編にありはするが、その章は明確に、後世の偽作と判別でき、孔子の鬼神観を示すとは言えない。

はるかな後世、新井白石がシドッチに、神などおらんと明確に言えたのも、儒学者ならではのことである。白石が依った理気論もまた、宋学がでっち上げた黒魔術ではあったが、開祖の孔子の合理性は、なお宋学を経た江戸時代の日本儒教の中にも宿っていた。

さてここで考えておきたいのは、孔子の回りくどい言い方についてである。「神いまさざればなり」と言わず、なぜ「祭りて祭らざるがごとければなり」と言ったのか。神などいない、と思っていたなら、素直にそれを言えば良かろうに、そのまわりを取り囲むように言った。

これは、言ってしまえば当時の人々から、袋だたきに遭ったからだろう。原文を読めないので受け売りだが、ロジャー・ベーコンもデカルトもニュートンも、極めて回りくどい書き方をしているという。やはり無神論と取られては、袋だたきどころか火あぶりに遭ったからだ。

現代でも、はっきりと「神などいない」と言い切るリチャード・ドーキンスは、危険視されて主要な科学賞から排除されている。ソ連政府はソ連軍とKGBの脅威を背後に無神論を言い、潰れてしまった。現代ですら無神論を言うのは難しい。2,500年前の孔子ならなおさらである。

さらに言えば、孔子の立場は無神論ではなく、神の有無を論じないことだった。ゆえに「怪力乱神」を語らないのであり(論語述而篇20)、大事の前の潔斎は慎重に行った(論語述而篇12)。無神論者にも落雷はあるように、自然の猛威は孔子もまた、大いに認めた現象だった。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)