論語詳解065八佾篇第三(25)子韶を謂う’

論語八佾篇(25)要約:音楽が得意だった孔子先生。いにしえの聖王の作った曲にも、油断のならない論評を加えます。尊敬して止まない周の開祖でも、武力で革命を起こしたそのとげとげしさが、曲にも表れていると評したのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂韶、「盡美矣、又盡善也。」謂武、「盡美矣、未盡善也。」

復元白文

論語 子 金文論語 謂 金文論語 召 金文 盡 尽 金文論語 美 金文已 矣金文 論語 又 金文盡 尽 金文論語 善 金文也 金文 論語 謂 金文論語 武 金文 盡 尽 金文論語 美 金文已 矣金文 論語 未 金文盡 尽 金文論語 善 金文也 金文

※韶→召・矣→已。論語の本章は、もし也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

せうふ、うるはしつくまたよきつくせるかななりと。ふ、うるはしつくも、いまよきつくさざるかななりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が韶の曲について言った。「美を尽くしている。また善を尽くしているなあ」。武の曲について言った。「美を尽くしている。だが善を尽くす境地には至っていないなあ」。

意訳

論語 孔子 キメ
シュン王陛下の韶の曲は、美しいし人柄の良さも出ている。武王陛下の武の曲も美しいが、そこまでお人柄は良くないようだ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師が楽曲(しょう)を評していわれた。――
「美の極致であり、また善の極致である。」
 更に楽曲()を評していわれた。――
「美の極致ではあるが、まだ善の極致だとはいえない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子評論《韶樂》:「盡善盡美。」評論《武樂》:「盡美不盡善。」

中国哲学書電子化計画

孔子が韶の音楽を評論した。「善を尽くし美を尽くしている。」武の音楽を評論した。「美を尽くしているが善を尽くしていない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」 、「 。」

美・善

論語 美 金文 論語 善 金文
(金文)

論語の本章では、「美」は”官能的に美しい”。「善」は”人柄がよい”。

ともにヒツジに関わる言葉であり、美はヒツジの大きなものを言い、善はヒツジの褒めそやされるそれを言う。その違いは明らかではないが、美人と言えば見目良い女性をいい、善人と言えば人柄の良い人や、能力の高い人をいう。

論語の文中、「美」は14箇所しか用例がないのに対し、「善」は42箇所ある。
論語語釈「美」・「善」

韶・武

論語 韶 金文大篆 論語 武 金文
「韶」(金文大篆)・「武」(金文)

論語の本章では、共に昔の聖天子が作ったとされる曲で、韶は舜が、武は周の武王が作者という。武内本もそう言うが、どのような曲かは伝わっていない。

韶の字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はȡi̯oɡで、同音に召とそれを部品とする漢字群。下記藤堂説から、論語の時代は召と書いたと判定した。

「韶」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「音+〔音符〕召(=昭。あかるい)」。意味は上記曲名のほか、うつくしい。音や色がほがらかで明るい。優美である。

「武」は会意文字で、「戈(ほこ)+止(あし)」で、戈をもって足で堂々と前進するさま。ない物を求めてがむしゃらに進む意を含む。▽「春秋左氏伝」宣公十二年に「戈(カ)を止(トド)むるを武となす」とあるのは誤り。賦(求める)・慕(求める)・摸(ボ)(さぐる)・驀(バク)(馬がむやみに前進する)・罵(バ)(むやみにつきかかる、ののしる)などと同系のことば、という。

詳細は論語語釈「韶」を参照。

論語:解説・付記

上掲の検証に拘わらず、恐らく本章は戦国時代の創作だろう。「也」を詠歎に読むのはどうも無理があるし、言葉が整いすぎていて肉声とは思えない。また音楽と作曲者の人格を直結させて「武」を貶めるのは、いかにもひょろひょろ儒者の言い出しそうなことである。

中国古代の音楽について、まず、「韶」の古書体(金文大篆)をもう一度示す。へんは「音」。
論語 韶 金文大篆

次に「音」の古書体(甲骨文なし・金文・篆書)を示す。
論語 未発掘 論語 音 金文 論語 音 篆書

さらに「言」の古書体(甲骨文・金文・篆書)を示す。
論語 言 甲骨文 論語 言 金文 論語 言 篆書

つまり甲骨文から金文の時代まで、「音」と「言」は区別されていなかった。始皇帝による文字の整理・統一によって、初めて両者が区別され、音波全般から「音」が区別されて文字が出来た。すなわち論語の時代にも、まだ両者は区別されていなかったことを物語る。

ただし、「音」の下部𠙵に横棒が入った形は金文にも例があるし、加えて「言」「音」の発声は違っていた可能性はある。

『学研漢和大字典』
上古音(周・秦)-中古音(隋・唐)-元-現代北京語音(ピンイン)
音:ıəm-ıəm-iəm-iəm(yīn)
言:ŋıǎn-ŋıʌn-ien-ian(yán)

それでも筆記の際には、孔子一門は「言」を読み書きするたび、音楽を思っただろう。「礼楽を正す」と論語に言い(論語子路篇3など)、「言をつつしむ」と言う(論語里仁篇24など)が、音楽を正すのは言葉を正すのと等価と孔子一門が考えていた可能性がある。

論語 舜
次に舜王とは古代の聖天子とされる人物で、もとより戦国時代に書かれたラノベの登場人物に過ぎない。具体的に何かした記録は『史記』にあるにはあるが、ろくでもない家族にいじめられながらもニコニコしているなど、よほどの精神異常か大人物なのか。

おそらく創作者であろう孟子にとっては、大人物のつもりだろう。

だから孔子が舜作の音楽を聞けるわけがない。一方武王はれっきとした史実上の人物で、武力で殷王朝を征服して周王朝を開いたとされる。
論語 周武王

論語時代は周王朝は存続していたから、武王作の曲が残っていた可能性はある。だがそれも違って、楽師による作曲だろう。しかし創作というものは性●に似ていて、高ぶらないとすごいことができない。現王朝の開祖についてらちもない想像をたくましくすればどうなるか。

ことによると政治的責任を取らされかねない。論語時代、楽師の身分は決して高いとは言えず、いわば君主の家内奴隷のような扱いを受けていたから、「そこに直れ。成敗する」と言われかねない。心が縮んでイマジネーションの世界にいけず、無難な曲を作ったのだろう。

論語 吉川幸次郎
美と善について既存の論語本では、吉川本に「舜はその道徳によって、その前任者の堯から平和的に帝位を譲り受けたのに対し、周の武王は、同じく聖人であっても、武力革命によって前王朝を倒し、その革命の経過を舞楽にしたのが武であって、そこには殺伐としたものがある…現在我々が言う真善美の概念と、完全に一致するかどうかはわからない」と記す。


なお羊神判について、『墨子』に記載がある

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 韶:音ショウ。孔子が聞いて感動したと言われる曲名(論語八佾篇25)。 […]