論語詳解046八佾篇第三(6)季氏泰山に旅す°

論語八佾篇(6)要約:門閥家老家の若様が、聖なるお山に出かけました。孔子先生にとっては潜在的な政敵ではあっても、将来の魯国を担う人材には違い有りません。遭難を恐れた先生は、その身を案じて止めようとして…というお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

季氏旅於泰山。子謂冉有曰、「女弗*能救與。」對曰、「不能。」子曰、「嗚呼*。曾謂泰山不如林放乎。」

校訂

武内本

不宋本弗に作る、唐石経磨滅。釋文、嗚呼一本烏乎に作る。

定州竹簡論語

……謂泰山不如林放乎?」41

復元白文

論語 季 金文論語 氏 金文論語 旅 金文於 金文論語 大 金文論語 山 金文 論語 子 金文論語 謂 金文冉 金文論語 有 金文論語 曰 金文 論語 女 金文論語 弗 金文論語 能 金文救 金文論語 与 金文 論語 対 金文論語 曰 金文 論語 不 金文論語 能 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 烏 金文論語 呼 金文 論語 曽 金文論語 謂 金文論語 大 金文論語 山 金文論語 不 金文如 金文論語 林 金文論語 放 金文論語 乎 金文

※泰→大・鳴→烏/呼→乎。

書き下し

季氏きし泰山たいざんたびす。冉有ぜんいうひていはく、なんぢすくふことあたこたへていはく、あたはずと。いはく、おろかなるかなかつ泰山たいざん林放りんはうごとからずとひしと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 論語 冉求 冉有
季氏が泰山へ旅をした。先生が弟子の冉有ゼンユウに言った。「お前は救えなかったのか」。答えて言った。「出来ませんでした」。先生が言った。「馬鹿者。以前泰山は林放のようではないと言っただろうに」。

意訳

若家老が泰山へ物見遊山に行った。仕えている弟子の冉有に先生は言った。「危ないぞ? 止められなかったのかね」。「ええ」。

「バカモン! 言っただろう、泰山の険しさは、なんぼキツい性格の林法でも及ばん程だぞと。」
泰山

従来訳

論語 下村湖人
 季氏が泰山(たいざん)の山祭りをしようとした。先師が冉有(ぜんゆう)にいわれた。――
「お前は季氏の過ちを救うことが出来ないのか。」
 冉有がこたえた。――
「私の力ではもうだめです。」
 先師がため息をついていわれた。――
「するとお前は、泰山の神は林放(りんぽう)という一書生にも及ばないと思つているのか。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

季氏準備祭祀泰山。孔子對冉有說:「你不能阻止嗎?」冉有說:「不能。」孔子說:「天哪!難道說泰山會接受他們的無禮朝拜嗎?」

中国哲学書電子化計画

季氏が泰山を祀る準備を始めた。孔子が冉有に言った。「おまえは押しとどめることが出来なかったのか?」冉有が言った。「出来ませんでした。」孔子が言った。「やれやれ。泰山はよもや、彼らの無礼な拝礼を受ける気にはなるまい。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


季氏

論語 季 金文 論語 氏 金文
(金文)

魯国門閥家老筆頭、季氏の当主。冉有が仕えていることから、若家老の季康子と思われる。

泰山

論語 泰 金文大篆 論語 山 金文
「泰」(金文大篆)・「山」(金文)

魯国国都・曲阜の北80kmほどに位置する聖山。標高1545m。 道教の聖地である五つの山(=五岳)の筆頭。この山を祭る封禅の儀式は、天子の特権とされたと言われる。ふもとに魯国三桓の一家・孟孫氏の根城である、成邑がある。曲阜から近いことから、孔子一門も毎日拝んでいただろうし、孔子もここを訪れたとされる。

泰山は漢文では太山とも書かれるが、「泰」(藤堂上古音t’ad)「太」(上古音同)ともに論語の時代には存在しなかった文字=言葉で、意味は”安泰”。溺れた人を救い出すさま。だからおそらくは”大いなるお山”という意味で「大山」(同dad sǎn)と呼ばれていたはず。詳細は論語語釈「泰」を参照。


広々とした華北平原のまん中に、でんとそびえる泰山は、その名の通り大いなるお山に見えただろう。孔子の住まった魯の曲阜から真北に当たり、その距離は東京と富士山よりなお近い。江戸の町人が聖なるお山として富士を拝んだように、泰山は山岳信仰の山だった。

だが現代の富士登山や泰山観光が信仰とはほぼ無縁のように、古代の泰山も、必ずしも禁じられた信仰の山では無かった。その手の禁令をうるさく言い始めるのは、漢帝国成立後に、儒教が帝国の支配イデオロギーとなり、むやみに人に禁止を強いてからのことである。

孔子も物見遊山をやった。家老の季氏が、やっていけないはずが無い。

旅 甲骨文 論語 旅 金文
(甲骨文・金文)
論語の本章では、”旗やのぼりを立て、大勢で出かける”こと。一人または少人数で出かかることは「遊」と言う。もとは軍事用語で、軍隊の一単位。現代でも「旅団」という。

従来は儒者のホラを真に受けて、「泰山の山神を祀る」と解したが、ホラはどこまで行ってもホラで、根拠の無い話には同意できない。論語は最古の古典だから、原則として原義で解釈出来るならそれが正解である。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「はた+人二人」で、人々が旗の下に隊列を組むことを示す。いくつもならんでつらなる意を含む。軍旅の旅がその原義に近い。侶(リョ)(ともがら)・呂(リョ)(ならんだ背骨)などと同系のことば、という。

なお武内本に、「旅は祣の仮借、山祭也」とあるが、論拠が不明なので賛成しなかった。『大漢和辞典』によると、リョは山川の祭のことだという。
旅
詳細は論語語釈「旅」を参照。推奨BGMはこちら。絵巻物の続きはこちら。

冉有(ゼンユウ)

論語 冉 金文 論語 有 金文
(金文)
孔子の弟子。 姓は冉、名は求、字は子有。『史記』によれば孔子より29年少。政治の才を孔子に認められ、孔門十哲の一人。武将としても名をはせた。詳細は論語の人物:冉求子有を参照。

ゼン」は日本語に見慣れない漢字だが、中国の姓にはよく見られる。
論語 冉 甲骨文 論語 冉 金文
(甲骨文・金文)

『学研漢和大字典』によると、意味はしなやかなさま。長くたれたひげのようなさま。ひげのように、じわじわと伸びて進むさま。「荏冉(ジンゼン)」は、(じわじわとのびるさま)」。象形文字で、ふたすじのひげがしなやかにたれた姿を描いたもの。

髯(ゼン)(やわらかいひげ)・染(セン)・(ゼン)(じわじわと汁に浸す)・粘(やわらかくねばりつく)と同系のことば、という。

一方『字通』によると、飾り紐や毛の垂れる形で、麻を織った古代の喪服を着る際に、首または腰につける紐の形という。また喪服のうち、裾を端縫いしたものを衰絰サイテツ、端を切り放しにして縫わないものを斬衰ザンサイと言う。死者との関係によって着る服が異なるらしい。

やはり孔子の言う礼法は面倒くさい。
論語 斬衰

嗚呼(おろかなるかな)

論語 鳴 金文大篆 論語 呼 金文
「鳴」(金文大篆)・「呼」(金文)

論語の本章では下記の理由から”馬鹿者”。一般的な漢文的には、”ああ”という嘆き。既存の論語本では吉川本によると、”重い嘆息の意”という。

だが嗚(藤堂上古音mɪěŋ)の字は論語の時代には無く、呼(同hag)は「乎」(同ɦag)と区別されずに書かれた。上掲武内校訂を受け入れるなら、「烏乎」(同・ag ɦag)=”バカ者”、と孔子は言ったことになる。音メイ訓なくの漢字は『大漢和辞典』を引いても「鳴」しかないので、恐らくは武内校訂が正しいのだろう。

『学研漢和大字典』によると、感動詞で、あ、という声をあらわす。「嗚呼(アア)(あはあ、という嘆声をあらわす擬声語。感心したときにも、残念がるときにも用いる)」。

「烏乎」「於乎」「於戯」は、用字が異なるだけで、すべて上古には「あはあ」という発音をあらわした。「嗚呼」が最も普通に用いられる。「鳴」は形声文字。「口+〔音符〕烏(ウ)」。烏も、本来は「ああ」と鳴くからすの声を示した擬声語であった、という。

訳者にとってのアルテマウェポンである『学研漢和大字典』を編んだ藤堂博士に敬意を表しつつ、あえて刃向かうが、「烏乎」「於乎」「於戯」をまとめて一つとはおおざっぱに過ぎる。中国語は文字が違えば意味が違う。「於乎」は語義から”これだよ”という嘆きであり、「於戯」は”ふざけるな”であり、そして「烏乎」=「おろかものかな」という嘆きである。

詳細は論語語釈「鳴」を参照。

曾(曽)

論語 曽 金文 論語 曽 語釈
(金文)

論語の本章では”以前”。

既存の論語本では、吉川本が”かつて”ではなく、句頭に置く強めの言葉であるという。確かに「すなわち」と読んでその用法はある。ただし吉川は論拠を全然書いておらず、「cengと発音せずしてzengと発音する」とは書いてあるが、どう訳してよいかは書いていない。

これはまるで解説になっていない。その場の思い付きですらない。要するに吉川は、当時発表されたばかりの、中国政府が定めた中国語のローマ字表記=ピンインを、これ見よがしに言いふらして、”ボクちゃんしゅごいじょー”と言いたかっただけだろう。

なおピンインでタチツテトを発音する際、息を漏らして言うのが「c」で、漏らさず溜めて言うのが「z」。「ceng」は無理に書くなら「ツスェン」であり、「zeng」は「ツェン」になる。「ng」は気を緩めて「ン…」を言うに近く、「n」は気を張り詰めて息を呑む声に近い。

文字では言い表せないのがなんとも残念。こういうことが書けるのも、昔さんざん罵倒されながら中国語を叩き込まれたおかげ。ただし漢文は独学するしかなかった。もし漢文を原書で読みたいと思う若い人がいるなら、漢籍より前に数学ⅠAを復習することをおすすめする。

漢文和訳は順列組み合わせであり、その総数をどう減らすかが、工夫のしどころだからだ。

なお字の原義は蒸し器。詳細な語釈は論語語釈「曽」を参照。

曾謂泰山不如林放乎

論語 謂 金文 論語 胃酸 謂
「謂」(金文)

この句に関する既存の論語本の議論第一は、巨大な自然物である泰山と、一人間に過ぎない林放とを対比するちぐはぐさにある。そこで上記のように、林放は前章のように極めてカタブツで、自他共に厳しい人物と想像した、

第二は、この発言が誰のものか。ここでは孔子として訳したが、冉有であるとしても全く差し支えない。その際の訳は”ああ。お前も泰山の険しさを、林放の性格とは比べものにならないと言っていたのに”。

なお「謂」の原義は「言+胃」で、具体的対象についてものをいうこと。

論語:解説・付記

古来議論が多い章で、既存の論語本では従来訳のように、”家老が思い上がって泰山を祭ろうとした”と解する例が多い。しかし”祭る”とはどこにも書いていない。家老の僭上越権を嘆く言葉が多い、論語八佾篇の頭部に収められているので、そうであろうと想像されているだけ。

また封禅の確実な記録は、孔子より300年後の始皇帝からになる。100年前の覇者・斉の桓公が行おうとして、管仲に止められたという記録や、周王がその前の時代にやったらしいというのがあるのみ。従って祭るのが天子の特権かどうかもわからない。ご近所の名山にお参りするのが、そんなに悪い事とも思えない。

なお既存の論語本では吉川本で、以下のように現代語訳してある。

論語 吉川幸次郎
あの林放でさえも、礼の根本は何であるかを考えあぐねて、私に質問した。泰山の神といえば尊い存在であり、礼の精神を心得ていられるに違いない。それに対してこの非礼を行わせながら、お前はだまっておれるのか。泰山の神の方を林方より軽く評価しているのか。

吉川の時代は、まだ中国儒者の狂信を真に受けないと論語が読めなかった時代なので、「礼」と言えば千古普遍の真理であるかのように解釈した。しかし論語に言う礼とは孔子の個人的な誇大妄想で、そんなものを山の神が「心得てい」ると孔子が思うわけがない。

また「旅とは山を祭る祭りの名である」ともあるが、典拠を書いていない。そこで『大漢和辞典』のその釈を見ると、出典は論語の本章と字書の『説文解字』を除き、『周礼』『書経』とあった。
旅 大漢和辞典

うち『周礼』は「この書物は、新の王莽が前漢から簒奪する際に道義的な後ろ盾としており、王莽の側近である劉歆により捏造されたのではないかとする見解もある(wikipedia)」とまで言われる、極めて怪しい書である。『書経』も大部分は漢代儒者の偽作。

吉川の誤訳のニオイの元は、いつも通り儒者のホラだが、念のために下記しておく。

古注『論語集解義楚』

註馬融曰旅祭名也禮諸侯祭山川在其封內者也今陪臣祭泰山非禮也

論語 古注 馬融
注釈。馬融「旅とは祭祀の名である。礼の規定では、諸侯は領地内にある山川を祀るが、諸侯の家臣が泰山を祀るのは礼に背くのである。」

新注『論語集注』

旅,祭名。泰山,山名,在魯地。禮,諸侯祭封內山川,季氏祭之,僭也。

論語 朱子 新注
旅とは祭祀の名である。泰山は山の名である。魯にある。礼法の規定では、諸侯は領内の山川を祀る。季氏がそれを祀るのは、思い上がりである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)