論語詳解316子路篇第十三(14)冉子朝より退く*

論語子路篇(14)要約:冉有ゼンユウは、実直な実務家で武将としても活躍した孔子先生の弟子。ある日朝廷から夜遅く退勤して、先生に理由を問われます。政務でして、と答える冉有に、先生は意外な言葉を投げかけるのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

冉子退朝、子曰、「何晏也。」對曰、「有政。」子曰、「其事也。如有政、雖不吾以、吾其與聞之。」

校訂

定州竹簡論語

……退朝。子曰:「何晏也?」336……雖不吾以,吾其與聞之。」337

復元白文

冉 金文子 金文退 金文朝 金文 子 金文曰 金文 何 金文論語 安 焉 金文也 金文 対 金文曰 金文 有 金文政 金文 子 金文曰 金文 其 金文事 金文也 金文 如 金文有 金文政 金文 雖 金文不 金文吾 金文㠯 以 金文 吾 金文其 金文与 金文聞 金文之 金文

※晏→安。論語の本章は、也の字を断定で用いている。吾の字を目的格で用いている。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

冉子ぜんしてうより退く。いはく、なんおそきや。こたへていはく、まつりごとり。いはく、ことならむ。まつりごとあらば、われもちゐずといへども、われこれあづかかむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 冉求 冉有 孔子
冉有が朝廷から退勤してきた。先生が言った。「なぜ遅くなったか。」答えて言った。「政治がありまして。」先生が言った。「雑用だろう。もし政治なら、私が政権内にいないからといって、その話を聞くだろう。」

意訳

冉有 ニセ孔子
冉有が遅く帰ってきた。
孔子「どうしたのだ?」
冉有「政務がありまして。」
「雑用だろう? 今は引退の身だが、政務に関わる事なら私の耳にも入るよ。」

従来訳

論語 下村湖人

冉先生が役所から退出して来られると、先師がたずねられた。――
「どうしてこんなにおそくなったのかね。」
冉先生がこたえられた。――
「政治上の相談がひまどりまして。」
先師がいわれた。――
「いや、そうではあるまい。季氏一家の私事ではなかったかね。もし政治向きのことであれば私にも相談があるはずだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

冉子退朝。孔子說:「怎麽這麽晚?」答:「有公事要商量。」孔子說:「是私事吧。如果有公事,我雖然沒當官,也會知道。」

中国哲学書電子化計画

冉子が朝廷から退勤した。孔子が言った。「どうしてこんなに遅くなった?」答えた。「公務に時間が掛かりましたので。」孔子が言った。「それは私的な用事だろう。もし公務なら、私は公職に無くとも、それでも知ることが出来る。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

退 、「 。」 、「 。」 、「 。」

冉子

孔子の弟子、冉求子有のこと。孔子の初期の弟子で、冉伯牛亡き後、おそらく冉氏の頭領となった。冉氏は孔子の無名時代からの後援者で、孔門の軍事的能力の多くは、冉氏の後援無しには考えられない(→孔門十哲の謎)。冉有は放浪中の孔子より一歩先に魯国に戻り、ゆかりのある筆頭家老・季孫家の執事として仕え、孔子の帰国工作を行った。

冉子というのは、”冉先生”という、孔子と同格の敬称だが、この表現は論語の本章のみならず、論語雍也篇4論語先進篇12論語子路篇9にも見られる。詳細は論語の人物・冉求子有を参照。

退

論語の本章では”退勤する”。詳細は論語語釈「退」を参照。

論語の本章では”魯国の朝廷”。

上記の通り、冉有は筆頭家老の執事であって、魯国の直臣ではないことになっている。だが哀公十一年の対斉防衛戦で武勲を揚げた後、冉有は孔子の帰国を季孫家の当主・季康子に認めさせ、その後は内政外交に、季康子の名代として派遣されるまでに至っている(『左伝』哀公十四年哀公二十二年)。

魯国の朝廷を季孫家が主宰するようになってすでに長くなっていたことから、冉有も朝廷に出入りして政務をこなすことが多かったのだろう。論語語釈「朝」も参照。

晏(アン)

論語の本章では”夜遅く”。

日+安で、太陽を上から下へと下げて、落ち着ける、つまり”夜遅い”の意。初出は楚系戦国文字で、論語の時代に存在しないが、部品の「安」が「晏に通ず」と大漢和辞典は言う。詳細は論語語釈「晏」を参照。

論語 事 金文
(金文)

語義は”こと”。論語の本章では”雑用”とでも解する他はない。

藤堂説でも白川説でも、事務か神事かの違いはあっても、いずれも原義を公務としており、原義では解釈出来ない。カールグレン上古音はdʐʰi̯əɡ(去)。同音は士、仕、戺”戸軸を持つ木”、俟、涘”みぎわ”。音通からも解釈出来ない。論語語釈「事」も参照。

雖不吾以

論語の本章では、”私は用いられなくても”。春秋時代の中国語には格変化があり、「吾」は目的格には使用されず、「我」を用いる。また否定辞+目的語+動詞の組み合わせは、甲骨文から見られる古い句形。論語語釈「われ」も参照。

吾其與聞之

論語の本章では、”私は必ずそれを聞く事に関与するだろう”。「吾聞之」の三字で済むところを、持って回った言い方をした。負け惜しみの強調か、そもそも口語ではないか。

本章は後世の偽造がが疑われる。そもそも口語ではない上に、孔子を弟子に嫉妬する、卑しいじいさんに描いている。論語語釈「其」も参照。

論語:解説・付記

従来訳の注に、「冉有は当時魯の大夫季氏の執事をつとめていた。季氏は専横で国政を他の重臣に謀らず、私邸で家臣と謀議するのを常としていた。孔子は現職ではなかつたが、かつて大夫の職にあたつたので当然国政の相談にはあずかるはずであつた。思うに孔子は、冉有が公私の別を正さないのを戒めると共に、間接に季氏の専横を難じたのであろう」とある。

「私邸で家臣と謀議するのを常」というのは、じかに史料的裏付けは無いが、季孫家が魯国の国政を担っていたことは、下掲の通り論拠がある。私邸でも当然、政務の相談を家臣と行っていただろう。だがそれは行政の必要からで、「謀議」などでは決してない。

子家子が言った。「殿様、季氏を許してやって下さい。季氏が政治を執るようになってから長く、困った民を食べさせているのも季氏です。彼らは季氏のためなら何でもするでしょう。日が暮れたら暴れ出して、どうなるかわかりません。民衆の怒りは貯まったままでは済みません。その怒りが発酵するほど放置して置いた今、殿への怒りが爆発し、群れを成して襲いかかりますぞ。なのに今さら季氏の討伐ですか。きっと後悔なさいます。」(『春秋左氏伝』昭公二十五年)

その季氏に執事として仕えている冉有が、政治向きの話を相談されるのももっともだろう。思うにこの時期、孔子と冉有の間はぎくしゃくし始めていたのではないか。例えば論語先進篇16で、孔子は冉有をあたかも破門したように見える。ただしこの話は偽作の疑いがある。

論語の本章もまた偽作の可能性が高い。となると戦国時代以降の儒者が、孔子と冉有の間にいざこざがあった、と言い立てたことになる。かつて孔子を押し上げる原動力の一つとなった冉氏だが(→孔門十哲の謎)、戦国時代にどこで何をしていたかは分からない。

ただし、冉氏がその武力を提供した季孫家は、戦国時代には魯から独立して諸侯の仲間入りを果たしている(→費国)。ただしこれは自己防衛のためで、魯の穆公が親政を開始して門閥三家老家=三桓を圧迫したためで、叔孫家と孟孫家は斉に逃亡、季孫家は独立を選んだ。

もっとも、孔子の晩年にはすでに、季孫家は独立の意志を持っていた史料がある。

齊人伐魯,而不能戰,子之恥也,大不列於諸侯矣。

(斉が攻めてきた。出陣を拒む季孫家当主・季康子に冉有が言った。)「斉が我が魯に攻め込んできたというのに、戦えないというのでは、あなたの恥ですぞ。これでは諸侯に昇格することなどとても無理ですね。」(『春秋左氏伝』哀公十一年)

つまり冉有は、季康子が独立したがっているのを知っていたことになる。となると季孫家と共に一族の地位向上を図っていた冉氏は、穆公の親政(BC415)の後、季孫家と行動を共にしたのではないか。孟子が生まれるのはそのあとだが(BC372)、何かを知っていた可能性がある。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)