論語詳解104公冶長篇第五(12)夫子の文章ぱ

論語公冶長篇(12)要約:当時としては万能に近い孔子先生は、天文学や博物学など、理系の知識もありました。しかし古典やお作法など文系の知識とは違い、あまり講義しなかったようです。恐らく先生没後にそれを回想した子貢の発言。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢曰、「夫子之文章、可得而聞也。夫子之言性與天道、不可得而聞也*。」

→子貢曰、「夫子之文章、可得而聞也。夫子之言性與天道、不可得而聞也已矣。」

校訂

武内本:清家本により、文末に已矣の二字を補う。唐石経已矣の二字なし。史記世家引、也已に作り、漢書睦宏伝引已矣に作り、外戚伝注引也已矣に作る。

復元白文

子 金文江 金文曰 金文 夫 金文子 金文之 金文論語 文 金文論語 章 金文 可 金文論語 得 金文而 金文論語 聞 金文也 金文 夫 金文子 金文之 金文言 金文論語 生 金文論語 与 金文論語 天 金文道 金文 不 金文可 金文論語 得 金文而 金文論語 聞 金文也 金文已 矣 金文㠯 以 金文

※貢→江・矣→以。

書き下し

子貢しこういはく、夫子ふうし文章ぶんしやうなり夫子ふうしせい天道てんだうとをふは、からざるなる已矣のみ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢
子貢が言った。「先生の古典と儀礼の話は聞いてよく分かることが出来た。先生の生物学と天文学の話は聞いてよく分かることが出来ないで仕舞った。」

意訳

論語 子貢 思いで
子貢「先生は文系の話は良くなさったが、理系の話はなさらなかった。」

従来訳

論語 下村湖人

 子貢がいった。――
「先生のご思想、ご人格の華はなというべき詩書礼楽のお話や、日常生活の実践に関するお話は、いつでもうかがえるが、その根本をなす人間の本質とか、宇宙の原理とかいう哲学的なお話は、容易にはうかがえない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子貢說:「老師的文章,可以聽得到;老師有關本性和天道的理論,不是光靠聽就能理解的。」

中国哲学書電子化計画

子貢が言った。「先生の文章は、聞いて分かった。先生の本性や天道の理論は、聞いただけでは理解できなかった。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子貢

論語 子 金文 論語 貢 金文
(金文)

孔子の弟子。論語の人物:端木賜子貢参照。

文章

論語 文 金文 論語 章 金文
(金文)

論語の本章では”文系学問の話”。ただし非常に多様な解釈がありうる。武内本は「詩(経)と書(経)」といい、『大漢和辞典』の第一義に、「青と赤のあやを文と言い、赤と白のあやを章という。転じて衣服に施した刺繍」とある。だがここはそうではあるまい。

文を”文章・古典”、章を”礼儀作法”とする解釈もある。一方「”言”性與天道」との対比で、話し言葉ではなく書き言葉、と解することも出来る。

ここでは文章表現として、句に分けて対比を考えてみる。

  1. 夫子之[文章]→可得而聞也。
  2. 夫子之[言性與天道]→不可得而聞也。

となれば1.「文章」と2.「言性與天道」が対応する概念になる。

ここから文章=書き言葉とする解釈が出て来るが、論語での「聞」の用途は、他の箇所では全て”音や声を耳で聞く”になっている。つまり「文章」もまた、話し言葉。となると1.は「文章(を言う)」と補っても良かろう。つまり1.は”文と章についての話”を意味する。

従って文とは、詩や古典など文学・修辞学・歴史学・政治経済学の話であり、章とは「章程」のように、”箇条書きされた決めごと”の意味を持つから、礼儀作法や礼法のことになろう。従って上記のように訳した。

可得而聞

論語 得 金文 論語 聞 金文
「得」「聞」(金文)

論語の本章では”聞くことが出来た”。「得而~」は、「えて~す」と読み、「~することができる」と訳す。ただし、「聞くことが出来た」と言いたいのなら、「得聞」「能聞」の二字だけで済む。その上「出来る」の意を持つ「可」が前についている。これは大変に持って回った言い方になる。

「得而~」「得而~」の語法は、本章と合わせて論語には5ケ章に見られる。

  1. 可得而聞也。(本章)
  2. 聖人、吾不得而見之矣。(論語述而篇25)
  3. 民無得而稱焉。(論語泰伯篇1)
  4. 吾得而食諸。(論語顔淵篇11)
  5. 無得而踰焉(論語子張篇24)

なお論語の時代、「聞」は間接的に伝聞すること、あるいは耳学問で不明を明らかにすることで、本章では「聞いてよく分かった」の意となる。

性與(与)天道

論語 生 金文 論語 天 金文
「性」「天」(金文)

論語の本章では、”生物学と天文学”。

「性」は論語の時代、生の字と書き分けられていない。『大漢和辞典』の第一義は”さが”。生き物が生き物ゆえに持つ性質や行動様式。つまり”生物学”。「天道」は”天の道”だが、何かしら道徳的なそれを意味する修飾は付いていないので、”天の運行の原則”と解せる。すなわち、”天文学”。

渾天儀。中国式の天体観測機器。

「性」について『学研漢和大字典』では、次のように語義を言う。

  1. {名詞}うまれつき持っている心の働きの特徴。▽人間にうまれつき与えられたのが、おおらかな良知だと考えるのが性善説であり、うまれつき与えられたのが、欲求不満だと考えるのが性悪説である。「人之性悪=人之性は悪なり」〔荀子・性悪〕
  2. {名詞}さが。ひととなり。人や物に備わる本質・傾向。たち。「性本愛邱山=性本邱山を愛す」〔陶潜・帰園田居〕
  3. {名詞}肉体上の男女の区別。また、インド=ヨーロッパ語文法における名詞・代名詞の性質の一つ。「中性」。
  4. {名詞}中にひそむもの。外形のもとになるもの。《対語》⇒形(外にあらわれたもの)。「形性」「物性」。
  5. 《日本語での特別な意味》せい。インド=ヨーロッパ語などにみられる男性・中性・女性などの文法上の区別。

また文字については会意兼形声文字で、生は、芽が地上に生え出るさま。性は「心+〔音符〕生」で、うまれつきのすみきった心のこと。情とは、心から生じるむきだしの反応の働きのことで、感情の意、という。

伝統的な論語の解釈では、「性」を儒学の一大眼目である「性命論」(天から授けられた、人の持ちまえの性質とは何か、という議論)として捉え、孔子はそれを子貢には言わなかった、とする。しかし性命論がやかましくなったのは戦国時代の孟子と荀子によるもの。
論語 孟子 論語 荀子

『字通』では『孟子』を引き、生物でなくとも、それぞれの持つ本質や属性を言うとあり、『説文解字』の「人の陽気、性善なる者なり」を引いた上で、ものが固有するもの、という。従って論語の時代にはより原義に近い、生き物の本質を語ること、と解せる。

また「天道」については、『学研漢和大字典』に次のように語義を言う。

  1. 天の道理。自然の法則のこと。「夫子之言性与天道、不可得而聞也=夫子の性と天道とを言ふは、得て聞くべからざるなり」〔論語・公冶長〕
  2. 天地を主宰する神。「天道無親、常与善人=天道親無(な)く、常に善人に与(くみ)す」〔老子・七九〕
  3. 天の運行。
  4. 天体の現象による占い。
  5. (テントウ)《日本語での特別な意味》太陽。

伝統的な論語の解釈では、こちらも「天命」=天の定め、運命と解する場合があるが、こちらも孔子没後に儒学の体系化が進んでのちの語義であり、論語の時代には熟語化しない、”天の道”つまり天文学と解せる。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎 論語 宇野哲人
吉川本・藤堂本では「性」を”人間性”としており、孔子の博学を文系に限って見ているように見える。宮崎本では”性命論”、宇野本では”人々が受けている天の道、仁義礼智の類”とし、加地本では”人や物の実体・本質”という。これではいずれも何のことだかよく分からない。

孔子時代の天文学については、論語が甲骨文や金文を除けばもっとも古い文献であることから、よくわからない。しかし論語に次いで古いと思われる『春秋』などでは、同時代人が注意深く天文を観察したことが伺えるし、1年が約365+1/4日であるとすでに分かっていた。

しかしそうした科学技術の担い手は、君子=貴族ではなく職人集団だったようで、ひょっとすると職能奴隷階級の技術だったかも。従って君子の教養とは見なされず、孔子塾の必須科目=六芸にも、「数」は入っているが「天道」「性」は入っていない。

「数」と言っても算術程度だが、帳簿が付けられないと官吏になれないので、必須科目に入っていたわけ。対して孔子自身は「身分が低かったから多芸になった」と述解しているように、「天道」=天文学、「性」=生物学にも詳しかっただろう。

天文学については『左伝』哀公十二年(BC483)の条に記事がある。

冬十二月、暦では寒い季節のはずなのに、夏に出るイナゴの被害が起こった。筆頭家老の季康子が孔子にわけを問うた。

論語 季康子 論語 孔子 キメ
孔子「火星が地平線に隠れてから、イナゴの害は収まるものです。今火星はまだ西の空に上がっています。これは天文官が暦を作り間違えたのです。」

また孔子は月の運行から天気を予報し、弟子の子の生誕を予言した。それについて没後、顔が似ているという理由で後継者に一端据えられた有若は、孔子が予言できた理由を弟弟子に問われて答えられず、ボンクラだとして降ろされた(論語の人物:有若子有)。
論語 有若 アホ

次に孔子の生物学については、博物の段階を出ていないものの、異様なけものを「麟」だと見抜いたり、越で出土した巨骨や、季氏の屋敷の井戸から出てきた化石のなんたるかについて、それが現代科学の批判に耐えるかはともかく、問う者にうんちくをたれて感心されている。

さて子貢が本章で数理に関わる感慨を述べたのは、彼自身興味があったからだろう。商売や外交といった現実的な才に、弟子の中で最高の業績を残しているからには、いわゆる理数系に興味を持って当然だから。珍しい産物が出たと聞けば、車を飛ばして買い付けに出かけたかも。

珍しい産物と言えば『左伝』の記述によれば、黄河流域の晋国で「龍」が出たと書いてある(昭公二十九年=BC513)。おそらくはワニだろうが、今日でも揚子江にはヨウスコウワニが住んでいる。それだけ当時の華北は温かかったわけ。
論語 ヨウスコウワニ

また論語の時代はサイの皮を武具に用いており、華南にはゾウもいた可能性がある。孔子はもちろんそれらを聞き知っていただろう。ただし本章も前章と同様、論語の前半に影響が強い曽子一派が、子貢をおとしめるために記したものと思われ、内容的にも事実かどうか疑わしい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)