論語詳解051八佾篇第三(11)或る人禘の説を*

論語八佾篇(11)要約:孔子先生の住む魯の国では、盛大な祖先祭がありました。その派手なあれこれに、ある人がその由来を先生に問います。しかし冷ややかに祭を見ていた先生は、「由来なんてあるものか」と答えたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

或問禘之說。子曰、「不知也。知其說者之於天下也、其如示諸斯乎。」指其掌。

復元白文

論語 或 惑 金文論語 問 金文啻 金文之 金文兌 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 不 金文論語 知 金文也 金文 論語 知 金文論語 其 金文兌 金文論語 者 金文之 金文於 金文論語 天 金文論語 下 金文也 金文 論語 其 金文論語 如 甲骨文示 金文之 金文於 金文論語 斯 金文論語 乎 金文 論語 旨 金文論語 其 金文

說→兌・如→甲骨文・諸→之於・指→旨。論語の本章は掌の字が論語の時代に存在しない。也の字を断定で用いている本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

るひとていときふ。いはく、らざるなりときもの天下てんかけるこれここしめすがごと」と。たなごころゆびさせり。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
ある人が禘の由来を問うた。先生が言った。「知らない。それを知っている者は、天下でもこうですな」と言って、空の手のひらを指さした。

意訳

論語 ある人1 論語 孔子
ある人「禘の祭って、なんかすごいチンチンどんどんをやりますが、あれには何か謂われがあるんでしょうか。」

孔子「あるものか。神主どもがもったいつけてやっとるだけじゃよ。謂われ? そんなもん、誰が知っとるというのかね。」

従来訳

論語 下村湖人
 ある人が(てい)の祭のことを先師にたずねた。すると先師は、自分の手のひらを指でさしながら、こたえられた。――
「私は知らない。もし禘の祭のことがほんとうにわかっている人が天下を治めたら、その治績のたしかなことは、この手のひらにのせて見るより、明らかなことだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

有人問天子舉行祭祖儀式的意義。孔子說:「不知道,知道的人治理天下,如同擺在這裏吧!」指指手掌。

中国哲学書電子化計画

誰かが天子が取り行う祖先祭の儀式の意味を問うた。孔子が言った。「知らない。知っている人が天下を治めたなら、ここに並べるようなものですな。」手のひらを指さした。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


禘(テイ)

啻 金文
(金文)

論語の本章では、天の神を祀る祭礼。詳細は論語語釈「禘」を参照。

說(説)

論語 説 金文大篆 論語 説
(金文大篆)

論語の本章では、”所作の理由”。原義は言葉でしこりを取り除くこと。この文字は論語の時代に存在しないが、部品の兌は存在し、”よろこぶ”の他に”ことば”の語釈を『大漢和辞典』が載せる。

漢文では音が通じる「悦」と同じとし、”よろこぶ”意に用いることがあり、それは論語でも例外ではないが、本章では”解説”の意味。詳細は論語語釈「説」を参照。

論語の本章では”指さす”。この文字は楚・秦の戦国文字が初見で、論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はȶi̯ərで、同音に旨とそれを部品とする漢字群、厎・砥(共に”といし”)。”わけ・おもむき・こころ”の意味では指に通じると『大漢和辞典』はいうが、”ゆびさす”ではない。

語釈は『学研漢和大字典』が「形声。「手+(音符)旨」、まっすぐ伸びて直線に物をさすゆびで、まっすぐ進む意を含む。旨(シ)(うまいごちそう)は、ここではたんなる音符にすぎない。」といい、『字通』は「旨に旨肉の意がある。…第二指を食指と言うように、指は肉を執って食すべきものであった」と全然違う解釈をしている。詳細は論語語釈「指」を参照。

論語の本章では”てのひら”。この文字は後漢の『説文解字』が初出で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はȶi̯aŋで、同音に章とそれを部品とする漢字群。藤堂上古音はtiaŋ。

『大漢和辞典』に”つかさどる”の意味で部品の「尚」ȡi̯aŋが「掌」に通ず、とあるが、”たなごころ”の意ではない。同音同訓の𤓯(上古音不明)の初出は後漢の『説文解字』。「手」(カ音ɕ上声、藤音thiog)は”たなごころ”の語釈が『大漢和辞典』にあり、金文から存在するが同音でない。

詳細は論語語釈「掌」を参照。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字。尚は「向(まど)+八印(発散する)」からなり、空気抜きの窓から空気が上へ広がるさま。上(うえ、たかい)と同系。また、平らに広がる、の意をも含み、敝(ショウ)(ひろい)・廠(ショウ)(広間)と同系のことば。掌は「手+(音符)尚」で、平らに広げた手のひら、という。

論語:解説・付記

従来訳のように、論語のほんのささいな言葉から大げさな道徳的教訓を作り上げるのを、微言大儀という。現代的に論語を読む作業は、古注や新注が論語にべったり塗り付けた、根拠無き微言大義をそぎ落とすことから始まる。史実性の検証はその一環でもある。

だが論語の本章は上掲の検証にも拘わらず、孔子の肉声の気がしてならない。漢帝国の儒者が創作したとして、なぜこのような話を作ったのか、動機が分からないからだ。仮に「掌」が「手」だったとすると、春秋時代に存在したから、後世書き換わった可能性を指摘したい。

論語の本章について、既存の論語本では、吉川本に以下のように言う。「祭りについての学問的説明は、孔子のころにすでに議論が分かれていたのであろう。…孔子の答えは…完全に分からなかったのではなく、自信のある説明を難しいとしたのである。」訳者の見解は全然違う。

もし本章が史実だったとすると、孔子は一体何が言いたかったのだろう。前章で検討したように、孔子は極めて開明的な精神の人で、神などいないと思っていた形跡さえある。論語の時代の禘祭が、どのようなものだったかは想像しがたいが、祭礼にふさわしい所作はあったろう。

神楽の舞踊の型とか、チンチンどんどんの伴奏とかである。それが何を意味しているか、「ある人」は興味を持って孔子に聞いたが、孔子は「そんなもんあるものか」と突き放したのだ。それを前提にすると、孔子が太廟で「ことごとに問う」理由も見えてくる(論語八佾篇15)。

神主がもったい付けてやる所作の一つ一つが、若年期の孔子にとって無意味に思えたのだろう。おそらくは「何でそんなバカげたことを」という感情がこもっていたかも知れない。だからこそ神主の言った「田舎者」というさげすみに、それなりの理由が付きもする。

自分らの秘技をさげすむ者に、言い返すにはそれぐらいしかないからだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)