論語詳解186泰伯篇第八(2)恭にして礼なくんば*

論語泰伯篇(2)要約:「そんなことあるわけないだろ」と子供でも気が付く儒者の偽善。権力者が身内をひいきすると、人民がおとなしくなり仁愛に溢れた生活をするようになると言います。もう少しましなことが言えないんでしょうか。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「恭而無禮則勞、愼而無禮則葸、勇而無禮則亂、直而無禮則絞。君子篤於親、則民興於仁。故舊不遺、則民不偷。」

復元白文

子 金文曰 金文 兢 金文而 金文無 金文論語 礼 金文則 金文労 金文 論語 慎 金文而 金文無 金文論語 礼 金文則 金文勇 金文而 金文無 金文論語 礼 金文則 金文亂 金文 直 金文而 金文無 金文論語 礼 金文則 金文君 金文子 金文於 金文論語 親 金文 則 金文民 金文論語 興 金文於 金文仁 甲骨文 論語 故 金文旧 金文不 金文遺 金文 則 金文民 金文不 金文

※恭→兢・仁→(甲骨文)。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、ゐやにしれいくんばすなはつかれる。つつしれいくんばすなはふさぎこむ。いさにしれいくんばすなはみだる。なおきにしれいくんばすなはしまる。君子くんしうからあつからば、すなはたみじんおこる。故舊ゆえあるわすれざらば、すなはたみうすからず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「へりくだっても礼法から外れると疲れる。慎んでも礼法から外れるとふさぎ込む。勇気があっても礼法から外れると乱れる。率直でも礼法から外れると行き詰まる。君子が身内を大事にすると、常時無差別の愛を基礎にして民が繁栄する。古くからの付き合いを大事にすれば、民は情け深くなる。」

意訳

同上

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「恭敬なのはよいが、それが礼にかなわないと窮屈になる。慎重なのはよいが、それが礼にかなわないと臆病になる。勇敢なのはよいが、それが礼にかなわないと、不逞になる。剛直なのはよいが、それが礼にかなわないと苛酷になる。」
 またいわれた。――
「上に立つ者が親族に懇篤であれば、人民はおのずから仁心を刺戟される。上に立つ者が故旧を忘れなければ、人民はおのずから浮薄の風に遠ざかる。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「恭敬而無禮則徒勞,謹慎而無禮則膽怯,勇猛而無禮則闖禍,直率而無禮則尖刻。如果領導能真心愛護親屬,則百姓就會崇尚仁愛;如果領導能真心愛護故舊,則百姓就不會冷漠無情。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「へり下っても礼法に従わなければ徒労に終わる。慎み深くても礼法に従わなければ臆病に終わる。勇猛でも礼法に従わなければ乱暴に終わる。率直でも礼法に従わなければイヤミに終わる。もし権力者が心を込めて親族を愛護するなら、人民はすぐさま仁愛を尊ぶ。もし権力者が心を込めて知人を愛護するなら、人民はすぐさま冷酷無情ではなくなる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 恭 金文大篆 論語 恭
(金文大篆)

論語の本章では、”うやうやしい”。『学研漢和大字典』による原義は”差し上げものを両手で指捧げるさま”。

この文字は秦帝国期の金文大篆以降にしか見られず、孔子の在世当時には「兢」と書かれていたと考えられる。すなわち「戦戦兢兢」の「兢」であり、”恐れてブルブル震えるような気持ちでいる”という有様を指す。詳細は論語語釈「恭」を参照。

禮(礼)

論語 礼 金文 論語 揖 拝礼
(金文)

論語の本章では”礼法”。中原諸国のエチケットと考えていい。詳細は「論語における礼」を参照。

勞(労)

論語 労 金文 論語 労
(金文)

論語の本章では”つかれる”。『大漢和辞典』の第一義は”つとめる”。以下”はたらく・ねぎらう…”と続く。『学研漢和大字典』による原義は、燃え立つように体力を消耗しきるさま。詳細は論語語釈「労」を参照。

愼(慎)

論語 慎 金文 論語 慎 諸
(金文)

論語の本章では、”つつしむ”。『学研漢和大字典』による原義は、心が欠け目なく充実しきったさま。詳細は論語語釈「慎」を参照。

葸(シ/サイ)

論語 葸 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では”喜ばないさま”から、”ふさぎ込む”と訳した。”素直・良い”という陽の当たる意味と、”従いがたい・慎む・恐れるさま”という陽の当たらない意味がある。

初出は後漢の『説文解字』にすら記載が無い。カールグレン上古音はsi̯əɡだが、上古=秦以前に存在が確認できない言葉の音というのも不思議な気がする。同音に思とそれを部品とする漢字群など。ただし思の字の初出も戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「艸+(音符)思(こまかく思いめぐらす)」。語義は論語の本章を引いて、おそれる(おそる)。びくびくしてこわがる。また、おそれるさま、という。

文字としては甲骨文・金文に見られず、秦国で通用した大篆と、西方諸国の古文から見られるようになる。

論語 勇 金文 論語 動 勇 字解
(金文)

論語の本章では、”勇ましいさま”。『学研漢和大字典』による原義は、足を踏みならすように元気のあるさま。詳細は論語語釈「勇」を参照。

亂(乱)

亂 金文 論語 乱 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”無茶苦茶になって始末がつかない”。原義はもつれた糸、またはそれを整えるさま。詳細は論語語釈「乱」を参照。

論語 直 金文 論語 直
(金文)

論語の本章では”率直・真っ直ぐなこと”。『学研漢和大字典』による原義は真っ直ぐに見ること。詳細は論語語釈「直」を参照。

絞(コウ)

論語 絞 金文大篆 論語 絞
(金文)

論語の本章では”行き詰まる”。糸でキュッと、”すぼめる・すぼまる”こと。首を絞められるように行き詰まること。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkŏɡで、同音に交とそれを部品とする漢字群。語義を共有する漢字は無い。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、交は、人が足を交差させたさまを描いた象形文字。絞は「糸+(音符)交」で、ひもを交差させて両方から引きしぼること。▽糾(キュウ)と非常に縁が近い。異字同訓に搾(搾り取る)がある、という。

初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は子音のtのみ判明。

偸(偷)(トウ)

論語 偷 偸 金文大篆 論語 偷
(金文大篆)

論語の本章では、伝統的解釈に従って”情けが薄い”。”盗む”と解した方が原義に近いが、本章が漢代になってからのでっち上げとあっては、原義にこだわる必要が無い。

初出は後漢の『説文解字』にすら記載が無い。カールグレン上古音はtʰu(藤堂上古音t’ug)。同音に媮(語義不明)、黈”黄色”。近音の「盜」(盗。カ音dhog、藤音dɔg)は、甲骨文から存在する。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、兪(ユ)は、中を抜きとった丸木船。偸は「人+(音符)兪」。中身を抜きとる動作や物を抜きとるどろぼうのこと。

輸(車で物をごっそり抜きとって運ぶ)・逾(ユ)(中間を抜いて向こうへ乗り越える)・踰(ユ)(中間を抜いて向こうへ乗り越える)などと同系のことば、という。

漢文では「偷安」という言葉が出てくることがあり、意味は”盗み取ったように一時的な平和”をいう。

故舊(旧)

論語 故 金文 論語 旧 金文
(金文)

論語の本章では、”昔なじみ”。

『学研漢和大字典』によると「旧」は形声文字で、舊の上部は鳥のこと。下部は音をあらわす。もと鳥の名。ただし、普通は、久(年月をへて曲がった)・朽(キュウ)(曲がってくちる)と同系のことばに当てて用いる、という。

「故」は「攴(動詞の記号)+〔音符〕古」で、かたまって固定した事実になること。詳細は論語語釈「故」を参照。

論語 遺 金文 論語 遺
(金文)

論語の本章では”忘れる・捨てる”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「辶+(音符)貴(盛りあがって目だつ)」。物をのこしてたち去り、その物がむっくりと目だつことをあらわす。おくるの意に用いるのは、饋(キ)(送る)のあて字、という。

故舊不遺

「遺れられない」対象が「故舊」なので、ここはO-V順になっていて文法上変則。あるいは主語の「君子」が省略された形か。中国語学の世界では、主語が述語の動作主体となる施事主語に対し、受事主語と呼ばれる。

君子篤於親、則民興於仁。故舊(旧)不遺、則民不偸

”貴族が親族に手厚いと、民は常時無差別の愛に目覚めて元気になり、貴族がなじみの人を忘れないと、民は情け深くなる”。

論語では随所に、為政者が善行を行うと民が見習って善人になる、という話が出て来る。現代中国人なら、共産党幹部が善行を行おうと「どうぞご勝手に」だろうが、古代の中国人は、まだそこまで人が悪くなっていないのだろうか。史書を読むと、とてもそうとは思えない。

論語:解説・付記

論語の本章は、漢帝国の儒者らしい偽善と、「礼法を知りたければ我ら儒者を優遇しろ」という図々しさが、渾然一体となっている。なお本章では「礼なければ」と確定条件に読み下したが、仮定条件「礼なからば」でもかまわない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)