論語詳解198泰伯篇第八(14)その位にあらざらば゚

論語泰伯篇(14)要約:呉国使節を接待中の孔子先生。そこへちょっかいが入ります。呉国との関係強化を、快く思わない政治家たちもいるのです。人の仕事にちょっかいを出すな。宿願がかかっているだけに、先生は即座に断るのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「不在其位、不謀其政*。」

校訂

武内本:清家本により、文末に也の字を補う。

復元白文

子 金文曰 金文 不 金文在 金文其 金文位 金文 不 金文論語 謀 金文其 金文政 金文

書き下し

いはく、くらゐらざらば、まつりごとはからず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「その職責にないなら、その事務処理には手を出さない。」

意訳

―ん? 何じゃこんな時に。

論語 孔子 怒り
なになに、至急接待役を交代されたい? 人の仕事に手を出すな。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「その地位にいなくて、みだりにその職務のことに口出しすべきではない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「不在那個位置上,就不要想那個位置上的事。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「そのような地位にいなければ、全くそのような地位の事を思ってはならない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 在 金文 論語 在 解字
(金文)

論語の本章では、”ある仕事を担当する”。『学研漢和大字典』による原義は、川をせき止めること。詳細は論語語釈「在」を参照。

論語 位 金文 論語 位
(金文)

論語の本章では、”仕事”。論語の時代に通用した文字では、「立」と区別していない。つまり「立」と「位」は同じ言葉だった。『学研漢和大字典』による原義は、人の立っている位置。詳細は論語語釈「位」を参照。

論語 謀 金文 論語 某 謀 梅 字解
(金文)

”たくらむ・はかりごとをする”。

『学研漢和大字典』によると、「某」とはもと梅の木のことだが、音から”暗くてよく分からない”を意味するという。よく分からないことを明らかにする行為が「謀」なのか、あるいは後ろ暗いたくらみごとが「謀」なのかははっきりしないが、肯定的な言葉ではなかろう。

詳細な語釈は論語語釈「謀」を参照。

なおこの文字は、甲骨文や金文では「某」と書き分けられていない。

論語 政 金文 論語 政
(金文)

論語の本章では、”仕事の詳細・事務処理”。『学研漢和大字典』による原義は、真っ直ぐに整えること。詳細は論語語釈「政」を参照。

論語:解説・付記

ここも呉の使いの接待の最中と考えると状況がはっきりする。孔子が呉とのつながりを深めようとすれば、当然それを阻止しようとする政治勢力もあるはずで、時間的状況から、孔子はこの時(魯哀公元年・BC494)主に衛国滞在中だったが、魯国に一時帰国していることが『史記』にみえる。次章も併せ考えると、おそらくは帰国中で、接待を邪魔したい魯国の家老がいたのだろう。

魯国と呉国が深く接触し、ついには魯を属国同然にするまでに至ったのはすでに記した通り。

衛国滞在中だったとしても、当時衛は西北の大国・晋国に国土をがりがりと削り取られている真っ最中で、晋と呉は中原諸侯国を挟んで相対峙する状況にあった。衛国内にも親晋派・親呉派がいて当然で、それゆえ衛国の政局は混乱していた。時間的にやり手の霊公が死去する(魯哀公二年・BC493)直前で、くさびを失いつつあった衛国の国政は乱れていたに違いない。

この接待に当たっていたとき、孔子がどこまで呉との関係を深めようと考えたかは分からない。しかし孔子は当時浪人の身で、衛国の客員家老の待遇は与えられていたが、政治に関わることは出来なかった。従って政治構想実現の場として、呉に目を付けても不思議はない。

論語 孔子 お花畑
むしろ積極的に、関わりたがったと想像する。孔子は仁の思想に見られるように夢想家の側面を持ち、政治いじりをしたいという願望は晩年まで強烈だった(論語子路篇10ほか)。ただし呉国がザンバラ髪に入れ墨という、孔子の感覚から見れば野蛮な点を懸念しただろう。

しかし浪人の身では、贅沢は言っていられない。文化程度の高い中原諸国で干されていた孔子は、むしろ後進国だからこそ自分を有り難がると思ったに違いない。だからこそ「もと宰相」という肩書きでしかないにもかかわらず、進んで呉の使節の接待役を引き受けたのだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)