論語詳解201泰伯篇第八(17)学は及ばざるが如く°

論語泰伯篇(17)要約:話は普段の、孔子先生の生活に戻ります。政治家・革命家でもある孔子先生ですが、その本領はやはり学問。中年を過ぎても晩年になっても、常に新しい知識を求めて止みません。そんな先生の心からのつぶやき。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「學如不及、猶恐失之。」

校訂

定州竹簡論語

……曰:「學如弗a及,猶恐[失之]。」207

  1. 弗、今本作「不」。

→子曰、「學如弗及、猶恐失之。」

復元白文

子 金文曰 金文 学 學 金文如 金文弗 金文及 金文 猶 金文鞏 金文失 金文之 金文

※恐→鞏。

書き下し

いはく、まなびておよばざるがごとくし、これうしなはむことをおそれるがごとくせよ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「学習は遠いものを追い掛ける気持で行い、学び終えたことも忘れてしまうのを恐れるようにせよ。」

意訳

論語 孔子 悩み
学んでも学んでもきりがない。

論語 孔子
で、あるからして諸君、あの呉国の連中のようなどうしようもない田舎者にならぬためには、ひたすら学ぼうとするしかないのである。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「学問は追いかけて逃がすまいとするような気持でやっても、なお取りにがすおそれがあるものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「學習如同賽跑,惟恐趕不上,趕上了,又怕被超過。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「勉強は競走と同じだ。ただ追いつかないこと、追いついてしまったことを恐れ、また追い抜かされないかと恐れる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


學/学

論語 学 學 金文 論語 学
(金文)

論語の本章では、”学ぶ行為”。宮崎本によると、大人が算木を交差させて計算する場面を、子供が見て学ぶこと。詳細は論語語釈「学」を参照。

論語 如 睡虎地秦墓竹簡 論語 如 字解
(秦系戦国文字)

論語の本章では、”~のようだ”。『学研漢和大字典』による原義は、柔らかに言うこと。『字通』によると、祝詞を前に神に祈ること。詳細は論語語釈「如」を参照。

論語 及 金文 論語 及 解字
(金文)

論語の本章では”追いつく”。詳細な語釈は論語語釈「及」を参照。

猶(ユウ)

論語 猶 金文 論語 猶

論語の本章では、”~のようだ”。「なお~のごとし」と読む再読文字の一つ。詳細は論語語釈「猶」を参照。

論語 恐 金文 論語 恐
(金文)

論語の本章では”将来に対して不安を覚える”。初出は上掲戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkʰi̯uŋで、同音は存在しない。部品の巩(カ音不明)”いだく・かかえる”の派生字である鞏(=𢀜、カ音ki̯uŋ)に、”おそれる”の語釈を『大漢和辞典』が載せる。詳細は論語語釈「恐」を参照。

論語 失 金文大篆 論語 失
(金文)

論語の本章では、”学び損なう”。『学研漢和大字典』による原義は、ものがするりと手から抜け落ちること。詳細は論語語釈「失」を参照。

論語:解説・付記

論語 孔子 波濤
論語や孔子の教説に不満を持つ者でも、孔子が大変な勉強家であったことは認めないわけにいかないだろう。生涯学び続けたから、聖人=万能の人、と言われるようになった。

論語述而篇16の、「私にもう数年の寿命を加えて、五十になっても学べば、大きな間違いをしなくて済むだろう」がそれ。日本では伝教大師最澄が「我れ鄭重に此の間託生して、一乗を習学し一乗を弘通せん」(もう一度生まれ変わっても勉強がしたい)と言ったのに似ている。

孔子のおかしな所は、自分の夢想については意固地になるのに、勉強するのが大好きな所で、それは孔子が弟子を引きつけた魅力でもある。論語為政篇11で「古くさい知識を洗い落として、新しい学問に通じるなら、それでやっと﹅﹅﹅教師稼業が務まる」と自慢したのももっともだ。

論語 最澄 論語 空海
ただしそれは孔子のような超人、あるいは最澄のような不思議な能力者だから出来ることだし、言えることで、訳者にはどうしても、最澄と顔回が重なって見えて仕方がない。最澄時代の天才と言えば弘法大師空海こそまさにそれで、論語で言えば子貢に当たるのだろうか。

さて論語の本章を、前章から引き続く、呉国使節の接待を締めくくる言葉として捉えたとき、その解釈は意訳乙のようになる。要するに孔子は、呉国とのやりとりを総括して、そこから導き出される教訓としてこの泰伯篇を締めくくったのだ。

前章
やれやれ終わった終わった。田舎者はたちが悪い。すぐカッとなるくせに小ずるい。幼稚でダサいくせに見栄を張る。無知なくせにウソをつく。知らんよ、あんな連中。

本章
で、あるからして諸君、あの呉国の連中のようなどうしようもない田舎者にならぬためには、ひたすら学ぼうとするしかないのである。

この論語泰伯篇はこれ以降、架空の人物である古代の聖王を取り上げて、孔子の愚にも付かないつぶやきを載せている。つまりまるでここまでと毛色が違う。本篇に収められた曽子の説教が後世の付加であるように、以降のつぶやきも後世の膨らましと見るべきだ。

そこで訳者も膨らませとして、儒者の御託を記しておくことにする。

古注『論語義疏』

子曰學如不及猶恐失之註學自外入至熟乃可長久如不及猶恐失之耳疏子曰至失之 言學之為法急務取得恒如追前人欲取必及故云如不及也又學若有所得則戰戰持之猶如人執物恒恐去失當録之為意也李充曰學有交勞而無交利自非天然好樂者則易為懈矣故如懼不及猶恐失之況可怠乎繆協稱中正曰學自外來非夫內足恒不懈惰乃得其用如不及者已及也猶恐失者未失也言能恐失之則不失如不及則能及也 註學自至之耳如注意則云如若也言人學宜熟若學而不及於熱雖得猶恐失之也

本文「子曰學如不及猶恐失之」。

注釈。学問とは自分の外から入ってくるからそれが熟するには時間が掛かる。忘れるのを恐れるのももっともだ。

付け足し。先生は失うことの極致を言った。学ぶことを言ってそれを急務としたのは、会得とはいつも前の人に追いつくようなもので、追いつきたいと思えば必ず追いつく。

何とものどかなことで。訓詁学のような、下らねえ御託並べを学問の全てと思っていられる幼児性が片腹痛い。どんなに勉強しても自分には分からない事がある、とは思っても居なかろう。儒学のように、権力と一体化した学問がどんなに堕落するかこれで分かるというものだ。

続きを読もう。

だから「及ばざるが如し」と言った。またもし学問を会得しても、直ちにガタガタ震えが来るのは、好ましいものを持っていて失うのを恐れるのと似ている。それが本章を記した意義だ。

李充「学問はマゾになって学ぶべきもので、欲得ずくで学んではならない。生まれつきの学問好きでなければ、どうせだらけるに決まっているのだ。だから”追いつかないのを恐れるように”学ばねばならぬ。怠けるなどとんでもない。

繆協は中正の教えを唱えて言った。「学問とは外から取り込むもので、勝手に満足してはならない。恒にサボらず学んでやっと、ものの役に立つ。」

如不及とはすでに及んでいることだ。猶恐失とはまだ失っていないことだ。その心は、失うのを恐れていれば失わないし、まだ及んでいないことも及ぶことが出来る。

続いて新注。

新注『論語集注』

言人之為學,既如有所不及矣,而其心猶竦然,惟恐其或失之,警學者當如是也。程子曰:「學如不及,猶恐失之,不得放過。纔說姑待明日,便不可也。」

本章の心とはこうだ。人は自分が知っていると思っていることでも、足りない点が必ずある。だから心に怯えがあり、ひたすら無い知恵を失うことを恐れる。そう言って学ぶ者を戒めたのだ。

程子「学は及ばざるが如く、なおこれを失うを恐る。知ったかぶりを自覚して、もの言う前に一日考えても、やはり不始末を仕出かすものだ。」

程頤が何を言っているかは、実はさっぱり分からない。吉川漢文読めなかった説で書いた、「何が書いてあるかはわかっても、何言っているかさっぱり分からない」例の一つがこれ。難しい回しをこねた挙げ句、自分の意見を誤魔化しているのだ。

日本で言えば西田キタローと同類で、読む側の「自分の頭が足りないかも」という恐怖に便乗して読者をだます、悪質な手口といってよい。一つだけ程頤ら宋儒を弁護してやるなら、宋代には諌官といって、人にケチを付けて地位を落としたり辺境に流したりするのが役目の陰険な役人がおり、中国版「国家安康」をさかんにやっていた。それを恐れたに違いない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)