論語詳解202泰伯篇第八(18)巍巍乎たり、舜禹の’

論語泰伯篇(18)要約:今日は歴史記録を読む孔子先生。大好きな評論心がむくむくと。伝説の聖王・も、先生にとっては実在の人物と固く信じていました。信じがたい治績を残した禹王の話に、先生は感心するしかありませんでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「巍巍乎。舜禹之有天下也、而不與焉。」

復元白文

子 金文曰 金文 魏 金文大篆魏 金文大篆乎 金文 舜 金文禹 金文之 金文有 金文天 金文下 金文也 金文 而 金文不 金文与 金文安 焉 金文

※巍→魏(金文大篆)・焉→安。舜は論語の時代に知られていなかったとすると、本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、巍巍乎ぎぎこたり。しゆん天下てんかたもしかうしてあづからざり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「高く広くそびえ立っている。舜と禹が天下を我がものにして、しかも関わらなかったのは。」

意訳

論語 孔子 疑問
山脈を見上げるような気分だ、舜と禹の政治は。天下に君臨していたのに、政治いじりをしなかった。なのによく治まった。一体どうやったんだろう。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「何という荘厳さだろう、舜しゅん帝と禹う王が天下を治められたすがたは。しかも両者共に政治には何のかかわりもないかのようにしていられたのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「舜、禹真偉大!他們獲得天下依靠的不是暴力。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「舜、禹はまことに偉大だ。彼らが天下を取るに当たって頼ったのは、暴力ではなかった。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

巍巍乎(ギギコ)

論語 巍 金文大篆
「巍」(金文大篆)

”高く広いさま”。音からは、ギザギザした山頂を示してもいる。

論語 山脈 巍巍乎Photo via https://pixabay.com/ja/

初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はŋi̯wərで、同音は存在しない。

部品の魏(ŋwər、”たかい”)は、『説文解字』に地名として登場するのが初出。論語の時代にはすでに都市国家として存在し、弟子の子夏が仕えたと言うから、言葉や文字があったのは確実。ただし当時の字形が伝わらない。漢帝国で通用した隷書では、「嵬」と書かれた

『学研漢和大字典』によると「巍」は会意兼形声文字で、魏(ギ)は、まるく大きく目だつ意を含む。巍は「山+(音符)魏」。嵬(カイ)(山がたかく目だつ)と同系のことば、という。

舜(シュン)・禹(ウ)

舜 金文 論語 禹 金文
(金文)

神話上の聖王。禹は夏王朝の開祖とされる。しかし孔子は論語時代の常識に従い、実在の人物と思っていた。
論語 舜 論語 禹

論語:解説・付記

論語 孔子 とぼけ
政治いじりをしたい孔子にとって、政治いじりをしないで天下が治まった古代の聖王の伝承は、不思議でたまらなかったに違いない。論語の教説にはこのような、何もしないで世が治まった話が出てくる。孔子にとっては言わばあこがれで、不可能を自覚した欠点でもあった。

何代目かの老子が帰国する孔子に対して、「目立とう精神はやめなされ」と諭したのも、孔子の自覚している欠点を突くものだったろう。だからこそ孔子は老子を生涯尊敬し続けた。訳者は現代日本東洋史学の、老子いなかった説や、孔子教わらなかった説にはくみしない。

論語 孔子 切手 論語 老子
孔子が老子に学び終えて、その元を去って魯国に帰り、弟子に老子を論評して言った。

「鳥は飛ぶ姿を見れば、その能があることが分かる。魚は、泳ぐ姿を見れば、その能があることが分かる。けものは走る姿を見れば、その能があることが分かる。

だから走るけものは網で捕らえられるし、泳ぐ魚は釣ることが出来る。飛ぶ鳥は弓矢でいぐるみ(=矢に紐を付けて放つ猟。紐が絡まって鳥を落とすことが出来る)すれば捕らえることが出来る。

しかし竜はどうだろう。風や雲に乗って天に昇るが、その姿を見ることは出来ないし、そのからくりも分からない。私は老子先生に会ってきたが、まるで竜のようなお方だったよ。」

(『史記』老子列伝)

「老子先生は竜のようだ。とらえどころがない」と孔子が言った史記の記述は『荘子』のまた書きではあるが、わけが分からないが偉大な者への孔子の感想を、端的に示していると思う。老子が何百才も生きたという話は荒唐無稽だが、実在を否定するのも行きすぎだろう。

論語に出て来る堯・舜・禹といった古代の聖王も、実在はしないがモデルはあったのでは?

何もしないで治まったというのは、超古代の場合は人界の生産力が低いから、財産を巡る争いが少なかったからだろう。そんな中で少しばかり数理に目覚めた人が、よりよい治水の方法を考案して、人々がそれを受け入れ共に治水工事に精を出したのだろう。
論語 治水

その規模は、あるいは村を取り巻く輪中程度だったろうが、工事の指揮意外には手を出さず、普段は一農民として耕作に励んでいただろう。どの農民も同様に貧しく、欲を張る対象がそもそも無いか少ないのだから、手を出さずに治まったというけしきも、十分あり得るはず。

いずれにせよ孔子にとっては、古記録を史実と受け止める他はなく、それは論語時代の常識でもあった。だから聖王たちの政治はわけが分からず、老子に対する賛辞同様、ただもう仰ぎ見るしかなかった。つまり本章は、言っている孔子にもわけが分かっていない。

だからとらえ所がないのももっともである。

さらに、舜そのものが孔子の時代に知られていなかったとする学説もある。上掲の検証は「本章が偽造であるとは断定できない」と言えるだけで、本章が偽作である可能性はやはりある。堯や舜については『左伝』も記しているが、『左伝』は検証しだすと崩壊する本でもある。

孟子 お笑い芸人
確実に堯舜をさかんに持ち上げて褒めそやしたのは、希代の世間師だった孟子である。もちろん世間師のことだから、ただで持ち上げたわけではない。主な顧客に斉の宣王がおり、宣王はもと斉の君主だった姜氏に取って代わった、田氏の五代目で、その祖先を舜だと言っていた。

つまり宣王のやましい所への塗り薬として、舜を褒め讃えたわけ。そのおかげで孟子は王の顧問官になれたが、あまりに横柄な上に無能だったため、宣王は孟子をお座敷に呼ばなくなった。怒ったふりをした孟子は辞職したが、国境の町で王が呼び返しに来るのを待ち続けた

もちろん呼び返されはしなかった。中二病の行いではなかろうか。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)