『史記』老子列伝現代語訳

それなお竜の如きか

原文

孔子去,謂弟子曰:「鳥,吾知其能飛;魚,吾知其能游;獸,吾知其能走。走者可以為罔,游者可以為綸,飛者可以為矰。至於龍,吾不能知其乘風雲而上天。吾今日見老子,其猶龍邪!」

書き下し

孔子去りて、弟子に謂いて曰く、「鳥は、吾其の能く飛ぶを知る。魚は、吾其の能く游(およ)ぐを知る。獣は、吾其の能く走るを知る。走る者は以て罔(あみ)するを為す可し、游ぐ者は以て綸(つ)るを為す可し、飛ぶ者は以て矰(いぐるみ)を為す可し。竜於(に)至りては、吾其の風雲に乗り而て天に上るを知る能わず。吾今日老子に見えしとき、其れ猶お竜のごとし邪(か)!」

現代語訳

孔子が老子に学び終えて、その元を去って魯国に帰り、弟子に老子を論評して言った。

「鳥は飛ぶ姿を見れば、その能があることが分かる。魚は、泳ぐ姿を見れば、その能があることが分かる。けものは走る姿を見れば、その能があることが分かる。

だから走るけものは網で捕らえられるし、泳ぐ魚は釣ることが出来る。飛ぶ鳥は弓矢でいぐるみ(=矢に紐を付けて放つ猟。紐が絡まって鳥を落とすことが出来る)すれば捕らえることが出来る。

しかし竜はどうだろう。風や雲に乗って天に昇るが、その姿を見ることは出来ないし、そのからくりも分からない。私は老子先生に会ってきたが、まるで竜のようなお方だったよ。」


論語泰伯篇18に戻る

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)