論語詳解131雍也篇第六(14)注釈

論語集解義疏

原文

註苞氏曰澹臺姓滅明名也字子羽言其公且方也疏…云曰有澹臺滅明者行不由徑者荅為宰而所得邑中之人也澹臺滅明亦孔子弟子也言滅明每事方正故行出皆不邪徑於小路也一云滅明徳行方正不為邪徑小路行也

書き下し

註。苞氏曰く、澹臺は姓、滅明は名也。あざなは子羽。其の公けにして且つ方しきを言う也…疏。…曰有澹臺滅明者行不由徑者と云うは、荅えて宰為り而邑中之人を得る所也。澹臺滅明亦た孔子の弟子也。滅明を言いて事每に方に正し、故に行い皆な邪まなる小路於徑ら不して出ずる也。一に云う、滅明徳行方に正しく邪をなして小路に徑りて行くを為さ不る也。一に云う、滅明は徳行方に正しくして邪を為さ小路に徑ら不して行く也。

現代語訳

注釈。苞氏曰く、澹臺は姓、滅明は名である。あざなは子羽。性格が公平でまじめなことを言ったのである。付け足し。…曰有澹臺滅明者行不由徑者と子游が言ったのは、代官としてまちの人を採用できたことを言ったのだ。澹臺滅明も孔子の弟子である。子游は滅明について、事あるごとにまじめで、よこしまなことをせず隠れ道を通らずに子游の前を退いたと言った。一説には、滅明は徳の行いが実に正しく、邪悪なことをして隠れ道を通るようなことをしないという。また一説には、滅明は徳の行いが実に正しくて、邪悪なことをせず隠れ道を通らずに行動するという。

論語集注

原文

澹臺姓,滅明名,字子羽。

書き下し

澹臺は姓、滅明は名、字は子羽。

現代語訳

姓は澹臺、名は滅明、字は子羽。


論語雍也篇14に戻る

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)