『周易』(易経)現代語訳:䷋否篇

現代日本語訳

否とは、人でない。賢者の占いとしてめでたくなく、大きいものが行って小さいものが来る。

それと言うのは、つまり天と地が交わらず、万物が通い合わず、上と下が交わらず、天下に国が無くなることだ。内側はじめじめしており、外側はからからとしている。内側は柔らかいが、外側は堅い。内側は愚物だが、外側は賢者。愚物のやり方が流行り、賢者のやり方は消えるのだ。

天地が交わらないのを、否という。賢者は才能を隠して災いを避け、実入りのいい官位に就いて贅沢してはならない。

一番上の―の意味は、河原の草を抜いて食い、かり集めて用を足す。占いとしては吉で、行動して差し支えない。河原の草を抜くのは占いとして吉、決定は君主次第。

二番目の―の意味は、受けたものを包むこと。愚物にとっては吉。ひとかどの人物にとってはよろしくないが、行動に差し支えは無い。ひとかどの人物にとってはよろしくないが、行動に差し支えは無いのは、集団行動を乱さない場合に限る。

三番目の―の意味は、恥をつつむこと。恥を包むのは、適材適所がかなわないからだ。

四番目の- -の意味は、天の定めが下るから、罰を受けない。誰が天から受けた自分の幸福を捨てるだろうか。天の定めが下って罰を受けないから、思い通りに事が運ぶ。

五番目の- -の意味は、否の勢いが止まる。賢者にとって吉。滅ぶべきものは滅ぶ。役立たずのひょうたんは、ぶら下がったまま腐れ果てる。賢者にとって吉なのは、適材適所が行われるからだ。

六番目の- -の意味は、否が弱まる。始めは否だが後々喜びがある。否が終われば弱まるに決まっている。なぜだらだらと続くだろうか。

原文

否之匪人,不利君子貞,大往小來。

否之匪人,不利君子貞。大往小來,則是天地不交,而萬物不通也;上下不交,而天下无邦也。內陰而外陽,內柔而外剛,內小人而外君子。小人道長,君子道消也。

天地不交,否;君子以儉德辟難,不可榮以祿。

初六:拔茅茹,以其彙,貞吉亨。

拔茅貞吉,志在君也。

六二:包承。小人吉,大人否,亨。

大人否亨,不亂群也。

六三:包羞。

包羞,位不當也。

九四:有命,无咎,疇離祉。

有命无咎,志行也。

九五:休否,大人吉。其亡其亡,繫于苞桑。

大人之吉,位正當也。

上九:傾否,先否後喜。

否終則傾,何可長也。

書き下し

否は之れ人にあらず、君子のいに利なら不、大往きて小來たる。

否は之れ人にあらず、君子のいに利なら不、大往きて小來たる。則ち是れ天地交わら不、し而萬物通ぜ不る也。上下交わら不、し而天下邦无き也。內に陰にし而外に陽、內に柔にし而外に剛、內に小人にし而外に君子。小人の道長らえ、君子の道消ゆる也。

天地交わら不るは、否なり。君子德を儉むを以いて難を辟け、榮うるに祿を以いる可から不。

初六、茅を拔きてくらい、其のあつまりを以う。貞いて吉にして亨る。茅を拔くは貞いて吉、志は君に在る也。

六二、承くるところを包む。小人に吉,大人に否にして、亨る。大人否にして亨るは、群を亂さ不れば也。

六三、羞を包む。羞を包むは、位當ら不れば也。

九四、命有り、咎无し、たれさいわいを離れん。命有りて咎无きは、志行わるる也。

九五、否を休む。大人に吉。其れ亡ぶは其れ亡ぶ。苞桑于繫る。大人之吉なるは、位正に當れば也。

上九、否を傾く、先に否にして後に喜ぶ。否終らば則ち傾き、何ぞ長かる可き

付記

易経については、訳者の翻訳が最適解の一つとは全然主張しない。ご覧の通り、どうとでも取れることしか書いていないからだ。ノストラダムスとか、なべて予言書や占い本の類は同様で、どうとでも取れるように書いてあるから、詐欺師どもがもったいを付けて世間に売り出し、ばか者どもが信じ込んで慌てふためく。

日本の易者の九分九厘は、断言してもいいが自分で漢文を読める力は無く、全て日本語に置き換えられたアンチョコを頼りに占っている。だから訳した者が一杯機嫌でホラを書いても気が付かず、有り難そうに押し頂いている。その客になる者も含め、ナントカの集まりと言うべきだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 誰にも分からず、どうとでも取れるようにしか書いていないからだ(→『周易』現代語訳)。こういう場合、権力を持つ者の解釈でなければ、図々しい奴の解釈が世にまかり通るのは人類史上に普遍的現象だ。朱子は生前、決して権力的には恵まれなかったため、後者と言える。 […]