論語詳解395衛霊公篇第十五(17)注釈

論語集解義疏

原文

子曰羣居終日言不及義好行小惠難矣哉註鄭𤣥曰小惠謂小小才智也難矣哉言終無成功也疏子曰至矣哉云子曰云云者三人以上為羣居羣居共聚有所談說終於日月而未曽有及義之事也云好行云云者小惠小小才智也若安陵調謔屬也以此處世亦難為成人也

書き下し

子曰群居終日言不及義好行小恵難矣哉。註。鄭𤣥曰く、小恵は小さき才智の小なるを謂う也。難矣哉は終に成功無からんを言う也。疏。子曰く、矣哉をしるすなり。子曰云云者、三人以上群れ居るを為し、群れ居りて共に聚まりて談り説く所有るも、日月於終え而未だ曽て義に及ぶ之事有らざるを云う也。好行云云者、小恵小小才智を云う也。安陵調謔が若き属い也。此を以て世に処るは亦た成人と為り難き也

現代語訳

いはく、終日ひねもしことただしきにおよばず、このんでぢゑおこなふ、かたなるかな。註。鄭玄曰く「小恵とは小知恵の回る者のくだらなさを言うのである。難き矣哉は、最後まで成功しないことを言うのである。付け足し。孔子様はなげきを記した。子曰くうんぬんは、三人以上が群れ集まって、語ったり説いたりしているが、月日が過ぎても全く正しさに至らないことを言うのである。好んで行ううんぬんは、小知恵の回る者のくだらなさを言ったのである。むかし安陵が口先で領地を貰ったようなものだ。こんな事ばかりしている連中は、世間に長くいても一人前にはなれないと言えよう。

論語集注

原文

好,去聲。小慧,私智也。言不及義,則放辟邪侈之心滋。好行小慧,則行險僥倖之機熟。難矣哉者,言其無以入德,而將有患害也。

書き下し

好は去声なり。小慧は私の智也。言は義に及ば不は、則ち辟邪を放ちて侈之心滋きなり。好んで小慧を行うは、則ち険しきを行いて僥倖之機熟れるなり。難矣哉者、其の以て徳に入る無きを言う。し而将に患い害い有らん也。

現代語訳

好は去声である。小慧は個人的な智恵を言う。そんな者は正義にかなったことは言えないから、よこしまばかり発信しておごり高ぶること甚だしいのである。すき好んで小知恵を回す連中は、危なっかしいことをして偶然の幸運で助かっているだけだ。難き矣哉と言うのは、まわりがどうしようと人徳を身につけることがついに無いことを言う。だからいずれひどい目に遭うであろう。


論語衛霊公篇17に戻る

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)