論語詳解097公冶長篇第五(5)子、漆雕開を*

論語公冶長篇(5)要約:孔子塾生のほとんどは、仕官して君子=貴族に成り上がりたい者ばかり。しかし中には仕官したがらない弟子もいます。漆雕開シツチョウカイもその一人。先生はそれをみて、なぜか喜びましたが、一体どういうわけでしょう。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子使漆雕開仕。對曰、「吾斯之未能信。」子說。

校訂

定州竹簡論語

(無し)


→子使漆雕開仕。對曰、「吾斯之未能信。」子說。

復元白文(論語時代での表記)

子 金文使 金文漆 金文周 金文啓 金文 対 金文曰 金文 吾 金文斯 金文之 金文未 金文能 金文信 金文 子 金文兌 金文

※雕→周・開→啓・說→兌。論語の本章は、「仕」の字が論語の時代に存在しない。「使」「未」「能」「信」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者による創作である。

書き下し

漆雕開しつてうかい使つかへしめむとす。こたへていはく、われこれきていましんずることあたはずと。よろこぶ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生は漆雕開シツチョウカイを仕官させようとした。答えて言った。「私は自分を考えると今なお信じることが出来ない状態です」。先生は喜んだ。

意訳


漆雕開に仕官を勧めたら、まだ自信がないと断った。あやつめ、出来る!

従来訳

下村湖人
先師が漆雕開(しつちょうかい)に仕官をすすめられた。すると、漆雕開はこたえた。――
「私には、まだ役目を果すだけの自信がありません。」先師はその答えを心から喜ばれた。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子要漆雕開當官。漆雕開說:「我還沒自信。」孔子聽後很高興。

中国哲学書電子化計画

孔子が漆雕開を官職に就かせようとした。漆雕開が言った。「私はまだ自信がありません。」孔子は聞き終えてたいそう喜んだ。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

使 、「 。」


子(シ)

子 甲骨文 子 字解
(甲骨文)

論語の本章では「子謂」では”(孔子)先生”、「其子」「兄之子」では”娘”。初出は甲骨文。字形は赤ん坊の象形。春秋時代では、貴族や知識人への敬称に用いた。季康子や孔子のように、大貴族や開祖級の知識人は「○子」と呼び、一般貴族や孔子の弟子などは「○子」と呼んだ。詳細は論語語釈「子」を参照。

使(シ)

使 甲骨文 使 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…させる”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。甲骨文の字形は「事」と同じで、「口」+「筆」+「手」、口に出した事を書き記すこと、つまり事務。春秋時代までは「吏」と書かれ、”使者(に出す・出る)”の語義が加わった。のち他動詞に転じて、つかう、使役するの意に専用されるようになった。詳細は論語語釈「使」を参照。

漆雕開(シツチョウカイ)

漆 金文 雕 金文大篆 開 金文大篆
(金文大篆)

BC540ー?。孔子の弟子。姓は漆雕、名は啓。漢景帝の名が同じく啓なので、後世名を開と言い換えた。『孔子家語』によると、孔子より11年少。『漢書』芸文志によると、漆雕開の弟子が記した『漆雕子』という書物があったという。また『韓非子』によると、儒家八派のひとつに漆雕氏の儒があったという。

漆 金文 漆 字解
「漆」(金文)

「漆」の初出は春秋早期の金文。初出の字形は「雨」”樹木の刻み目+両手”+「桼」”樹液”。樹木に刻み目を入れて樹液をすくい取るさま。原義は”うるし”。詳細は論語語釈「漆」を参照。

雕 金文 雕 字解
「雕」(戦国金文)

「雕」の初出は戦国末期の金文、字形は音符「周」+「隹」”とり”で、原義は鳥の”ワシ”。”ほる”の語義は音通。「彫」と同じ、彫の字も初出は戦国文字で、やはり論語の時代に存在しない。春秋時代の置換候補は、部品の周の字。”ほる”意を持つ漢字で、チョウと音読みするものに、琱があり、春秋時代の金文に存在する上、初文は周とされるから、周に”ほる”意があると解することは可能。詳細は論語語釈「雕」を参照。

開 秦系戦国文字 開 字解
「開」(秦系戦国文字)

「開」の初出は秦系戦国文字。字形は「門」+「廾」”両手”で、両手で門をあけるさま。原義は”開ける”。戦国の金文では人名に用いた。同音同訓「闓」の初出は後漢の『説文解字』。日本語音で同音同訓の「䦱」の初出は『説文解字』。同訓近音の「啓」の初出は甲骨文で、音通する置換字候補となる。詳細は論語語釈「開」を参照。

仕(シ)

仕 金文 仕 字解
(戦国金文)

論語の本章では”出仕させる”。初出は戦国早期の金文。字形は「士」+「人」で、原義は”役人”。戦国の金文で地名や人名に用いた。同音異調の「事」や部品の「士」が論語時代の置換候補となるが、”奉仕する”の語義が春秋時代以前に確認できない。詳細は論語語釈「仕」を参照。

訳者の個人的感想では、おそらく「士」と記して論語の時代に”つかえる”を意味したろうが、物証の無いことは無いと受け入れねばならない。

對(タイ)

対 甲骨文 対 字解
(甲骨文)

論語の本章では”回答する”。初出は甲骨文。新字体は「対」。「ツイ」は唐音。字形は「サク」”草むら”+「又」”手”で、草むらに手を入れて開墾するさま。原義は”開墾”。甲骨文では、祭礼の名と地名に用いられ、金文では加えて、音を借りた仮借として”対応する”・”応答する”の語義が出来た。詳細は論語語釈「対」を参照。

曰(エツ)

曰 甲骨文 曰 字解
(甲骨文)

論語で最も多用される、”言う”を意味する言葉。初出は甲骨文。原義は「𠙵」=「口」から声が出て来るさま。詳細は論語語釈「曰」を参照。

吾(ゴ)

吾 甲骨文 吾
(甲骨文)

論語の本章では”わたし”。初出は甲骨文。字形は「五」+「口」で、原義は『学研漢和大字典』によると「語の原字」というがはっきりしない。一人称代名詞に使うのは音を借りた仮借だとされる。詳細は論語語釈「吾」を参照。

春秋時代までは中国語にも格変化があり、一人称では「吾」を主格と所有格に用い、「我」を所有格と目的格に用いた。しかし論語でその文法が崩れ、「我」と「吾」が区別されなくなっている章があるのは、後世の創作が多数含まれているため。

斯(シ)

斯 金文 斯 字解
(金文)

論語の本章では、”分解する”。初出は西周末期の金文。字形は「其」”ちりとり”+「斤」”おの”で、ばらばらに切り裂くさま。同じ「これ」「この」と読んでも、春秋時代までは意味内容の無い語調を整える助字で、”…は”のような助詞の用法は、戦国時代の竹簡にならないと現れない。詳細は論語語釈「斯」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”これ”。自分を指す。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義は”これ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”…の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

斯之(これをさく)

「斯」に動詞として”わける”意があることから、論語の本章では「之」を自分として、自分を切って観察する=”自分を振り返ってみると”と解した。伝統的には、「斯」を語調を整える言葉として「これ」と読む例があるが、この用例は春秋時代以前にもあるから、誤りではない。

藤堂明保
藤堂本では「すなわこれを未だ信ずること能わず」と読み、「之」に「出仕する心構えなど」と注を付けている。しかしそれなら語順が「吾斯之未能信」ではなく「吾斯未之能信」になるはずで、むしろ「之」は倒置の記号とし、「斯」を”これ”という指示詞と解した方が理がある。

倒置としての解釈:

吾斯之未能信。(吾れこれこれ、未だ信じる能わず。)
→「吾未斯能信」の倒置。客語(≒目的語。object)が代名詞の否定文は、漢文では否定辞+客語+動詞になるのが通例。

未(ビ)

未 甲骨文 未 字解
(甲骨文)

論語の本章では”今までない”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。「ミ」は呉音。字形は枝の繁った樹木で、原義は”繁る”。ただしこの語義は漢文にほとんど見られず、もっぱら音を借りて否定辞として用いられ、「いまだ…ず」と読む再読文字。ただしその語義が現れるのは戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「未」を参照。

能(ドウ)

能 甲骨文 能 字解
(甲骨文)

論語の本章では”~できる”。初出は甲骨文。「ノウ」は呉音。原義は鳥や羊を煮込んだ栄養満点のシチューを囲んだ親睦会で、金文の段階で”親睦”を意味し、また”可能”を意味した。詳細は論語語釈「能」を参照。

信(シン)

信 金文 信 字解
(金文)

論語の本章では、”信じる”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は西周末期の金文。字形は「人」+「口」で、原義は”人の言葉”だったと思われる。西周末期までは人名に用い、春秋時代の出土が無い。”信じる”・”信頼(を得る)”など「信用」系統の語義は、戦国の竹簡からで、同音の漢字にも、論語の時代までの「信」にも確認出来ない。詳細は論語語釈「信」を参照。

說(エツ)

説 楚系戦国文字
(楚系戦国文字)

論語の本章では”喜ぶ”。新字体は「説」。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補は部品の「兌」で、原義は”笑う”。詳細は論語語釈「説」を参照。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

論語の本章は、定州竹簡論語に無く、春秋戦国の誰一人引用も再録もせず、前漢中期の『史記』弟子伝にそのまま引用してあるのが事実上の初出。従って史実とは言えないが、後世の儒者が偽作する動機も考えづらいから、何らかの史実を反映しているのだろう。

孔子の弟子は仕官が目的で入塾したが、孔子は一部の弟子に手先として政治活動に専念するのを望んだ。漆雕開もその一人だろうが、論語では本章にしか名が出ない。孔子とすれ違うように春秋末から戦国を生きた墨子は、「罪を犯して体のどこかを切る刑に処された」と言う。

「舜」の字が墨子より約一世紀後の初出であることを承知で引用する。

論語 墨子
孔子が弟子を集めて、こういう要らん説教をしたらしい。

「聖人聖人とワシは世間に言うたが、実は全部でっち上げだ。いにしえの聖王舜は、バカ親父の顔を見る時に限り、米つきバッタのようにペコペコした。王がそんなバカに頭を下げれば、舐められて国が滅びかねなかった。周公旦も人でなしだった。家族を放置して、留守にしっぱなしのまま趣味の政治いじりに励んだ。」

こういう発言を聞くと、孔子の腹は真っ黒で、仕出かした政治的陰謀はその表れだ。孔子の弟子どもはみな、そろって孔子の真似をした。子貢と子路は、衛国で小悪党の孔悝を焚き付けて反乱を起こさせ、陽貨は斉国で謀反を起こし、佛肸は中牟に立てこもって独立を企んだ。漆雕開は何を仕出かしたか知らないが、ともかく捕まって肢体切りの刑にあった。こうした孔子一党の悪行は、数え上げたら切りがない。

そもそも弟子入りとは、師匠よりあとに生まれたことを自覚して、師匠の言葉通りに努め、行い通りに真似るものだ。未熟者だし、智恵も師匠より劣っているからだ。だから今や、孔子が腹黒と分かった以上、その弟子を名乗る今の儒者どもも、大いに疑ってかかるべきである。(『墨子』非儒篇下12)

これに対し、前後の漢帝国ごろに作られたと言われる『孔叢子』は反論している。

詰之曰:如此言,衛之亂,子貢、季路為之耶?斯不待言而了矣。陽虎欲見孔子,孔子不見,何弟子之有?弗肹以中牟畔,召孔子,則有之矣。為孔子弟子,未之聞也。且漆雕開形殘,非行己之致,何傷於德哉?

孔叢子
墨子の言い分はおかしい。衛国の騒乱で、子貢や子路がいったいどんな悪事を働いたというのか。一々論じる価値も無い。陽貨=陽虎は孔子に会おうとして、孔子は避けたではないか。どうして陽虎が弟子であるものか。弗肹が中牟に立てこもって反乱を起こし、孔子を呼んだのはその通りだろう。だが孔子の弟子だったという話は聞いたことがない。それにもし漆雕開が刑に処されたとしても、自分の行いが悪くてそうなったのではない。その人徳は何ら傷つかないではないか(『孔叢子』詰墨12)

儒教年表(一)

儒教年表(一) クリックで拡大

いずれひいきの引き倒しの反論だから、真に受けるには当たらないが、陽虎については言う通りで、論語陽貨篇1に記した通り、陽貨と陽虎は別人だった可能性がある。それ以外は漢儒より、より近い年代の人物として孔子を知っていた墨子の言い分に、より説得力がある。

漆雕開もまた顔淵や公冶長のように、孔子一門の諜報員ではないだろうか(孔門十哲の謎)。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする