論語詳解097公冶長篇第五(5)子、漆雕開を°

論語公冶長篇(5)要約:孔子塾生のほとんどは、仕官して君子=貴族に成り上がりたい者ばかり。しかし中には仕官したがらない弟子もいます。漆雕開シツチョウカイもその一人。控えめな人物を好む先生は、漆雕開を見て喜ぶのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子使漆雕開仕。對曰、「吾斯之未能信。」子說。

復元白文(論語時代での表記)

子 金文論語 使 金文漆 金文論語 周 金文論語 啓 金文論語 事 金文 論語 対 金文曰 金文 吾 金文斯 金文之 金文未 金文能 金文信 金文 子 金文兌 金文

※雕→周・開→啓・仕→事・說→兌。

書き下し

漆雕開しつてうかい使つかへしめむとす。こたへていはく、われこれきていましんずることあたはずと。よろこぶ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生は漆雕開シツチョウカイを仕官させようとした。答えて言った。「私は自分を考えると今なお信じることが出来ない状態です」。先生は喜んだ。

意訳


漆雕開に仕官を勧めたら、まだ自信がないと断った。あやつめ、出来る!

従来訳

論語 下村湖人
 先師が漆雕開(しつちょうかい)に仕官をすすめられた。すると、漆雕開はこたえた。――
「私には、まだ役目を果すだけの自信がありません。」先師はその答えを心から喜ばれた。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子要漆雕開當官。漆雕開說:「我還沒自信。」孔子聽後很高興。

中国哲学書電子化計画

孔子が漆雕開を官職に就かせようとした。漆雕開が言った。「私はまだ自信がありません。」孔子は聞き終えてたいそう喜んだ。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

漆雕開(シツチョウカイ)

論語 漆 金文 論語 雕 金文大篆 論語 開 金文大篆
(金文大篆)

BC540ー?。孔子の弟子。姓は漆雕、名は啓。漢景帝の名が同じく啓なので、後世名を開と言い換えた。『孔子家語』によると、孔子より11年少。『漢書』芸文志によると、漆雕開の弟子が記した『漆雕子』という書物があったという。また『韓非子』によると、儒家八派のひとつに漆雕氏の儒があったという。

雕の初出は後漢の『説文解字』、カールグレン上古音は子音のtのみ、開の初出は戦国文字、カールグレン上古音はkʰər。同音に豈を部品とする漢字群で、論語の時代に遡れる文字は無い。豈(kʰi̯ər)もまた初出は戦国文字。強いて置換候補を挙げるなら、啓(kʰiər)となる。

ところで、自動詞と他動詞の違いを無視すれば、雕の部品の周の字には、調に通じて”ととの”の語釈を『大漢和辞典』が載せ、彫刻は素材を整える﹅﹅作業と言えなくは無い。さらに”ほる”意を持つ漢字で、チョウと音読みするものに、彫・琱(金文あり)・錭がある。琱(カ音tのみ)の初文は周とされるから、周(カ音ȶのみ)に”ほる”意があると解することは可能。

この文字の初出は戦国早期の金文で、ギリギリ論語の時代にあったかどうか、というところ。カールグレン上古音はdʐʰi̯əɡで、同音に事があって”仕える”の語義がある。詳細は論語語釈「仕」を参照。

斯之(シシ)

論語 斯 金文 論語 之 金文
(金文)

「斯」に動詞として”わける”意があることから、論語の本章では「之」を自分として、自分を切って観察する=”自分を振り返ってみると”と解した。伝統的には、”…において”の意と解し、「吾斯之」を「われここにおいて」と読む。

藤堂本では「すなわこれを未だ信ずること能わず」と読み、「之」に「出仕する心構えなど」と注を付けている。しかしそれなら語順が「吾斯之未能信」ではなく「吾斯未之能信」になるはずで、むしろ「之」は倒置の記号とし、「斯」を”これ”という指示詞と解した方が理がある。

倒置としての解釈:

吾斯之未能信。(吾れこれこれ、未だ信じる能わず。)
→「吾未斯能信」の倒置。客語(≒目的語。object)が代名詞の否定文は、漢文では否定辞+客語+動詞になるのが通例。

論語語釈「斯」も参照。

說(説)

論語 説 金文大篆 論語 説
(金文大篆)

論語の本章では「悦」に音が通じて”よろこぶ”。論語の時代に用いられた金文では、「説」と「悦」は書き分けられていない。初出は戦国文字だが、部品の兌は論語の時代に存在し、”よろこぶ”の語義がある。原義は言葉で頭のもやが晴れること。詳細は論語語釈「説」を参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、「公務員になりたい人はいつの世にも多いが、その責任の重さを思えば、良心のある人は躊躇の気持を持つのが当然である」とある。それはそうかも知れないが、そういうことは、自分が先ず京大教授を辞めてから言うべきだと思う。

注釈と称して、論語に偉そうな説教をせっせと書き込んだ中国の儒者同様、「最後の儒者」を自称した吉川や、その亜流の漢学教授の多くは、道徳は他人がするものと心底信じ込んでいる節があり、およそまともな人間の感覚では理解しかねるから、真に受けない方がいい。

孔子が就職しない弟子を喜んだについては、できる・できないの話として解すると面白く無い。そうではなく、自分の手足となって革命の闘士になってもらいたいからであり、その愚痴が論語泰伯篇12の「三年もウチの塾にいると、もうさっさと就職してしまう」に現れている。

ところが弟子にとっては仕官と出世こそ望みであり、その意味では孔子は迷惑な教師だった。しかし孔子も塾の経営者である以上、弟子の進路を放置するわけにはいかず、本章のように口があれば弟子を推薦した。それが孔子の目指す、政治革命の手段でもあったからなおさら。

孔子の政治革命論は、血統を誇る従来の貴族層に、自分が養成した人材を割り込ませることで実践した。この人材を論語では士といい、当時の身分秩序の中で、最下級の貴族を指す士とは意味が違う。孔子が貴族としての技能と教養、高潔な人格を身につけさせた弟子を指す。

論語 君子 諸君 孔子
さらにそうした士が、孔子の政治論に共鳴して、革命の闘士たる志士になってくれれば、孔子にとって一層都合がよい。論語の本章に挙げられた漆雕開を、孔子は孔門十哲には挙げなかったが、後にその学派が残る程度には、学者として優れていたのだろう。

一説に孔子の弟子は三千人と言われ、孔子一人の手には余る。当然、助教が必要で、孔子は弟子に革命の闘士ばかりを期待したのではなく、一門を維持するための学者も必要とした。その一人が漆雕開であり、仕官せずとも孔子にとって、手元に置きたい人だったのだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 漆雕憑:孔子の弟子、漆雕開(→論語公冶長篇5)の縁者か、と古来言われる。まるで記録が無いから、そうとしか言いようが無いのだ。 […]

関連記事(一部広告含む)