論語詳解345憲問篇第十四(13)子路成人を問う

論語憲問篇(13)要約:完璧な人間などいません。弟子の子路が、孔子先生に一人前の人を問います。いわいでか、と日ごろのフィギュア趣味を熱く語る先生。付き合いの長い子路は、そんな人間いるものか、と先生に反論するのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子路問成人。子*曰、「若臧武仲之知*、公綽之不欲、卞莊子之勇、冉求之藝、文之以禮樂、亦可以爲成人矣。」曰、「今之成人者、何必然。見利思義、見危授命、久要不忘平生之言、亦可以爲成人矣。」

校訂

武内本:唐石経、曰の上子の字あり、智知に作る。

書き下し

子路しろ成人せいじんふ。いはく、臧武仲ざうぶちう公綽こうしやく不欲ふよく卞莊子べんさうしゆう冉求ぜんきうげいごとくにして、これかざるに禮樂れいがくもちゐば、おほい成人せいじんなりいはく、いま成人せいじんなんかならずしもしからむ。ただしきをおもひ、あやふきをいのちさづけ、久要きうえう平生へいぜいことわすれざらば、おほい成人せいじんなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子路 論語 孔子
子路が完成した人間を問うた。先生が言った。「臧武仲ゾウブチュウの智力、(モウ)公綽コウシャクの無欲、卞莊子ベンソウシの勇気、冉求センキュウの多芸を備え、挙措動作を礼法と音楽で整えたら、完成した人と言えるだろう。」子路が言った。「今どきの完成した人とは、どうしてそのようであるでしょう。利益を見て筋が通るかを思い、危機には命をかけ、普段の言葉を忘れないなら、実に立派な完成した人と言えるでしょう。」

意訳

子路「一人前の人間とは?」

論語 孔子 キメ
孔子「臧武仲の智力、孟公綽の無欲、卞莊子の勇気、冉求の多芸を兼ね備え、礼法や音楽で挙措動作を整え終えたら、一人前と言える。」

論語 子路 あきれ
子路「まさか。今どきそんな人いませんよ。”どうぞ”と言われても筋が通らねば断り、危機にあってもは命がけで使命を全うし、普段言い放ったことを、いざとなってコソコソ逃げ回らなければ、一人前と言っていいでしょうよ。」

従来訳

論語 下村湖人

子路が「成人」の資格についてたずねた。先師がいわれた。――
「臧武仲の知、公綽の無欲、卞荘子の勇気、冉求の多芸をかね、更に礼楽をもつて磨きをかけたら、成人といってもいいだろう。」
 さらにいわれた。――
「しかし、今のような乱世では、そこまでは望めまい。利得の問題では道義を考え、国家の危急に臨んでは身命をなげうち、古い約束や、平常の誓いを忘れずに実行する、というような人であったら、今ではまずまず成人といえるだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

成人

論語 成 金文
「成」(金文)
「成」の甲骨文は、『字通』によるとこん。金文(青銅器に鋳込んだ文字)では戈に装飾としての┃が付くという。器物の製作が終わったときに、装飾を加えてお祓いする意で、それが成就の儀礼だったという。
論語 成

一方『学研漢和大字典』では、「成」は戈+丁で、丁は釘のように打ってまとめ固める意といい、「城」=土で固めた城、「誠」=まとまって欠け目のない心と同系のことばで、まとめ上げる意を含むという。

以上から「成人」は、完成された、人としてまとまりのある人。

臧武仲(ゾウブチュウ)

論語 臧 篆書 論語 武 篆書 論語 仲 篆書
(篆書)

孔子が生まれた頃までに活躍した、魯の重臣。別名、臧孫コツ。臧文仲(論語公冶長篇17)の子で、『春秋左氏伝』では成公十八年(BC573。孔子の生誕はBC551)に初めて名が見え、筆頭家老・季氏の当主季文子から出兵の兵数を問われて答えている。

襄公二十三年(BC550)、かねてより嫌われていた門閥三家老家の一家・孟孫氏に追われ、従来好意的だった季孫氏も同調して、国外に追われた。「好意は熱病のようなもの、甘いが却って自分を痛める。悪意は薬石のようなもの、苦くて痛いが自分を癒す」という名言が記されている(『春秋左氏伝』襄公二十三年条)。

この追放によって、門閥三家老家=三桓に次ぐ勢力を魯に持っていた臧氏は没落し、論語にも言及がほとんど無い。

(孟)公綽(モウコウシャク)

魯の重臣。論語前章の語釈を参照。

卞莊子(ベンソウシ)

孔子の弟子・子路の出身地だった卞邑の代官で、虎退治をした武勇伝がある。

宋人 卞荘子刺虎図 国立故宮博物院蔵
※クリックで拡大

冉求(ゼンキュウ)

論語 冉 金文 論語 求 金文
(金文)

孔子の弟子。実直な実務家で、武将としても活躍した。詳細は論語の人物:冉求子有を参照。

久要

論語 久 金文 久 解字
「久」(金文)

武内本に「久要は旧約也、久と旧と要と約と音近くして通借す」とある。古い約束を言う。「久」の原義は人を後ろからつっかい棒で支える姿で、”ひさしい・ながい”という伝統的な語釈は、「旧」と音が通じて後世に生まれた語義。詳細は論語語釈「久」を参照。

本章は論語時代の中国語には珍しい、「久要」という熟語が使われていることに加え、「久」を「旧」と解するなど、かなり後世になってからの作文と思われる。

論語:解説・付記

従来の論語の解説本では、「子曰わく」に加えて二度目の「曰く」以下も、孔子の発言とする。これは論語八佾篇22「管仲の器は…」と同じく、ウンチクはこれ全て孔子の発言としたがる儒者のごますりで、何の根拠もない。発言者が違うから「曰く」が入るとするべきだろう。

論語 子路 言わいでか
「利を見て義を思い、危難には命を投げ出す」というのは真っ直ぐな性格の子路らしい発言で、どちらも孔子の発言とするなら、孔子は偉そうに出来もしない人物像を挙げた後で、言った事を後悔して言い直し、ごまかしていることになる。却って孔子をバカにしていないか?

また論語の本章に、孔子の冉求に対する評価があるが、これほど高く評価したにもかかわらず、のちに弟子で唯一、論語に破門の言葉がある(論語先進篇16)。これは孔子の人の好き嫌いの激しさを物語っており、孔子のフィギュア趣味について行けませんと言われたのが原因。

論語雍也篇12がそれで、ここからも孔子は完全無欠の聖者ではない。本章でもフィギュア趣味の一端が示されており、あれもこれも最高値ばかり集めて完璧なフィギュアをこしらえようとする孔子に対して、付き合いの長い子路はあきれて、そんな人間いるものか、と言ったわけ。

なお「久」を「旧」を解することから察しうるように、本章は後世の語法が混じっており、加えて講義メモを元にしたにしては、随分長い。一つの可能性として、子路を貶めるために後世の儒者がでっち上げた作文かも知れず、そうなると丁寧に話者を読み解く必要も無いのかも。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)