論語詳解353憲問篇第十四(21)その言のとがめ’

論語憲問篇(21)要約:批判されない提案は、実現は難しいと孔子先生。新しい価値を作る人間は、それに反論しつつよりよい方法を探らないと、成功しません。しかし干からびた儒者はよってたかって、論語を書き換えたのでした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「其言之不怍、則*爲之也難*。」

校訂

武内本

清家本により、則の下其の字を補う。唐石経、其の字なく、難也を也難に作る。後漢書皇甫規伝引其の字あり、此本(=清家本)と同じ。

定州竹簡論語

……「其言之不乍a,則□之也難b。」386

  1. 乍、今本作”怍”。
  2. 則□之也難、阮本作”則爲之也難”、皇本作”則其爲之難”、高麗本作”則其爲之難也”。

→子曰、「其言之不乍、則爲之也難。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 其 金文言 金文之 金文不 金文作 金文 則 金文為 金文之 金文也 金文難 金文

※論語の本章は、「則」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、こととがめざるは、すなはこれかたし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
先生が言った。「言った言葉に”それは間違っている”と言われないようでは、実現するのは難しい。」

意訳

孔子
「それは違う」と反論されないような提案では、実現しないぞ。

従来訳

下村湖人

先師がいわれた。―― 「恥かしげもなく偉らそうなことをいうようでは、実行はあやしいものである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「說話大言不慚,做起來就難了。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「法螺を吹いて恥じないようでは、実現は難しい。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 ()、 。」


怍(サク)→乍

怍 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では、”顔色が変わるぐらい強く後悔すること”。ただしこれは後漢儒者による勝手な改造。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、乍(サク)・(サ)は、ざくと切れめを入れたさまを描いた象形文字で、短切な動作を起こす意を含む。作の原字。俊は「心+〔音符〕乍」で、心中にざくと切りこみを入れたように、強いショックを起こすこと、という。詳細は論語語釈「怍」を参照。

儒者の注釈は以下の通り(論語憲問篇21注釈)。

古注『論語集解義疏』

馬融曰怍慙也內有其實則言之不慙積其實者為之難也

馬融
馬融「怍ははじである。中身が充実していない嘘つきは、言葉と顔に必ず恥じる様子がある。中身が充実している人は、顔色に恥がないようなものだ。」

新注『論語集注』

大言不慚,則無必為之志,而不自度其能否矣。欲踐其言,豈不難哉?

朱子
大法螺を吹いて恥じないのは、必ず実行しようとする志がないのだ。そのくせ自分に出来るかどうかも考えない。言ったことを実践しようと思うなら、どうして難しいことがあろうか。

例によって論拠を言わず、サディスティックな鬱を吐き出しているだけで役に立たない。おそらく馬融は定州竹簡論語に記されていた「乍」が読めず、勝手に「慙」に書き換えたのだろう。冗談ではなく本気で言うのだが、後漢の儒者はものすごく頭が悪いので、その可能性がある(→後漢というふざけた帝国)。

「乍」は人を呼び止める声で、とがめの声。従って「其言之不乍」とは、”とがめられることの無い発言”。詳細は論語語釈「乍」を参照。

則(ソク)

則 甲骨文 則 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”…の場合は”。初出は甲骨文。字形は「テイ」”三本脚の青銅器”と「人」の組み合わせで、大きな青銅器の銘文に人が恐れ入るさま。原義は”法律”。従って論語の時代=金文の時代では、”法”・”のっとる”・”刻む”の意しかなく、そう解釈出来ない接続詞の用法は、戦国時代の竹簡まで時代が下る。詳細は論語語釈「則」を参照。

論語:解説・付記

注釈のページを見て頂いた方には恐縮だが、儒者がいかに当てにならないか、新注・古注ともに、孔子を神聖で完璧な人間に仕立て上げる立て前ばかりで、論語に何が書いてあるかはどうでもいいかがおわかり頂けるだろうか。従来訳のように、オトツイの方角に解しているのだ。

これは論語の各章で、孔子が饒舌を嫌った発言が多いことから、論理に一貫性を持たせるためだろうし、後漢儒者にそこまで考える脳がないから、単に孔子を重々しいカナブツに仕立て上げて、その後光で自分たちの権威を高めることしか考えていないとしか言いようがない。

もっと救いがないのは、日本の漢学者だ。

宇野哲人
東京帝国大学教授・宇野哲人「大言して恥じない者は、必ず行おうとする心がなくて自らその事ができるか否かも考えていないから、その言を踏み行うことはむずかしい。故に人は軽率に言を吐いてはならぬ。」(『新釈論語』)

これは丸きり朱子のコピペではないか。どこが新釈なのだろう?


京都大学教授・吉川幸次郎「(要約)新注ではこう、古注ではこう、そして私の考えはありません。訳もしません。」(世界古典文学全集4『論語』)

あああああ…くぁwせdrftgyふじこlp

宮崎市定
京都大学教授・宮崎市定「子曰く、言うことをしゃあしゃあ言ってはにかむことを知らない人は、実行の方までは手のまわらぬものだ。」

さすがに宮崎先生らしい面白い言葉使いだが、まだ儒者風味が抜けていない。「不怍言」(言はじざる)ではなく、「言不怍」(言はじざる)とあるからには、「はにかむことを知らない」のがいけないのではなく、「はにかむようなことを言えない」のがいけないのである。

ニセ論語指導士養成講座 論語教育不救機構
大阪大学教授・加地伸行「老先生の教え。内実のないことを言うのを恥じない者は、実行してもとてもできはしない。」

古注のパクリ。

まあそれは置いておき、正解に達した漢学者は、訳者の蔵本ではただお一人。

藤堂明保
東京大学教授・藤堂明保「ものを言うとき、心がはっととがめることがないようでは、その言葉を実行することは難しい。」

ただし藤堂先生は、どうにもならぬ頑迷な連中の批判を警戒してか、カッコ内に「(言い放題に任せて放言するようでは)」と入れている。

言うまでもないが、訳者は儒者も漢学教授もほとんど信用していないので、辞書はせっせと引くが、これらの訳本は自分で訳してから参照した。もちろん新古の注も必要なときにしか参照しない。狂信とサドが伝染うつるからである。狂信のサドになるぐらいなら、論語など読まない。

さて論語の本章の論旨だが、イスラエル国会の規程で、全会一致は廃案になると聞いたことがある。その真偽は分かりかねるが、なるほど苦労した人の多い国の制度だけはある、と感心した。赤色風味の国で、独裁者が拍手し拍手されながら議場に迎えられる茶番劇との対照だ。

ブレジネフ
そういうのが好きなえせリベラルや頭の赤い連中は、我が国の国会で見られるような、「何でも反対」をやりたがる。国会だけでなく、ありとあらゆる組織でやる。あれは幼稚な承認欲求だと昔は思っていたが、アカと仕事をした経験から言うと、ただの駄々こねではないようだ。

改善や合理化に反対するのは、自分も既得受益者ゆえに、改革で取り分が減るから、もう一つは改革の後は勤勉と順応性が試されるので、普段偉そうに能書きを垂れている、自分の無能がバレるからだ。だから幼児と言うより、昆虫に類する合理性の発露と見た方が理屈に合う。

概してその手の連中は学歴が高かったり、難しい資格を持っていたりするが、他人に説教するのは好きだが仕事が嫌いな者が大半で、嫌いゆえに仕事が出来るはずも無い。一時的な技能の証明に寄りかかる者は、証明書発行直後から、すさまじい無能と化す事例が非常に多い。

要するに、連中なりの生存競争だったのだ。これはアカだけでなく役人一般にも共通する性癖で、その性癖は日本では赤色の強い政党ほど保守的であると言う珍妙な現象に現れているし、赤色の強い国ほど役人が威張って特権階級になり果てている事実にも合致している。

つまり論語の本章は、馬融のような口から出任せのワイロ取りに対する、きつ~いお説教だったのだが、あまりに頭の悪い馬融とその引き立て役は、何を言われているかすら分からないので、勝手に論語を書き換えたわけ。もし馬融が見たのが「乍」の字でなくとも、事情は同じ。

現伝論語の「怍」とは上記の通り、顔色が変わるぐらいの「まずいかも」との思いを言う。つまり安易な引き受けは安易に出来るからかまわないようなものの、危惧を抱かず安易なことばかりやっている集団に、既存の貴族層へ割り込んでいくことは出来ない、ということ。

それずら気付かない馬融のお花畑を、後生大事に有り難がっている日本の漢学教授のほとんども、ただ威張っているだけで勉強も研究も教育もしない、ワイロ取り専業の役人に近い生き物だから、本章に何が書いてあるか分からなかった、いや、知ろうとは思わなかったのである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント