論語詳解337憲問篇第十四(5)徳ある者は必ず°

論語憲問篇(5)要約:孔子先生は、自分はずいぶんなおしゃべりでありながら、弟子の口車を嫌いました。勇気もさほど評価しません。本当に力のある人格者や仁者と、口のうまい者・乱暴者を区別しなさい、そう弟子に諭すのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「有德者必有言、有言者不必有德。仁者必有勇、勇者不必有仁。」

校訂

定州竹簡論語

……[有言者不必有德]。仁者必有勇,有a勇者365……

  1. 有、今本無。

→子曰、「有德者必有言、有言者不必有德。仁者必有勇、有勇者不必有仁。」

復元白文

子 金文曰 金文 有 金文徳 金文者 金文必 金文有 金文言 金文 有 金文言 金文者 金文不 金文必 金文有 金文徳 金文 仁 甲骨文者 金文必 金文有 金文勇 金文 有 金文勇 金文者 金文不 金文必 金文有 金文仁 甲骨文

※仁→(甲骨文)。

書き下し

いはく、とくものかならことのはり、ことのはものは、かならずしもとくらず。仁者じんしやかならいさり、いさる者はかならずしもじんらず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「人格力のある者には必ず言葉があるが、言葉がある者には必ずしも人格力はない。貴族らしい者には必ず勇気があるが、勇気がある者には必ずしも貴族らしさはない。」

意訳

論語 孔子 淡々
出来た人には一家言あるし、立派な貴族には勇気がある。だが逆は必ずしも真ではない。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「有徳の人は必ずよいことをいう。しかしよいことをいう人、必ずしも有徳の人ではない。仁者には必ず勇気がある。しかし勇者必ずしも仁者ではない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「品德好的人一定言談也好,言談好的人不一定品德好。高尚的人必定勇敢,勇敢的人不一定高尚。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「品性の良い人は言うことも良いが、言うことが良い人は必ずしも品性が良くない。高尚な人は必ず勇敢だが、勇敢な人は必ずしも高尚ではない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

有德者(有徳者)

論語では智力体力技能経験に優れた人格者。従って愚物ひょろひょろ青二才高齢だろうと経験が身に付かない生物は、いかに高尚そうに見えても有徳者ではない。詳細は論語における「徳」を参照。

孔子生前の意味は”貴族らしさ”。孔子より一世紀のちに孟子が言いだした「仁義」の場合は、”情け・憐れみ”。詳細は論語における「仁」を参照。また論語で言う「君子」も、孔子の時代は単に貴族を意味し、”教養ある人格者”という捉えどころの無い意味も、孟子がくっつけたもの。詳細は論語における君子を参照。

有言者不必有德

漢文に典型的な、部分否定の構文。

有言者必有徳。(でない、必ず徳があることが)→必ずしも徳はない

全体否定だとこうなる。

有言者不有徳。(必ず、徳がない)→全く徳はない

漢文読解には語順が極めて重要なことを強調するために、あえて記した。

論語:解説・付記

春秋時代の貴族に勇気が不可欠な事情は、重複を恐れず記せば、当時の貴族は戦士を兼ねたからだ。孔子の壮年期、(クロスボウ)の出現によって平時の訓練無き庶民もまた国防を担えるようになると、この意義は薄れた。同時に仁が貴族らしさを意味することも忘れられた。

徳が物理的力を含む個人が持つ機能であることも忘れられた。それに伴って孔子の教説もほぼ滅びた。それを再興したのは孔子より一世紀後の孟子だが、再興し諸侯へ売りつけるために孔子の教説や概念を大幅に書き換えた。これが現伝の儒教の始まりである。

論語の本章に関しては、古注・新注を含めて、ほとんど儒者は書き付けていない。「仁者」とは何かをまるで知らないままだったので、孔子が何を言っているのか分からなかったのだろう。ただし長い中国史には戦乱の時代もあり、南北朝期に「仁」本来の意味が復活もした。

裴俠,字嵩和,河東解人也。…大統三年,領鄉兵從戰沙苑,先鋒陷陣。俠本名協,至是周文帝嘉其勇決,乃曰:「仁者必勇。」因命名俠焉。以功進爵為侯。

北史
裴俠あざ名は嵩和、河東は解の出身である。…西魏の大統三年(358)、郷里の義勇兵を組織して沙苑の戦いに出陣し、先鋒を務めて敵陣を落とした。俠は本当の名を協と言ったが、のちに北宗の文帝がその勇気をたたえて、「仁者は必ず勇あり」といい、それにちなんで俠と名を改めたのである。戦功を重ねて、ついに侯爵まで出世した。(『北史』裴俠伝)

『北史』は唐の時代に編纂された、南北朝時代の北朝を扱った正史。唐帝国は北朝の系統を引き、隋帝国と共に北方の遊牧民だった鮮卑族の建てた国だった。日本で親しまれている唐詩に、戦陣を歌ったものが多いのはその武断的性格を物語り、鮮卑王朝の始まりは北魏である。

王翰「涼州詞」
©小学館

葡萄の美酒 夜光の杯
(ブドウの美酒を、夜目にも輝くガラスの杯に注ぎ)

飲まんと欲すれば 琵琶馬上に催す
(飲もうとすると、誰かが琵琶を馬上で弾いている)

酔うて沙場に臥すも 君笑う莫れ
(酔い潰れてこの戦場に寝込んでも、どうか笑ってくれるな)

古来征戦 幾人か回る
(昔から遠い前線へ戦いに出て、何人が無事に故郷へ帰っただろう)

北魏の軍事貴族が群雄割拠して、やがて隋へと統一されるのだが、隋唐帝国は中国史上最後の貴族社会だった。その貴族は南朝系統の、漢以来の名家でなければ、鮮卑人の軍人上がりである。その食うか食われるかの群雄割拠の時代、やはり仁=貴族らしさが復活した。

愔字遵彥,小名秦王。兒童時,口若不能言;而風度深敏,出入門閭,未嘗戲弄。六歲學史書,十一受《詩》、《易》,好《左氏春秋》。
…及韓陵之戰,愔每陣先登。朋僚咸共怪歎曰:「楊氏儒生,今遂為武士,仁者必勇,定非虛論。」

北史
楊愔あざ名は遵彥、幼いときの名は秦王。子供の頃、口がきけないように思えるほど寡黙で、態度が大人びていた。家や郷里の門を出入りするにも、キャッキャとふざけることがなかった。六歳で史書を学び、十一歳で詩経・易経を学び、春秋左氏伝を好んで読んだ。

韓陵の戦い(532)が始まると、楊愔は常に先陣で戦ったが、戦友たちは不思議に思って言った。「楊氏は儒者だったのに、いまや武士となった。仁者に勇気があると論語に言うのは、ウソじゃ無かったんだな。」(『北史』楊愔伝)

ここから分かることは、北朝の軍事貴族には、仁者=孟子の提唱した仁義の人、つまり憐れみ深い儒者と理解していたのだが、戦乱の時代には儒者もまた軍人でもありうる例を、楊愔を見て思ったことになる。この楊という姓は鮮卑貴族の一員で、隋の帝室と同じである。

鮮卑とは北方遊牧民の一つで、秦に始まる中華帝国は、その一つの匈奴と対抗するために生まれたのだが、結局は遊牧民に征服された。だがはじめ北朝を形成した鮮卑人は、もっと野蛮なトルコ人の突厥に対抗するため、貴族が軍閥化した。これが鮮卑貴族=武川鎮軍閥である。

そして孔子は、仁・君子・勇本来の意味を、別伝で次のように語っている。

孔子曰:「行己有六本焉,然後為君子也。立身有義矣,而孝為本;喪紀有禮矣,而哀為本;戰陣有列矣,而勇為本;治政有理矣,而農為本;居國有道矣,而嗣為本;生財有時矣,而力為本。置本不固,無務農桑;親戚不悅,無務外交;事不終始,無務多業;記聞而言,無務多說;比近不安,無務求遠。是故反本脩迹,君子之道也。」

論語 孔子別像
自分を紀律づける道は六つだ。それが出来て、やっと貴族と言える。

出世するには正義に従い、その根本は孝行だ。葬儀や追善には礼法に従い、その根本は心から悲しむことだ。戦陣では指揮系統に従い、その根本は勇気だ。政治は道理に従い、その根本は農業の保護だ。貴族団の一員に加わるには慣例に従い、その根本は後継者の育成だ。財産を稼ぐには時に従い、努力がその根本だ。

根本をおろそかにして不安定になると、農業に励む者がいなくなる。親族の仲が悪くなると、外交に励む者がいなくなる。物事にしまりを付けないと、各々の仕事に励む者がいなくなる。聞いたことだけしか言わないなら、丁寧に説明する者がいなくなる。手近なところを手入れしないと、遠い先を心配する者がいなくなる。

だから何事も根本を大事にして努めるのが、貴族に相応しい生き方なのだ。(『孔子家語』六本1)

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 仁﹅者必有勇●、勇●者不必有仁﹅。(『論語』憲問) […]