論語002学而篇第一(2)その人と為りや

論語学而篇(2)要約:孔子先生の弟子の中でもボンクラな、有若ユウジャクのお説教。論語をつまらなくさせ、昔から読者のやる気を削いできた罪な一節。ああそうですか、と聞き流せばよいお話で、実は発言者当人もよく意味が分かっていないかも。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

有子曰、「其爲人也孝弟、而好犯上者、鮮矣。不好犯上、而好作亂者、未之有也。君子務本。本立而道生。孝弟也者、其爲仁之本歟。」

書き下し

有子いうしいはく、ひと孝弟かうてい、しかみおかすことをこのものすくななりかみをかすをこのまず、しらんすことをこのものは、いまらざる也。君子くんしもとつとむ。もとみちうまる。孝弟かうていなる者は、じんもと

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳


有先生が言った。「その性格が孝行者で年下らしく控えめな者で、目上に逆らうことを好む者はめったにいないのである。目上に逆らうことを好まない者で、不作法や謀反を起こすことを好む者は未だかつていなかったのである。君子は基本の確立に努める。基本が確立されて、正しい道が生まれる。孝行や年下らしい控えめは、それこそが打算の無い慈しみの基本であろうか。」

意訳

論語 有若 説教
有先生のお説教。「孝行者は、不作法もしないし暴れて国も荒らさないのである。君子の基本は孝行である。君子は基本に努めるものである。だから君子にとって最上の徳である仁も、孝行が基本なのかも知れないと思われる。わかったかお前たち。」わかりません。

従来訳

 ゆう先生がいわれた。――
「家庭において、親には孝行であり、兄には従順であるような人物が、世間に出て長上に対して不遜であつたためしはめつたにない。長上に対して不遜でない人が、好んで社会国家の秩序をみだし、乱をおこしたというためしは絶対にないことである。古来、君子は何事にも根本を大切にし、先ずそこに全精力を傾倒して来たものだが、それは、根本さえ把握すると、道はおのずからにしてひらけて行くものだからである。君子が到達した仁という至上の徳も、おそらく孝弟というような家庭道徳の忠実な実践にその根本があつたのではあるまいか。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

有子

論語 有 金文 論語 子 金文
(金文)

孔子の弟子。本名有ジャク。あざなは子有。『史記』弟子列伝によれば孔子より48歳下。『孔子家語』七十二弟子解では36歳下とある。ただし論語では、有若と孔子の対話は一切無い。

孔子に顔が似ていたため、孔子没後一時後継者に据えられるが、頭が悪かったので降ろされたと『史記』弟子列伝にある。

孔子が亡くなった。弟子は思慕のあまり、有若の見た目が孔子に似ていたので、相談して有若を二代目の師匠に据えた。一門が有若を敬う態度は、孔子と同じだった。ある日、ある弟子が有若に問うた。

「昔、孔子先生が謎解きして…と言いました。なぜ孔子先生はこれらが分かったのですか。」しかし有若は黙ったまま、答えられなかった。弟子は立ち上がって言った。「有先生、その座を降りなさい。そこはあなたが座っていい場所ではありません。」

詳細は論語の人物:有若子有を参照。

論語 也 金文 論語 也 字解
(金文)

論語の本章では、「や」と読んで下の句とつなげる働きと、「なり」と読んで断定の意に用いている。

『学研漢和大字典』によると、象形文字で、也は、平らにのびたさそりを描いたもの。它(タ)は、はぶへびを描いた象形文字で、蛇(ダ)の原字。よく也と混同される。しかし、也はふつう仮借文字として助辞に当て、さそりの意には用いない。他などの字の音符となるという。

『学研漢和大字典』によると、文中・句中の「也」の語法は次の通り。

  1. 「~こそ」「まったく」と訳す。文頭の主語・副詞を強調する意を示す。「必也正名乎=必ずや名を正さんか」〈ぜひとも名を正すことだね〉〔論語・子路〕
  2. 「~の方法は」「~の時には」と訳す。時間・空間・事物のある一部分を提示して強調する意を示す。「君子之至於斯也、吾未嘗不得見也=君子のここに至るや、吾未だ嘗(かつ)て見ることを得ずんばあらざるなり」〈ここに来られた君子がたは、私はまだお目にかかれなかったことはない〉〔論語・八佾〕
  3. 「~よ」と訳す。よびかけの意を示す。「由也、好勇過我=由や、勇を好むこと我に過ぎたり」〈由よ、勇ましいことを好きなのは私以上だ〉〔論語・公冶長〕
  4. 「~也者」は、「~なるものは」とよみ、「~というものは」と訳す。上の語句を丁寧に示す。「孝弟也者、其為仁之本与=孝弟なる者は、それ仁を為(おこ)なふの本か」〈孝と悌ということこそ、仁徳の根本であろう〉〔論語・学而〕
  5. 「~也与」は、「~なるか」「~か」とよみ、「~であることよ」と訳す。詠嘆の意を示す。「語之而不惰者、其回也与=これに語(つ)げて惰(おこた)らざる者は、それ回なるか」〈話をしてやって、それに怠らないのは、まあ回だね〉〔論語・子罕〕

詳細な語釈は論語語釈「也」を参照。

論語 孝 金文 論語 孝 字解
(金文)

”年下の年上に向けた愛情”。『学研漢和大字典』によると、会意文字で、「老人の姿を示す老の字の上部+子」。音の「コウ」は、好(たいせつにする)と同系。また、効(力を尽くす、力をしぼり出す)と同系と考えることもできるという。

なお論語で語られる孔子の教説では、一方的な孝行の義務を、子や年少者に押し付けていない。有若はそれが理解できなかったのだろう。

論語 弟 金文 論語 弟 解字
(金文)

”年下らしいへりくだった態度”。『学研漢和大字典』によると指事文字で、「ひものたれたさま+棒ぐい」で、棒の低い所を/印でさし示し、低い位置をあらわす。兄弟のうち大きいほうを兄、背たけの低いのを弟という。

また低く穏やかにへりくだる気持ちを弟・悌(テイ)という。また音の「テイ」は、低(ひくい)・易(低い)と同系という、とある。

論語では主に、年長から見て好ましい年少者の姿を言う。

武内本によると、陸徳明の注には「ある本は悌と書いてある」とあり、唐代に刻まれた論語の石碑で「弟」と書く、という。

而(ジ)

論語 而 金文 論語 而 解字
(金文)

論語の本章では、”~て…”。前後を接続する働きをする。『学研漢和大字典』によると

柔らかくねばったひげの垂れたさまを描いたもの。▽ただし古くから、中称の指示詞niəg・nəgに当て、「それ」「その人(なんじ)」の意に用い、また指示詞から接続詞に転じて、「そして」「それなのに」というつながりを示す。

耳(柔らかいみみ)・屮(ジ)(柔らかい肉)・耐(ねばる)などと同系のことば、という。

矣(イ)

論語 矣 金文 論語 矣 篆書
(金文・篆書)

”(きっと)~である”。『学研漢和大字典』によると、象形文字で、人が後ろをむいてとまったさまを描いたもの。疑の字の左側の部分と同じ。文末につく「あい」という嘆声であり、断定や慨嘆の気持ちをあらわす。息がつかえてとまるの意を含む。音の「アイ」は、吃(アイ)(のどがつかえて嘆息する)と同系。なお類義語の也(ナリ)は、…なのだと、ことわけて説明し判定した気持ちをあらわす助辞という。
論語 矣 字解

論語 鮮 金文 論語 鮮 篆書
(金文・篆書)

”少ない”。『学研漢和大字典』によると、会意文字で、「魚(さかな)+羊(ひつじ)」で、なま肉の意味をあらわす。なまの、切りたての、切りめがはっきりしたなどの意を含む。

それが”少ない”の意味に転じたのは、音の「セン」が尠(セン・少ない)と同じだったため。論語ではほぼこの意味に用いる。詳細は論語における「鮮」を参照。

亂(乱)

論語 乱 篆書 論語 乱 解字
(篆書)

論語の本章では、”不作法”。偏は絡まった糸、つくりはそれを正す手またはへら。

『学研漢和大字典』によると、会意文字で、左の部分は、糸を上と下から手で引っぱるさま。右の部分は、乙印で押さえるの意を示す。あわせてもつれた糸を両手であしらうさまを示す。もつれ、もつれに手を加えるなどの意をあらわす。おさめるの意味は、後者の転義にすぎないという。

一方『字通』では、”おさめる”の意が原義で、”乱れる”が転義にすぎないという。

論語 務 金文 論語 務 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では、”努める、励む”。「務める」→「つとめる」→「努める」の連想のように、日本語に引きずられたいわゆる「和習」ではなく、”努力する”の語義が諸橋『大漢和辞典』にも載っている。

論語 矛
『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、矛は、困難を排して切り進むほこ。垣(ム)は「攴+〔音符〕矛(ボウ)・(ム)」の会意兼形声文字で、むりに局面を打開する努力を示す。務はさらに力を加えたもので、垣の後出の字。困難を克服しようとりきむことという。

也者(ヤシャ)

論語 也 篆書 論語 者 篆書
(篆書)

也だけでも断定だが、二つ重なると「一そうおもおもしくなる」と吉川本にある。論語での孔子の発言は、総じて簡潔だが、ボンクラ有若となると、重々しく発言してハッタリをかますしかなかったのだろう。

論語 仁 甲骨文 論語 仁 古文
(甲骨文・古文)

論語での意味は、常にあわれみの気持を持ち続けること。一時的には万人が有するが、恒常的にそうあるためには学習が必要とされた。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、「人+二」で、二人が対等に相親しむことを示す。相手を人として扱うこと。また、柔らかいこと。人(ジン)・(ニン)と二(ジ)・(ニ)と、どちらを音符と考えてもよいという。

一方『字通』では、原義は人が誰かのために敷物を敷いてあげる姿だという。詳細は論語における「仁」を参照。

歟(か・ヨ)

論語 歟 金文大篆 論語 歟 篆書
(金文・篆書)

疑問、反語を意味する。『学研漢和大字典』によると形声文字で、「欠(からだをかがめて息を出す)+(音符)與(ヨ)」で、文末につけて、はあと息を出して疑問・反問の調子をあらわす助辞。乎(はあと息を出す)と同じ、という。

論語の本章では「断定を躊躇する助字である」と吉川本にある。それはその通りなのだが、論語で句末の疑問辞として遣うのは、通常「與(与)」「也」であり、「歟」が用いられるのは論語全512章の中でもここだけ。

また上掲の金文は出典が不明で、復元された文字の可能性がある。出典が確かな文字としては、甲骨文・金文・戦国文字・古文ともに未発掘。文字の出現が確認できるのは、始皇帝による文字の統一以降の、小篆文字に限られる。

つまり本章は、全て後世の挿入か、文字が入れ替わった可能性がある。

論語:解説・付記

有若については論語人物図鑑を参照して頂くとして、論語の第二章に弟子の中でも出来の悪い有若の言葉が入ったのにはわけがある。江戸の伊藤仁斎が指摘したように、論語は孔子一門の諸派閥が編集した本の合本で、前半は有若や曽子派の影響が強い。
論語 有若 論語 曽子

武内義雄『論語之研究』によると、前漢武帝の時代まで伝わっていた論語には三種類あり、『斉魯二篇本』がこの学而篇と論語第十郷党篇、『河間本』が論語第二為政篇~第八泰伯篇、原・『斉論語』が第十一先進篇~第十五衛霊公篇+第十九子張篇・第二十堯曰篇という。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

13

14 15 16 17 18 19 20    
二篇本 学而                 郷党                        
河間本   為政 八佾 里仁 公冶長 雍也 述而 泰伯                            
斉論語                     先進 顔淵 子路 憲問 衛霊公       子張 堯曰 問王 知道
古論語                 子罕             季氏 陽貨 微子        

ただし事はこの表のように単純ではなく、別の説では前漢末期に伝わった論語は魯論語・斉論語・古論語の三種だけで、それらの内容はほとんど違いがなかったとも言われる(佐藤一郎 「斉論語二十二篇攷 : 論語の原典批判 その二」)。真相はもはや古代の闇の中だ。

白川静『孔子伝』によると、論語の各章の来歴は、それぞれの章ごとに検討すべきで、しかも証拠立てる史料はほとんど残っていない。ただこの章に限って言えば、孔子の直弟子かどうかも怪しい有若とその一派が、自己宣伝のために挿入したものだとは言える。

有若と曽子の派閥は政治活動に興味を示さず、ひたすら机にかじりついてお勉強ばかりしていた。もしくは出来が悪かった。孔子の放浪にも同行せず、しかも互いに仲が悪かった。本心では革命家だった孔子が、こうした不出来な本の虫を評価しなかったのは当然だった。

有若について孔子は論語では一切無視しており、曽子に至っては、はっきり「ウスノロ」と評している(論語先進篇17)。これら言わば孔子一門の「小人派」は、孔子の教説を深く理解できず、表面上の言葉や仕草に、むやみにこだわる癖があった。つまりハッタリが多い。

論語の本章もそのような文脈で理解すべき話で、有若は堅苦しい秩序を金科玉条のように説教するだけで、それぞれの言葉にどのような意味があるのか、現実世界でどのような効用があるのか、一切説いていない。ボンクラだとして孔子の後継者から降ろされたのも無理はない。
論語 有若

つまり論語の本章は、有若の自己宣伝のために入れられた言葉で、現代の読者が真に受けたり、まじめに意味を考える価値のない話である。看板のデザインは、看板屋やデザイン家や広告業者には価値があろうが、通り過ぎる通行人には全く用のない、風景の一部でしかない。

孔子はこんにちで言う、知識と教養、物知り・わけ知りの違いに気付いており、没後に道家から批判されたように、ひたすら知識を蓄えることに価値を置いたわけでもない。ものを知っているだけでは何の役にも立たないと、弟子を戒めてもいる(論語子路篇5)。

ただの暗記ならこんにちでは、電脳世界の方がはるかに人間を上回る。しかし知識を知った上で、それを使って世の中にどのような価値を作っていくかについては、今なお人間にしかできない。つまり両者で頭の使い方は違い、前者は愚直に続ければ出来るが、後者はそうでない。

有若も曽子も、孔子のこの教説を理解できなかった。従って自分を主張するには、ひたすら難しそうな言葉をひねくるしか能がなかった。これは後世の儒者も同様で、官僚や政治家として名を成したのはごく一部に過ぎず、ほとんどは有若や曽子の、さらなる劣化版に過ぎない。

これは論語の注釈を行った儒者も同じで、ひたすら本を読み情報はよく蓄えているが、論語の真意は何だろうと考える能力に欠けていた。子供の頃から暗記ばかりさせられては、そうなっても無理はないが、その結果こんにちの論語解釈は、実につまらなくなってしまったわけ。

学びて思わざらば則ち罔(くら)し(論語為政篇15)、とは、こういう事を言うのだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)