論語詳解012学而篇第一(12)礼の和をもって’

論語学而篇(12)要約:礼とは春秋貴族社会の常識をいい、礼儀作法に限りませんでした。それは体で覚える芸事に近いもので、言葉や文字では伝えられません。だが目指すのは調和であることだけは、はっきりしていると本章は言います。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

有子曰、「禮之用和爲貴、先王之道、斯爲美。小大由之、有所不行、知和而和、不以禮節之、亦不可*行也。」

校訂

武内本

漢石経可の字なし。

定州竹簡論語

(なし)


→有子曰、「禮之用和爲貴、先王之道、斯爲美。小大由之、有所不行、知和而和、不以禮節之、亦不行也。」

復元白文(論語時代での表記)

有 金文子 金文曰 金文 礼 金文之 金文用 金文和 金文為 金文貴 金文 先 金文王 金文之 金文道 金文 斯 金文為 金文美 金文 小 金文大 金文由 金文之 金文 有 金文所 金文不 金文行 金文 智 金文和 金文而 金文和 金文 不 金文以 金文礼 金文𠬝 金文之 金文 亦 金文不 金文行 金文也 金文

※「節」→「𠬝」。論語の本章は、「斯」「爲」「美」「由」「行」「也」の用法に疑問がある。

書き下し

有子いうしいはく、れいもつたふとしとすは、先王せんわうみちにして、よしす。小大せうだいこれるも、おこなはれところり。すれども、れいもつこれただらば、あるいはおこなはるからなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

有若
有先生が言った。「礼法が調和を重んじるのは、昔の王の定めた道で、それはよい原則である。何事もその原則に従うが、従えない場合がある。調和を知って調和を図っても、礼法で区切りを付けなければ、場合によって行うことが出来ないのだ。」

意訳

有若 説教
有先生のお説教。「貴族の常識が調和を重んじるのは、いにしえの聖王にならったもので、まことに結構なことだ。だから何事も調和が取れるように行動する。ただし、調和ばかり気にすると、行き詰まることがある。その時は貴族の常識に立ち返って行動を決める。」

従来訳

下村湖人
(ゆう)先生がいわれた。――
「礼は、元来、人間の共同生活に節度を与えるもので、本質的には厳しい性質のものである。しかし、そのはたらきの貴さは、結局のところ、のびのびとした自然的な調和を実現するところにある。古聖の道も、やはりそうした調和を実現したればこそ美しかったのだ。だが、事の大小を問わず、何もかも調和一点張りで行こうとすると、うまく行かないことがある。調和は大切であり、それを忘れてはならないが、礼を以てそれに節度を加えないと、生活にしまりがなくなるのである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

有子說:「禮法的運用,以和為貴。這是最美好的傳統,適用於一切事情。但僅知道『和為貴』是不行的,違反禮法而講『和』是絕對不行的。」

中国哲学書電子化計画

有子が言った。「礼法の実践は、仲良きことを重んじる。これは最もうるわしい伝統で、全ての事柄に当てはまる。ただし、仲良しの重視を知りながら実行しない場合に限り、礼法にそむくし、仲良しの重視には絶対にならないのである。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

有子(ユウシ)

論語の本章では、孔子の弟子とされる有若ユウジャクのこと。本章では有子=有先生と、孔子と同格の敬称で呼ばれている。実在性に疑いがある。詳細は論語の人物:有若子有を参照。

なお有若は孔門十哲の一人、冉求子有の別名である可能性がある。詳細は儒家の道統と有若の実像を参照。

曰(エツ)

曰 甲骨文 曰 字解
(甲骨文)

論語で最も多用される、”言う”を意味する言葉。初出は甲骨文。原義は「𠙵」=「口」から声が出て来るさま。詳細は論語語釈「曰」を参照。なお「曰」を「のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

禮(レイ)

礼 甲骨文 礼 篆書
(甲骨文)/(篆書)

論語の本章では”貴族の常識”。礼儀作法はその一部。新字体は「礼」。しめすへんのある現行字体の初出は秦系戦国文字。無い「豊」の字の初出は甲骨文。両者は同音。現行字形は「示」+「豊」で、「示」は先祖の霊を示す位牌。「豊」はたかつきに豊かに供え物を盛ったさま。具体的には「豆」”たかつき”+「牛」+「丰」”穀物”二つで、つまり牛丼大盛りである。詳細は論語語釈「礼」を参照。

カーラ 牛丼
孔子より前の時代では、周王や諸侯が行う祖先祭・天地祭を意味したが、孔子は貴族に相応しい立ち居振る舞いの総称として「禮」を用い、弟子に教えた。つまり孔子の発明品。

礼は孔子塾の必須科目(六芸リクゲイ)の一つでありながら、論語の時代では教科書が作れなかったらしく、それらしきものが姿を整えるのは、孔子没後500年ほど過ぎた漢代から。もっとも、それ以前から教科書はあったが、始皇帝の焚書にあって焼かれたと儒者は言っている。

現在では『儀礼』『礼記』『周礼』の三書が伝わるが、いずれも論語時代の「礼」ではない。だが孔子の言う礼も、当時の常識からあまりに懸け離れて、もったいぶった作法だった。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…の”。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義は”これ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”…の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

用(ヨウ)

用 甲骨文 用 解字
(甲骨文)

論語の本章では、1.”以”と同義。”…を使って”。2.”~の発現”。初出は甲骨文。字形の由来は不詳。甲骨文から”用いる”を意味し、春秋時代以前の金文で、”…で”などの助詞的用例が見られる。詳細は論語語釈「用」を参照。

原文「禮之用和爲貴」の「之」は、「犬之尾」のように”…に属するナニナニ”を意味する。この「之」が文のどこまでを支配しているか(漢文業界用語で「管到」という)によって、1.か2.かは異なる。

1.禮用和爲貴:礼が、調和を用いて貴くなること(「用」は”用いる”)

2.禮和爲貴:礼の発現が、調和を貴くする(「用」は”発現、現れ”)

どちらがより妥当かの判断は、本章についてはつき難い。最終的な現代日本語訳はほとんど変わらないが、翻訳の際には、この程度の検討は必要。

和(カ)

和 金文 和 字解
(金文)

論語の本章では”調和”。初出は春秋末期の金文。字形は「」”イネ科の植物”+「口」。「和」と「禾」は上古音同じ。原義は食糧が十分行き渡ったさま。「ワ」は呉音。詳細は論語語釈「和」を参照。

爲(イ)

為 甲骨文 為 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…であると決める”。新字体は「為」。甲骨文の段階で、”ある”や人名を、金文の段階で”作る”・”する”・”…になる”を意味した。詳細は論語語釈「為」を参照。

貴(キ)

貴 金文 貴 晋系戦国文字
(金文)/(晋系戦国文字)

論語の本章では”とうとい”。初出は西周の金文。現行字体の初出は晋系戦国文字。金文の字形は「貝」を欠いた「𠀐」で、「𦥑キョク」”両手”+中央に●のある縦線。両手で貴重品を扱う様。おそらくひもに通した青銅か、タカラガイのたぐいだろう。詳細は論語語釈「貴」を参照。

漢字の「貝」をタカラガイと解し、”財産”を意味しうる多くの漢字に「貝」が含まれているが、孔子の生前に貝が通貨として利用された根拠は乏しく、宝石の一種として扱われたと思われる。定型金属貨幣の存在も確認できず、貨幣史の専門家の歯切れもすこぶるよくない。

先(セン)

先 甲骨文 先 字解
(甲骨文)

論語の本章では”いにしえの”。初出は甲骨文。字形は「止」”ゆく”+「人」で、人が進む先。甲骨文では「後」と対になって”過去”を意味し、また国名に用いた。論語の時代までの金文では、加えて”先行する”を意味した。詳細は論語語釈「先」を参照。

王(オウ)

王 甲骨文 王 字解
(甲骨文)

論語の本章では”王”。初出は甲骨文。字形はまさかりの形で、軍事権や司法権の象徴。殷代の遺蹟から実用品ではない威嚇用のまさかりが出土しており、実用品としては隕鉄を鍛造した刃に青銅のガワをかぶせた、高度な技術品が出土している。詳細は論語語釈「王」を参照。

「先王」続けて読むときには「センノウ」と読む習慣がある。「先王」は昔の王でも、とりわけ聖天子とされるギョウシュンインの湯王や周の文王・武王を指す。

堯 舜
「堯」「舜」

『大漢和辞典』では次の通り。
先王 大漢和辞典

文王・武王・湯王はともかく、それ以前の聖天子は歴史学で存在が否定され、後世の創作と確定している。『史記』の記述もこれら神話上の人物については、極めて回りくどく言葉も難解で、いずれラノベを書くのなら、もう少しましな書きようが無かったのかと言いたくなる。

禹 殷湯王
夏禹王・殷湯王

周文王 周武王
周文王・周武王

孔子でさえそうした神話を読んで、一体何をやったんだろうといぶかしんだことにされている(論語泰伯篇18など)。これら聖王という妄想に疑問を投げかけた記録があるのは、弟子の中では何かと評判が悪いが、頭がよく古代人らしからぬ合理主義を持った、宰我だけとされる。

宰我問於孔子曰:「昔者予聞諸榮伊,言黃帝三百年。請問黃帝者人邪?亦非人邪?何以至於三百年乎?」孔子曰:「予!禹、湯、文、武、成王、周公,可勝觀也!夫黃帝尚矣,女何以為?先生難言之」

宰我 孔子 激怒
宰我「黄帝は三百歳も生きたなんて、そりゃ人ですか、それとも何か妖怪のたぐいですか。」
孔子「こうらぁ~! このバチあたりがッ!」(『大載礼記』五帝徳篇)

孔子の生前に黄帝はまだ創作されていなかったことから、この記述は後世の創作だが、「先王」を”いかがわしい”と感じる者が皆無ではなかったことを想像させる。

道(トウ)

道 甲骨文 道 字解
「道」(甲骨文・金文)

論語の本章では”原則”。動詞で用いる場合は”みち”から発展して”導く=治める・従う”の意が戦国時代からある。”言う”の意味もあるが俗語。初出は甲骨文。字形に「首」が含まれるようになったのは金文からで、甲骨文の字形は十字路に立った人の姿。「ドウ」は呉音。詳細は論語語釈「道」を参照。

論語では多様な意味を持たせており、全てに道徳的・思想的意味が含まれてはいない。多くの場合は”やり方・方法”であって、”人の道”とかいった説教くさい意味ではない。

斯(シ)

斯 金文 斯 字解
(金文)

論語の本章では「これ」「この」と読み、”…(こそ)は”の意。初出は西周末期の金文。字形は「其」”ちりとり”+「斤」”おの”で、ばらばらに切り裂くさま。同じ「これ」「この」と読んでも、春秋時代までは意味内容の無い語調を整える助字で、”…は”のような助詞の用法は、戦国時代の竹簡にならないと現れない。詳細は論語語釈「斯」を参照。

美(ビ)

美 甲骨文 善 字解
(甲骨文)

論語の本章では”よい”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形はヒツジのかぶり物をかぶった高貴な人。春秋時代までは、人名や国名、士族名に用いられ、”よい”・”うつくしい”などの語義は戦国時代以降から。甲骨文・金文では、横向きに描いた「人」は人間一般のほか、時に奴隷を意味するのに対し、正面形「大」は美称に用いられる。詳細は論語語釈「美」を参照。

小(ショウ)

小 甲骨文 小 字解
(甲骨文)

初出は甲骨文。甲骨文の字形から現行と変わらないものがあるが、何を示しているのかは分からない。甲骨文から”小さい”の用例があり、「小食」「小采」で”午後”・”夕方”を意味した。また金文では、謙遜の辞、”若い”や”下級の”を意味する。詳細は論語語釈「小」を参照。

大(タイ)

大 甲骨文 大 字解
(甲骨文)

初出は甲骨文。「ダイ」は呉音。字形は人の正面形で、原義は”成人”。春秋末期の金文から”大きい”の意が確認できる。詳細は論語語釈「大」を参照。

由(ユウ)

由 甲骨文 由 字解
(甲骨文)

論語の本章では”従う”。初出は甲骨文。字形はともし火の象形。ただし甲骨文に”やまい”の解釈例がある。春秋時代までは、地名・人名に用いられた。孔子の弟子、仲由子路はその例。”…によって”・”すじみち”の意は、戦国時代の竹簡から。詳細は論語語釈「由」を参照。

平芯の石油ランプが出来るまで、人間界では陽が落ちると事実上闇夜だったから、たしかに灯火に”たよる・したがう”しかなかっただろう。

有(ユウ)

有 甲骨文 有 字解
(甲骨文)

論語の本章では”存在する”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。ただし字形は「月」を欠く「㞢」または「又」。字形はいずれも”手”の象形。原義は両腕で抱え持つこと。詳細は論語語釈「有」を参照。

所(ソ)

所 金文 所 字解
(金文)

論語の本章では”…するところの…”。初出は春秋末期の金文。「ショ」は呉音。字形は「戸」+「斤」”おの”。「斤」は家父長権の象徴で、原義は”一家(の居所)”。論語の時代までの金文では”ところ”の意がある。詳細は論語語釈「所」を参照。

不(フウ)

不 甲骨文 不 字解
(甲骨文)

漢文で最も多用される否定辞。初出は甲骨文。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義。詳細は論語語釈「不」を参照。現代中国語では主に「没」(méi)が使われる。

行(コウ)

行 甲骨文 行 字解
(甲骨文)

論語の本章では”行う”。初出は甲骨文。「ギョウ」は呉音。十字路を描いたもので、真ん中に「人」を加えると「道」の字になる。甲骨文や春秋時代の金文までは、”みち”・”ゆく”の語義で、”おこなう”の語義が見られるのは戦国末期から。詳細は論語語釈「行」を参照。

知(チ)

知 智 甲骨文 知 字解
(甲骨文)

論語の本章では”知る”。現行書体の初出は春秋早期の金文。春秋時代までは「智」と区別せず書かれた。甲骨文で「知」・「智」に比定されている字形には複数の種類があり、原義は”誓う”。春秋末期までに、”知る”を意味した。”知者”・”管掌する”の用例は、戦国時時代から。詳細は論語語釈「知」を参照。

而(ジ)

而 甲骨文 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”…しながら”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”とされるが用例が確認できない。甲骨文から”…と”を意味し、金文になると、二人称や”そして”の意に用いた。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”用いて”。初出は甲骨文。人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、名詞(人名)、動詞”用いる”、接続詞”そして”の語義があったが、前置詞”…で”に用いる例は確認できない。ただしほとんどの前置詞の例は、”用いる”と動詞に解せば春秋時代の不在を回避できる。詳細は論語語釈「以」を参照。

節(セツ)

節 金文 節 字解
「節」(金文)

論語の本章では”管理する”。初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。”制御する”・”制約する”の語義では、「𠬝」が論語時代の置換候補となる。同音は存在しない。原義は”竹の節”。詳細は論語語釈「節」を参照。

亦(エキ)

亦 甲骨文 学而 亦 エキ
(甲骨文)

論語の本章では”あるいは”。初出は甲骨文。原義は”人間の両脇”。甲骨文の頃より”…もまた”の語義を持った。本章の場合、「亦」は「又」に通じ、「又」は「有」に通じたもので、このように時代が下るにつれ、多くの漢字が多義語化していった。詳細は論語語釈「亦」を参照。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「なり」と読んで断定の意に用いている。この語義は春秋時代では確認できない。初出は春秋時代の金文。原義は諸説あってはっきりしない。「や」と読み主語を強調する用法は、春秋中期から例があるが、「也」を句末で断定に用いるのは、戦国時代末期以降の用法で、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

論語の本章は定州竹簡論語に無く、「和爲貴」は前漢の『礼記』まで、「先王之道」の言い廻しは論語ではここだけで、再出は『孟子』。それ以外の言葉は前漢の『史記』弟子伝で本章が再録されるだけで、儒家や他学派の誰一人引用していない。

論語の本章で言及されている「礼」は、礼儀作法だけでなく、広く春秋の君子=貴族にとっての常識を含む。春秋の君子はまず戦士であり、そして政治家や官吏だった。君子の行う所作だけを身につけたのでは、孔子塾生は目指す貴族に成り上がれない。

孔子塾とは、鉄器や小麦の普及、(クロスボウ)の実用化によって変動を始めた春秋時代にあって、社会の底辺から身を起こし宰相格に上り詰めた孔子が、多くは平民の弟子を集めて貴族に相応しい技能と教養を身につけさせ、仕官させて成り上がらせるための場だった。

その貴族に相応しい教養の一つとして「礼」があるわけだが、その目指すところは調和にある、と本章で有若は言う。しかし調和にこだわるとそれはただのなれ合いになったり、締まりの無い徒党を組むことになりかねない。だからそこを「礼」で取り締まれと有若は言う。

ここから「礼」が、ただの礼儀作法や儀式の式次第だけではなかったことが読み取れる。そうした形式的な行動原則は確かに礼の一部ではあるものの、締まりの無くなったなれ合いを、仰々しい作法で取り締まれる訳もない。求められるのは、その場にかなった良識だった。

つまり場の雰囲気を読み取り、その場にいる者に「なるほど」と納得させるような行動原則のことで、これは「べからず集」などの文字には出来にくい。それを学ぶには、孔子の近くからその行動を観察して見習うほかないわけで、その習得は学習より稽古に近い。

つまり芸事の一種であり、生身の孔子そのものが教科書だった。従って孔子が世を去ると失伝する性格のものであり、後世に伝わった「礼」というのは、文字に記し得た礼儀作法や式次第やしつらえの設計のみで、孔子生前の「礼」の一部は伝えても、大部分を伝え損ねた。

仮に孔子が万年の寿命を得たとしても、その「礼」は変化せざるを得なかっただろう。何せその場に合わせた行動の最適解が「礼」なのだから、場所や時間が違い、目の前の人々が違えば、似たような場面でも違う切り返しを行わねばならない。それはあるいは無軌道に見える。

だがそうではないと、本章で有若は言う。目指すのは確かに調和であり、無軌道に陥りがちな「礼」の唯一の指針だと言う。これではまるで循環論理だが、戦場や政策論議や外交交渉に臨まねばならない春秋の君子にとって、「礼」は臨機応変であるべきものだった。

戦場で敵が剣を振り下ろしたとき、引いて下がるか横にそれるか迫撃するかは、稽古や実戦の数をこなした者でないと分からない。通信教育で武道の段位を取っても笑い物にしかならないように、「礼」もこなした数がものをいう。身に付いた反射的な行動が、死活を決める。

ゆえに儒学を座学と勘違いした後世の儒者には、「礼」が理解出来なかった。読者諸賢と師範先生方にご免被り、武道にたとえるなら、とっさに相手の間合いに入って鼻柱を潰せば、どんな達人でも悶絶する。ものすごく怖くとも「入身いりみ」できるかは、武の一つの峠だ。

なお論語の本章について、上掲、現代中国での解釈は、何を言っているのだろうか。

「礼法の実践は、仲良きことを重んじる。これは最もうるわしい伝統で、全ての事柄に当てはまる。ただし、仲良しの重視を知りながら実行しない場合に限り、礼法にそむくし、仲良しの重視には絶対にならないのである。」

これはつまり、知っていることを実行しなければ何にもならない、と言っている。「先王之道」とかいう曖昧模糊とした概念をつまみ出している点は合理的と言ってよく、それは同時に、君主制を廃し科学を名乗る共産主義独裁政権下での解釈に、まことにふさわしい。

王陽明
これはあるいは、「知行合一」(分かっているならさっさとやれ。やらないのは出来ない・知らないのと同じだ)を主張した、明の王陽明の解釈を引き継ぐものかも知れないが、今はその典拠を見つけられない。少なくとも朱子の書いた新注までは、知行合一的に解釈していない。

…承上文而言,如此而復有所不行者,以其徒知和之為貴而一於和,不復以禮節之,則亦非復理之本然矣,所以流蕩忘反,而亦不可行也。

朱子 新注
〔和が貴いという〕文の前半を受けて、このように「それでは行われない場合がある」と言っているのは、無駄に和を尊んでそればかり気にし、礼法でけじめを付けないでいると、とりもなおさず礼法本来の意義が失われ、ちゃらんぽらんになってしまい、何の役にも立たなくなってしまう、という意味だ。(『論語集注』)



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする