『史記』現代語訳:仲尼弟子列伝(18)樊遅・有若

論語時代史料:『史記』原文-書き下し-現代日本語訳

舞雩従遊

樊須子遲(はんしゅ・しち)

樊須字子遲。少孔子三十六歲。樊遲請學稼,孔子曰:「吾不如老農。」請學圃,曰:「吾不如老圃。」樊遲出,孔子曰:「小人哉樊須也!上好禮,則民莫敢不敬;上好義,則民莫敢不服;上好信,則民莫敢不用情。夫如是,則四方之民襁負其子而至矣,焉用稼!」樊遲問仁,子曰:「愛人。」問智,曰:「知人。」
樊須、字は子遅。孔子より少きこと三十六歳。樊遲、稼を学ぶを請う。孔子曰く、「吾、老農に如かず。」圃を学ぶを請う。曰く、「吾、老圃に如かず。」樊遲出づ。孔子曰く、「小人なるかな樊須や。上、礼を好めば、則ち民は敢て敬せざる莫く、上、義を好めば、則ち民は敢て服せざる莫く、上、信を好めば、則ち民は敢て情を用いざる莫し。夫れ是くの如くならば、則ち四方の民は其の子を襁負(キョウフ)して至らん。焉んぞ稼を用いん。」樊遲、仁を問う。子曰く、「人を愛す。」智を問う。曰く、「人を知る。」

樊須、字は子遅。孔子より三十六歳年少。

樊遅が聞いた。「どうやったら穀物がたくさん取れるんでしょう?」
孔子「知らんよ私は。お百姓さんに聞きなさい。」
樊遅「どうやったら畑がうまく耕せるんでしょう?」
孔子「知らんよ私は。お百姓さんに聞きなさい。」
樊遅が私の前を下がったので、孔子が言った。
「人物が小さいな、樊遅は。もし上の者が 礼儀正しければ、民はむやみに無礼を働かない。無茶しなければ、民はむやみに刃向かわない。信頼されていれば、民はむやみにズルをしない。その通りに出来れば、四方の民が赤ん坊を背負い、来たって領民になりたがる。自分で耕す必要がどこにあろう。」

樊遅が常時無差別の愛(仁)を問うた。
孔子「人を愛することだ。」
智を問うた。
孔子「人を理解することだ。」

詳細は論語の人物:樊須子遅を参照。

有若

観象知雨

有若少孔子四十三歲。有若曰:「禮之用,和為貴,先王之道斯為美。小大由之,有所不行;知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」「信近於義,言可復也;恭近於禮,遠恥辱也;因不失其親,亦可宗也。」 孔子既沒,弟子思慕,有若狀似孔子,弟子相與共立為師,師之如夫子時也。他日,弟子進問曰:「昔夫子當行,使弟子持雨具,已而果雨。弟子問曰:『夫子何以知之?』夫子曰:『《詩》不云乎?「月離于畢,俾滂沱矣。」昨暮月不宿畢乎?』他日,月宿畢,竟不雨。商瞿年長無子,其母為取室。孔子使之齊,瞿母請之。孔子曰:『無憂,瞿年四十後當有五丈夫子。』已而果然。問夫子何以知此?」有若默然無以應。弟子起曰:「有子避之,此非子之座也!」
有若、孔子より少きこと四十三歳。有若曰く、「礼の用は、和を貴しと為す。先王の道は斯れを美と為す。小大之に由り、行われざる所有り。和を知りて和するも、礼を以て之を節せざれば、亦た行わる可からざるなり。信、義に近ければ、言は復(ふ)む可きなり。恭、礼に近ければ、恥辱に遠ざかる。因ること其の親を失わざれば、亦いに宗ぶ可きなり。」孔子既に没し、弟子思慕す。有若の状、孔子に似たり。弟子相い與に共に立てて師と為し、之を師とすること夫子の時の如し。他日、弟子、進み問いて曰く、「昔、夫子、行くに當りて、弟子をして雨具を持たしむ。已にして果たして雨る。弟子問いて曰く、『夫子何を以てか之を知る。』夫子曰く、『詩に云わずや、月、畢に離(かか)り、滂沱(ボウダ)たらしむ、と。昨暮、月畢に宿らずや。』他日、月、畢に宿りて、竟に雨らず。商瞿、年長じて子無し、其の母為に室を取らんとす。孔子、斉に之かしむ。瞿の母、之を請う。孔子曰く、『憂うる無かれ、瞿、年四十の後、當に五丈夫子有るべし。』已にして果たして然り。敢て問う、夫子は何を以てか此れを知る。」有若。黙然として以て應うる無し。弟子、起ちて曰く、「有子、此れを避けよ。此れ子の座に非ざるなり。」

有若、孔子より四十三歳年少。

有若「作法の目的は、人間関係を和ませることにある。我々が模範とすべきいにしえの聖王も、作法を通じた和みをよしとされ、何事も、なごみを目指して作法に励んだ。しかしそれでは作法が無意味になる場合がある。和めばいいと考えるのがそれで、作法でけじめをつけなければ、作法に大した意味はなくなってしまう。」

有若「正直を貫くにも、正義に従っていれば、言ったことを実行できるのである。うやうやしさも作法にかなっていれば、恥ずかしい思いをしなくて済むのである。誰かとつるむにも、親族とつるむようにしていれば、たいそう仲むつまじく過ごせるのである。」

孔子が亡くなった。弟子は思慕のあまり、有若の見た目が孔子に似ていたので、相談して有若を二代目の師匠に据えた。一門が有若を敬う態度は、孔子と同じだった。ある日、ある弟子が有若に問うた。

「昔、孔子先生がお出かけになる時に、お天気だったのですが、弟子に雨具を持たせたことがありました。そうしたら雨が降りました。弟子が孔子先生に問いました。先生はどうして分かったんですか、と。そうしたら孔子先生は、詩にあるだろう、畢の月が終われば、大雨が降ると。昨晩、月は畢の位置にあっただろう、と。しかし別の日、月は畢にありましたが、とうとう雨は降りませんでした。

また商瞿が歳を取ったのに、子が無いので、その母がめかけを取ろうとしました。孔子先生が商瞿を斉へ使いに出そうとすると、母親がめかけを下さいと願いました。そうしたら孔子先生は、心配するな、四十歳を過ぎたら、丈夫な五人の男の子に恵まれるよ、と言いました。この予言も当たりました。そこでです、なぜ孔子先生はこれらが分かったのですか。」

有若は黙ったまま、答えられなかった。弟子は立ち上がって言った。
「有先生、その座を降りなさい。そこはあなたが座っていい場所ではありません。」

詳細は論語の人物:有若子有を参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする