論語詳解200泰伯篇第八(16)狂にして直ならず゚

論語泰伯篇(16)要約:やっと接待を終えた孔子先生。好まぬ愛想笑いやおべっかの数々を、革命のためとは言えやってしまった。僅かな後悔が口を緩ませ、呉国使節の悪口がこぼれます。弟子は呆れて愚痴を聞くのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「狂而不直、侗而不愿、悾悾而不信、吾不知之矣。」

復元白文

子 金文曰 金文 狂 金文而 金文不 金文直 金文 童 金文而 金文不 金文論語 原 金文 論語 孔 金文論語 孔 金文而 金文不 金文信 金文 吾 金文不 金文智 金文之 金文已 矣金文

※侗→童・侗→原・悾→孔・矣→已。

書き下し

いはく、くるなほからず、おろかにしただならず、悾悾こうこうとしまことならざるは、われこれらざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「情熱的なのに正直でない者。幼稚なのに素直でない者。無知なのにうそをつく者。そのような者を知らない。」

意訳

やれやれ終わった終わった。田舎者はたちが悪い。

論語 孔子 ぼんやり
すぐカッとなるくせに小ずるい。
幼稚でダサいくせに見栄を張る。
無知なくせにウソをつく。

知らんよ、あんな連中。

弟子「…それはさっき帰った呉の使いのことですか?」「コラあ!」

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「熱狂的な人は正直なものだが、その正直さがなく、無知な人は律義なものだが、その律儀さがなく、才能のない人は信実なものだが、その信実さがないとすれば、もう全く手がつけられない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「狂妄而不直率、幼稚而不老實、看上去忠厚卻不講信用,我無法理解這種人。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「狂い回って素直でなく、幼稚で不正直で、見た目は誠実だが実は信用できない、かような者は私にとって理解する方法が無い。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 狂 金文 論語 狂
(金文)

論語ではあまり否定的な”狂う”の意味はなく、”狂ったように情熱的”なさま。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、王は二線の間にたつ大きな人を示す会意文字、または末広がりの大きなおのの形を描いた象形文字。

狂は「犬+(音符)王」で、大げさにむやみに走りまわる犬。あるわくを外れて広がる意を含む。徨(コウ)(むやみにさまよう)・逛(キョウ)(やたらに歩き回る)・晃(コウ)(むやみと広がる光)などと同系のことば、という。

侗(トウ)

論語 侗 金文大篆 論語 侗
(金文大篆)

論語の本章では、”幼稚であるさま”。武内本は「無知の貌」という。初出は後漢の『説文解字』で、カールグレン上古音はdhuŋまたはthuŋ。前者の同音は同とそれを部品とする漢字群、童、動など。後者の同音は瞳、通、痛など。

『大漢和辞典』の第一義は”大きいさま”。空洞・洞窟のように空っぽで広いことから”おろか”。ここから成長の余地がある、”幼い”意味に転じた。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「人+(音符)同(つつぬけ)」。筒(つつ)・洞(ドウ)(つつぬけのほらあな)と同系のことば、といい、論語の本章を引いて”筒抜けで頭の中のからっぽなさま。愚かなさま”という。

愿(ゲン)

論語 愿 金文大篆 論語 愿
(金文大篆)

論語の本章では”頑固なほどまじめ”。初出は戦国文字。カールグレン上古音はŋi̯wănで、同音に元、原、源、芫(”フジモドキ”。「莞」とは別字)、願など。

『大漢和辞典』によると「願」の原字だが、意味は”つつしむ・すなお・よい”こと。朱子の新注を引いて「原と同じ」という。謹んで願わなければ神もかなえてくれない。また、「願」の初出も戦国文字で、原字と言うのはやや怪しい。
原 大漢和辞典

一方『学研漢和大字典』によると形声文字で、「心+(音符)原」で、円満だが、きまじめでかたくなな心構えのこと。頑(ガン)(融通がきかない)と同系のことば、という。

ここでは学研漢和大字典に従った。理由は、『大漢和辞典』は「今までこのように解釈されてきた」という集大成であるのに対して、学研漢和大字典は「漢字の音や形から言ってこの意味」と語義を追い求めているから。

その分、儒者の貼り付けたハッタリや捏造が少ないと判断した。

悾(コウ)

論語 悾
論語の本章では”無知なさま”。初出は『説文解字』にすら記載が無く不明。カールグレン上古音はkʰuŋまたはkʰŭŋで、前者の同音は空、孔、控。後者の同音は椌”楽器の名”、跫”足音”。ただし「空」の初出も戦国末期の金文。すると論語の時代の置換候補は「孔」”むなしい”。

りっしんべん=心が空であることで、余計な邪念が無く”まこと・つつしむ”さま。ただし、”志を得ぬさま”と『大漢和辞典』にある。武内本は、「悾悾は卑しくて文なきなり」という。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「心+(音符)空(むなしい)」で、心中のうつろなこと、といい、論語の本章を挙げて”おろか(おろかなり)。無知なさま。あわててまともな考えもでないさま。心の中がうつろなさま”という。

吾不知之矣

武内本は、「不知之とは之を教うる所以を知らざる意」という。「矣」は断定とともに、”知らねえヨ”の「ヨ」に当たる詠嘆の語気を示す。詳細は論語語釈「矣」を参照。

論語:解説・付記

本章で、呉との接待の景色が終わったと訳者は解した。残念ながらこの接待で、孔子と呉の関係は良くならなかったのではないか。少なくとも孔子は、使節の人柄をよく思っていない。前章の解説に書いた季札のような文化人でなかったから、気に入らなかったのかも知れない。

論語 孔子 不愉快
しかし孔子も政治家であり、夢想する政治構想の実現がかかっているからには、好きでもないおべっかを平然と使い、ご機嫌取りに終始したのだろう。だからこそ終えた後で不快感が残り、「あんなお追従、言うんじゃなかった!」とぷりぷりといらだった姿を想像する。

論語の本章で気になるのは、「狂」「侗」は一字なのに、「悾悾」だけが二字であることで、音だけを用いた擬態語かも知れない。現代でもちょっと難しい小説になると、慌ただしく落ち着かないさまを、「蒼惶ソウコウとして」というが、「悾悾」はその意味かも知れない。

いすれにせよ、孔子のお眼鏡にかなうような、どっしりした君子ではなかったようで、孔子は呉国に期待はしつつも、ついに行くことは生涯無かった。行こうとしたと思われる記述は論語子罕篇14に見えるが、呉越地方に向かった話は後世の創作にしかない(『呉越春秋』外伝)。

論語 儒者
なおこの論語泰伯篇は、元来本性で終わっていたと言われる。他の篇もそうだが、現伝の論語がまとめられる中で、異聞や別の伝承が多く書き加えられた。それは論語を充実したいという意思の表れでもあるが、孔子を奉ってメシの種にしようとする儒者の欲からでもある。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)