論語詳解218子罕篇第九(14)子九夷に居らんと欲す

論語子罕篇(14)要約:さて呉国へ出かけるか、と決意した孔子先生。しかし弟子たちにとって呉国は、ざんばら髪に入れ墨の、むさ苦しい野蛮国。嫌がる弟子たちを前に、諸君と一緒なら平気さ! と先生は元気に宣言するのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子欲居九夷。或曰、「陋、如之何。」子曰、「君子居之、何陋之有。」

書き下し

九夷きういらむとほつす。るひといはく、いやし。これ如何いかんいはく、君子くんしこれらば、なんいやしきことからむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生がさまざまな蛮族の住む土地に移住しようとした。ある人が言った。「けがらわしい。そこはどうなんですか。」先生が言った。「君子がそこにいるなら、どんなけがらわしいことがあるだろう。」

意訳

論語 孔子 微笑み
孔子「さーて、呉国へ行くかな。」
弟子「えー! イヤですよあんなむさ苦しいところ。先生だってそうでしょう?」
孔子「諸君と一緒なら、平気さ!」

従来訳

論語 下村湖人

先師が道の行われないのを歎じて九夷の地に居をうつしたいといわれたことがあった。ある人がそれをきいて先師にいった。――
「野蛮なところでございます。あんなところに、どうしてお住いが出来ましょう。」
 すると先師はいわれた。――
「君子が行って住めば、いつまでも野蛮なこともあるまい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

九夷

論語 九 金文 論語 夷 金文

論語の本章では、”さまざまな東方異民族”。

九種類の蛮族、すなわち玄菟・楽浪・高麗…と数え上げるのは後世の儒者のでっち上げで、”さまざまな東方蛮族”、すなわち呉国のこと。漢文では二桁に達しない多い数を、九で表すことが多い。

『学研漢和大字典』によると「九」は象形文字で、手を曲げて引き締める姿を描いたもので、つかえて曲がる意を示す。転じて、一から九までの基数のうち、最後の引き締めにあたる九の数、また指折り数えて、両手で指を全部引き締めるときに出てくる九の数を示す。

究(奥深くゆきづまって曲がる最後の所)の音符となる。また、糾合(キュウゴウ)の糾、鳩合(キュウゴウ)の鳩と通じる、という。

論語 居 金文 論語 居
(金文)

論語の本章では、”移り住む”。

『学研漢和大字典』によると「尸(しり)+音符古(=固。固定させる、すえる)」の会意兼形声文字で、台上にしりを乗せて腰を落ち着けること、という。詳細は論語語釈「居」を参照。

陋(ロウ)

論語 陋 金文大篆 論語 陋
(金文)

論語の本章では、”せまい・ひくい・いやしい”。『学研漢和大字典』による原義は、足も開けないほどせまいようす。

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では”諸君”。詳細は論語語釈「君子」を参照。

何陋之有

漢文では疑問詞(ここでは「何」)は原則として句読に来る。本来この部分は「何有陋」で良いのだが、「之」を使って倒置している。

論語:解説・付記

ここでもはっきりとは書いていないが呉国のことで、それは論語編纂中はちょうど、呉の敵国でそれを滅ぼした越国の最盛期だったから。もとは九夷ではなく、はっきり呉と言った可能性がある。

論語 君子 諸君 孔子
あるいは孔子が戦略を変えて、自分が一国の宰相となるより、むしろ後ろから呉国を操るようになったのは、こうした弟子の反発からかも知れない。孔子は論語八佾篇5に言ったように、徹底的に周辺民族を蛮族と見て見下すよう弟子に説教していたから、身から出た錆ではある。

そして呉国にも、孔子本人を迎えられない事情があった。孔子としては、呉国には北上して中原諸国を圧倒し、故国の魯に圧力を加えて、自分の帰国が実現しやすいような環境を作って貰いたかった。呉王の夫差や宰相の伯は北進策に乗り気だったが、軍師の伍子ショが反対した。
論語 伍子胥

この意見のすれ違いから、伍子胥は呉王夫差に嫌われて自殺を迫られ、死亡した(BC484)。この年は孔子が魯に帰国した年で、タガの外れた呉国は大軍を北上させて呉王自ら斉を攻撃するにいたる。そしてBC482、晋と対峙した呉は留守を越に襲われ、一挙に没落していった。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)