論語061八佾篇第三(21)哀公社を宰我に問う

論語八佾篇(21)要約:弟子の宰我は古代人らしからぬ合理主義者。焼けてしまった鎮守の森の再建方を、殿様に問われます。豊富な知識で歴代の由来を説明しましたが、実はどうでもいいと思っていたのかも知れません。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

哀公問社於宰我。宰我對曰、「夏后氏以松、殷人以柏、周人以栗。曰、『使民戰栗。』子聞之、曰、「成事不說、遂事不諫、既往不咎。」

書き下し

哀公あいこうしや宰我さいがふ。宰我さいがこたへていはく、夏后氏かこうししようもつてす、殷人いんびとはくもつてす、周人しうひとりつもつてす、いはたみ使戰慄せんりつせしむと。これいていはく、成事せいじかず、遂事すゐじいさめず、既往きわうとがめずと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 哀公 論語 宰我 宰予
哀公が鎮守の森の再建について宰我に問うた。宰我が答えて言った。「夏王朝ではマツを植えました。殷王朝ではヒノキを植えました。我が周ではクリを植えるのが礼法です。これは民を脅すためです。」先生がこれを伝え聞いて言った。「終わったことは説明しない。してしまったことは叱らない。済んでしまったことはあれこれ言わない。」

意訳

鎮守の森が焼けたので、若殿が孔子の弟子の宰我に再建方を尋ねた。宰我が言った。「夏はマツ、殷はヒノキ、周ではクリを植えます。これで民をビックリさせたんですねえ。」
若殿「はっはっは。そうじゃろう。」

論語 ある人1 論語 孔子 不愉快
ある人「…と、いうことだったそうです。」
孔子「バカたれが。殿にだじゃれとはなんたる事か。」

従来訳

 哀公あいこう宰我さいがに社の神木についてたずねられた。宰我がこたえた。――
の時代にはしょうを植えました。いんの時代にははくを植えました。周の時代になってからは、りつを植えることになりましたが、それは人民を戦慄せんりつさせるという意味でございます。」
 先師はこのことをきかれて、いわれた。――
「出来てしまったことは、いっても仕方がない。やってしまったことは、諌めても仕方がない。過ぎてしまったことは、とがめても仕方がない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

哀公

論語 哀 金文 論語 公 金文
(金文)

論語では、孔子が晩年に仕えた魯国公。

?ーBC467。魯の第27代君主。名は将。父親は魯の第26代君主定公。前494年に父の定公に代わり第27代君主に即位した。 前468年に、魯の第15代君主の桓公の3兄弟を祖とし当時絶対的権力を握っていた三桓氏の武力討伐を試みるも三桓氏の軍事力に屈し、衛や鄒を転々とした後に越へ国外追放され、前467年にその地で没した。

論語 社 金文 論語 神社
(金文)

論語の本章では”鎮守の森”。藤堂本によるとゴウ社と言い、謀反人の処刑場でもあったという。また人の命に関わることを、軽々しく口にする宰我を孔子は嫌った、とする。

「社」の原義は”土地神”。

宰我(サイガ)

論語 宰 金文 論語 我 金文
(金文)

論語では、孔子の弟子。生没年、孔子との年齢差未詳。孔子の弟子。姓は宰、名は予、字は子我。魯国出身。弁舌の才を孔子に評価され、孔門十哲の一人。実利主義的で仁徳を軽視したとされる。『史記』によると斉国に仕えたが、政争に巻き込まれて一族皆殺しにされたともいうが、これは『左伝』によると同姓同名の別人であって、司馬遷の勘違いの可能性が高い。

宰我は古文書にある古代の聖王について、人間離れした寿命だから事実ではないと言い切ったこともあり(『大載礼記』五帝徳篇)、古代人らしからぬ合理主義の人だった。従って鎮守の森に何を植えようがどうでもいいと思っていたふしがあり、せいぜい座談で殿様を笑わせた、ということだろう。

宰我について詳細は、論語の人物:宰予子我を参照。

論語 柏 金文大篆 論語 柏
(金文)

論語の本章では”ヒノキ科の常緑の針葉樹”。

日本ではカシワだが、中国ではヒノキの類の常緑樹。『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、白の原字はどんぐり状の小さい実の形を描いた象形文字。柏は「木+〔音符〕白」。まるく小さい実のなる木、という。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎 論語 清儒
『左伝』哀公四年に「六月辛丑、亳社けたり」とある。また既存の論語本では吉川本で本章を、暗に三桓を皆殺しにしてしまえ、と宰我が勧めたと解する例もあるといい、劉宝楠『論語正義』など清の考証学者が熱心に主張するという。が、深読みのしすぎと思う。

宰我は論語の中では、昼寝をするなどダメ扱いされているものの、不思議なことに孔子が面罵したのは、これ聞こえよがしに言ったのを論語公冶長篇9に記されているだけで、しかも公冶長篇は、出来の悪い有若や曽子の影響が強い前半部分にある。

論語 孔子 ぼんやり
それ以外の論語の記述では、孔子は宰我の問いをひとまず肯定しておいて、宰我が下がってからブツクサと批判を口にするのが常だった。しかも子貢と並ぶ弁舌の才を評価し、孔門十哲に含まれている(論語先進篇2)。よほど宰我に頼っている部分があったと見るべきだろう。

論語の時代、「聞」は間接的に伝聞を聞いたことを意味する。

本章もまた、聞こえないところで孔子はブツクサ言っているだけ。財政を支えた子貢以上に遠慮している。宰我の活動に関して、史料が揃って口を閉ざしている事を考え合わせると、宰我は孔子や一門のよほど後ろ暗い部分を知っており、その活動を主導していたのかも知れない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)