論語322子路篇第十三(20)いかなるかこれを士と

論語子路篇(20)要約:孔子先生は戦乱の世を、幅広く教育を行い、能力と人格に優れた人材を育て、それらが政治に携わることで解決できると考えました。ほぼそのもくろみ通りに育った弟子の子貢シコウが、一流の人材とは何かと問うて…。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢問曰、「何如斯可謂之士矣。」子曰、「行己有恥、使於四方、不辱君命。可謂士矣。」曰、「敢問其次。」曰、「宗族稱孝焉、鄕黨稱弟焉。」曰、「敢問其次。」曰、「言必信、行必果、硜硜然、小人哉、抑亦可以爲次矣。」曰、「今之從政者何如。」子曰、「噫。斗筲之人、何足算也。」

書き下し

子貢しこううていはく、何如いかなるかこれなるいはく、おのれおこなふにはぢり、四ほう使つかひして君命くんめいはづかしめざるを、なりいはく、あへつぎふ。いはく、宗族そうぞくかうしようたり鄕黨きやうたうていしようたるいはく、あへつぎふ。いはく、ことかならしんおこなひかならくわ硜硜然かうかうぜんとして小人せうじんなるかな抑〻そもそもまたもつつぎなりいはく、いままつりごとしたがもの如何いかんいはく、ああ斗筲とさうひとなんかぞふるにらむ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

 

逐語訳

子貢が問うて言った。「どのような者を士族と言うのでしょうか。」先生が言った。「自分の行動に恥をわきまえ、四方へ使いに出て主君の命令を完う出来る者を、士族と言うことが出来る。」子貢が言った。「どうかそれに次ぐ者を教えて下さい。」先生が言った。「きっと一族が孝行者と言って讃え、ご近所が腰の低い若者だと言って讃える者だ。」子貢が言った。「どうかそれに次ぐ者を教えて下さい。」先生が言った。「言葉に全く嘘が無く、行動に必ず結果が伴っているが、カチコチの堅物。まあそれがまさに次の者と言える。」子貢が言った。「今の役人はどうですか。」先生が言った。「ああ。器の小さい連中だ。どうして士族の数に入ろうか。」

意訳

子貢「先生はサムライサムライと仰いますが、どんな者をそう言うんです?」
孔子「まず恥ずかしいことをしない。そして仕事に出れば、主君の言いつけを完璧にこなしてみせるのを、一流のサムライと言うのだ。」
子貢「完璧…そりゃ難しいですね。二流の者でよければ?」
孔子「一族は孝行者として自慢し、ご近所からは物腰が丁寧な若者だと褒められる者だな。」
子貢「その次は?」
孔子「ウソをつかず、仕事には結果を出す。コチコチの堅物で大人物ではないが、まあサムライの仲間に入ると言っていいだろう。」
子貢「今どきの役人はどうです?」
孔子「ヘッ。せいぜい一升瓶程度の連中だ。どうしてサムライと言えようぞ。」

従来訳

子貢がたずねた。――
「士たる者の資格についておうかがいいたしたいと存じます。」
 先師がこたえられた。――
「自分の行動について恥を知り責任を負い、使節となって外国に赴いたら君命を辱しめない、というほどの人であったら、士といえるだろう。」
 子貢がまたたずねた。――
「もう一段さがったところで申しますと?」
 先師――
「一家親族から孝行者だとほめられ、土地の人から兄弟の情誼に厚いと評判されるような人だろう。」
 子貢――
「更にもう一段さがったところで申しますと?」
 先師――
「口に出したことは必ず実行する、やり出したことはあくまでやりとげる、といったような人は、石ころ見たようにこちこちしていて、融通がきかないところがあり、人物の型は小さいが、それでも第三流ぐらいのねうちはあるだろう。」
 子貢が最後にたずねた。――
「現在政務に当っている人たちをご覧になって、どうお考えになりますか。」
 すると先師はこたえられた。――
「だめ、だめ。桝ではかるような小人物ばかりで、まるで問題にはならない。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子貢

論語に頻出する、一門で最も政才と商才のあった人物。詳細はリンク先をご覧頂くとして、子貢は孔子にものを尋ねる際、本章のように「その次は?」と問うくせがある(論語285顔淵篇第十二(7)子貢政を問うなど)。子路にもその例がある(論語303子路篇第十三(1)子路政を問う)。二人のように年長組の弟子は、「はい、はい」とお説教を伺うだけでなく、言い返したりするなど問答が成り立っていると分かる。

論語では、周王朝での身分制度の中で、最下級の貴族を言う(周王-卿-大夫-士-庶民-奴隷)が、論語ではさらに特別な意味を持っている。つまり、従来もっぱら卿・大夫階級に握られていた政治を、能力で台頭した士族に任せるのが、孔子の政治論だった。

孔子は身分秩序をうるさく言ったが、自身が士族どころか庶民の中でも最底辺の出身で、戦乱や政治の混乱の原因を、卿・大夫層の無能にあると考えた。そこで幅広い階層に教養と武芸と人格力を身につけさせ、士族として政治に当たるのを期待した。

それを示すのが本章で、「今の政に従う者は」と問われて「下らない」と答えたわけ。

不辱君命

論語の本章では、”君主の命令を恥ずかしめない”。つまり任務を全うすること。

可謂士矣

論語の本章では”士族と言い切っていい”。

可能を示す「可」と、断定を示す「矣」が入っているので、”士族と言っていいのだ”と解せる。つまり出身身分を問わないわけで、士族らしい資質を備えていれば、誰だろうとそれはまさしく士族だ、ということ。

宗族稱(称)孝焉

論語の本章では、”親族から孝行者として讃えられる”。

「宗族」は血縁と祖先祭祀をともにする集団。「称」は”~と呼ぶ”ことだが、孝行のように「いいこと」を口に出して呼ぶことから、”孝行者として自慢する”。「焉」は断定を示すことば。

鄕黨稱(郷党称)弟焉

論語の本章では、”郷里で年下らしい控えめな者として讃えられる”。

「郷党」は”郷里・ご近所”。血縁や祖先祭祀の関係はないが、近しい間柄。「弟」は年上から見て望ましい年下の態度で、”腰の低い若者”。

硜硜然

論語の本章では、”手の着けようのないかたくな者”。

「硜」は石を叩く音。”カチカチと音がする(ような)”。

小人哉

論語の本章では、”つまらない人間だなあ”。

論語での「小人」は「君子」と対比される言葉で、本来は”庶民・無教養な者・凡人”、時には”バカ”を意味するが、本章ではそこまで見下げた存在ではない。ただしカタブツは孔子にとって、大人物ではないのである。

抑亦

論語の本章では”そうは言っても”。

「そもそもまた」と読み下し、”それでもそれもまた”。「亦」は従来の論語の読み下しでは、一つ覚えのように「また」と読んでわけが分からなくなっており、「おおいに」と読み下すべき箇所の方が多いが、ここでは「また」と読んで意味が通じる。

噫(イ)

論語の本章では、「ああ」と読み下し、後ろ向き、あるいは後ろ暗い笑いの声。

斗筲之人

論語の本章では、”取るに足らない人物”。

「斗」は一斗で約1.94リットル、「筲」は一斗二升入る竹かごで、スケールの小さい人物を言うと藤堂本にある。孔子は「君子は器ならず」と論語の為政篇で言い、子貢については「お前は立派な器だ」と論語の公冶長篇で言っている。それを踏まえると、「今日びの役人は出来が悪いが、お前もその仲間だな」とからかったか、「器としてはお前の方が立派だ」と褒めたか、あるいは両方か。

付き合いの長い師弟だからこそ言えることだろう。

論語:解説・付記

孔子は質問した相手によっては、本章で「小人」としてこき下ろしているカタブツを、別の章では君子としての資質として教えている(論語学而篇8など)。「基礎も学ばないで、いきなり奥義を聞こうというのかお前は」と論語雍也篇21で言ったように、初学者と子貢のような免許皆伝級では教え方も内容も異なった。

それが「奥義を教えてくれないと弟子が愚痴る」(論語述而篇23)結果になったのだが、臨床教育論としては当たり前の事で、居合の初心者に本身の刀を渡せば大惨事になるのと似ている。『史記』にあるように、使いに出せば五カ国をひっくり返せる子貢だからこそ、「そりゃ難しい」ことでも言えるわけ。

ところがウスノロ曽子当たりになると、まるで実務能力がない代わりに、士族としての精神論をうるさく説教するようになる(論語泰伯篇7)。孔子にとっては、実質と広報が伴ってこその君子なのだが(論語雍也篇18)、実質を伴えない弟子は、広報の部分だけ大げさに言うしか道がなかった。

従って子貢が個人としての広報=自己宣伝・口車を述べても論語に収録されたが(論語顔淵篇8)、もし在世中の孔子がそれを聞いても、子貢を「巧言令色」(論語学而篇)とは言わなかっただろう。

現伝の論語の前半は、曽子など小人派の影響が、後半は子貢など政治派の影響が強いが、全二十篇ある論語の中で、曽子の口車が前半の論語泰伯篇第八に載り、子貢の口車が論語顔淵篇第十二に載っているのは、そのことを裏付けることにもなるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)