論語詳解323子路篇第十三(21)中行を得て’

論語子路篇(21)要約:孔子先生は、片寄らない生き方を弟子に勧めました。しかしともするとそれは、ただ流されるだけの生き方だったり、”ほどほど”という、極めていい加減な生き方になりかねません。そこで先生が説いた道とは…。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「不得中行*而與之、必也狂狷*乎、狂者進取、狷者有所不爲也。」

校訂

武内本

孟子尽心下孔子の語を引く中行を中道に作り狂狷を狂獧に作る。道行同義狂狷狂獧同音相通。

定州竹簡論語

曰:「不得中行[而與之,必]也狂狷乎!狂者進351……者有a不為也。」352

  1. 今本有下有”所”字。

→子曰、「不得中行而與之、必也狂狷乎、狂者進取、狷者有不爲也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 不 金文得 金文中 金文行 金文而 金文与 金文之 金文 必 金文也 金文狂 金文睘 金文乎 金文 狂 金文者 金文進 金文取 金文 睘 金文者 金文有 金文所 金文不 金文為 金文也 金文

※狷→睘。論語の本章は、「行」「也」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、なからのおこなひをこれあづからずんば、かならくるかたくくるへる者はすすんでり、かたくななるものさざるかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「片寄らない生き方を知ってそれに従うのでなければ、必ずもの狂いか、ひねくれ者になれ。もの狂いは熱狂的に目標を取り、ひねくれ者は何があろうとしないことがある。」

意訳

孔子 熱
生き方は、片寄らないのが一番いいが、それが出来なければ、もの狂いかひねくれ者になりなさい。もの狂いとは、「これを絶対にやるぞ!」という人であり、ひねくれ者とは「これは絶対にやらないぞ!」という人だ。

従来訳

下村湖人

先師がいわれた。――
「願わくば中道を歩む人と事を共にしたいが、それが出来なければ、狂熱狷介な人を求めたい。狂熱的な人は志が高くて進取的であり、狷介な人は節操が固くて断じて不善を為さないからだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「我找不到中庸的人交往了,衹能與狂妄或拘謹的人交往。狂妄者膽大妄為,拘謹者膽小怕事。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「私は探し回ったが中庸を心得た人と付き合えなかった。ただもの狂いや潔癖症と付き合えたに過ぎない。もの狂いとは大ほら吹きで、潔癖症とは少々のことにすぐ飛び上がる肝を持つ者だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

行(コウ)

行 甲骨文 行 字解
(甲骨文)

論語の本章では”行い”。初出は甲骨文。「ギョウ」は呉音。十字路を描いたもので、真ん中に「人」を加えると「道」の字になる。甲骨文や春秋時代の金文までは、”みち”・”ゆく”の語義で、”おこなう”の語義が見られるのは戦国末期から。詳細は論語語釈「行」を参照。

與(ヨ)

与 金文 與 字解
(金文)

論語の本章では”手に入れる”。新字体は「与」。初出は春秋中期の金文。金文の字形は「牙」”象牙”+「又」”手”四つで、二人の両手で象牙を受け渡す様。人が手に手を取ってともに行動するさま。従って原義は”ともに”・”…と”。詳細は論語語釈「与」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…これ”。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義は”これ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”…の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

不得中行而與之

論語の本章では、”偏らない中道の生き方に従う”。

伝統的には「中行を得てこれにくみせざるは」と読み下し、”中行を得た人と共に生きる”と解する。これは論語学而篇(14)の「有道に就きて正す」と同様に、ナントカ道=ナントカの道を心得た人、と解するわけ。

しかし学而篇は「人」と解釈しないと読めないからそうしただけで、「中行」はあくまでも”偏りがないこと”でしかない。従ってこの解釈では「人」を省いた。伝統的解釈は例によって、中国儒者の感想文を猿真似しているだけである。

古注『論語集解義疏』

苞氏曰中行行能得其中者也

包咸
包咸「中行とは、偏らない行動が出来る人のことである。」

新注『論語集注』

蓋聖人本欲得中道之人而教之,然既不可得,而徒得謹厚之人,則未必能自振拔而有為也。

朱子 新注
たぶん聖人は中道の人を集めて教えたかったのだろうが、探しても居なかったので、代わりに真面目な人を集めたのだが、だから自分で行動して成果を出せる弟子ばかりではなかったのだ。

狂 金文 狂
(金文)

論語の本章では、”これをする、という信念に生きる人”。

『学研漢和大字典』での原義はむやみに走り回る犬、という。一方『字通』では、日常性の否定に連なる一種の詩的狂気を示す語であった、という。詳細は論語語釈「狂」を参照。

狷 金文大篆 愿
(金文大篆)

論語の本章では”これを絶対にしない、というかたくな者”。論語では本章のみに登場。

初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。部品の肙(エン・ケン)の原義は蚊の幼虫の”ボウフラ”。”むなしい・うつろ”の語釈を『大漢和辞典』が載せるが、初出は楚系戦国文字

『孟子』では同音の「獧」になっており、部品の睘の初出は西周早期の金文、”驚いて見(つめ)る”・”頼るところがない・独りぼっち”・”憂える”の語釈を『大漢和辞典』が載せる。”独りぼっち”だからこそ、大勢がやることでも「俺はやらねえ」と言えるわけ。

『学研漢和大字典』によると犬+音符ケン(まるく縮む)の会意兼形声文字。小回りして、せかせかと走る犬。また、小さくわくをかまえて、その外に出ないこと。意味は気が短いさま。片意地なさま。きびきびして、感受性が鋭すぎるさま。一方『字通』によると気が短いことを言う、とある。詳細は論語語釈「狷」を参照。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

中道=中庸は、論語の一大概念で、孔子の教説の中心の一つと言っていいのだが、その定義を明瞭にやってのけた人間は、孔子を含めてこれまでただの一人もいなかった。『礼記』の中庸篇が、のちに独立して科挙の試験科目になるほど、重視されていたにもかかわらずである。


北京故宮の正殿の一つ、中和殿にも論語→書経から取った「まことなからをれ」との看板が掛かっている。中庸とは”ほどほど”のことだが、「ほどほどにしなさい」という説教はどんなバカにでも言える。だがどういう状態がほどほどかは、孔子ですら説明できなかった。

なぜなら中庸とは、うまく行った後になってから、それに至る過程をそう呼んだのであり、事前や渦中では、原理的に分からない。標準偏差やベルカーブを知っている現代人にしたところで、データが揃ってから片寄りや中央値を指摘出るに過ぎず、未来永劫分かるまい。

まして中国の儒者は科挙の状元(首席合格者)でも、数理的知識や思考力は皆無だったから、漢儒がでっち上げた『中庸』を読めば、分かるのではないかしらん、と思っていただけ。そんなもので分かるわけがなく、そのハッタリを真に受けた日本の漢学教授にも、中庸がわかっている者は一人も居ない。ためしにΣや∫を示してやるとよい。たいてい怯えて黙るはずだ。

さらに孔子も中庸を分かっていなかった事実を、このように告白している。

いはく、中庸ちうようとくいたれるなるたみあざやかになじたり

ほどほどが一番いい。戦乱や天変地異にも拘わらず民が生き残っているのは、明らかにその効果だ。(論語雍也篇29)


※「鮮」に”すくない”の語義は、春秋時代以前には確認できない。

これは生き残った後になって、その理由を中庸に押し付けているのだが、では今後はどうすれば生き残れるか孔子に問うたところで、答えられなかったに違いない。だから孔子は本章のように、博奕に当たった者はそれでいいが、当たるとは限らないから狂狷を勧めたわけだ。

孟子も狂狷を説明しているが、孔子と定義が若干違うようだ。

其志嘐嘐然,曰『古之人,古之人』。夷考其行而不掩焉者也。狂者又不可得,欲得不屑不潔之士而與之,是獧也,是又其次也。

孟子
口先で大法螺を吹き、二言目には「昔の人は」と言い回る者がもの狂いだ。もの狂いのやることなすことを観察すると、言っている事が全然やれていない。だがそのもの狂いすら見つからないなら、仕方が無いから潔癖症の者と付き合う。これがかたくな(=狷)者だ。これはもの狂いより一段落ちる。(『孟子』尽心下83)

孔子の言った「狂」は口先とは関係無しに、やりたいことをやる者であるはずが、孟子の言う「狂」は、ただのほら吹きに落ちている。そして「獧」については、これ以外の説明を一切していない。なお別伝では、孔子は次のように「狷」を説明している。

子貢曰:「陳靈公宣婬於朝,泄冶正諫而殺之,是與比干諫而死同,可謂仁乎?」子曰:「比干於紂,親則諸父,官則少師,忠報之心,在於宗廟而已。固必以死爭之,冀身死之後,紂將悔寤,其本志情在於仁者也。泄冶之於靈公,位在大夫,無骨肉之親,懷寵不去,仕於亂朝,以區區之一身,欲正一國之婬昏,死而無益,可謂狷矣。《》曰:『民之多僻,無自立辟。』其泄冶之謂乎?」

子貢 遊説 孔子 たしなめ
子貢「陳の霊公は、家臣ともども夏姫の下半身での”兄弟”になり、お互いその下着をかぶって朝廷に出るようなバカ殿でしたが、家老の泄冶が”いい加減になされ”と諌めたのを、殺してしまいました。殷の比干も紂王を諌めて殺されましたが、どちらも立派な貴族と言えますか?」

孔子「比干は紂王にとって叔父さんであり、後見役でもあったから、殷王朝滅亡を誰より憂いて、紂王が目覚めるためなら、死んでもいいと思っていた。つまり根っからの貴族と言ってよい。

一方泄冶は霊公にとってただの家老であり、身内でも何でもない。霊公に気に入られたくて、乱れた朝廷に仕えたのであり、何の背景も背負わないのに意見した。死んでも何にもならなかったから、ただの狷=犬死にと言うべきだ。詩経に言うだろう、”どいつもこいつも馬鹿者ばかりなら、世間で正義を言い立てたりするな”と。泄冶にはこの道理が分からなかったようだがな。」(『孔子家語』子路初見6)



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする