論語詳解321子路篇第十三(19)居るに恭におり’

論語子路篇(19)要約:孔子先生に仁とは何か、何度か尋ねた樊遅ハンチ。しかし弟弟子の子夏に解説して貰っても、まだよくわかりません。そこで再び先生に問います。先生は初学者の樊遅に分かりやすく、もう一度教えるのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

樊遲問仁*。子曰、「居處恭、執事敬、與人忠。雖之夷狄、不可棄*也。」

校訂

武内本

此章、衛霊公篇子張問行章と相類す、此章仁の字或は行の誤りか。唐石経棄を弃に作る。

復元白文(論語時代での表記)

樊 金文遅 金文問 金文仁 甲骨文 子 金文曰 金文 居 挙 舉 金文處 金文兢 金文 執 金文事 金文敬 金文 与 金文人 金文中 金文 雖 金文之 金文夷 金文論語 狄 金文 不 金文可 金文棄 金文也 金文

※仁→(甲骨文)・恭→兢・忠→中。論語の本章は、也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

樊遲はんちじんふ。いはく、るにゐやり、ことることつつしみたり、ひとまことあるは、夷狄えびすくといへども、からざるかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 樊遅 樊遅 孔子
樊遅が仁(貴族の条件)を問うた。先生が言った。「居住まいをうやうやしくし、仕事にまじめに励み、人と付き合うのに自分をごまかさなければ、蛮族の国に行っても粗末に扱われないぞ。」

意訳

論語 樊遅 キラキラ 論語 孔子 水面キラキラ
樊遅「先生! どうすれば貴族として恥ずかしくないでしょう?」
孔子「普段から威張らず、仕事はまじめに、心にもない事を人に言わないことだ。そうすれば地の果てに行っても、良い人として好かれるよ。」

従来訳

論語 下村湖人

樊遅が仁についてたずねた。先師がこたえられた。――
「休息している時にもだらけた風をしない、執務の時には仕事に魂をぶちこむ、人と交っては誠実を旨とする。この三つのことを、時処の如何をとわず、たとえば野蛮国に行っても忘れないようにするがいい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

樊遲問仁。孔子說:「在家守規矩、工作上一絲不苟,待人忠心耿耿,即使到了愚昧之地,也不可背棄這個做人的準則。」

中国哲学書電子化計画

樊遅が仁を問うた。孔子が言った。「家では規則を守り、仕事は少しもいい加減なところが無く、人に対して切々と真心を尽くすなら、馬鹿者の土地へ行っても、それでも仲間外れにされたり無視されたりすることのあり得ない、個人が守るべき原則と言ってよい。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

樊遅(ハンチ)

論語の本章では、孔子が晩年になって取った若い弟子。

もともと武人だったが、子路が隣国に仕えてからは孔子のボディーガードを務めた。相当の筋肉ダルマだったようで、その分学問の方は入門もいいところだったが、根が素直で年下にも分からないことは丁寧に聞く性格だった。詳細は論語の人物・樊須子遅を参照。

論語では、二つの意味をもっている。孔子の生前では、”貴族らしさ”。孔子没後百年の孟子が「仁義」を唱えてからは、”常時無差別の愛”。本章の場合、史実と思えるので前者。詳細は論語における仁を参照。

居處恭(居処恭)

論語の本章では、”腰が低いこと”。

「居」の原義は”座る・座っている”。「処」は”居る(場所)”。「恭」は「うやうやしい」と読み下す。論語語釈「居」論語語釈「処」を参照。

論語の本章では、”お中の心”。つまり自分を偽らないこと。自分をごまかして他人をいい気持ちにさせるのは、要するに利用するためであって、他人をだますことになる。

この文字は戦国時代の戦争が激しくなり、諸侯国が領民をクルクルパーにして、忠義をすり込む必要に迫られたのちに現れたが、論語の時代では「中」と書いて、”まごころ”を表し得た。詳細は論語語釈「忠」を参照。

夷狄

論語では、中華文明圏の外にいる蛮族。現代人がセンチネル諸島人を思うようなものと言えば、想像が付くだろうか。
論語 八佾篇 中華思想

論語語釈「夷」論語語釈「狄」も参照。

論語の本章では”捨てられる”。詳細は論語語釈「棄」を参照。

語義は”捨てる”。論語時代の中国語に、受け身を示すことばが添えられることはほとんど無い。その理由はたびたび書くように、紙がないという技術的制約によるもので、筆記は可能な限り簡潔に記された。

なお武内本は、「不可棄は不所棄と同義」と言うが、最終的な訳は変わらない。

論語:解説・付記

論語の本章を併せ、樊遅と孔子の問答は次の通り。

樊遅問(1) 孔子曰(1) 樊遅問(2) 孔子曰(2) 真偽
論語為政篇5 (孝) 以礼
論語雍也篇22 務民之義、敬鬼神而遠之、可謂知矣。 仁者先難而後獲、可謂仁矣。
論語顔淵篇21 崇德など ×
論語顔淵篇22 愛人 知人 ×
論語子路篇4 稼など 吾不如老農 ×
本章 居處恭、執事敬、與人忠

うち半分は偽作だが、本章と同様に仁を問うた本物の論語雍也篇では、”働いてから給料を貰え”と言っている。つまり孔子存命中の「仁」の定義、”貴族らしさ”であるとわかる。本章もまた、”物腰柔らか、仕事は丁寧、人に誠実”と言っており、”貴族らしさ”の答えと断じ得る。

以上から、「也」の使用にかかわらず、おそらく本章は史実だろう。

これに対して顔淵篇での答え、”人を愛せ”は、孔子より一世紀後の孟子が提唱した「仁義」=”情け深いこと”への答えと見なし得る。本章へ落下傘降下した読者諸賢むけに重複を恐れずに書けば、現伝の儒教で言う仁とは孟子の言った仁義であり、孔子の言った仁ではない。

詳細は論語における仁を参照。なお武内本に言う「論語衛霊公篇6とそっくり、仁は行の間違いではないか」という説は、仁の定義を仁義であると信じて疑わないから起こることで、戦前の論語業界を風靡した武内博士の説は、もはやこんにちでは通用しない。

同様の疑問は宋代のド腐れ儒者・楊時の、『楊亀山文集』にもあるようだ。話の順序として、まずその衛霊公篇の章を掲げる。

子張問行。子曰、「言忠信、行篤敬、雖蠻貊之邦行矣。言不忠信、行不篤敬、雖州里行乎哉。立則見其參於前也、在輿則見其倚於衡也、夫然後行。」子張書諸紳。

そして以下が楊時の問答。

胡徳輝「この章は、子張が行を問うた衛霊公篇のとそっくりですよね。だから仁は行の間違いじゃないかという人がいます。先生はどう思われますか?」

楊時「儒者はひたすら仁の実践に励めばよいのじゃ。行いの原則は他ならぬ仁ではないか。言葉が似ているからと言って、疑うに足りない。」(『亀山集』巻十四23)

例によって、儒者は説教と論証を勘違いしているのだが、楊時は新注にたびたび登場する重要人物で、北宋滅亡の際には逃亡したくせに、南宋が成立したとたん山から下りてきて官職にありつき、しかも和平派の悪口を言いふらして人気を取った卑劣漢でもある。

それはさておき、衛霊公篇の真偽判定は該当ページで行うとして、「蛮族の国に行っても通用する」という言い廻しを、孔子は好んで行ったことになる。若い武人の樊遅を孔子は愛したが、それゆえにちょっとおどけて答えたように訳者には思える。

なお論語からは漏れているが、樊遅は孔子と次のような問答も交わしている。

樊遲問於孔子曰:「鮑牽事齊君,執政不撓,可謂忠矣,而君刖之。其為至闇乎?」孔子曰:「古之士者,國有道則盡忠以輔之,無道則退身以避之。今鮑莊子食於淫亂之朝,不量主之明暗,以受大刑,是智之不如葵,葵猶能衛其足。」

樊遅 孔子
樊遅「むかし斉の鮑牽は殿様に仕えて、政治をまじめに代行しましたから、真心のある人だったと思います。でもそんな鮑牽を、殿様は足切りの刑に処しました。ならば鮑牽は、あまりに頭が悪いと言うべきでしょうか。」

孔子「むかしの貴族は、国にまともな政道があれば仕えて助け、無ければ引き籠もって身を守ったものだ。鮑牽どのはとんでもない暴君に仕えたのに、バカ殿だと見抜けなかったから、足切りの目に遭った。真面目な人ではあるかも知れないが、ヒマワリほどの知恵も無かったんだな。ヒマワリならさっさとそっぽを向いて、足切りの目には遭わなかっただろうよ。」(『孔子家語』正論解22)

やはりどこか、おどけて答えている。孫ほど年齢が違うからには、さもありなん。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

関連記事(一部広告含む)