論語詳解306子路篇第十三(4)樊遅稼を*

論語子路篇(4)要約:孔子先生! どうやったらお米が沢山取れるんでしょう! 唐突に聞く若い弟子の樊遅ハンチ。先生は呆れました。孔子塾は政治や古典や武芸の塾だからです。しかし樊遅に罪は無し、どうしたものかと先生は、という作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

樊遲請學稼、子曰、「吾不如老農。」請學爲圃、曰、「吾不如老圃。」樊遲出、子曰、「小人哉、樊須也。上好禮、則民莫敢不敬。上好義、則民莫敢不服。上好信、則民莫敢不用情、夫如是、則四方之民襁負其子而至矣、焉用稼。」

校訂

定州竹簡論語

……請學稼。子曰:「吾不如老農。」請學為圃。曰a:「吾不326……上好禮,民莫不敬b;327……

  1. 皇本、高麗本”曰”上有”子”字。
  2. 民莫不敬、今本作”則民莫敢不敬”。

→樊遲請學稼、子曰、「吾不如老農。」請學爲圃、曰、「吾不如老圃。」樊遲出、子曰、「小人哉、樊須也。上好禮、民莫不敬。上好義、則民莫敢不服。上好信、則民莫敢不用情、夫如是、則四方之民襁負其子而至矣、焉用稼。」

復元白文(論語時代での表記)

樊 金文遅 金文青 金文学 學 金文稼 甲骨文 子 金文曰 金文 吾 金文不 金文如 金文老 金文農 金文 青 金文学 學 金文為 金文論語 圃 金文 曰 金文 吾 金文不 金文如 金文老 金文論語 圃 金文 樊 金文遅 金文出 金文 子 金文曰 金文 小 金文人 金文哉 金文須 金文也 金文 上 金文好 金文礼 金文 則 金文民 金文莫 金文敢 金文不 金文敬 金文 上 金文好 金文義 金文 則 金文民 金文莫 金文敢 金文不 金文 服 金文 上 金文好 金文信 金文 則 金文民 金文莫 金文敢 金文不 金文用 金文 夫 金文如 金文是 金文 則 金文四 金文方 金文之 金文民 金文 其 金文子 金文而 金文至 金文已 矣金文 安 焉 金文用 金文稼 甲骨文

※請→靑・稼→(甲骨文)・矣→已・焉→安。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

樊遲はんちたしごとまなばむとふ。いはく、われ老農らうのうかず。はたつくるをまなばむとふ。いはく、われ老圃らうほかず。樊遲はんちづ。いはく、小人せうじんなるかな樊須はんしゆかみれいこのまば、すなはたみゐやまはざるし。かみただしきをこのまば、すなはたみあへしたがはざるし。かみまことこのまば、すなはたみあへまこともちひざるし。かくごとくならば、すなはち四はうたみむつきいたなりいづくんぞたしごともちゐむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 樊遅 樊遅 孔子
樊遅が田仕事を学びたいと願った。先生が言った。「私は穀物農民に及ばない。」畑仕事を学びたいと願った。先生が言った。「私は野菜農民に及ばない。」樊遅が先生の部屋から出た。先生が言った。「愚か者だな、樊遅は。上の者が礼法を好めば、民はわざわざ無礼を働かない。上の者が正義を好めば、民はわざわざ反抗しない。上の者が正直を好めば、民はわざわざ事実を言わない事が無い。もしこのようであれば、ただちに四方の民が、赤子を背負って慕い寄ってくるだろう。どうして耕作する必要があろうか。」

意訳

樊遅 ニセ孔子
樊遅「先生! どうやったらお米が沢山採れるんでしょう?」
孔子「知らんよワシは。お百姓さんに聞きなさい。」
樊遅「先生! どうやったら野菜が沢山採れるんでしょう?」
孔子「知らんよワシは。お百姓さんに聞きなさい。」

しょげた樊遅が孔子の部屋を出た。

孔子「バカ者だな樊遅は。為政者が礼法好きなら、無礼な民は出ぬし、正義好きなら、刃向かう民は出ぬし、正直好きなら、嘘をつく民は出ない。為政者がそうであれば、四方から赤子を背負って民が慕い寄って来るわい。自分で田仕事する必要は無いというものだ。」

従来訳

論語 下村湖人

樊遅が殻物の作り方を教えていただきたいと先師に願った。先師はこたえられた。――
「私は老農には及ばないよ。」
樊遅は、すると、野菜の作り方を教えていただきたいと願った。先師はこたえられた。――
「私は老園芸家には及ばないよ。」
樊遅が引退がると、先師はいわれた。――
「樊須は人物が小さい。上に立つ者が礼を好めば、人民が上を敬しないことはない。上に立つ者が義を好めば、人民が上に服しないことはない。上に立つ者が信を好めば、人民が不人情になることはない。そして、そうなれば、人民はその徳を慕い、四方の国々から子供をおぶって集って来るであろう。為政者に農業技術の知識など何の必要もないことだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

樊遲請教種莊稼。孔子說:「我不如老農。」請教種蔬菜。說:「我不如菜農。」樊遲出來。孔子說:「樊遲*真是個小人!領導重視禮法,則群衆不會不敬業;領導重視道義,則群衆不會不服從;領導重視信譽,則群衆不會不誠實。如果這樣的話,則天下百姓都會攜兒帶女來投奔你,哪用得著你自己種莊稼?」

中国哲学書電子化計画

樊遅が穀物の作り方を習いたいと願った。孔子が言った。「私は老練な農民に及ばない。」野菜の作り方を習いたいと願った。孔子が言った。「私は老練な野菜農民に及ばない。」樊遅が退出した。孔子が言った。「樊遅はまことにつまらない男だ。指導者が農業を重視すれば、必ず群衆はまじめに田畑仕事をせざるを得ない。指導者が道徳を重視すれば、必ず群衆は従わずに居られない。指導者が名誉を重視すれば、必ず群衆は不誠実でいられない。この話の通りにすれば、天下の人々はこぞって子女を連れて私に身を任せるだろう。どうして自分で田畑仕事をしなければならないのか?」

*「樊遅」はあざ名=敬称で、孔子が言うことはあり得ない。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


樊遲/樊遅

孔子晩年の若い弟子。孔子の身辺警護を務めたようで、外出の供をしているのが論語為政篇5論語顔淵篇21に記されている。斉軍相手に奮戦したことが『春秋左氏伝』に記され、下級の士族ではあるが、弟子には珍しい貴族の出身だった。詳細は論語の人物・樊須子遅を参照。

論語の本章では”もとめる”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しないが、論語の時代には「(言)青」と書いた可能性があり、こちらは論語時代の金文が存在する。また平声(カールグレン上古音dzʰi̯ĕŋ:うける)の同音に靜(静)の字がある。『大漢和辞典』によるその語釈に”はかる”があり、四声を無視すれば音通する。詳細は論語語釈「請」を参照。

なお武内本は「請學」を「教え給えと問う意」という。

稼 甲骨文 論語 稼 古文
(甲骨文・古文)

論語の本章では”田仕事”。論語では本章と、論語の次篇憲問篇6でのみ登場。初出は甲骨文

甲骨文の頃からある古い言葉だが、論語時代に通用した金文では未発掘。のぎへんが付いている事で分かるように、穀物を育てること。論語時代の華北には米は珍しく、主要な穀物はアワで、上等な穀物としてキビがあった。「お米」と訳したのは意訳だから。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「禾(穀物)+(音符)家(屋根でかこう小屋)」と言うが、現在甲骨文として比定されている字体を見ると、禾+田で、原義は”畑仕事”だろう。詳細は論語語釈「稼」を参照。

老農

論語 老 金文
「老」(金文)

論語の本章では、年老いた農民ではない。「老」は現代中国語と同様に、「~さん」程度の軽い敬称。「老農」は『学研漢和大字典』によると、老圃(ロウホ)と同じで、年老いて経験を積み農事に熟練した農夫。「書生如老農、苦楽与之偕=書生老農のごとし、苦楽これと偕にす」〔元好問・乙酉六月十一日雨〕

『学研漢和大字典』によると「老」は象形文字で、年寄りが腰を曲げてつえをついたさまを描いたもの。からだがかたくこわばった年寄り、という。詳細は論語語釈「老」を参照。

論語 農 金文
「農」(金文)

「農」は論語では本章のみに登場。初出は甲骨文。漢音は「ドウ」、「ノウ」は呉音。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、古い字は「林+辰(かい)」の会意文字で、林をやき、貝がらで土を柔らかくすることを示す。のち「辰(かい)+頭のうみを両手でしぼるさま」で、かたい土を貝がらで掘って、ねっとりと柔らかくすること、という。詳細は論語語釈「農」を参照。

圃(ホ)

論語 圃 金文
(金文)

論語の本章では”畑作をする農民”。原義は穀物以外の野菜や果実を栽培する農地。論語では本章のみに登場。初出は殷代末期の金文。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、甫(ホ)・(フ)は、平らな苗床に苗の芽ばえた姿。圃は「囗(かこい)+(音符)甫」で、囲みの中を平らにならして苗の行き渡った畑。普(平らにしきわたる)・敷(平らにしく)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「圃」を参照。

樊遲(遅)出

論語 出 金文
「出」(金文)

論語の本章では”樊遅は孔子の部屋を出た”。孔子専用の部屋があって、そこから出たわけ。論語語釈「出」も参照。

小人哉

論語 小 金文 論語 人 金文
「小人」(金文)

論語の本章では、”馬鹿者”。

「君子」と対を為す概念で、孔子の存命中は「君子」=貴族に対する”平民”を意味したが、弩(クロスボウ)の実用化に伴って、戦士としても「君子」の価値が暴落したため、孔子より一世紀のちの孟子が、「君子」を”教養のある人格者”へと書き換えた。

それに伴い「小人」は、”つまらない人・教養のない者”を意味するようになった。史実の樊遅は孔子塾入門以前から、下級ではあっても戦車の御者を務める士族なので(『春秋左氏伝』哀公十一年)、おおかたの弟子と違って身分は低くない。

つまり樊遅をおとしめたい帝国儒者が、孔子の口を借りて「バカだ」と言わせたわけ。

論語の本章では樊遅のいみ名。論語では本章のみに登場。 初出は甲骨文。漢音は「シュ」。「ス」は呉音。詳細は論語語釈「須」を参照。

用情

論語 情 古文
「情」(古文)

論語の本章では、”正直になる”こと。「情」には”私情・感情”の他に”事実”の意味がある。

「情」の初出は戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補も無い。『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、青(セイ)は、清く澄み切ったエキスの意を含む。情は「心+(音符)青」で、心の動きをもたらすエキスのこと。精(エキス)と同系のことば。語義は論語語釈「情」を参照。

襁負(キョウフ)

論語 襁 金文
「襁」(金文大篆)

論語の本章では、”赤ん坊を背負って”。「襁」は”背負い帯”。論語では本章のみに登場。初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。部品の「強」に”赤子の衣類”の語釈があるが、初出は戦国末期。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「衣+(音符)強(丈夫な、きつくしめる)」。「襁負」は論語の本章を引いて、帯ひもで幼児を背負う、という。詳細は論語語釈「襁」を参照。

「負」の初出は秦系戦国文字。論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「負」を参照。

「襁負してうんぬん」という表現は、論語以降の史書にも多用される表現。家族総出で、といったような意味で、おむつにくるんだ赤ちゃんを背負い、老人や子供の手を引いて、一家こぞって慕い寄ってくると言う、めでたい鳳凰が出そうな善政を讃えるのに用いる。

なお「襁負」の熟語は中国語らしくないO-V表現だが、「キョウホウ」=”幼児を背負う帯と、幼児をつつむ着物”のなまり。つまり論語の本章が、よほど時代が下ってからの成立であることを示している。

論語:解説・付記

論語の本章は、子路と並んで孔門の武闘派である樊遅をおとしめるために、漢帝国の儒者がこしらえた悪質な捏造。その尻馬に乗り、毎度おなじみ、儒者の個人的感想である古注は、樊遅を口汚く罵倒している。

云子曰小人哉樊須也者小人是貪利者也樊遲出後孔子呼名罵之君子喻於義小人喻於利樊遲在孔子之門不請學仁義忠信之道而學求利之術故云小人也

子曰く小人哉樊須也と云う者、小人是れ利を貪る者なれば也。樊遲出でて後、孔子名を呼びて之を罵る。君子は義於喻り小人は利於喻る。樊遲孔子之門に在りて仁義忠信之道を學ぶを請わ不し而、利を求むる之術を學ばんとす、故に小人と云う也。

論語 古注 皇侃 論語 古注 何晏
「小人であるなあ、樊須は」と本文にあるのは、小人は利益を食らいたがる者であるからだ。だから樊遅が前を下がってから、孔子は名指しで罵倒したのだ。「君子は正義に目覚め、小人は利益に目覚める」と論語里仁篇にも説いてある。樊遅は孔子塾に居りながら、仁義忠信の道を学ぼうとせず、儲ける術を学ぼうとした。だから小人と言われたのだ。(『論語集解義疏』)

この尻馬に乗り、樊遅を罵倒する日本語の文章は珍しくない。だが孔子塾では「仁義忠信之道」は二の次だったことは、証拠を挙げつつこれまで再三書いてきたことで、古注の物言いは後漢以来の偽善とサディズムに他ならない。なのに今だに真に受ける者が出るとは驚きだ。

それは論語業者の怠惰と、自信のなさがもたらす盲目的権威主義、さらには人を傷付けたくて仕方が無い卑しさに原因があろうが、これまた再三書いてきたように、古注も新注もおおかたは、儒者が一杯機嫌で書いた駄法螺のたぐいに過ぎず、なんら根拠のある説では無い。

中国人のオッサンが変なこと言っている、と聞き流せばよいのだ。ちょうど次の文のように。

信玄公といえば、彼が旗印に掲げた「風林火山」が有名ですね。これは孫子の兵法書の第七篇である軍争篇「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」という一節からとられています。しかし、軍争篇には「難知如陰、動如雷震」という続きがある。この続きの2つのセンテンスを信玄公は知っていたはずなんです。合戦の場などにおける彼の行動からもそれは明らか。では、なぜ、旗に記さなかったか。いちばん重要なことが書いてあるセンテンスだったからだと私は思っているんです。「難知如陰」の「陰」を、私は「情報」のことだと解釈しています。つまり、情報を探す難しさ、正しい情報を早くより多く見つけることの難しさ、その情報を分析してどんな答えを導くか。それがいちばん重要だと説いている。

「動如雷震」は、雷のように速く動けという意味です。最初の「疾きこと風のごとく」はearly(早き)という意味であり、「動くこと雷震のごとく」はfast(速き)。つまりタイミングをしっかり見極めて誰よりも速く行動するという意味だと思っているんです。

しかし、この最も重要な終わりの2つのセンテンスをわざわざ敵に知らせる必要はない。だから信玄公は旗に記さなかったのだと私は考えています。

(清水 喜彦・SMBC日興証券代表取締役社長/プレジデント 2020年3月20日号より引用)

歴史で学位を取った漢文読みである訳者にとって、ツッコミ所がいくつかある。まず原文を間違えている。「雷震」は「雷テイ」(稲光)の間違いで、霆の字も読めない人が、孫子がどうだとか、漢籍を論じてはいけないと訳者は思うが、世間には別の判断があるだろう。

それに新古の注と違って立派なのは、正直に「私は思っているんです」と、個人の感想である旨を記したことだ。儒者のコピペで偉そうな事を言う論語業者は、霆の字程度の漢字は知っていようが、自分がこのたぐいの文章を真に受けている愚かさに、気付かないのだろうか。

無論、気付かないからこそ平気で偉そうな事を言っている。大いに笑ってやればよろしい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)