論語詳解327子路篇第十三(25)君子は事え易く’

論語子路篇(25)要約:君子は人を使う立場です。だから最も必要なのは、使われる人を見抜くこと。それ無しで仕事に取りかかっても、うまく行きませんし互いに不幸です。孔子先生はその教えを、凡人と対比させて説くのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子易事而難說*也。說*之不以道、不說*也。及其使人也、器之。小人難事而易說*也。說*之雖不以道說*也。及其使人也、求備焉。」

校訂

武内本

唐石経、悅を說に作る。

定州竹簡論語

……人a,器之。小人難[事也b],356……人也,求[備焉]。」357

  1. 今本人下”也”字。
  2. 小人難事也、今本作”小人難事而易說也”。

→子曰、「君子易事而難悅也。悅之不以道、不悅也。及其使人、器之。小人難事也。悅之雖不以道悅也。及其使人也、求備焉。」

復元白文(論語時代での表記)

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 君 金文論語 子 金文論語 易 金文論語 事 金文而 金文論語 難 金文兌 金文也 金文 兌 金文之 金文論語 不 金文㠯 以 金文論語 道 金文 論語 不 金文兌 金文也 金文 論語 及 金文論語 其 金文論語 使 金文論語 人 金文 論語 器 金文之 金文 論語 小 金文論語 人 金文論語 難 金文論語 事 金文也 金文 兌 金文之 金文論語 雖 金文論語 不 金文㠯 以 金文論語 道 金文 兌 金文也 金文 論語 及 金文論語 其 金文論語 使 金文論語 人 金文也 金文 論語 求 金文備 金文論語 安 焉 金文

※悅→兌・焉→安。論語の本章は也の字を断定で用いているなら、戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、君子くんしつかやすくしよろこばしめがたかなこれよろこばしむるにみちもちゐざらば、よろこばざるかなひと使つかふにおよび、これうつはにす。小人せうじんつかがたかなこれよろこばしむるにみちもちゐずといへどよろこかなひと使つかふにおよそなはらむことをもとたり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「君子は仕えやすいが、喜ばせ難いものだな。喜ばせるにも道理が通っていなければ、喜ばないからだ。君子が人を使うには、人を道具にする。凡人は仕えにくいな。喜ばせるに道理が通っていなくても、喜ぶからだな。凡人が人を使うには、人に能力を求めてしまう。」

意訳

論語 孔子 キメ2
君子は仕えやすいが、機嫌を取るのは難しい。道理が通らない利益は嫌がるからだ。しかも君子は、使う者をよく観察して、何にしか向いていないか知っているのだ。
対して凡人は仕えにくいが、簡単に喜ぶ。道理がどうであろうと、利益があれば飛びつくからだ。ところが凡人は人を見ないから、使う者に必ず万能を求める。仕えがたいのも当然だ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。
「君子は仕えやすいが、きげんはとりにくい。きげんをとろうとしても、こちらが道にかなっていないといい顔はしない。しかし人を使う時には、それぞれの器量に応じて使ってくれ、無理な要求をしないから仕えやすい。小人は、これに反して、仕えにくいがきげんはとりやすい。こちらが道にかなわなくても、きげんをとろうと思えばわけなく出来る。しかし人を使う時には、すべてに完全を求めて無理な要求をするから仕えにくい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「為君子做事容易,但使他高興卻很難。討好不當,他是不會高興的;他用人時,總能量材而用。為小人做事難,但使他高興很容易。討好不當,他也高興;他用人時,總是求全責備。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「立派な人物のために働くのはたやすい。ただし彼を喜ばそうとするのは非常に難しい。機嫌を取ろうにも気に入らなければ、彼は喜ぶばせることが出来ないからだ。彼は人を使う際、才能を見抜いて適所に用いる。つまらぬ人間のために働くのは難しい。しかし彼を喜ばすのは非常にたやすい。機嫌を取りさえすれば気に入らなくとも、彼は喜ぶ。彼は人を用いる際、いつも完璧に仕事を仕上げることを求める。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 事 金文
(金文)

論語の本章では、”仕える”。その下で働くこと。原義は筆を手に取った姿。詳細は論語語釈「事」を参照。

說/説→悅/悦

論語 説 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では”喜ばせる”。

”意見”の場合は「セツ」と読み、”喜ぶ・喜ばす”の場合は「エツ」と読んで、音が同じ「悦」と同義になる。論語語釈「説」論語語釈「悦」を参照。

論語 道 金文
(金文)

論語の本章では”道理”。論語で史実が確認できる章では、”方法・やり方”の意であり、道徳的な語義は無い。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「しんにょう(足の動作)+音符首」の会意兼形声文字で、首(あたま)を向けて進みいくみち。また、テキ(みち)と同系と考えると、一点から出てのびていくみち、という。詳細は論語語釈「道」を参照。

論語の本章では、句中で”…については”の意と、句末で”…であることよ”という詠嘆で用いられている。句末は断定と解しても良いが、それは戦国時代以降の中国語である可能性が高い。詳細は論語語釈「也」を参照。

論語 器 金文
(金文)

論語の本章では”道具”。うつわは茶碗なら茶かご飯、皿なら焼き物や乾き物といったように、ほとんどが単能で、皿に茶を注げば飲みにくい。君子は人を観察して、何に向いているかを分かった上で使え、ということ。詳しくは論語における「器」を参照。

論語の本章では”である”という句末の断定の辞。論語の時代は存在しないものの、音通する然は論語の時代の金文から発掘されている。詳細は論語語釈「焉」を参照。

求備焉

論語の本章では、断定の「焉」が付いているから、”どうしても備わっていることを求めてしまう”ということ。詳細は論語語釈「備」論語語釈「焉」を参照。

論語:解説・付記

上記の検証にかかわらず、本章はおそらく史実ではあるまい。「也」を詠歎に読むのはいかにも苦しく、そして文の構成が整いすぎており、肉声とは思えないからだ。初期仏典にも見られる事だが、同じ骨組みに反対の概念を組み合わせた修辞は、むしろ読誦するのに向いている。

また論旨が、儒者官僚にだけ都合のいい話で、要するに仕事が出来なくても、給料を寄こせ、ワイロを見逃せと言っている。「なぜ卿は仕事をせぬのだ」という皇帝に対し、「そういうのを求めるのは小人のすることだ、と孔子様が仰ってます」と言い訳するタネを作ったのだ。

加えて、詰まるところ君子は偉く小人は下らないと言っている。だが小人の蔑視は孔子より百年後に、孟子が君子に”教養ある人格者”という語義を加えてからのこと。ただし孟子は君子を語っても、小人蔑視はしなかった。蔑視の起こりは戦国末期の荀子からになる。

孔子の生前は徹頭徹尾、君子とは貴族であり、小人とは庶民や凡人を言い、孔子は区別はしても差別はしてない。

孔子曰:「吾有所恥,有所鄙,有所殆。夫幼而不能強學,老而無以教,吾恥之;去其鄉,事君而達,卒遇故人,曾無舊言,吾鄙之;與小人處而不能親賢,吾殆之。」

論語 孔子 ぼんやり
孔子「私には、恥ずかしく思うこと、卑しく思う事、危ないと思うことがある。若いうちから勉強に励まなかったのは、恥だと思う。田舎から出てきて主君に仕え、出世した頃に郷里の人と出会ったとき、昔通りに優しくしないでふんぞり返るような行いを、卑しいと思う。小人と一緒にいる時に、その中でも偉い人を見出して親しめないのを、危ないと思う。」(『孔子家語』三恕7)

重複を恐れず記せば、孔子家語の王粛偽作説は清儒の冤罪であり、時に論語を訂正する根拠となり得る。「」「」は論語の時代に存在しないが、「」”はじ”「台」は存在し、「台」に”おそれる”の語釈を『大漢和辞典』が載せる。

つまり後世の威張り返った儒者のように、庶民を「小人」と頭から小ばかにしていると、とんでもない目に遭うぞ、と孔子は言っているのであり、身分に拘わらず偉い人は偉いと認めよう、そういうごく当たり前の事を言っている。

「先生には勝手な憶測や、現実逃避の思い込みや、変化を認められない頑固さや、判断に我欲を交えることがなかった」(論語子罕篇4)と弟子に回想された孔子の、透明な理性の表れだろう。第一、「小人はクズだダメだ」と言おうものなら、弟子が逃げ出したに決まっている。

なぜなら塾生の九分九厘は小人の出身で、孔子自身も小人に生まれた孤児だったからだ。対して孟子以降の儒教は諸侯をたぶらかすための絵空事であり、帝国儒教は人々をクルクルパーにして従わせる洗脳術で、ありもしないことを事実だと言い張るところに宗教性がある。

孔子生前のの教説はまだ宗教性を帯びず、きわめて現実的な技術だった。論語の前章のように、人を一絡げにせず場合分けして観察しろというのもその一つだが、本章は初めから小人を見下げて顧慮しない。つまり無視して考えない。それでは行政官として差し支える。

孔子は巫女の母のかたわらで、小人が馬鹿げた宗教的仕草にどれほど怯えるか見続けて来ただろうが、だからといって小人を舐め切ることはしなかった。小人はひとたび敵に回すと恐ろしい集団であることを、弟子の子貢にも説いている(論語顔淵篇7)。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 従って論語の本章は前章と同様、君子を持ち上げ小人をけなしてはいるものの、史実と言ってよいと思う。孔子が新弟子に「小人としての君はこうだったかも知れないが、稽古して貴族になればこうなり、悩みや不安から解放される」と言った説諭なら、あり得る話だからだ。 […]

関連記事(一部広告含む)