論語詳解332子路篇第十三(30)教えざる民を*

論語子路篇(30)要約:納得なしで徴兵されても、人は従いません。日本人の想像を超える天災・戦乱を経験し続けた中国人は、生き残るためには何でもします。だから孔子先生は、民を徴兵する条件を説いたのでした、という作り話。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「以不敎民戰、是謂棄*之。」

校訂

武内本

唐石経弃、敦煌鄭往本外字 棄 異体字

定州竹簡論語

曰:「以不教民戰,是謂[棄]之。」362

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 㠯 以 金文不 金文教 金文民 金文 是 金文謂 金文棄 金文之 金文

※論語の本章は戦の字が論語の時代に存在しない。「之」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者による創作である。

書き下し

いはく、をしへざるたみもつたたかふ、れをこれつるとふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 肖像
先生が言った。「教えていない民を使って戦う、これをまさに捨てるという。」

意訳

孔子 人形
しつけの済んでいない民を駆り出して戦っても、逃げ散っていなくなるだけだ。なのに戦場へ引っ張る連中は、とんでもない人殺しだ。

従来訳

下村湖人

先師がいわれた。――
「教化訓練の行き届かない人民を率いて戦にのぞむのは、民を棄てるのと同じである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「不訓練就讓百姓去打仗,就是讓他們去送命。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「訓練しないのに人民に武器を持たせて戦場に送る、これをまさに、彼らの命をあの世に送るという。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


民(ビン)

民 甲骨文 論語 唐太宗李世民
(甲骨文)

論語の本章では”たみ”。初出は甲骨文。「ミン」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)。字形は「目」+「十」”針”で、視力を奪うさま。甲骨文では”奴隷”を意味し、金文以降になって”たみ”の意となった。唐の太宗李世民のいみ名であることから、避諱ヒキして「人」などに書き換えられることがある。一説に太宗が勅令を出して、「それこそ民の迷惑だから構わない」と言ったとされる。ただし論語学而編9の「民の徳」がなぜ避諱されなかったかは不明。詳細は論語語釈「民」を参照。

敎民(教民)

論語の本章では、民がいう事を聞くように躾けること。論語前章の語釈を参照。論語語釈「教」も参照。

従来訳のように軍事訓練を含むと解するのは誤りではないが、論語時代の戦闘を考慮するとやや言い過ぎのきらいがある。戦場に向かうまでのサバイバル技術は、当時の庶民なら心得ており、与えられた武器は鎌状のほこ=戈の場合、振り回していればそれなりに戦えるので、長い訓練は不要と思われる。

これは戦国時代の日本の足軽のほとんどが、槍を持たされていたのと事情が同じで、刀は素人が振って切れるようなものではなく、持たされた刀は「鍋づる」と呼ばれ、ほとんどなまくらで、ただの鉄の棒として殴りつけるものだった。ゆえに槍が重宝されたわけ。

弩
また弩(クロスボウ)を支給された場合、「戦闘時以外は人に向けるな」との注意事項を除き、あとは素人でも簡単に使える。日置流弓術を稽古した経験から言うと、弓は当たるものではないが、クロスボウなら子供でも当たるし、射すくめて歩兵や戦車の大群を足止めできる。

現代戦でも一次大戦中にドイツが開発した短機関銃(連射できる大きな拳銃)を、二次大戦でソ連が大量に採用し、字も読めない庶民を徴兵し、ほぼ教育なしで前線に投入しても、ついに精鋭ドイツ軍を破ったのは、兵士を戦えるように育てるのがいかに大変かを物語っている。

少し訳者の個人的感想になるが、刀は抜くだけでも大変で、収めるのはもっと難しい。うっかりするとポロリと指を切り落としてしまう。弓はと言えば、当たるようになるまで何年もかかる。戦うなら長柄武器の方がまだ簡単。

ただし弩については、そのからくり部分=弩機に貴重な青銅が要り、作りも精密だったから量産が利かず、連射も出来ないという欠陥はあった。

現代のように高度に機械化・情報化された歩兵は無論考慮外だが、長らく戦場で将軍が一番頭を痛めたのは、兵の逃亡=補給の貧弱だった。ナポレオンが「良い兵とは良く戦う兵ではない。良く歩く兵だ」と言ったのはそれを物語る。次いで将軍が悩んだのは、陣形を保つこと。

そして敵の態勢に応じて、「魚鱗から鶴翼へ」というように、その変形を滞りなく行えることだった。欧州の絶対王政期の徴兵期間が、概して何十年と長いのは、何千何万という兵が秩序を保ったまま移動し、そして戦況に応じて陣形変換するのが、極めて困難だったからだ。

しかし孔子の壮年期まで、春秋時代の戦闘は主に戦車戦であり、歩兵は戦車に附属して、その後ろを歩いて進めば良かった。どこに向かって歩けばいいかは、所属する戦車を見ていれば分かるので、陣形戦の訓練の必要がなかった。歩兵隊だけで戦うこともまれで、山間部や大河の峡谷など、歩兵だけで戦う必要のある場合は、常時軍事訓練を受けている、士分以上が戦った。

さらに輜重兵と歩兵の区別もなかったから、史書に記録が無く、戦史学者を悩ませている。現伝『孫子』を真に受ければ、戦車と輜重車の数は同じだから、徴兵された庶民の少なからぬ部分は、戦士ではなく荷役夫として働いたことになる。それならば庶民にとって普段の生活と変わりが無く、訓練の必要はそれほど要らなかっただろう。

これは弩の出現によって、庶民の徴集兵が前線に立たされるようになっても、あまり事情は変わらなかったと思われる。戈も弩も短期間の訓練で済む、後世の短機関銃のような兵器だった。それゆえ弩機さえ量産できれば、春秋から戦国へと時代が移り変わっていったわけ。

戰/戦

論語の本章では”戦場”。

初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。”たたかう”意では、甲骨文から鬥(=闘)が存在し、長柄武器を持った二人の武人が向き合う様。合、格にも”たたかう”意がある。闘トウ→単タン→戦セン、という連想ゲームは出来るが、ゲームに過ぎない。詳細は論語語釈「戦」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”まさに”。直前の動詞を強調し、意味内容を持たない。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義は”これ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”…の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

謂棄之

論語の本章では、”それを捨てるというのだ”。論語の時代は同じ「いう」でも、”評論する・断定する”の場合に「謂」が使われたが、本章の創作された戦国時代以降では、その区別は曖昧になった。詳細は論語語釈「謂」を参照。

従来の論語本では、人道主義的に「民をむざむざ殺してしまう」と解する例もあるが、中国史を通読する限り、中国人というのはそんなにおとなしい人たちではない。秦帝国崩壊のきっかけとなった、陳勝・呉広の乱(BC209)を持ち出すまでもなく、殺されるぐらいなら反乱を起こすのが当たり前。

論語時代となると、人もまだ素朴だったのか、後世ほど人間が図々しくできていないが、それでも死ぬぐらいなら暴れるのは同じで、当の魯国の家老が、「飢えた民を救ってきたのは季孫氏です。それを滅ぼそうとするなら、民が暴れ出して手が付けられなくなりますぞ」と恐れている記述が『春秋左氏伝』や『史記』にある

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大


論語の本章は前章をタネにして、おそらくは孟子によって書き足されたもの。

孟子
孟子は孔子没後一世紀後に現れた希代の世間師で、孔子の教説を作り替えて、諸侯に売り出す儒教に仕立てた。この点戦国時代らしいインチキがつきまとうが、他の諸子百家と違い、民の保護を前面に押し出した。それゆえ本章のような、民を無残に扱うことには反対した。

孟子對曰:「殺人以梃與刃,有以異乎?」曰:「無以異也。」「以刃與政,有以異乎?」
曰:「無以異也。」曰:「庖有肥肉,廐有肥馬,民有飢色,野有餓莩,此率獸而食人也。獸相食,且人惡之。為民父母,行政不免於率獸而食人。惡在其為民父母也?仲尼曰:『始作俑者,其無後乎!』為其象人而用之也。如之何其使斯民飢而死也?」

孟子 梁恵王
孟子「人を殺すのに棒で殴るのと、刀で斬るのとで、違いはありますか?」
梁恵王「違いは無い。」

孟子「この宮殿の厨房には分厚い肉が揃い、馬屋には肥えた馬が飼われています。ですが一歩外に出ると、民は飢えて青い顔、道ばたには行き倒れが転がっています。つまり王殿下は、家畜をけしかけて人を喰らわせているのです。けものが食い合えば、誰もが目を背けるのに、民の父母を名乗る王殿下は、けものに人を喰らわせて平気でいるのです。そんな父母がどこにいますか。

かつて孔子は言いました。”貴人の葬儀の道連れとして、初めて人形を作った奴は情けを知らない。子孫が絶えても当然だ”と。人そっくりに作ったからで、人が人を生き埋めにするとは、おぞましいとはお思いになりませんか。ならば民を飢え死にさせるのは、もっとむごいと言うべきでしょう。」(『孟子』梁恵王上4)

有名な「五十歩百歩」の故事成句も、もとは『孟子』から出たもので、ろくにいたわりもせず「民が言うことを聞かん」と歎く梁(=魏)の恵王に、「徴兵された民が戦場から逃げ、五十歩逃げた者と百歩逃げた者で、どちらが臆病ですか?」と孟子が逆ねじを喰らわせたのが出典。

また孟子はこうも言っている。

爭地以戰,殺人盈野;爭城以戰,殺人盈城。此所謂率土地而食人肉,罪不容於死。故善戰者服上刑,連諸侯者次之,辟草萊、任土地者次之。

孟子
他国の土地が欲しいからと言って戦争を仕掛ける。すると平原のあちこちで人殺しが始まる。都市が欲しいからと言って戦争を仕掛ける。すると都市のあちこちで人殺しが始まる。これではまるで、土地に人を殺させているようなものではないか。

その罪は死に値する。だから戦上手な兵法家は極悪と言うべきで、極刑に処してよい。諸侯を説き回って戦争を仕掛ける、蘇秦張儀のような奴は、それに準じる罰を与えてよい。それに近年「墾草令」を秦公に説いて、開墾と植民による軍備増強を唱える商鞅のような奴は、それに近い刑罰に処するがよい。(『孟子』離婁上14)

孔子と違った孟子のインチキ臭さは、おそらくは当人が全くの青びょうたんで、ケンカ一つ出来ないくせに、食うか食われるかの戦国諸侯に、生き残りの術を説いたことにある。だがこの平和主義は万人受けするし、なにより平和の否定は、誰にも許されるべきではない。

だから論語の本章を偽作までした孟子を、悪党と断じるのを、訳者はためらっている。
B-29 空襲予告ビラ

『論語』子路篇おわり

お疲れ様でした。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする