論語詳解308子路篇第十三(6)其の身正しからば°

論語子路篇(6)要約:孔子先生は古記録を読んで、為政者は先ず身を正すこと、そして何もしないでも世が太平に治まることを目指すよう説きました。その背景には美しい誤解と、古代ならではの技術的限界がありました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「其身正、不令而行。其身不正、雖令不從。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「其身正,不[令而行;其]□不正,雖令弗a從。」330

  1. 弗、今本作”不”。

→子曰、「其身正、不令而行。其身不正、雖令弗從。」

復元白文

子 金文曰 金文 其 金文身 金文正 金文 不 金文令 金文而 金文行 金文 其 金文身 金文不 金文正 金文 雖 金文令 金文弗 金文従 金文

書き下し

いはく、ただしからば、おきてずしおこなはす。ただしからざらば、おきつといへどしたが

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「自分が正しければ、命令しなくても行わせる。自分が正しくなければ、命令しても従えない。」

意訳

論語 孔子
為政者が正しいなら、命令しなくても政策は実行される。正しくなければ、命令しても誰も従わない。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「上に立つ者が身を正しくすれば、命令を下さないでも道が行われるし、身を正しくしなければ、どんなに厳しい命令を下しても、人民はついて来るものではない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「領導自己身正,即使不下達命令,群衆也會自覺去做;領導自身不正,即使下達了命令,群衆也不會服從。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「指導者自身が正しければ、全く下々に命令しなくても、群衆までもが自発的に言う通りになる。指導者自身が正しくなければ、一々下々に命令しても、群衆すら言うことを聞くわけにいかない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


其身

「其」は”その”。詳細は論語語釈「其」を参照。

ただし論語の本章には、誰の身なのか書いていない。漢文、特に紙が発明され普及する漢代になる前の漢文は、文脈から類推できることは書かないのが普通。だから難しく感じるし、当時の時代背景が分からなくなると、もう誰にも意味が分からなくなる。

その原因はひとえに技術的な問題で、紙がないから。当時の筆記は通常、木や竹を薄く細く削った簡(ふだ)に、一行ずつ書いていった。それを紐で綴じたのが本になった。従って長文を記すにはコストがかかるので、1文字いくらの料金だった戦前の電報のように、出来るだけ省略して書いた。
論語 竹簡

電報ネタの笑い話に、東京で下宿している息子が金に困って、「カネオクレタノム」と郷里に電報を打った。そうとは知らない父親が、すでにまとまった金を送金していたところに、この電報が届いた。父親は「金をくれた、だから酒を飲む」と誤解して怒った、というのがある。

漢文を原書で読むなら、こうした事情も十分わきまえておいた方がいい。

論語 令 甲骨文 論語 令 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”命令する”。原形は跪いてお告げや命令を聞く人の姿で、原義は命令やお告げを聞き取ることだった。詳細は論語語釈「令」を参照。

お告げを受け取るのが立場を逆にしたのは、「乱」に”乱れる”と”乱れを正す”の両義があるのと同じ。漢字にはこのように、同じ事物を描くが、両方の立場を意味する言葉がある。

論語の本章では”やらせる”。自動詞”行く・行う”だけでなく、他動詞にも用いる。詳細は論語語釈「行」を参照。

弗(フツ)

論語の本章では否定辞、”…でない”。「不」(フ)「勿」(フツ)と同じく、原義は違うが音を借りて否定辞を表すようになった。詳細は論語語釈「弗」を参照。

從(従)

論語 従 金文 論語 従 解字
(金文)

論語の本章では「したがふ」と旧仮名遣いで日本古語に直し”従える”。自動詞にも他動詞にも用いられるので、「雖令不從」は”命令しても従われない”と、日本語化したときに受け身に訳すのも誤りではない。漢文には日本語と異なる独自の文法があり、必ずしも日本語文法と一対一関係にはないからだ。詳細は論語語釈「従」を参照。

論語:解説・付記

上記の検証にかかわらず、論語の本章は孔子の発言とは思えない。後半の「其身不正、雖令不従」は誰にでも同意できるが、前半の「其身正、不令而行」には首をかしげざるを得ないからだ。こういうおとぎ話を好んだのは、孔子よりむしろ後世の儒者で、とりわけ漢代が怪しい。

「上これを好めば、下それに従う」という状況がありはするが、上にゴマをするれば利益があるからで、為政者に人格など求めはしないだろう。度を超した偽善が社会にはびこったのは後漢の時代だが、そうなるような種作りをせっせと、前漢の儒者がでっち上げたと思われる。

論語泰伯編18から続く、一連の鳥が鳴くような古代聖王への賛歌も、やはり前漢儒者の偽作だが、そのテーマはいずれも「聖王は何もしなかったが、世はよく治まった」であり、儒者官僚にとって、君主が何もしない方が、儒者は好き放題に収賄出来るので都合がいいのである。

なお「上これを好めば…」は、どうやら論語の本章が元ネタらしく、在野の清儒だった宦懋庸は、本章にこと寄せてこう書いている、と『論語集釋』に引く。原文に当たることが出来なかったので、孫引きとして以下に訳文を記す。

目下は目上に仕えるように見えて、実は言うことを全然聞きはしない。自分の都合で、したいようにしているだけだ。ただし目上の好みを嗅ぎ取って、もっと激しく好む振りをするゴマスリ者が、どこにも必ずいるものだ。『論語稽』

「下之事上也…。」ではじまるこの文は、儒教経典の一つ『孝経』を皮肉ったものだ。

子曰:「君子之事上也,進思盡忠,退思補過,將順其美,匡救其惡,故上下能相親也。《詩》云:『心乎愛矣,遐不謂矣,中心藏之,何日忘之。』」

孔子先生が言った。「君子が目上に仕えるというのは、積極的に忠義を付くし、密かに目上の不足を補おうとする。目上のよい命令はその通りに従い、間違った命令には悪い結果にならないよう手助けする。その結果、上下が互いにむつみ合うのだ。

『詩経』に言う。

心から愛するなら、どうして言わずにおれよう。
心の内に仕舞っておくなら、どうして忘れる日が来よう。

(『孝経』事君)

論語 曽子 ウスノロ
『孝経』は、孔子の弟子でもない曽子を書き手に措定したことなど、儒教経典の中でも極めつきに愚劣な本だが、それだけに儒者にとって都合のよいことばかり書いてあり、連中が何を企んでいたかを知りたければ、まことによく分かる資料となるし、長くも無い。

しかもどうやら子供向けに書かれたようで、用いた漢字も易しいし、ひねくれた修辞も使っていない。その割には故事成句の元ネタとなっており、漢文を読めるようになりたい人には、腕試しの教材として悪くない。子供をクルクルパーにして孝行を仕向けるビラだけに、当然だ。

西洋の似たようなのに、貧困層に暴動を起こすよう仕向けたマルクスの『賃金・価格および利潤』があるが、理屈が難解なだけでなく、言い廻しも回りくどい。全く働かず子を何人も餓死させ奥さんの財産を食い潰し友人からたかって回って愛人をこしらえ続けた男にふさわしい。

アジビラとして書いておきながら、要するに他人の貧窮などどうでもいいのだ。この点儒者は冷血動物という意味ではマルクスと同じだが、書いたビラが読まれて、読者がちゃんとクルクルパーになってくれないと商売が成り立たないので、そのあたりは工夫したわけである。

『孝経』由来の故事成語として一番有名なのは、冒頭の章のこれだろうか。

身體髮膚,受之父母,不敢毀傷,孝之始也。

身体髮膚シンンタイハップは、これを父母に受く。敢えて毀傷せ不るは、孝之始り也。

自分の体は髪や肌に至るまで、父母からの授かり物だ。だからわざわざ傷付けるようなことをしないのが、孝行の始まりである。(『孝経』開宗明義)

これでは君子としての戦場働き(→論語における君子)が出来ない役立たずに成り下がるから、孔子の教説では全然ないし、也の字の用法から、春秋時代を生きた曽子の言葉ですらない。おそらくは孟子かその弟子筋の創作だろうが、小学読本としてはよく出来ている。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] また本章は、論語顔淵篇16、論語子路篇6、とそっくりでもある。 […]