論語詳解318子路篇第十三(16)葉公政を問う°

論語子路篇(16)要約:孔子先生にとって、南方での政治工作の大事なパートナー、葉公ショウコウ。政治の鬼でもあり知識欲も旺盛で、先生に政治のコツを尋ねます。先生は葉公の立場を見て、それに最も適した答えを、簡潔に返したのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

葉*公問「政」。子曰、「近者說、遠者來。」

校訂

武内本

唐石経葉を𦰧に作り悅を說に作る。

定州竹簡論語

……問正。子曰:「近者說a,遠342……

  1. 説、今本作”悅”。

→葉公問「正」。子曰、「近者說、遠者來。」

復元白文

葉 金文公 金文問 金文論語 正 金文 子 金文曰 金文 斤 謹 金文者 金文兌 金文 遠 金文者 金文来 金文

※近→斤・説→兌。

書き下し

葉公せふこうまつりごとふ。いはく、ちかものをしへ、とほものきたす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

葉公が政治を問うた。先生が言った。「近い者を教え諭し、遠い者を招き寄せることです。」

意訳

南方の大国・楚は、国内がさらに大領主の領地に分割された国だった。その領主の一人、葉公が、政治を問うたので孔子が答えた。
「領民を教育し、領地外の民も慕い寄ってくるような善政をしきなされ。」

従来訳

論語 下村湖人

葉公が政道についてたずねた。先師はこたえられた。――
「領内の人民が悦服すれば、領外の者も慕って参りましょう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

葉公問政。孔子說:「使本地人幸福、外地人來移民。」

中国哲学書電子化計画

葉公が政治を問うた。孔子が言った。「自領民を幸福にし、外地人が移民してくるようにすることです。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

 ()。 、「 。」


葉公

論語 葉公

論語の本章では、楚の王族で、大領主であり、楚国政界の大立て者。当時の楚は呉との抗争に明け暮れ、一度は都を占領されて滅びかかったこともあったが、何分にも領土が広いので持ち直し、まあまあ名君の昭王を補佐した。亡命王族の再受入などで洞察力を発揮し、名臣と言われる。

ただし忠臣だったかどうかは定かでなく、政治的に必要とあらば王でもあっさり見放した。その分政治の鬼とは言えるが、あまり人好きのする人物ではない。昭王が変死した事件にも、何等かの関わりがあると見るべきだろう。

そもそも孔子一門と付き合っている時点で、何かの企みがあったと言うべき。一方孔子にとっては南中国の政治工作では欠かせない人物で、論語でも子路が行き来する(論語述而篇18)など、密接な関係があったことが伺える。

なお葉公は龍が大好きで、屋敷のおちこちに描いて嬉しがっていたが、そんなに好きなら会いに行ってやろうという事で、龍が屋敷に現れると、腰を抜かして怖がったという伝説がある。もっとも龍とはヨウスコウワニのことかもしれず、伝説と斬って捨てるにはもったいない。
論語 ヨウスコウワニ

政→正

論語の本章では”政治”。「政」の字の初出は甲骨文で、もちろん春秋の昔からあるにもかかわらず、定州竹簡論語が部品の「正」の字を使いたがるのは、漢代の儒者がもったいを付けるためで、そこに何かの意義や価値があるわけではない。詳細は論語語釈「政」を参照。

論語の本章では”近く”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はghi̯ənで、同音に”ちかい”を意味する漢字は無い。ただし『学研漢和大字典』によると、部品の「斤」ki̯ən(平)に”ふたつの線がふれそうになったさま”の語義があると言い、論語時代の置換候補になり得る。詳細は論語語釈「近」を参照。

說(説)

論語の本章では”教え諭す”。音が通じる「悦」と同じとし、”喜ぶ”と解する本もあるが、原義は”言葉で頭のもやを払ってやること”であり、論語は最古の古典であることから、原義で解釈出来るならそのようにした方がよい。

”喜ぶ”と解する理由は、論語の冒頭・学而篇1と解釈を合わせたからだが、本章までそのように読まねばならない理由にはならない。日本の諸本が”喜ぶ”と解しているのは、いつも通り下記する中国儒者の猿真似をしているだけだから、みっともないからもう止めたらいい。

今のところ最古の論語の版本である定州竹簡論語に「説」とあるからには、「悦」に読む理由がない。論語の古注では、当時の論語に「悦」と書かれたことから、”喜ぶ”と解して疑っていないが、新注は唐石経系統の論語を元に「説」と書いてあったようで、次のように言う。

說,音悅。○被其澤則悅,聞其風則來。然必近者悅,而後遠者來也。

説は、「悦」のと同音である。お恵みに遇えば誰でも喜ぶ。お恵みの噂を聞けば慕い寄ってくる。だから近いものは喜ばせたら、その後で遠くの者が寄ってくるのだ。(『論語集注』)

「説」の初出は戦国文字だが、部品の「兌」が甲骨文から存在し、”よろこぶ・ことば”の語義がある。詳細は論語語釈「説」を参照。

近者說、遠者來

「近者」説き、「遠者」来させることで、主語が目的語のようになって一見ヘンテコだが、日本語で「この道は通れます」と言うのと同様、漢文でも主語が動作の受け手になることがある。これを受事主語という。

論語:解説・付記

論語の前章と比較して頂きたいが、まじめに政治の話をするなら孔子はこのように簡潔に、的の中心を射貫くように言う。それも当然で、上記の如く孔子にとって葉公は、何やら後ろ暗いことまで含めた政治的な同盟者であって、歌舞伎の真似などしている場合ではなかった。

領民に善政をしけというのは当たり前の理屈だが、遠くまで懐かせろと言うのは評判になれということではなく、流入してくる人口によって領地の政治経済軍事力を増せという、極めて現実的な政治論。当時の領民には移動の自由があり、君主が阻止しようとしても出来なかった。

ローマ史で移動の自由がないコロヌスが成立し得たのは、コンスタンティヌス帝の強権あればこそで、逃亡コロヌスだけでなく、かくまった者をも罰することが出来たからだ。だが春秋戦国の中国はそうでない。諸侯も領主も、逃亡してくる者を大いに歓迎し、かくまった。

それは技術的制約からであり、エンジンのない古代では人とは国力そのもので、医学も未発達だから、領民だけをタネにちまちま人口を増やそうとしても合理的ではない。従って時にはいくさに訴えて、隣国から民を拉致するように連れてくることもあった。

逆に、連れ去られた者を取り戻す法まであった。

魯國之法,魯人有贖臣妾於諸侯者,皆取金於府。子貢贖人於諸侯,而還其金。孔子聞之,曰:「賜失之矣!夫聖人之舉事也,可以移風易俗,而教導可以施於百姓,非獨適身之行也。今魯國富者寡而貧者眾,贖人,受金則為不廉,則何以相贖乎?自今以後,魯人不復贖人於諸侯。」

論語 子貢 糸引き
魯国の法では、魯国人でありながら他国で奴隷に身を落とした者を、連れ戻すための代価は、政府が支給することになっていた。だが富豪の子貢は、ある奴隷を他国から買い戻したとき、給付金を返納した。孔子がそれを聞いて言った。

「子貢よ、それは間違いだぞ。聖人=万能の人(魯国の開祖、周公旦を指す)が法を定めたわけは、民百姓の習俗を改善し、何が正しいのか教え諭すためで、自分さえ格好が付けばそれでいい、というものではない。今の魯国では没落する富豪が多く、貧乏人が増えている。人を買い戻した代金を政府から貰ったとて、それを図々しいと非難されるようでは、買い戻すことが出来なくなるぞ? 今後、お前のやったことが世間の常識になってしまえば、魯国人は同胞をどうやって買い戻したらいいのだ。」(『孔子家語』致思18)

孔子家語が王粛の偽作であると言うのは清儒の誣告だが、それでもこの話には実は怪しいところがあって、論語の時代で実在が確認できない「金」が出てくる。だがこの一字に目をつぶって、何かしらそのような制度があったのだろうと断じてここに記すことにした。

ともあれ洋の東西を問わず、奴隷にされるのは戦時捕虜か、債務奴隷か、人狩りに遭った異民族である。論語の時代は前代の殷と異なり、人狩りの形跡はか細い。理由は一つに、周代では生け贄が廃れたからだが、捕虜や債務奴隷は存在した。経済発展中の乱世だったからだ。

葉公は『左伝』などを読む限り、自分が楚王になろうとはしなかったが、領地を繁栄させたいとは思っただろう。楚国はいわば周の縮小版で、国王の元に諸侯に当たる大領主が割拠しており、時には互いに戦争までしたから、葉公の悩みは諸侯とあまり違わない。

楚王になろうとすればなれただろうが、ならなかったのは王のそばで政治を補佐して、国王とはそんなに楽しいものではないと思っていたからだろう。周王が諸侯の増長に困っていたように、楚王もまた困っていたのだから。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント