論語317子路篇第十三(15)一言にして以て

論語子路篇(15)要約:孔子先生を初めて政治に登用したのは、地元の魯国の殿様・定公でした。ひいき目に見ても名君とは言いがたい人で、手っ取り早い政治のコツを先生に尋ねます。それに対して先生は、生暖かい目で答えるのでした。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

定公問、「一言而可以興邦、有諸。」孔子對曰、「言不可以若是其幾也。人之言曰、爲君難、爲臣不易。如知爲君之難也、不幾乎一言而興邦乎。」曰、「一言而喪邦、有諸。」孔子對曰、「言不可以若是其幾也。人之言曰、予無樂乎爲君、唯其言而莫予違也。如其善而莫之違也、不亦善乎。如不善而莫之違也、不幾乎一言而喪邦乎。」

書き下し

定公ていこうふ。一げんにしもつくにおこしと、これりや。孔子こうしこたへていはく、こともつかくごとちかかるからざるなりひとこといはく、きみたることかたしんたることやすからずと。きみたるのかたきをちかからざらむげんにしくにおこいはく、一げんにしくにほろぼすと、これりや。孔子こうしこたへていはく、こともつかくごとちかかるからざるなりひとこといはく、われたのしむことからんきみたるを、ただわれたがふことなりと。ぜんこれたがふことおほいからず不善ふぜんこれたがふこと、一げんにしくにほろぼすにちかからざらむ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

定公が問うた。「ただ一言で国を栄えさせる、そんな言葉はあるか。(ないだろうな。)」孔子が答えて言った。「(仰せの通り)言葉というものは、そんなに簡単なものではありません。人の言葉に言います、君主であることは困難で、臣下であることも易しくない、と。もし君主であることの難しさを知るなら、簡単に言えるでしょう、国を栄えさせる方法を。」定公が問うた。「ただ一言で国を滅ぼす、そんな言葉はあるか。(ないだろうな。)」孔子が答えて言った。「(仰せの通り)言葉というものは、そんなに簡単なものではありません。人の言葉に言います、私は楽しくない、君主であることが。出来ることはせいぜい、私の言葉に臣下が逆らわないことだけだ、と。もし君主が有能で、臣下がそれに逆らわないなら、大いに結構です。しかし君主が無能なのに臣下が逆らわないなら、ただ一言で邦を滅ぼすに近くないでしょうか。」

意訳

論語 定公 論語 孔子 水面キラキラ
定公「国を繁栄させる方法が、もしあるなら一言で教えてくれ。」
孔子「そんな言葉はありません。ただし、君主も臣下も楽ではない、と言います。殿が君主の苦労とは何かを知る、それこそ興国になるでしょう。」

定公「国を滅ぼす危険が、もしあるなら一言で教えてくれ。」
孔子「そんな言葉はありません。ただし、君主は楽しい仕事でない、楽しいのはせいぜい臣下が自分に従う程度だ、と言います。しかし名君の命令ならいいですが、暗君の命令に誰も逆らわないとなると、それこそ亡国になるでしょう。」

従来訳

魯の定公がたずねられた。――
「一言で国を興隆させるような言葉はないものかな。」
 先師がこたえられた。――
「いったい言葉というものは、仰せのようにこれぞという的確なききめのあるものではありません。しかし、世の諺に、君となるのも難しい、臣となるのもたやすくはない、ということがございます。もし、君となるのがむずかしいという言葉が支配者に十分のみこめましたら、その言葉こそ一言で国を興隆させる言葉にもなろうかと存じます。」
 定公がまたたずねられた。――
「一言で国を亡ぼすというような言葉はないものかな。」
 先師がこたえられた。――
「いったい言葉というものは、仰せのように、これぞという的確なききめのあるものではありません。しかし、世の諺に、君となっても何の楽みもないが、ただ何をいってもさからう者がないのが楽みだ、ということがございます。もし善いことをいってさからう者がないというのなら、まことに結構でございますが、万一にも、悪いことをいってもさからう者がないという意味でございますと、それこそ一言で国を亡ばす言葉にもなろうかと存じます。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

定公

論語 定 金文 論語 公 金文
(金文)

論語の本章では、孔子が最初に仕えた魯の君主。おそらく孟孫氏の推薦があって、孔子を中都のまちの代官に据え、その後司法長官(大司冦)に抜擢し、夾谷で斉と会盟した際には事務長に据え、危うくとらわれかけるところを孔子に救われたのは『史記』などが記す通り。

その後宰相格に据えたと言われるが、孔子が門閥三家老家=三桓の権力を削ぐために根城の破壊を始めると、三桓が反発して沙汰やみになった。さらに斉が送りつけた女楽団にふぬけ、孔子を遠ざけた、と言われるが、もともとそれほど芯の強い人物ではない。

孔子を遠ざけたと言うより忘れたといった方が近い。詳細は『史記』魯世家を参照。

諸(ショ)

論語 諸 金文 論語 慎 諸
(金文)

論語の本章では、反語を表している。『大漢和辞典』の第一義としては”もろもろ”だが、音が「之於(シオ)」や「之乎(シコ)」に近いので、”この・これ”の意味に転用された。『学研漢和大字典』による原義は、一カ所に人が大勢集まること。

論語 幾 金文論語 幾
(金文)

論語の本章では”近い”。『大漢和辞典』の第一義としては数量を問う疑問辞。「近畿」という言葉と同系で、都に近いから近畿という。『学研漢和大字典』による原義は、人間に刃物がすぐ近くまで近づくこと。

亦(エキ)

論語 亦 金文 論語 亦
(金文)

「また」と読み下す習慣になっているが、論語ではほとんどの場合それは誤り。”大いに”の意味。原義は”人の両脇”。

論語:解説・付記

論語の本章は漢文としてはひどい悪文で、読みにくいし、漢文の持つ簡潔さもない。漢文がなぜ簡潔なのかを繰り返すと、それは技術的制約からで、紙がないから木札や竹札を薄く作って、それに一行ずつ書いて紐で縛るしかなかったため。

他に石や青銅に刻んだり鋳込んだり、絹に書くという手もあるが、竹以上にコストがかかる。
論語 竹簡

いくら殿様との対話だからと言って、反語・倒置・二重否定を使うなどもったいぶっており、まじめに話しているとは思えない。次章と質問内容は同じだが、長過ぎる。論語の編者が書き換えたのかも知れないが、そうでないとしたら、孔子はとうに定公を見放している。

真意はともかくとして、表向きは殿様にだじゃれを言った宰我を論語八佾篇21で叱りつけたように、孔子は君主への礼儀作法を欠かさない人だったが、臣下としては仕えるに値する殿様かどうか、じっくりと品定めしたはず。だからこそ魯を見放して放浪の旅に出た。

放浪すれば苦労すると分かっていても、それ以上の苦痛を定公に感じたことになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)