論語詳解311子路篇第十三(9)子衛にゆく°

論語子路篇(9)要約:隣国の衛を訪れた孔子先生と、馬車の手綱を取る冉有ゼンユウ。余りの人出の多さに、師弟は驚きの声を上げます。もちろん先生は、衛国で政治をとる気は満々でした。「何から始めます?」と冉有に聞かれた先生は…。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子適衞、冉有*僕。子曰、「庶矣哉。」冉有曰、「既庶矣、又何加焉。」曰、「富之。」曰、「既富矣、又何加焉。」曰、「敎之。」

校訂

武内本

冉子、唐石経冉有に作る。

定州竹簡論語

……之。」曰:「溉富者a,[有……曰:」教]之。」332

  1. 溉富者、今本作”既富矣”。

→子適衞、冉子僕。子曰、「庶矣哉。」冉有曰、「既庶矣、又何加焉。」曰、「富之。」曰、「溉富者、又何加焉。」曰、「敎之。」

復元白文

子 金文 適 金文衛 金文 冉 金文子 金文僕 金文 子 金文曰 金文 論語 庶 金文已 矣金文論語 哉 金文 哉 金文有 金文曰 金文  既 金文論語 庶 金文已 矣金文 又 金文何 金文加 金文安 焉 金文 曰 金文 畐 金文之 金文 曰 金文  既 金文畐 金文論語 者 諸 金文 又 金文何 金文加 金文安 焉 金文 曰 金文 教 金文之 金文

※矣→已・焉→安・富→畐。

書き下し

ゑいく、冉有ぜんいうしもべたり。いはく、おほなるかな冉有ぜんいういはく、すでおほなりまたなにをかくはなんいはく、これまさむ。いはく、すでたらば、またなにをかくはなんいはく、これをしへむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 論語 冉求 冉有
先生が衛に行った。馬車の手綱を冉有が取っていた。先生が言った。「多いなあ。」冉有が言った。「まったく多いです。この人々に何をしてやりましょうか。」先生が言った。「人々を豊かにしてやろう。」冉有が言った。「豊かになったら、さらにどうしてやりましょうか。」先生が言った。「教えてやろう。」

意訳

先生が衛に行った。冉有が馬車の手綱を取っていた。
孔子「人が大勢いるなあ。」
冉有「そうですね。どうしてやります?」
孔子「財布を膨らませてやるとするかな。」
冉有「ふふ。膨らんだらどうしてやります?」

論語 孔子 微笑み
孔子「ものを教えてやるとするかな。」

従来訳

論語 下村湖人

先師が衛に行かれた時、冉有がお供をして馬車を御していた。先師はいわれた。――
「この国の人口は大したものだ。」
すると冉有がたずねた。――
「これだけ人が集れば結構でございますが、この上は、どういうことに力を注ぐべきでございましょう。」
先師――
「経済生活をゆたかにしてやりたいね。」
冉有――
「もし経済生活がゆたかになりましたら、その次には?」
先師――
「文教を盛んにすることだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子去衛國,冉有駕車。孔子說:「人真多啊!」冉有說:「人多了,又該做什麽?」孔子說:「使他們富起來。」「富了後,又該做什麽?」「使他們受教育。」

中国哲学書電子化計画

孔子が衛に行き、冉有が車の御者をしていた。孔子が言った。「実に人が多いな!」冉有が言った。「人が多いですね、ではどうしましょう?」孔子が言った。「皆を富ませてやるかな。」「富んだ後は、どうなさいます?」「皆を教育してやろう。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

() 、「 。」 、「 。」、「 。」、「溉(旣) ()、 。」、「 。」

論語 適 金文 論語 ミサイル 適
(金文)

論語の本章では”行く”。初出は西周中期の金文で、「啇」の字形。「適」と書かれるのは戦国文字から。カールグレン上古音はɕi̯ĕk。同音は存在しない。詳細は論語語釈「適」を参照。

論語 衛 金文 論語 衛霊公
(金文)

魯の隣国で、規模は魯と同程度の、中ぐらいの国。孔子が衛に赴いた時の国公は霊公で、やり手の殿様だった。衛の霊公について詳細は、『史記』衛世家・霊公を参照。

冉有→冉子

論語 冉 金文 論語 有 金文
(金文)

孔子の弟子、冉求子求のこと。もっともこれには異説がある。

論語 武内義雄 論語 子貢 問い
武内義雄『論語之研究』によると、『説苑』建本篇と漢代の碑文「熹平石経」の断片を引いて、この時孔子のお供をしたのは冉有ではなく、子貢だった可能性があるという(P.6)。子貢は衛の出身だから、この説には致命的欠陥がない。

子貢問為政,孔子曰:富之,既富乃教之也,此治國之本也。

子貢が政治の実際を質問した。孔子が言った。まず豊かにしてやることだ。そうなってから、教育を始めなさい。これが国を治める基本だ。(『説苑』建本篇)

論語は現伝の姿になるまでに、何度も書き換えられ、増補を繰り返したから、いつの間にか人物が入れ替わる可能性は十分にある。ただし子貢であると断定は出来ない。

なお冉有を冉子とあざ名=敬称で呼ぶ例は、論語雍也篇4論語先進篇12論語子路篇14にも例がある。また『春秋左氏伝』哀公十一年の条に、孔子が冉有を「子」と敬称で呼んでいる例がある。冉有は冉伯牛亡き後、冉氏の頭領だったと思われ、孔子はその後援を受けていたこと、それゆえの遠慮があったことを思わせる。孔門十哲の謎も参照。

僕(ホク)

僕 金文
(金文)

論語の本章では”御者”。”お供”と訳しても間違いではないが、君子として孔子は車に乗っていただろうし、その一人だけのお供と言えば、御者に他ならない。論語では本章のみに登場。初出は甲骨文。カールグレン上古音はbʰuk(入)。「ボク」は呉音。

『学研漢和大字典』によると「人+(音符)菐(ボク)」。荒けずりで作法を知らない下賤(ゲセン)の者の意を含む。転じて、謙そんするときの一人称代名詞ともなった、という。詳細は論語語釈「僕」を参照。

庶矣哉

論語 庶 金文 論語 庶
「庶」(金文)

「庶」は”近い・多い”。ここでは後者。詳細は論語語釈「庶」を参照。

論語の本章は、衛国の恐らく都城・帝丘での孔子の発言と思われるが、「矣」=”すでにそうなっている”、「哉」=詠嘆の言葉を重ねていることから、相当に人口が多かったと想像できる。

論語 富 金文 論語 富 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”富む”。この文字の初出は上掲戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯ŭɡ。同音に不、否。部品の畐(カ音・藤音不明)に”満ちる”の語釈を『大漢和辞典』が載せており、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「富」を参照。

又何加焉

論語 焉 金文 論語 焉
「焉」(金文)

「焉」は句末では確定・完了の意を示すことばで、日本古語の「つ・ぬ・たり・り」に相当する。この句の意味は”また何を加えてやりましょう”だが、「て」が「焉」の日本語訳になる。場合によっては、大学入試古文で必ず出題される確定の「なん・てん」として読み下すと、漢文を読みやすくなる。詳細は論語語釈「焉」を参照。

論語:解説・付記

衛国は、孔子が魯国で失脚し、放浪に出た際に最初に訪れた国。

衛国は孔子にとって、魯国に次ぐ第二の故郷と言っていい国で、孔子一門は国外での活動拠点を、主に衛国に置いた。孔子は衛国の家老たちと面識があり、また弟子の子路の義兄・顔濁鄒ガンダクスウは、衛国を拠点とする任侠道の大親分だった。

国公の霊公も孔子が訪れた際、ポンと111億円もの巨額の捨て扶持を与えており、その後孔子が衛を去ったのちも、いつでも戻っていいよ、という態度を示したと思われる。だからこそ孔子は放浪を切り上げて衛国に戻ったのだろうし、捨て扶持の支給も再開されたことだろう。

孔子が衛国で政治家として何か業績を残した記録はないが、その理由はおそらく、やり手の霊公の下で政界・軍事界に人材が揃っていたことだろう。代わりに子路などの弟子が衛国に仕え、無名の弟子を含めれば、衛国での孔子一門の地位は決して低くなかったと思われる。

また子路の義兄の名は上掲の通り顔濁鄒、孔子の母の名は顔徴在、一番弟子の名は顔回であることを考えると、顔氏一族と孔子には密接な関係があり、顔氏の拠点は衛国で、その頭領が顔濁鄒だった可能性がある。

さらに孔子一門の財政を支えた子貢は衛の出身であり、子貢は一説に衛の商家の出と言われるから、子貢商会(仮名)の本店が衛にあったとしても不思議はない。財政面からも孔子にとって、衛は居心地がよかっただろう。

また衛は「兄弟」と孔子が言ったほど(論語子路篇7)、孔子の生国・魯と同程度の国にもかかわらず、「人が多い」と師弟が感じ入っているのは、やり手の霊公の手腕で、それだけ人口が集まっていた、と考えられる。

論語時代の庶民は、税や労役徴収の対象として、国籍らしきものはあったが、悪政が行われた国からは気兼ねなく出て行くことが出来た。もちろん合法とは言い難く、逃げ出された国は流民を「盗」と呼んで取り締まろうとしたが、技術的制約から逃散防止は不可能だった。

権力から敵視されない流民は「客」と呼ばれ、住民が増えれば国力が増す=徴税対象が増えるので、各国は流民を徴税簿に載せて住民にしたがり、ある意味で流民は歓迎された。霊公当時の衛の庶民が、必ずしも自生えの人々ではなく、もと流民だった可能性を、『左伝』の記述が示唆している。

論語の時代、いずれの諸侯国も邑=城壁で囲まれた都市国家の連合体であり、邑の周辺は邑に隷属する農耕民だけでなく、支配に属さない流浪の集団もあった(→国野制)。『史記』孔子世家に「四方の客の邑に至る者は、有司に求めざれども、皆之にあたえ以て帰らしむ」とあるのは、支配に属さない者=客が邑へ行商に出掛け、おまわりを呼ばなくても代金を踏み倒されなくなった、の意。

論語 孟子
流民については孔子の自称後継者・孟子が、魏の恵王と対談した際にも話題に上っている。「善政を敷いて流民を集めようとしたが、うまくいかない」と恵王はこぼしており、流民は歓迎されたことが伺える。これは論語時代、ひいては春秋戦国時代に特有の現象かも知れない。

というのは、流民は武装すれば群盗であり、群盗は規模が大きくなると反乱軍、ひいては革命軍になりかねなかった。秦以降の中国歴代王朝は、ほぼ流民によって滅ぼされており、権力にとっては決してありがたい存在ではなかった。

それが論語時代に歓迎された理由は、やはり技術的制約で、武器となる青銅の原料、とりわけスズはほとんど採掘できず、刃物は高価だった。しかし漢代になって製鋼法が発見されると、流民は容易に武装できるようになり、各王朝の心肝を寒からしめたのだった。

論語 季康子 論語 白川静
論語の時代に話を戻すと、筆頭家老の季康子が、孔子に「盗」の多さに愚痴を言い(論語顔淵篇18、偽作)、対して孔子は、「あなたが望まなければ、表彰してさえ盗は出ない」と言わされているが、白川静『孔子伝』では、季康子自身が「盗」を呼び寄せていたと想像している。

確かに、政治とは多数派工作であり、属人は私兵でもある。氏族の勢力を強めることになるわけで、季孫家がそうした人々を集めていたことは、『春秋左氏伝』の記述から窺える。

子家子が昭公に言った。「季氏が政治を執るようになってから長く、困った民を食べさせているのも季氏です。彼らは季氏のためなら何でもするでしょう。日が暮れたら暴れ出して、どうなるかわかりません。民衆の怒りは貯まったままでは済みません。その怒りが発酵するほど放置して置いた今、殿への怒りが爆発し、群れを成して襲いかかりますぞ。なのに今さら季氏の討伐ですか。きっと後悔なさいます。」(『春秋左氏伝』昭公二十五年

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 冉有曰、既庶矣、又何加焉。曰、富之。曰、既富矣、又何加焉。曰、敎之。(『論語』子路) 〔冉有曰く、既に庶し矣、又何をか加え焉ん。曰く、之を富まさん。曰く、既に富み矣、又何をか加え焉ん。曰く、之を敎えん。〕 […]

  2. […] 論語の本章の成立については、定州竹簡論語に存在すること、論語の時代に存在しない言葉を使っていることから、原文は前漢帝国の儒者の手に成ると思われる。恐らく元ネタは論語子路篇9だろう。 […]