論語詳解320子路篇第十三(18)葉公孔子に*

論語子路篇(18)要約:南方の大国・楚の大立て者、葉公。我が領民は正直者ばかりでござってな、と孔子先生に領民の自慢を始めます。しかし放浪の末に仁政や政治の何たるかをつかんだ先生は、おだやかに反論しました、という作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

葉*公語孔子曰、「吾黨有直躬*者、其父攘羊、而子證之。」孔子曰、「吾黨之直者異於是。父爲子隱、子爲父隱、直在其中矣。」

校訂

武内本

唐石経、葉を𦰧に作る。釋文云、躬鄭本弓に作る。

定州竹簡論語

……公語孔子曰:「吾黨有直弓a者,其父襄b羊,而345……曰:」吾黨之直者……為子隱,子為父346……

  1. 弓、今本作”躬”、釋文云、”鄭本作弓”。
  2. 襄、今本作”攘”、襄借為攘。

→葉公語孔子曰、「吾黨有直弓者、其父襄羊、而子證之。」孔子曰、「吾黨之直者異於是。父爲子隱、子爲父隱、直在其中矣。」

復元白文

葉 金文公 金文語 金文孔 金文子 金文曰 金文 吾 金文当 黨 金文有 金文直 金文亘 金文者 金文 其 金文父 金文襄 金文羊 金文 而 金文子 金文之 金文 孔 金文子 金文曰 金文 吾 金文当 黨 金文之 金文直 金文者 金文異 金文於 金文是 金文 父 金文為 金文子 金文論語 陰 金文 子 金文為 金文父 金文論語 陰 金文 直 金文在 金文其 金文中 金文已 矣金文

※黨→當・隱→陰・矣→已。論語の本章は證の字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

葉公せふこう孔子こうしげていはく、たう直弓ちよくきうといふものり、ちちひつじぬすみ、しかうしてこれあかす。孔子こうしいはく、たうなほものこれことなれり。ちちためかくし、ちちためかくす、なほきことうちなん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 葉公 論語 孔子別像
葉公が孔子に語った。「我が領民に直躬という者がいて、父親がヒツジを盗んだら、子なのにそれを証言した。」孔子が言った。「私の地元の民は違いますな。父は子をかくまい、子は父をかくまう。正直とはきっとそういうことです。」

意訳

葉公「我が領民は正直者でござってな、正直者で評判の躬という子供が、裁判で”ヒツジを盗んだのはうちの父ちゃんです”と証言したものでござる。」
孔子「それがしの田舎では違いますな。父と子で互いの悪事をかばい合う。それが本物の正直でござるよ。」

…父と子が互いの悪事をかばいますが、そんな土地にもきっと正直者はいるものでござる。そういう者を大事になされ。

従来訳

論語 下村湖人

葉公が得意らしく先師に話した。――
「私の地方に、感心な正直者がおりまして、その男の父が、どこからか羊が迷いこんで来たのを、そのまま自分のものにしていましたところ、かくさずそのあかしを立てたのでございます。」
すると、先師がいわれた。――
「私の地方の正直者は、それとは全く趣がちがっております。父は子のためにその罪をかくしてやりますし、子は父のためにその罪をかくしてやるのでございます。私は、そういうところにこそ、人間のほんとうの正直さというものがあるのではないかと存じます。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

葉公對孔子說:「我家鄉有正直的人,父親偷羊,兒子告發了他。」孔子說:「我家鄉正直的人不同:父為子隱瞞,子為父隱瞞,正直就在其中了。」

中国哲学書電子化計画

葉公が孔子に言った。「私の故郷には正直者がいて、父親が羊を盗むと、その子が彼を訴えた。」孔子が言った。「私の故郷の正直者は違う。父は子をかくまい、子は父をかくまう。正直は必ずきっとその中にある。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

葉公(ショウコウ)

論語の本章では、孔子一門と政治的な関係が深い、楚国の家老で半独立の領主。詳細は論語子路篇16を参照。

黨(党)

論語の本章では、”近所(の人々)”、または”郷里”。”悪だくみをする一味”の意もあるが、ここではそうではない。この文字は論語の時代に存在しない。当時の置換候補は當(当)。詳細は論語語釈「党」を参照。
論語 党

この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。部品の身の字は存在した。詳細は論語語釈「躬」を参照。定州竹簡論語の用いた「弓」には、『大漢和辞典』に姓の一つとあり、『通志』氏族略を引いて、「弓氏、魯大夫叔弓之後」という。論語語釈「弓」も参照。

直躬(チョクキュウ)

論語の本章では、”正直者の躬”。

「直」は”正直”、「躬」は”身・率先して行う”の意だから、後漢の儒者が「弓」をもっともらしい姓氏に書き換えた。「自分からハイハイと言い出す正直者」というあだ名に化けたのである。

独裁国家で、家族の犯罪を告発した子供が顕彰されることはよくあることで、スターリンもポルポトもそれをやった。だが中国では論語の本書の影響からか、寡聞にしてその話を聞かない。武内本は釋文の躬→弓を採用し、「弓は人名、弓という正直者なり」という。

攘→襄

論語 攘 古文
(古文)

論語の本章では、”盗む”。論語では本章のみに登場。

初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は不明。部品の襄は甲骨文より存在するが、”ぬすむ”の語釈は『大漢和辞典』に無い。元々無かったのか、攘の字が出来て二次的に失ったのかは不明。

尊王攘夷の「攘」。第一義は”手で押す”そして”打ち払う”だが、「纕」(腕まくりする)と音が同じなので”盗む”の意となった、と『大漢和辞典』に言うが、”腕まくり”から”盗む”までは、随分遠いような気がする。

気を取り直して『大漢和辞典』を読み進めると、「向こうから来たものをかくしぬすむ」とあり、”迷い込んだご近所のヒツジを、おやじがこっそり隠した”ということ。

「攘」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声で、構成要素の襄は、衣の中にいろいろな物を入れこむさま。中に入れこむ意を含む。攘は「手+(音符)襄」で、中に入りこんだものを、払いのけたりぬすんだりすること、という。詳細は論語語釈「攘」を参照。

定州竹簡論語の「襄」には、”ぬすむ”の語釈が『大漢和辞典』にもない。詳細は論語語釈「襄」を参照。

論語の本章では、”証言する”。論語では本章のみに登場。

「證」の初出は前漢の隷書(居延漢簡)「証」の初出は後漢の説文解字。いずれも論語の時代に存在しない。同音に蒸、烝”蒸す”、脀”おろか”、拯”すくう”。詳細は論語語釈「證」を参照。

隱/隠(イン)

論語 隠 金文大篆 論語 隠
(金文大篆)

論語の本章では”隠す”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はʔi̯ən(ʔは空咳の音に近い)で、同音に殷”さかん”・慇”ねんごろ”と、隱を部品とした漢字群。置換候補は陰ʔi̯əm(平)。詳細は論語語釈「隠」を参照。

直在其中矣

論語の本章では、解釈が分かれる。

「直」を概念として解すれば意訳甲になり、人間と考えれば「直きものその中にあり」と読み下して乙となる。伝統的には甲で、訳者もそれに賛成するが、「我が領民は正直者ばかりだ」と自慢する葉公に、「ばかりでは民の息がつまりますぞ。小悪党がどこにでもいるように、必ずいる正直者を大切になされ」というお説教もまた、興味深い。詳細は論語語釈「直」を参照。

なお文末に断定の「矣」(イ)が付いているから、正直というのは間違いなくそう言うことだ、正直者はきっといる、の意。詳細は論語語釈「矣」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、論語の中でも指折りに人の心に響くものを持っていながら、同時に中華文明の抜きがたい病巣を示してもいる。中華文明の特徴の一つは、他文化圏では信じがたいほどの人間不信で、それゆえにどこまでも身内びいきで、公共とか公平と言った概念が無い。

薄いのではなく存在しない。論語の本章を偽作した漢の儒者も同じで、社会の公正を保つための、誰もが服すべき法を忌み嫌い、身内への甘さネポティズムがむしろ善とされた。一例が後漢時代の偽善的な「善政」である。なお日本の現行法も、家族をかくまった場合は罪に問われないらしい。

確かに法と刑罰でギリギリ社会を縛り上げるのは暴政に他ならないが、あまりに公正を欠いた社会は万人の万人に対する殺し合いになってしまう。中国社会とはそういうもので、だからこそ血縁で結びついた宗族を作り、一人が出世すると会ったことも無い親戚がタカリに来る。

その結果実入りのよい官職が、権力者の一族によってたちまち独占されるのは普遍的現象で、見知らぬ親戚を追い返しでもしようものなら、あることないことを言いふらされて、権力の座から引きずり下ろされる。権力者には常に政敵が居るからであり、それは皇帝も変わらない。

総統も主席も変わらない。まるで乞食同然の言いふらし屋だろうと、政敵は大げさに仕立てて権力者を引きずり下ろすのである。他方で身より頼りの無い者は、そういう者同士が集まってパン(秘密結社)を作る。いわゆるチンパンホンパンのたぐいだが、中国である以上必要なインフラだ。

天安門
権力にも宗族にも縁が無い者は、幇に頼らないと、よってたかっていじめ殺されるからで、「世界人民大団結万歳」とマルクスに煽られる二千年以上前から、中国人はつるむことの力を熟知していた。かつて猛威を振るった四人組も、中国語での呼称は四人スウレンパンである。

かように中国社会の苛烈さは、論語の時代も現在も、日本人の想像を超える。幇が趣味の会や仲良しグループと同時に、当然のように犯罪組織を兼ねている事実を、納得できるだろうか。中国社会から権力の家産化ネポティズムと幇を一掃するのは、日本でヤクザを根絶するより難しい。

だから団結の力を知らない中国支配下の少数民族は、現在ホロコーストの憂き目を見ているのだ。安易に中国を持ち上げる「中国通」は、中途半端にしか中国を知らないから暢気なことが言えるので、そういう連中にだまされないためには、日本人も中国を知る必要があろう。

中華文明は西欧文明と共に、古代に淵源を持ちつつ現存しているが、決定的な違いは1911年までただの一度も、共和政や選挙王政を経ず世襲帝政が続いたことで、理由は権力が言えばカラスも真っ白になる中国社会で、肉親以外に権力を委譲するなど思いも寄らなかったからだ。

王朝交代と共に、前王朝の末裔が一人残らず皆殺しになる中国社会では、他人に権力を譲れば自分と一族が根絶やしになる。だから共和政にならないのだが、その結果法は尊重されず、Salus populi suprema lex esto(人民の安寧こそ最高の法たるべし)も根付かなかった。

共和政とは誰を人民と呼ぶかの範囲に差はあるが、要するに民主政=多数による支配デモクラシーである。従って多かれ少なかれ、多数派である人民の安寧を至上課題にせざるを得ない。だが共和政を経ないでこの優先順序は根付きがたく、それは壊滅的な敗戦を経た日本人なら分かるだろう。

万機公論に決すべし。五箇条の御誓文にそう明記されていたのに、バカとクズどもがよってたかって無いことにした。始まりは𠮷外儒者の元田永孚であり、そのあとを東京帝国大学法科教授の上杉慎吉が継ぎ、玄洋社やらの頭の悪いゴミの集まりが、日本人皆殺しを推進した。

他方で辛亥革命と共和政を見て、当時の中国人は面食らい、中華民国大総統を、皇帝の異称として理解することにした。袁世凱が帝政を志向したのもそれゆえだ。現中国が誇大広告しているが、帝政反対運動の実体ははあまりに微弱で、大方の中国人には反対する理由がなかった。

帝政が撤回されたのはひとえに、列強が承認しなかったからであり、徴税能力を欠いた初期の中華民国政府は、列強の借款無しに政権を維持できなかった。だから帝政の代わりに軍閥政権が続いたが、蒋介石がその最後を飾れたのは、私兵の武力で塩税を徴収できたからだ。

ただし軍閥の支配は今なお続き、現中国は共産党軍閥という幇による独裁に他ならない。人民解放軍が国軍ではなく、共産党の私兵であることはよく知られている。国軍の私兵化は漢の武帝もやったことで、中国人と相性がいい。だから今後も中国の民主化などあり得ぬだろう。

共産主義という独自の教義を持つ幇が、一国を独裁支配している様は、ナチズムを教義とするナチ党が、ドイツを独裁支配したのとそっくりだ。ナチがドイツを壊滅的な敗戦へ追いやったのと同様、国民国家でもない現中国が、暴走し壊滅的に自壊する未来はあり得るけしきだ。

訳者が、誰それが共産党の序列何番とかいった、半可通が得意げに語る「中国情報」を下らないと断じる理由は以上の通りで、原則を分かっていない者が、朝夕変化する現状をいくら追いかけても、幇の連合体である中国の今や今後は分からないし、まして過去は分からない。

ゆえに幇は論語や孔子とも、無関係ではあり得ない。そもそも孔門が幇であり、春秋時代の身分秩序を破壊する犯罪組織を兼ねた。だから公冶長は収監されたのだ。そして孔子をシングルマザーの孤児から宰相へと押し上げたのも、新興氏族という幇だった(→孔門十哲の謎)。

春秋時代の姓が、血縁を前提とする組織だったのに対し、氏が必ずしも血縁を必要としなかったのはそれゆえだ。つまり宗族だけでは社会的インフラとして不十分で、疑似宗族としての氏が姓を補完した。身寄り無き小悪党が集まった山賊は、それゆえ氏を名乗ったのである。

だから顔氏に属する孔子の母と幼い孔子は、無法地帯である上にトラ・ヒョウ・サイ・ゾウのうろつく中原を放浪できたし、成人後の孔子とその一門も、同じくサファリパークな旅が可能だった。事跡の伝わらない顔回が、なぜ神聖視されるかの元ネタは、この幇の力にある。

なお「共和」という言葉は周代の昔から中国語にあるが、実態は失政ゆえに国都を追い出された周の厲王に代わり、共和伯の和が政権を代行した摂政政であり、デモクラシーでも非君主制でもない。一説には周公と召公の合議による政治と言われるが、考古学的には信用できない。

最後に、論語の本章を元ネタにした笑い話を記しておく。

一婦攘鄰家羊一隻。匿之床下。嘱其子勿言。已而鄰人沿街呌罵。其子曰。我娘並不曾偷你羊。婦惡其惹事。以目睨之。子指其母言曰。你看。我娘這眼。活像床底下這隻羊。

(『笑府』巻十一・攘羊)

ある女が隣家のヒツジを一頭かっぱらった。ベッドの下に隠して、子供には黙っていろと言いつけた。隣のおやじが、「ヒツジがいなくなった! 誰が盗んだんだ!」と怒鳴りながら街路をやってきて、一軒一軒尋ねて回る。子供は「うちのお母ちゃんは、おじさんのヒツジを盗んでいません」と言う。母親が睨み付けると子供、「ほらこのお母さんの目、ベッドの下のヒツジにそっくりだよ」と言った。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント