論語詳解299顔淵篇第十二(21)樊遅従って*

論語顔淵篇(21)要約:弟子の樊遅ハンチは、孔子先生の二代目ボディガード。まだ学び始めて間もないので、学問こそ他の弟子には及びませんが、素直で頼もしい人物でした。そんな樊遅を先生は可愛がり、共に散歩に出かけた、という作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

樊遲從遊於舞雩之下曰、「敢問、崇德、修慝、辨惑。」子曰、「善哉問。先事後得、非崇德與。攻其惡、無*攻人之惡、非修慝與。一朝之忿忘其身、以及其親、非惑與。」

校訂

武内本

毋、唐石経無。

定州竹簡論語

……先事後得,[非崇]德*與?319……

※原文「得」(dé)。しかし注記が無いことから、「德」(dé)の誤植と思われる。『論語集釋』に「得」の考異無し。

復元白文(論語時代での表記)

樊 金文遅 金文従 金文遊 金文於 金文舞 金文雩 金文之 金文下 金文曰 金文 敢 金文問 金文徳 金文 攸 金文論語 匿 金文 弁 金文或 惑 金文 子 金文曰 金文 善 金文哉 金文 先 金文事 金文後 金文得 金文 非 金文 徳 金文 与 金文 攻 金文其 金文亜 金文 無 金文攻 金文人 金文之 金文亜 金文 非 金文 攸 金文論語 匿 金文 与 金文 一 金文朝 金文之 金文奮 金文 忘 金文其 金文身 金文㠯 以 金文及 金文其 金文親 金文 非 金文 或 惑 金文 与 金文

※修→攸・慝→匿・惡→亞・忿→奮。論語の本章は崇の字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

樊遲はんちしたがひて舞雩ぶうもとあそぶ。いはく、あへふ、とくたかめ、とくをさめ、まどひくを。いはく、かなとひや。ことさきにしるをのちにするは、とくたかむるにあらあくめて、ひとあくむるきは、とくをさむるにあら。一てう忿いかりわすれて、もつそのおやおよぼすは、まどひあら

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 舞雩従遊

樊遅ハンチが先生にお供して雨乞い台のもとに散歩した。樊遅が言った。「教えて下さい。人格力を高め、隠れた欠点を改め、矛盾を見分けるにはどうしたらいいですか。」先生が言った。「いい質問だ。仕事を先に済ませてから報酬を受け取るのは、人格力を高めはしないかね? 自分の欠点を責めて、他人の欠点を責めないのは、隠れた欠点を改める事にならないかね? 一時の怒りにその身を忘れて、親に迷惑を掛けるのは、矛盾ではないかね?」

意訳

先生が樊遅を連れ、雨乞い台へ散歩した。

樊遅 ニセ孔子
樊遅「教えて下さい。人格力(徳)を高め、隠れた欠点(慝)を改め、矛盾(惑)を見分けるにはどうしたらいいですか。」

孔子「いい質問だ。カネカネと言って仕事を後回しにすると、徳のない人だと言われるだろ? 他人のここがイカンあそこがイカンと文句付けてると、自分が悪くなるばかりだろ? 畜生、とキれて大事な親に迷惑を掛けるのは、あとで何でこんな事を、と後悔するだろ? 人の矛盾とはたいがい、そういう一時の怒りから出て来るものさね。」

従来訳

論語 下村湖人

樊遅が先師のお伴をして舞雩のほとりを散策していた。彼はたずねた。――
「生意気なおたずねをするようですが、徳を高め、心の奥深くひそんでいる悪をのぞき、迷いを解くには、どうしたらよろしうございましょうか。」
先師がこたえられた。――
「大事な問題だ。為すべき事をどしどし片付けて、損得をあとまわしにする。これが徳を高くする道ではないかね。自分の悪をせめて他人の悪をせめない。これが心に巣喰っている悪をのぞく道ではないかね。一時の腹立ちで自分を忘れ、災を近親にまで及ぼす。これが迷いというものではないかね。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

樊遲陪孔子到魯國的天壇游覽。樊遲問:「請問怎樣才能提高品德、改正錯誤、明辨是非?」孔子說:「問得好!吃苦在前,享受在後,不就能提高品德嗎?進行自我批評,不去批評別人,不就能改正錯誤嗎?忍不住一時之氣,忘了自己和親人的安危,不就是糊塗嗎?」

中国哲学書電子化計画

樊遅が孔子のお供をして、魯国の天を祭る台に散歩した。樊遅が問うた。「教えて下さい、一体どのようにすれば、人品を高め、間違いを正し、善悪の判断が出来るようになるのですか?」孔子が言った。「いい質問だ。まず苦労した後で、報酬を受け取るのが、必ず人品を高める手段ではないかね?自分を反省し、他人を批判しないのが、必ず誤りを正す手段ではないかね?いっときの怒りをこらえられず、自分と、自分と親しい人の安全を忘れるのが、善悪を忘れたというのではないかね?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

樊遅

樊 金文 論語 遅 金文
(金文)

年若い孔子晩年の弟子で、学問に優れてはいなかったが、人が素直で年下に質問するのも恥じなかった。武芸の達者で、斉国とのいくさではゼンの副官を務め、武闘派の弟子・子路が仕官した後では、孔子のボディガードとして付き従った。詳細は論語の人物・樊須子遅を参照。

舞雩(ブウ)

論語 舞 金文 論語 雩 金文
(金文)

論語の本章では”雨乞いをとり行う台”。『字通』によると、頭を剃った男の儒者=下級神官が踊って雨を呼んだという。なお論語の時代、「舞」と「無」は書き分けられず、同じ言葉だったことが古書体から分かる。
論語 無 金文
「無」(金文)

詳細は論語語釈「舞」論語語釈「雩」を参照。

論語の本章では”高める”。

初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdʐʰ(平)。同音は愁のみ。藤堂上古音はdzïoŋ。「スウ」は慣用音。呉音は「ズウ」。近音同義に「尚」(藤堂上古音dhiaŋ)「上」(同)。詳細は論語語釈「崇」を参照。

初出は甲骨文。新字体は「徳」。『学研漢和大字典』によると、原字は悳(トク)と書き「心+(音符)直」の会意兼形声文字で、もと、本性のままのすなおな心の意。徳はのち、それに彳印を加えて、すなおな本性(良心)に基づく行いを示したもの、という。しかし『字通』によれば目に濃い化粧をして見る者を怖がらせ、各地を威圧しつつ巡回すること。ここから日本語で「威に打たれる」と言うように、「徳」とは人格的迫力のことだ。詳細は論語における「徳」を参照。

慝(トク)

論語 慝 金文大篆
「慝」(金文大篆)

論語の本章では”隠れた欠点”。論語では本章のみに登場。

初出は後漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtʰnək(入)。同音無し。部品の「匿」ni̯ək(入)初出は殷代末期の金文。論語時代の置換候補となる。詳細は論語語釈「慝」を参照。

論語の本章では”迷い”。初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。同音で部品の「或」は西周初期の金文から見られ、論語の時代には「或」と書かれていたことがほぼ確定。『大漢和辞典』には”まよう・うたがう”の語釈がある。『学研漢和大字典』によると、或の左側は、囗印の上下に一線を引き、狭いわくで囲んだ区域を示す。或は「囗印(かこむ)+戈」の会意文字で、一定の区域を武器で守ることを示す。惑は「心+(音符)或」の会意兼形声文字で、心が狭いわくに囲まれること、という。詳細は論語語釈「惑」を参照。

忿

論語 忿 金文大篆
「忿」(金文大篆)

論語の本章では”怒り”。

初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯wən(上)。同音は「分」とそれを部品とする漢字群、糞など。同音の「奮」に”憤る”の語釈を大漢和辞典が立て、初出は西周早期の金文。詳細は論語語釈「忿」を参照。

一朝之忿、忘其身以及其親

論語の本章では、「及」とは一時の怒りに親に手を挙げる事なのか、暴れたあげくに親に迷惑を掛ける事なのか、はっきりしない。単純に”怒りが及ぶ”とすると前者だろうが、断定しがたい。「親」も”おや”なのか”身内”なのか断定出来ない。詳細は論語語釈「親」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は上記の検討の通り、漢帝国の儒者による捏造を疑うしかないのだが、「崇」の字が「上」「尚」と書かれていたなら、史実であり得る。とりわけ、「崇」の字を動詞の”たかめる”と読むのは無理があり、漢帝国の儒者が古さを演出するために書き換えた可能性がある。

なお論語の本章について、面倒くさいゆえにとんでもなく難しい清代の科挙を、何と第三位で合格した劉逢禄が、次のような「考証」を書いていると、『論語集釋』が引いている。

論語述何
本章は魯の昭公が斉国に亡命した年のことに違いない。『春秋左氏伝』昭公二十五年の経文に、「(秋七月)最初のかのとの日に雨乞いし、最後のかのと日にまた雨乞いした」とあり、伝に、「”また雨乞いした”とあるのは、雨乞いではない。昭公が兵を集めて季氏の粛清を図ったのだ」とある。樊遅は昭公が起こした争乱の理由を知ろうとして、遠回しに訊ねたので、孔子はその質問を誉めたのである。

そもそも君臣の道は、先に君主が自分を正すべきで、それなら自然と臣下も正しくなる。ところが昭公は民に嫌われ、失政が続いていた。これではどうして、急に臣下の季孫家を粛清できようか?

昭公の家臣である子家駒は言った。「諸侯が周王の権威を侵し、家老が諸侯の権威を侵している。」それに対し昭公は、「ワシのどこが、周王陛下の権威を侵している?」これこそ、他人の悪事は目に入っても、自分の悪事は入っていない証拠だ。昭公は「一時の怒りに我を忘れ」て、我が身は亡命するハメになって、斉国でも晋国でも厄介者扱いされ、祖先の名誉を汚した。「惑」の最たるものと言っていい。

孔子先生はこの時、昭公の後を追って斉に行こうとし、樊遅はそれに従った。だからわざわざ雨乞い台の下の出来事を記したのだが、聖人賢者というものは、このように国政の退廃を哀しむあまり、あえて質問の言葉に、遠回しのまま答えるものなのだ。(『論語述何』)

全部デタラメである。樊遅は『史記』によれば孔子より36年少、『孔子家語』によれば46年少で、昭公二十五年(BC517)と言えば孔子ですらまだ35歳で、樊遅は生まれてすらいない。一時学界に流行った清朝考証学なるものが、いかにいい加減かご理解頂けるだろうか?

劉逢禄は秀才としてちやほやされ、合格と同時に翰林院(帝国高等研究所)に配属され、のちに礼部郎中(文部事務次官)にまで出世し、科挙の試験官も務めた。wikiに「常州学派の中心となった。…清末の思想と情勢に大きな影響を与えた」とある。それがこのていたらく。

要するに権力や権威を背景に、それを持つ者が勝手なことを言いふらしたのが清朝考証学であり、反論可能性を全く排除してかかるから、合理でもなければ学問でもない。猿山のボスの遠吠えに過ぎない。もちろん例外はあるが、自分で調べもしないで担ぎ回るとバカを見る。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 論語顔淵篇21 […]

関連記事(一部広告含む)