論語詳解296顔淵篇第十二(18)季康子盜を*

論語顔淵篇(18)要約:ドロボーが横行してどうにもならない。若家老が嘆きます。孔子先生はその答えに、やはり原則論だけを説きました。あなたが欲張りだから泥棒が流行るのです。これも身から出た錆ですぞ。という作り話。

    (検証・解説・余話の無い章は未改訂)

    論語:原文・書き下し

    原文

    季康子患盜、問於孔子。孔子對曰、「苟*子之不欲、雖賞之不竊。」

    校訂

    武内本

    縮臨古本荀下「子之」二字を脱す、諸本皆有り。

    復元白文(論語時代での表記)

    季 金文康 金文子 金文圂 金文盗 金文 問 金文於 金文孔 金文子 金文 孔 金文子 金文対 金文曰 金文 苟 金文子 金文之 金文不 金文谷 雖 金文賞 金文之 金文不 金文

    ※患→圂・欲→谷。論語の本章は竊の字が論語の時代に存在しない。「之」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者による創作である。

    書き下し

    季康子きかうしぬすびとうれへて、孔子こうしふ。孔子こうしこたへていはく、これのぞまざらば、これめづるといへどぬすまず。

    論語:現代日本語訳

    逐語訳

    季康子 孔子
    季康子が盗賊を気に病んで孔子に問うた。先生が答えて言った。「もしあなたが欲張りでなければ、盗賊を顕彰しても盗みません。」

    意訳

    季康子「ドロボーが流行ってどうにもならぬ。」

    孔子 人形
    孔子「あなたが欲張りだからです。そうでなければ、泥棒を表彰しても、だれも盗みは致しません。」

    従来訳

    下村湖人

    季康子が国内に盗賊の多いのを心配して、先師にその対策をもとめた。すると先師はこたえられた。――
    「もしあなたさえ無欲におなりになれば、賞をあたえるといっても盗む者はありますまい。」

    下村湖人先生『現代訳論語』

    現代中国での解釈例

    季康子苦於盜賊,問孔子怎麽辦。孔子說:「如果您不貪婪,即使盜竊有賞,也沒人去幹。」

    中国哲学書電子化計画

    季康子が盗賊に苦しんで、孔子に対策を問うた。孔子が言った。「もしあなたが欲深くなければ、仮に盗賊に賞をくれてやっても、誰もやったりしません。」

    論語:語釈

    季康子

    康 金文
    「康」(金文)

    前章にも登場した、魯国筆頭家老家の若い当主。

    患盜

    患 金文大篆 盜 金文大篆
    (金文大篆)

    論語の本章では、”泥棒を病気のように苦しく思う事”。

    「盗」は会意文字で、盗の上部は「水+欠(人が腹をくぼめ、あごを出すさま)」からなり、物をほしがってよだれを流すこと。羨(セン)(うらやましがる)の原字。盜はそれと皿を合わせた字で、皿のごちそうをほしがることを示す。物の一部分をとくにぬきとること、という。詳細は論語語釈「盗」を参照。

    泥棒
    「盗」を”泥棒”と訳したが、泥棒だけでなく本籍を離れて各地をさまよう流民も「盗」という。論語時代に現代日本のような戸籍があったわけではないが、領民という概念はあった。詳細は国野制を参照。

    論語の本章では”もし”。

    通説では、この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しないが、西周早期の金文まで遡りうる。詳細は論語語釈「苟」を参照。

    之(シ)

    之 甲骨文 之 字解
    (甲骨文)

    論語の本章では意味不明(後述)と”これ”。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義は”これ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”…の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

    欲 楚系戦国文字 谷
    「欲」(楚系戦国文字)・「谷」(金文)

    論語の本章では”もとめる”。初出は戦国文字。論語の時代に存在しない。ただし『字通』に、「金文では谷を欲としてもちいる」とある。『学研漢和大字典』によると、谷は「ハ型に流れ出る形+口(あな)」の会意文字で、穴があいた意を含む。欲は「欠(からだをかがめたさま)+(音符)谷」の会意兼形声文字で、心中に空虚な穴があり、腹がへってからだがかがむことを示す。空虚な不満があり、それをうめたい気持ちのこと、という。詳細は論語語釈「欲」を参照。

    苟子之不欲

    欲 金文大篆
    「欲」(金文大篆)

    ここは文法がおかしい。「いやしくもの不欲」と読めば動詞が無くなってしまい、「いやしくも子之れ欲さざらば」と読むしかないが、「之」は直前の動詞を強調する語義はあっても、名詞を強調する語義は無い。古さを演出するための、儒者のハッタリだろう。

    漢文の文法は、こうやって滅茶苦茶になっていったのだ。

    『論語集釋』によると、皇侃本、高麗本(これは清儒の誤解で、実は日本の正平本)には「之」の字が無かったという。あると読めないので、困って取ってしまったのかも知れない。

    竊(窃)(セツ)

    竊 窃 金文大篆 窃
    (金文大篆)

    論語の本章では”ぬすむ”。この文字の初出は戦国文字で、異体字の「窃」と共に論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtsʰiatで、同音は存在しない。近音同訓も存在しない。

    『大漢和辞典』の第一義は”ぬすむ”。『学研漢和大字典』による原義は、穴に貯蔵した穀物を虫が食い荒らすこと。詳細は論語語釈「窃」を参照。

    論語の本章では”誉める”。論語では本章のみに登場。貝を部品とする字には珍しく、貨幣経済の無い論語の時代にもすでに存在した。詳細は論語語釈「賞」を参照。

    論語:付記

    中国歴代王朝年表

    中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

    『論語集釋』に一部を引く戦国時代の竹簡『汲冢瑣語』に、次のような記述がある。

    魯國多盜,季康子治之,獲一人焉。詰之曰:「汝胡以盜?」對曰:「此猶之蟻羶也,慕羶而附,寧可已邪?大夫為政,不能不盜,何以詰吾盜?柳下蹠,魯之民盜也,嘯聚其徒數千人,驪山之陽,抉人肝而食之,享年九十。而邑宰不得問也。子大夫陪臣陽貨,魯之家盜也。國命出其手,叛費,囚桓子,以意行國中自如,寶玉大弓,誰非先王所遺?子孫世守之謂。何今陽貨偃然竊以逋也?而子大夫不得問也?子大夫之家,魯之國盜也。名則魯臣,實魯君焉。國政為家事,國賦為家賦,藐然魯國如無有焉。而魯君不得問也。魯君,魯之大夫也,乾候之難,亦惟季孫意如之故,不得正其終。魯君靦然不斥季孫之立而以為身,則魯何以有王章也?逐一君,复易一君,而周天子不得問也。吾儕小人,其何知,知則於人而已矣。子大夫與吾儕小人,其俱負翳以謀朝夕耳,詰安用之?」康子曰:辨哉盜也!」去之,縶於獄中。

    魯国に泥棒が出盛り、季康子が取り締まりに乗り出して、泥棒の一人を捕まえた。「何で泥棒など始めた?」

    「アリが匂いにたかるのと同じです。旨そうな匂いが漂っているのに、盗らないわけに行かないでしょう? ご家老が政治を摂るのも、泥棒ではありませんか。どうして尋問などなさる?

    柳下蹠は盗賊団の親分で、子分は数千人と言いふらしていました。驪山の南麓では人の生きギモを取って食いながら、九十まで長生きしました。地元の代官も、とっ捕まえることが出来なかったからです。

    ご家老の家来だった陽貨は、国営の盗賊だったではありませんか。国の命令で盗みを働き、費邑に立てこもって反乱を起こし、先代の季桓子さまを捕らえ、国の中で意のままに振る舞い、とうとう魯国伝来の宝石と弓を盗み出し、国外に逃げたではありませんか。国宝を守るのは国の務めでしょうに。陽貨は逃げおおせて、捕まりもしないでしょう? ひとえにご家老が、見逃しているからです。

    つまりご家老は、国営盗賊の親玉です。立て前は魯国の臣下でありながら、実際は魯の国主に他なりません。国政を家事のように意のままにし、国税を勝手に着服しています。魯国などあっても、無いも同然です。それなのに殿様は、ご家老を問い詰めることすら出来ない。これでは殿様が、家老に成り下がったようなものです。

    先々代の昭公様も、ご家老の先々代さまが国からいびり出し、まともな死に方すら出来ませんでした。それからというもの殿様は、ご家老のお家が言うままに立てられてきました。これでどこが、周王様の直臣ですか? 都合が悪くなると殿様を追い出し、都合のいい方にあとを継がせる。これも周王さまが、殿様やご家老を取り締まらないからです。

    だからこそ私如きはこそ泥に過ぎませんが、盗みがいけないとかは知ったことではありません。そんな道徳は、お他人様が従えばよろしい。ご家老さまもこそ泥の私めも、どちらも朝晩後ろ暗い事をして生きているのです。問い詰められたって、言えることなどありません。」

    季康子「減らず口の泥棒だな。」そう言い放って尋問を止め、牢屋にぶち込んだ。(『汲冢瑣語』巻末)

    そもそも「天子」の言葉が中国語に現れるのは西周早期で、殷の君主は自分から”天の子”などと図々しいことは言わなかった。詳細は論語述而篇34余話「周王朝の図々しさ」を参照。

    いずれ作り話には違いないが、どことなくこの泥棒、食い詰めたインテリのような気がしてならない。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました