論語詳解294顔淵篇第十二(16)君子は人の美を°

論語顔淵篇(16)要約:孔子先生の生前、弟子たちが目指した君子とは、貴族のこと。貴族たる者、善事に努めるだけではなく、善事をやりきること、悪事に気付いたら途中で止めることを教えた一節。単に勧善懲悪の話ではありません。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子成人之美、不成人之惡。小人反是。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 君 金文子 金文成 金文人 金文之 金文美 金文 不 金文成 金文人 金文之 金文亜 金文 小 金文人 金文反 金文是 金文

※惡→亞。

書き下し

いはく、君子くんしひときをげ、ひとしきをげず。小人せうじんこれそむく。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「貴族は人間の善事を行い終え、人間の悪事をし終えない。庶民はこれに反している。」

意訳

論語 孔子
あ~諸君。諸君が目指す貴族というものはだな、やり始めた善事をきちんと最後までやり切るから貴族なのであって、途中で止めてしまったり、悪事ばかり働くなら、そなへんのオッサンと変わらん。仮に間違いを起こしても、気付いた時点で止めるから貴族なのであって、乗りかかった舟だと人のせいにして、結局悪事をやってしまう庶民とは違うのだ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「君子は人の美点を称揚し、助長するが、人の欠点にはふれまいとする。小人はその反対である。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「君子幫助人取得成績,不促使人陷入失敚小人相反。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「君子は人が成果を上げるのを助ける。人が失敗するよう仕向けない。小人はその反対だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

君子・小人

論語 君子 小人
論語の本章では、「君子」=”貴族”、「小人」=”庶民”。

「君子」に教養人とか、人徳のすぐれた人物とかいった面倒くさい語義をなすりつけたのは、孔子から一世紀後の孟子。それに対する「小人」が、小悪党の意味に成り下がったのもそれから。孟子の時代、弩(クロスボウ)の普及によって君子=貴族の価値が暴落したため、やむなく新しい売り文句を考えたわけ。詳細は論語における君子を参照。

 論語 成 金文
(金文)

論語の本章では、”やり遂げる”。原義は”仕上げる”ことで、完成させること。孔子はただ「爲」=”する”と言ったのではなく、最後までやり通すこと、間違いに気付いたら途中で止めることを説いている。善事をやり通すことについては論語雍也篇12、悪事を途中で止めることについては、論語学而篇8と対応する。

論語 人 金文
(金文)

論語の本章では、”人間一般”。詳細は論語語釈「人」を参照。

美・惡(悪)

論語 悪 金文大篆
「悪」(金文大篆)

論語の本章では、”善行・悪行”。

『学研漢和大字典』によると「悪」は会意兼形声文字で、穴に押し込まれて落ち込んだ気持、という。「亞」とは地面に掘ったその穴を意味し、戦国時代にならないと現れない悪の字の、論語時代の置換候補となる。詳細は論語語釈「美」論語語釈「悪」を参照。

反 金文
(金文)

論語の本章では”その反対である”。原義は棒や板を手で押し曲げる姿で、その結果としての”反り返ること”。詳細は論語語釈「反」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章を、訳者は以前「成」を”言い立てる”と解し、「君子は人の美点を言いはやし、人の欠点を言いはやさない。小人はその反対」と解した。『春秋穀梁伝』の冒頭を踏まえたからである。

《春秋》成人之美,不成人之惡。

『春秋』は人の美を記し、人の悪を記さない。

だが穀梁伝も儒者のウンチクもしくは御託の一種であり、儒者の言説に従って論語を読んでいては、まるで孔子の肉声に迫れないと反省してこの解釈を取り下げた。『論語集釋』は、上掲穀梁伝の他に、前漢の劉向による『説苑』を引いて、この句が古くからの成語だとする。

魯哀公問於孔子曰:「吾聞君子不博,有之乎?」孔子對曰:「有之。」哀公曰:「何為其不博也?」孔子對曰:「為其有二乘。」哀公曰:「有二乘則何為不博也?」孔子對曰:「為行惡道也。」哀公懼焉。有間曰:「若是乎君子之惡惡道之甚也!」孔子對曰:「惡惡道不能甚,則其好善道亦不能甚;好善道不能甚,則百姓之親之也,亦不能甚。」《詩》云:『未見君子,憂心惙惙,亦既見止,亦既覯止,我心則說。』詩之好善道之甚也如此。哀公曰:「善哉!吾聞君子成人之美,不成人之惡。微孔子,吾焉聞斯言也哉?」

魯の哀公が孔子に尋ねた。「君子という者はもの知りではない、と聞いたが、その通りか?
孔子「その通りです。」

哀公「どうしてもの知りではないのだ?」
孔子「二つの掟があるからです。」

哀公「その掟とやらがあると、なぜもの知りではないのだ?」
孔子「悪事に手を染めることになるからです。」

哀公は聞いてぞっとして、おずおずと聞いた。「君子が悪事を忌み嫌うのは、そんなに厳しいのか?」
孔子「悪事を徹底的に嫌わないと、善事を徹底的に好めませんから。君子が善事を徹底できないと、庶民はなおさら善行に励みません。詩経に言います。

君子に出会うその前は、心静かでいられない。
君子に出会ったその後は、一緒に過ごしたそれからは、
心楽しく過ごせよう。

詩でさえここまで善事を好むのです。」

哀公が言った。「よろしい。私は、君子は人の美点を行い、欠点を行わないと聞いている。孔子がいなかったら、私はこの話を聞くことが出来なかっただろう。」(『説苑』君道5)

まったく同じ話が『孔子家語』にもあるのだが、これは作り話というものだ。少なくとも詩の解釈は、徹底的に帝国儒者風味の偽善的な曲解と言うべきで、「あなたに逢いたい」といい男を探す女性の歌なのに、「甚だしく善事を好む歌」などにされてしまった。

哀公に対する孔子の説教ばなしは、前漢も時代の下った『説苑』『孔子家語』には多数の例があるが、前漢初期の『韓詩外伝』には、事実上一話しかない。哀公はしおらしい孔子の生徒などではなく、呉国を背景にした孔子の帰国を迎えながら、呉国が没落すると左遷した。

だから孔子の死を看取った子貢が、哀公について「ろくな死に方をしねえぞ」(『史記』孔子世家)と、ちょっと殿様に対する物言いとは思えないほどの悪婆を放ったわけ。つまり哀公相手の説教ばなしは、前漢の儒者がこしらえたでっち上げである可能性が高い。

「君子成人之美、不成人之惡」という成句が、古くからあったのはおそらく史実だろう。だからといって論語の本章の解釈を、漢帝国の儒者風味に限らねばならない理由にはならない。もしかすると、孔子が言いだした、つまり本章こそが初出かも知れないからだ。

論語がどこまで古いのかは、各章ごとに議論百出で落ち着きどころが無い。だが甲骨文や金石文を除き、論語より先に書かれたと主張する書籍は全て、後世の偽作の疑いがある。従って異論は色々あろうとも、論語が中国最古の、本の体裁を取った古典と考えてかまわない。

論語 井上成美
なお日本海軍最後の大将、井上成美(しげよし)提督は、本章から名前を取ったという。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)