論語詳解293顔淵篇第十二(15)ひろく文を°

論語顔淵篇(15)要約:人は何のために学ぶのか? お金にはならないお作法や古典を、なぜ勉強しなくてはならないのか? 孔子先生はその答えを、自分の居場所を作るためと言います。人は一人で生きられない。だから学ぶのだ、と。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「*博學以文、約之以禮、亦可以弗畔矣夫。」

論語雍也篇(27)とほぼ重複。

校訂

武内本

清家本により、博の前に君子の二字を補う。

復元白文

子 金文曰 金文 博 金文学 學 金文㠯 以 金文文 金文 要 金文之 金文㠯 以 金文礼 金文 亦 金文可 金文㠯 以 金文弗 金文反 金文已 矣金文夫 金文

※約→要・畔→反・矣→已。

書き下し

いはく、ひろまなぶにぶんもちゐ、これぶるにれいもちゐば、おほいもつそむきあらなるかな

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「諸君は幅広く知識を学んで、それをまとめるのに礼法を用いれば、仲間割れしない可能性が大いにあるだろうな。」

意訳

論語 孔子 説教
諸君、幅広く勉強するとよいが、すればするほど、お互いに学問上の見解の相違が出てくるだろう。だから貴族らしい振る舞いの原則に立ち返ってくれ。そうすれば必ず、ケンカせず仲良く仕官できるだろうよ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「ひろく典籍を学んで知見をゆたかにすると共に、実践の軌範を礼に求めてその知見にしめくくりをつけるがいい。それでこそ学問の道にそむかないといえるだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「廣泛學習、遵紀守法,就不會誤入歧途!」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「幅広く学び、規則を守れば、つまり間違った道に入ることがありえない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 博 金文
(金文)

論語の本章では”幅広く”。『大漢和辞典』の第一義は”あまねくゆきわたる”。詳細は論語語釈「博」を参照。

論語 文 金文 論語 遠山の金さん
(金文)

論語の本章では武に対する文で、”知識”。詳細は論語語釈「文」を参照。

論語 約 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では、ヒモでキュウと縛るように”まとめ上げる”こと。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しないが、同音の「要」(締める)は存在した。詳細は論語語釈「約」を参照。

禮(礼)

論語 礼 金文 論語 揖 拝礼
(金文)

論語の本章では”孔子の主張する礼法”。詳細は論語における「礼」を参照。

畔(ハン)

論語 畔 金文大篆 論語 遺産 離 畔
(金文大篆)

論語の本章では”仲間割れする”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補は反。詳細は論語語釈「畔」を参照。

訳者ははじめ「畔か弗る」を、”礼法に従っておけば世間から浮き上がらずに済む”と解釈したが、考え直した。礼に従うと、論語時代では大きく世間から浮き上がったからだ。『墨子』非儒篇下に言う晏嬰の「儒者の役立たず」と論語八佾篇18の「主君に仕えるに当たって礼儀を尽くすと、人はそれをへつらいだと言う」は、それを示している。

古注では鄭玄が「畔か弗るとは、道に外れないことだ」と言っているが、偽善まみれの後漢儒者が論拠なく言うことだし、「道って何だ」と問い詰めたくなるので従わない。新注はただ「重複」というだけでおしまい。

亦可以弗畔矣夫

「亦」は”おおいに”。詳細は論語語釈「亦」を参照。「以」は”そのことで”。本章のそれまでの内容を指す。「可以弗畔」で”そのことで反発しないでいられる”。「矣夫」は詠歎の言葉。

論語:解説・付記

論語の本章は、論語雍也篇(27)とほぼ重複。「君子」と、「弗之畔」の「之」が無いだけ。つまりその分修辞が単純で、古い言葉に近いと思わせるのだが、雍也篇の方は定州竹簡論語にあるのに対し、本章は無い。焼けたり壊れたりしている可能性はあるが、無いものは無い。

今はただ、こちらの方が古いと思われるという感想を言えるに止まる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント