論語詳解302顔淵篇第十二(24)曽子曰く君子*

論語顔淵篇(24)要約:論語にはある事情があって、わざと読みにくいように編集されています。それに最も貢献するのが、地雷のようにばらまかれた、ボンクラ有若ユウジャクとウスノロ曽子の、わけの分からない個人的つぶやき。本章もその一つ。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

曾子曰、「君子以文會友、以友輔仁。」

校訂

定州竹簡論語

曾子曰:「君320……

復元白文

曽 金文子 金文曰 金文 君 金文子 金文㠯 以 金文文 金文会 金文友 金文 㠯 以 金文友 金文論語 輔 金文仁 甲骨文

※仁→(甲骨文)。論語の本章の語り手・曽子は、孔子の弟子ではなく儒者でもない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

曾子そうしいはく、君子くんしぶんもつともあつめ、とももつじんたすく。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 曽子
曽子が言った。「君子は文化的趣味で友人を集め、友人と交わる事で常時無差別の愛(仁)を養成する。」

意訳

曽子
曽子「君子は高尚な趣味で集い、そのような友と付き合う事で世間に仁を広める。」

従来訳

論語 下村湖人

曾先生がいわれた。――
「君子は、教養を中心にして友人と相会し、友情によって仁をたすけあうものである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

曾子說:「君子以知識結交朋友,以朋友輔助仁義。」

中国哲学書電子化計画

曽子が言った。「君子は知識で友人を集め、その友人とともに仁義が流行るようなことをする。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


曽子

論語 曽子 ウスノロ

孔子から”ウスノロ”と罵倒された孔子家の下男で、孔子の孫・子思の子守りを務めたことをきっかけに、後世儒家の二代目総帥に擬されることになった。子思の門人から、孟子が儒学を学んで、その系統が帝政時代の儒教になったからである。詳細は論語の人物・曾参子輿を参照。

君子

論語 徳
論語の本章では、”道徳的な教養人”。孔子生前と没後で、語義が異なる。生前は単に”貴族”を意味した。後世、「君子」の価値が暴落して、”教養人”だの”人格者”だのといった、分けの分からない語義を孟子がなすりつけた。詳細は論語における君子を参照。

論語 文 金文 論語 遠山の金さん
(金文)

論語の本章では”文化的な趣味”。『大漢和辞典』『字通』による原義は体に入れた入れ墨だが、論語ではほぼ全て”文化的な何か”。文章だけに限定されない。詳細は論語語釈「文」を参照。

會(会)

論語 会 金文
(金文)

論語の本章では”集める・集まる”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「△印(あわせる)+增(ふえる)の略体」。多くの人が寄りあつまって話をすること。詳細は論語語釈「会」を参照。

輔(ホ)

論語 輔 金文 論語 乗 戦車 字解
(金文)

論語の本章では”(仁を)盛んにする”。『春秋左氏伝』に「輔車相依、唇亡歯寒」=”車輪は二つが互いに助け合い、唇が無くなれば歯は寒い”といい、互いの足りない所を補い合うこと。この一節は「唇歯輔車」(しんしほしゃ)という故事成句になっている。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、甫(ホ)は、平らな苗床(ナエドコ)のことで、平らにへばりつく、ぴたりとくっつくの意を含む。圃(ホ)の原字。輔は「車+(音符)甫」。車にくっつけたそえぎ。薄(ハク)(平らにへばりつく)・補(ホ)(布をあてそえる)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「輔」を参照。

語義はお母さんが赤ちゃんに、かんで含めて食べるのを助けるように”助ける”ことだが、「仁をたすける」と言われてもわけが分からない。仁が天下に広まるようにブースターを付けてやる事なのか、それぞれの友人の仁を強化してやることなのか、よくわからないし、それでいい。

論語の中で、曽子と有若は意味のあることをめったに言わないからだ。

論語では、二つの意味をもっている。孔子の生前では、”貴族らしさ”。孔子没後百年の孟子が「仁義」を唱えてからは、”常時無差別の愛”。本章の場合、弟子と言えるか怪しい曽子の発言であり、後世の創作と思えるので後者。詳細は論語における仁を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、曽子にそうお説教されても、「ああそうですか、お好きなように」としか思えない。儒教の経典とは一面、「孔子がこうしました。孟子が申しました。曽子がそうしました。」という、毒にも薬にもならない話が半分を占めるから、面白くないのは仕方がない。

論語 吉川幸次郎
「最後の儒者」を自称して、徴兵逃れのためにぞろぞろした儒者の服を着て京都の町に隠れ住んだという、論語の権威・吉川でさえ、本章についてはほとんど何も言葉をつけ加えていない。これは、さすがの朱子ですら、鼻白んで実に適当なことしか書いていないからだろう。

講學以會友,則道益明;取善以輔仁,則德日進。

学を講じて以て友と会わば、則ち道、益々明らかなり。善きを取りて以て仁をおぎなわば、則ち徳は日ましに進むなり。

論語 朱子 新注
学問講座を開いて友と会えば、学問はますます明らかになる。美点を見て取って自分の仁を補うと、人徳は日増しに高まる。(『論語集注』)

時代を遡って前漢の劉向は、まるで法政大学の校歌のようなことを書いている。

賢師良友在其側,詩書禮樂陳於前,棄而為不善者,鮮矣。義士不欺心,仁人不害生;謀泄則無功,計不設則事不成;賢士不事所非,不非所事;愚者行間而益固,鄙人飾詐而益野;聲無細而不聞,行無隱而不明;至神無不化也,至賢無不移也。上不信,下不忠,上下不和,雖安必危。求以其道則無不得,為以其時則無不成。

劉向
偉い先生と性根のいい友達が側にいて、学ぶべき儒教の経典が目の前に並んでいる。ここまで環境が整っていれば、勉強に見向きもしない者はまれだ。正義の人は人をだまさず、愛の人は生き物をいじめない。

計画が漏れたら成功せず、計画が不十分でも成功しない。賢者は悪いことをしない。仕事に励むのを厭わない。愚人は暇を持て余してますます馬鹿になり、田舎者は人をだましてますます下卑てくる。音は隠そうとも聞こえるし、行いは隠しきることは出来ない。

偉い人に学べば性根がよくなるし、賢い人に学べば欠点は消える。権力者がウソばかり付けば、しもじもは言うことを聞かない。こんなままでは、無事に見えても安全とは言えない。この世の原則を追い求めれば、分からないなどということはない。いつかきっと分かる日が来る。(『説苑』談叢12)

こんなしおらしいことを書いた劉向だが、当人は結構うさんくさい人物で、王族に生まれたことから前漢中興の祖・宣帝に仕えたが、怪しいクスリ作りに熱を上げたので、現実主義者の宣帝は即座にクビにした。のちゆるされて官途に戻ったが、性根が治ったと言えるかどうか。

劉向
『説苑』のこの章がいつ頃書かれたかは分からないが、晩年は不遇で隠居同然だったと言うから、少しはものが見えたかも知れないが、環境が整っても一向に学ばない者の方が多い、という事実を無視して、お説教を垂れている。やはりお坊ちゃん育ちは生涯治らなかったようだ。

さて本章が論語に書き込まれたのは、定州竹簡論語にあることから、前漢の前半より前だと見ていいが、孟子や戦国儒者のしわざでは無いだろう。孟子は曽子がどんな人物だったか、神格化される前の実情を知っていた形跡があるからだ(→孔門十哲の謎)。

たぶん董仲舒あたりが、適当に作文してくっつけたのではないか。

『論語』顔淵篇おわり

お疲れ様でした。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)