論語詳解284顔淵篇第十二(6)子張明を問う*

論語顔淵篇(6)要約:誰でも心がいらだっている時は、はっきりと物事が見えないもの。学問するにも政治に携わるにも、曇りのない目が欠かせません。それさえ解決できれば、遠い先まで見通せる、孔子先生はそう説いた、という作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子張問明。子曰、「浸潤之譖、膚受之愬、不行焉、可謂明也已矣。浸潤之譖、膚受之愬、不行焉、可謂遠也已矣。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文張 金文大篆問 金文明 金文 子 金文曰 金文 浸 甲骨文之 金文譖 金文 論語 膚 金文受 金文之 金文 不 金文行 金文安 焉 金文 可 金文謂 金文明 金文也 金文已 矣 金文已 矣金文 浸 甲骨文之 金文譖 金文 論語 膚 金文受 金文之 金文 不 金文行 金文安 焉 金文 可 金文謂 金文遠 金文也 金文已 矣 金文已 矣金文

※張→(金文大篆)・浸→(甲骨文)・焉→安・矣→已。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。本章は前漢帝国以降の儒者による捏造である。

書き下し

子張しちやうめいふ。いはく、浸潤しんじゆんそしり膚受ふじゆうつたへおこなはざりらば、めい已矣のみ浸潤しんじゆんそしり膚受ふじゆうつたへおこなはれざらば、とほしと已矣のみ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子張 孔子
子張が曇りのない洞察力(明)を問うた。先生が言った。「じわじわとしみ込むような悪口、肌身に感じる苦痛がなければ、明と言えるだろう。じわじわとしみ込むような悪口、肌身に感じる苦痛がなければ、より遠くを見つめることが出来るだろう。」

意訳

論語 子張 人形 ニセ孔子
子張「はっきりとものが見えるにはどうしたらいいですか。」
孔子「陰険な悪口や蚊に刺されたような苦痛が無ければ、ものは見える。いや、かなり遠くまで見通せるぞ。」

子張「なぜです?」

論語 孔子 かゆい
孔子「あのな、陰口にムカムカしたりかゆみにいらだったりしていて、難しい判断ができるものかね?」

従来訳

論語 下村湖人

子張が明察ということについてたずねた。先師はこたえられた。――
「水がしみこむようにじりじりと人をそしる言葉や、傷口にさわるように、するどくうったえて来る言葉には、とかく人は動かされがちなものだが、そういう言葉にうかうかと乗らなくなったら、その人は明察だといえるだろう。いや、明察どころではない、達見の人といってもいいだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子張問明。孔子說:「暗中謠言、惡毒誹謗,傳到你這裏就行不通了,就算英明瞭,就算看得遠了。」

中国哲学書電子化計画

子張が明を問うた。孔子が言った。「陰でのデマ、陰険な悪口、それらがお前に聞こえてくるうちはよくものが見えない。もしものの道理が分かっているなら、遠くまで見える。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 明 金文 論語 明
(金文)

論語の本章では、”明るくはっきりと物事が見える能力”。明察、洞察力。『学研漢和大字典』による原義は、日=太陽と月の組み合わせではなく、明かり取りの窓から月光が差し込んださま。詳細は論語語釈「明」を参照。

浸潤之譖

論語 浸 金文大篆 論語 潤 金文大篆
「浸潤」(金文大篆)

論語の本章では、”じわりと染み通るような悪口”。「浸潤」は”じわりと染み通ること”。

「浸」は論語では本章のみに登場。初出は甲骨文。カールグレン上古音はtsi̯əm(去)。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、右側のつくりは(シン)は「又(手)+ほうき」の会意文字で、手でほうきを持ち、しだいにすみずみまでそうじを進めていくさまを示す。浸は「水+(音符)酖」で、水がしだいにすみずみまでしみこむこと、という。詳細は論語語釈「浸」を参照。

「潤」の初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はȵ(去)。同音多数。濡ȵi̯u(平)は語義を強要するが、初出は秦系戦国文字

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、閏(ジュン)は「門+王」の会意文字。暦からはみ出た「うるう」のとき、王が門内にとじこもって静養するさまを示す。じわじわと暦の計算の外にはみ出てきた日や月のこと。潤は「水+(音符)閏」で、じわじわとしみ出て、余分にはみ出る水分のこと、という。詳細は論語語釈「潤」を参照。

論語 譖 金文大篆 論語 譖
「譖」(金文大篆)

「譖」(シン)は”悪口”。論語では本章のみに登場。初出は西周中期の金文。カールグレン上古音はtʂi̯əmi̯əm(去)。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、朁(セン)は、細い所へはいりこむこと。譖は「言+(音符)覚」で、ちょっとしたすき間から、じわじわと悪口をしみこませること、という。詳細は論語語釈「譖」を参照。

膚受之愬

論語 膚 金文 論語 愬 古文
「膚」(金文)「愬」(古文)

論語の本章では”肌に感じる嫌な感覚”。「膚」は”皮膚・はだ”。「愬」(ソ)は”訴える”。「譖」と同じく”悪口”の意味もある。

「膚」の初出は西周の金文。カールグレン上古音はpli̯wo(平)。初出は西周の金文。カールグレン上古音はpli̯wo(平)。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「肉+盧(つぼ)の略体」。つぼの外側のように肉体を外からおおう皮。布(平らでうすい)・普(広がっておおう)と同系のことば。類義語の肌(キ)は、きめ細かいはだ、という。詳細は論語語釈「膚」を参照。

「愬」の初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はsɑɡ(去)。同音に泝”さかのぼる”。「訴」は異体字。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、朔(サク)は「大(ひと)の逆になった形拶+月」からなり、逆の方向に戻ること。愬は「心+(音符)朔」で、さからう気持ちをおこすこと。遡(ソ)(逆にさかのぼる)・訴(反抗して言い争う)と同系のことば、という。

『字通』による「愬」は「訴」と同義の異体字で、「訴」は裁判関係の訴え、「愬」は事情を告げることという。また『学研漢和大字典』とともに、「愬愬」をびくびくと恐れるさまという。すると「膚受之愬」は不愉快な、肌に迫るような事情を告げることと解せる、という。詳細は論語語釈「愬」を参照。

論語 遠 金文 論語 遠
(金文)

論語の本章では、”遠くまで見通す”こと。『学研漢和大字典』による原義は、物理的に距離があり、ゆとりがあること。詳細は論語語釈「遠」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章を従来訳のように愬=譖と解して訳すのは、「浸潤之譖」と「膚受之愬」の違いがよく分からなくなるし、孔子がただ回りくどいだけになる。確かに時として回りくどいが、ここは「膚受之愬」をはだが訴える悩み、と解するべきで、漢字が違えば必ず意味が違う。

論語 古注 何晏 論語 朱子 新注
この「膚受之愬」は、古来どう解していいか分からなかったようで、古注では相手を目の前にして訴訟し合うこと、新注では身を切るようにして自分の無実を訴えることと言う。藤堂本では身近な訴え事、宮崎本では肌に感じやすい誹謗、加地本でもほぼ同じ。

ただし加地本で特徴的なのは、「浸潤之譖、膚受之愬、不行焉、可謂明也已矣。」を「中身が本当であるかのように伝える非難、切々と本当であるかのように伝えるうったえがあっても、その嘘を見破る、それを明知という事が出来る」と訳しており分かりやすい。

確かに「子張問明」とは、子張が「明」そのものが何かを問うた。訳者の解では、孔子は「膚受之愬」を”肌に受ける、心に逆らうこと”が無いのが「明」だ、と間接的に答えたとする。加地訳は直接に答えたと解したわけだが、理屈としては加地訳の方が単純でよい。

なお論語の本章は、別の句読の切り方が出来る。

浸潤之譖、膚受之愬、不行。焉可謂明也已矣。浸潤之譖、膚受之愬、不行。焉可謂遠也已矣。

浸潤之譛、膚受之愬、行われず。いずくんぞ明と謂う可きのみならんや。浸潤之譛、膚受之愬、行われず。焉ぞ遠と謂う可き也る已矣んや。

陰険な悪口や膚に感じるような苦痛がない。そんな人は明ではない。~遠でもない。

生ぬるい環境で育った人間に、本物の洞察力なんてあるものか、という解釈になる。こちらも捨てがたいが、今は従来の論語解説本による句読に従った。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)