論語詳解286顔淵篇第十二(8)棘子成曰く*

論語顔淵篇(8)要約:弟子一番の実務家の子貢に、隣国の家老が苦情を言います。孔子先生の弟子たちは、お作法でも文章でも、むやみやたらに格好を付け、もったいを付ける。子貢の鋭い舌が反論開始。「残念ですなぁあなたの言葉は…。」

    論語:原文・書き下し

    原文

    棘子成*曰、「君子質而已矣、何以文爲。」子貢曰、「惜乎、夫子之說*君子也、駟不及舌。文猶質也、質猶文也。虎豹之鞹*、猶犬羊之鞹*。」

    校訂

    武内本

    清家本により、成を城に作る。說の下に之の字を補う。文末に也の字を補う。城、唐石経成に作る。說下唐石経之字なし、此本之字恐らくは衍。鞹、唐石経鞟に作る、釋文石経に同じく、説文此本と合す。

    復元白文(論語時代での表記)

    棘 金文子 金文成 金文曰 金文 君 金文子 金文質 金文而 金文已 矣 金文矣 金文 何 金文㠯 以 金文文 金文為 金文 子 金文江 金文曰 金文 乎 金文 夫 金文子 金文之 金文兌 金文 君 金文子 金文也 金文 駟 金文不 金文及 金文舌 金文 文 金文猶 金文質 金文也 金文 質 金文猶 金文文 金文也 金文 虎 金文豹 金文之 金文革 金文 猶 金文犬 金文羊 金文之 金文革 金文

    ※貢→江・說・兌・鞹→革。論語の本章は「惜」の字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による創作である。

    書き下し

    棘子成きよくしせいいはく、君子もののふじつ而已矣のみなんあやもつさむ。子貢しこういはく、をしかな夫子ふうし君子もののふしたおよばず、あやじつのごときなりじつあやのごときなり虎豹こへうくわく犬羊けんやうくわくのごとし。

    論語:現代日本語訳

    逐語訳

    棘子成キョクシセイが言った。「君子は実質のみ。どうして言葉で飾るのか」子貢が言った。「残念です。あなたが君子を説いたこの言葉は、四頭立ての馬車でも取り返しがつきません。言葉の飾りもやはり実質のようなものです。実質もやはり言葉の飾りのようなものです。虎や豹のなめし革は、やはり犬や羊のなめし革と同じようなものです。」

    意訳

    貴族 ニセ子貢
    棘子成「君子とは実質である。なのに儒者どもはベラベラしゃべりすぎる。」
    子貢「残念ですなあ、あなたのお説は。」

    「!」
    「…いいですか、一旦口に出したら取り返しがつきませんぞ。言葉だってやりようによっては食や兵に化けます。食や兵も見せびらかすだけでは飾りでしかないでしょう。高価な虎や豹の皮も、毛を抜いてしまえば犬や羊の安物と見分けがつきますまい。」

    従来訳

    下村湖人

    衛の大夫棘子成がいった。――
    「君子は精神的、本質的にすぐれておれば、それでいいので、外面的、形式的な磨きなどは、どうでもいいことだ。」
    すると子貢がいった。
    「あなたの君子論には、遺憾ながら、ご同意出来ません。あなたのような地位の方が、そういうことを仰しゃっては、取りかえしがつかないことになりますから、ご注意をお願いいたします。いったい本質と外形とは決して別々のものではなく、外形はやがて本質であり、本質はやがて外形なのであります。早い話が、虎や豹の皮が虎や豹の皮として価値あるためには、その美しい毛がなければならないのでありまして、もしその毛をぬき去って皮だけにしましたら、犬や羊の皮とほとんどえらぶところはありますまい。君子もその通りであります。」

    下村湖人先生『現代訳論語』

    現代中国での解釈例

    棘子成說:「君子品質好就可以了,何必要有文化?」子貢說:「可惜啊,您這樣理解君子,您應為說這話而後悔。文化和品質同樣重要。就象虎豹的皮革與犬羊的皮革難以分別一樣。」

    中国哲学書電子化計画

    棘子成が言った。「君子は人品がよければそれでよい。なぜ文化を身につける必要があるのか?」子貢が言った。「残念ですね、あなたの君子の理解は。あなたはそんなことを言ったのを、必ず後悔するでしょう。文化と人品は同様に重要です。ちょうどトラやヒョウの毛抜き革が、犬や羊と区別が出来ず同じに見えるようなものです。」

    論語:語釈

    棘子成(キョクシセイ)

    魯の隣国・衛の大夫(家老格)だという。

    「棘」は論語では本章のみに登場。初出は甲骨文。カールグレン上古音はki̯ək(入)。詳細は論語語釈「棘」を参照。

    君子

    君 金文 子 金文
    (金文)

    論語の本章では”貴族・為政者階級の者”。棘子成が何者なのか分からないので断定は出来ないが、日頃の政治工作で、べらべらと口じゃみせんを回している子貢にしてやられ、いらだっていたのだろう。論語語釈「君子」も参照。

    質 金文 質
    (金文)

    論語の本章では、「文」=かざりに対する”内容・実質”。『学研漢和大字典』による原義は釣り合った財貨で、互いに相当する財貨がつまっていることから”なかみ”の意となったという。詳細は論語語釈「質」を参照。

    而已矣(ジイイ)

    已 金文 大隈重信
    「已」(金文)

    論語の本章では三字揃って”のみ”。「已」だけでも限定”のみ”の意味はあるが、三字揃えて”だけであるんであるんである”。まるで晩年の大隈重信だ。

    結局棘子成は、「儒者どもがべらべらしゃべる」と苦情を言った割には、自分は「あるんであるんである」などともったいを付けた言い方をしたわけ。もちろんもとはすっきりした言い方をしたのが、論語が膨らんでいく過程で複雑になった可能性はある。しかし証拠がない。

    だいたいの傾向として、前漢宣帝期の定州竹簡論語では「矣」「也」のみである事が多く、このもったい付けは後漢の儒者のしわざと考えられる。

    「而」について詳細は論語語釈「而」を参照。

    論語の本章では”残念だ”。

    初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。詳細は論語語釈「惜」を参照。

    說(エツ)

    説 楚系戦国文字
    (楚系戦国文字)

    論語の本章では”話”。新字体は「説」。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。原義は”言葉で解き明かす”こと。戦国時代の用例に、すでに”喜ぶ”がある。論語時代の置換候補は部品の「兌」で、原義は”笑う”。詳細は論語語釈「説」を参照。

    猶(ユウ)

    猶 金文 猶

    論語の本章では、”~のようだ”。「なお~のごとし」と読む再読文字の一つ。詳細は論語語釈「猶」を参照。

    文 金文 遠山の金さん
    (金文)

    論語の本章では「質」=中身に対するうわべの”言葉の飾り”。『大漢和辞典』『字通』によると、原義は体に入れた入れ墨で、もともと飾りを意味していた。

    己 土器
    一方『学研漢和大字典』によると象形文字で、もと、縄文土器のような縄目の模様を言う。詳細は論語語釈「文」を参照。

    夫子(フウシ)

    夫 甲骨文 子 甲骨文
    (甲骨文)

    論語では通常孔子を指すが、ここでは棘子成のこと。従来「夫子」は「かの人」と訓読され、「夫」は指示詞とされてきた。しかし論語の時代、「夫」に指示詞の語義は無い。同音「父」は甲骨文より存在し、血統・姓氏上の”ちちおや”のみならず、父親と同年代の男性を意味した。従って論語における「夫子」がもし当時の言葉なら、”父の如き人”の意味での敬称。詳細は論語語釈「夫」を参照。

    「子」は貴族や知識人に対する敬称。論語語釈「子」を参照。

    駟(シ)

    駟 金文大篆 駟
    (金文大篆)

    論語の本章では”四頭立ての馬車”。速いものの象徴。

    初出は春秋早期の金文。カールグレン上古音はsi̯əd(去)。詳細は論語語釈「駟」を参照。

    論語の時代、馬車は二頭立てが普通で、四頭立ては儀礼や使者など特別な用途に用いた。馬は人間並みには気難しい生き物で、一頭だけでも言うことを聞かない。二頭の息を揃えて車を牽かせるのは高度な技術だった。

    ゆえに最下級ではあっても御者は貴族の仕事だったが、四頭立てとなるとなおさら走らせるのは困難だった。よほどの馬と車と御者が揃っていないと仕立てられず、ゆえに数が少なかった。戦車も通常は二頭立てで、四頭立ては君主や将軍に限られただろう。

    論語の時代、まだ騎馬の技術も習慣もなく、馬には車を牽かせた。馬はもともと、自分より体の小さい人間を何とも思っておらず、気に入らなければわざわざヤブに分け入って、騎っている人間を落とそうとする。そんな時は手近な枝を折り取って、ヒュンヒュンと振るとよい。

    「引っぱたくぞ!」と音で知らしめるのだ。すると震え上がって、ウソのように言うことを聞く。だがこれは行きずりの馬だから出来ることで、長く付き合うとなるとそうもいかない。

    舌(ゼツ)

    舌 金文 舌
    (金文)

    論語の本章では”言葉・発言”。

    『学研漢和大字典』によると会意文字で、「干(おかして出入りする棒)+口」。口の中から自由に出入りする棒状のしたをあらわす。▽舌(カツ)(活・括に含まれる)とは別字だが、楷書(カイショ)では混同される。達(自由に出入りする)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「舌」を参照。

    論語の本章では”ヒョウ”。

    初出は甲骨文。カールグレン上古音はpeau(去)。詳細は論語語釈「豹」を参照。

    中国ではヒョウはトラのメスだと思われていたらしく、中国の影響を受けて日本でも江戸時代までは、同様にヒョウはトラの妻とされ、画題として「虎豹図」が好まれた。
    竹林豹虎図
    竹林豹虎図(重要文化財)@名古屋城

    鞹(カク)

    鞹 古文 鞹
    (古文)

    論語の本章では、”毛を抜いてなめした革”。論語では本章のみに登場。

    初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkʰwɑk(入)。同音は廓のみ。部品の革kæk(入)が論語時代の置換候補となる。

    『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「革(かわ)+(音符)郭(中身をとりさった外わく)」。毛や肉をとり去ったかわ、という。詳細は論語語釈「鞹」を参照。

    「皮」は動物の皮膚そのものを言い、それをタンニンなどで加工して腐ったり干からびたりしないように加工する。それがなめしで、なめして出来た皮革材料を「革」という。

    論語:付記

    中国歴代王朝年表

    中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

    子貢 自慢
    論語の本章は、本章を含む論語の後半に影響が強い子貢自らの自慢話。その意味では自己宣伝だが、論語の前半で曽子や有若にでっち上げられた、もったい付けだらけの広告に比べると、話がはるかに分かりやすいし面白いから、現代の論語・子貢ファンには価値がある。
    曽子 ウスノロ 有若 アホ

    ただし武内義雄『論語之研究』によると、「夫子」が孔子を指す場合、二人称として用いるのは後世になってからの語法だと言い、そのような章は成立が新しいという。これを準用すると本章もまた新しいことになる。確かに本章は唐突の感があり、文字的にも後世の創作。

    この論語顔淵篇は、主に政治などを弟子その他が問うた問答で占められており、前後の章も同様。そこへ唐突に、子貢の武勇伝が載っているのはおかしくはある。棘子成が誰だか分からないのと合わせ考えて、子貢派の末裔が創作した章だろう。

    仮に史実として話を進めると、『史記』弟子列伝によれば、子貢は口先三寸で論語時代の国際関係をひっくり返した実績があるが、本章の対話がその前だったとすると、棘子成には子貢が、実績のないただのおしゃべりに見えただろう。

    しかし単なるおしゃべりなら無視して済ませばいいが、衛国滞在中の孔子一門が、子貢の口車で一層地位が上がったり、あるいは棘子成の願望をくじいたりしたとすると、黙っておれず文句を言いに来たのかも。人は目下にいらだつ場合に限り、文句を言いに来るものだ。

    ところが子貢は売られたケンカを即座に買い、言葉で棘子成を叩きのめした。藪をつついて蛇を出すとはこのことで、実力も自信もない者ほど、こうしたケンカを売りたがる。もし論語の本章のように後腐れがないなら、子貢は存分に叩き潰してしまってもかまわなかったわけ。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました