論語詳解287顔淵篇第十二(9)哀公有若に問うて

論語顔淵篇(9)要約:古来多くの論語読者のやる気をくじいてきた罪な弟子、ボンクラ有若ユウジャクが、珍しくいい事を言います。飢饉で税収不足を嘆く殿様に、ご自分の立場を理解しなさいと。しかしそれで不足が解決したかは、また別のお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

哀公問於有若曰、「年饑*、用不足、如之何。」有若對曰、「盍徹*乎。」曰、「二、吾猶不足、如之何其徹也。」對曰、「百姓足、君孰與不足。百姓不足、君孰與足。」

復元白文

論語 哀 金文論語 公 金文論語 問 金文於 金文論語 有 金文論語 若 金文論語 曰 金文 論語 年 金文 論語 用 金文論語 不 金文論語 足 金文 論語 如 甲骨文之 金文論語 何 金文 論語 有 金文論語 若 金文論語 対 金文論語 曰 金文 論語 徹 金文論語 乎 金文 論語 二 金文 論語 吾 金文論語 猶 金文論語 不 金文論語 足 金文 論語 如 甲骨文之 金文論語 何 金文論語 其 金文論語 徹 金文也 金文 論語 対 金文論語 曰 金文 論語 百 金文論語 姓 金文論語 足 金文 論語 君 金文論語 孰 金文論語 与 金文論語 不 金文論語 足 金文 論語 百 金文論語 姓 金文論語 不 金文論語 足 金文 論語 君 金文論語 孰 金文論語 与 金文論語 足 金文

※如→甲骨文。

論語の本章は乗騎の赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

校訂

武内本:清家本により、饑を飢に作る。飢、唐石経饑に作る。徹、漢石経肆に作る。

書き下し

哀公あいこう有若いうじやくうていはく、としゑてようらず、これ如何いかにせむ。有若いうじやくこたへていはく、なんてつせざるいはく、二もわれらず、これ如何いかんぞてつせむこたへていはく、ひやくせいらば、きみいづくんぞともにからざらむ、ひやくせいらずば、きみいづくんぞともにからむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 哀公 論語 有若
哀公が有若に問うて言った。「今年は飢饉で税収が足りない。これをどうすればいいか。」有若が答えて言った。「どうして十分の一税を実施しないのですか。」哀公が言った。「十分の二取ってもまだ足りない。どうして十分の一に出来ようか。」有若が答えて言った。「民が足りているなら、殿がなぜ共に足りないのですか。民が不足しているなら、殿はなぜ共に足りるでしょうか。」

意訳

哀公「今年は飢饉じゃ。税収が足りぬ。」
有若「十分の一税を実施なさいませ。」
哀公「十分の二取ったがなお足りぬ。半分になどできるか。」

論語 有若 説教
有若「民が足りたならそれは殿が足りたこと。資源は共有するものでございますよ。」

従来訳

論語 下村湖人

魯の哀公が有若にたずねられた。――
「今年は飢饉で国庫が窮乏しているが、何かよい案はないのか。」
 有若がこたえていった。――
「どうして十分の一税になさいませんか。」
 哀公がいわれた。――
「十分の二税を課しても足りないのに、十分の一税になど、どうして出来るものか。」
 すると、有若がいった。
「百姓がもし足りていたら、君主として、あなたはいったい誰と共に不足をおなげきになりますか。百姓がもし足りていなかったら、君主として、あなたはいったい誰と共に足りているのをお喜びになりますか。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

哀公問有若:「饑荒年,國庫空,怎麽辦?」有若說:「賦稅減半。「現在我還嫌稅少,怎麽能減半?「百姓富裕了,您還會不富裕?百姓貧窮了,您哪來富裕?」

中国哲学書電子化計画

哀公が有若に問うた。「飢饉の年に国庫が空で、どうやってやり繰りすればいいか。」有若が言った。「課役と課税を半分にするとよいでしょう。」哀公「今ただでえさえ税収が足りない。どうして半分に減らせようか。」有若「領民の貯えが豊かなら、殿がどうして豊かでないでしょうか。領民の蓄えが乏しければ、殿がどうやって富めるでしょうか。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

饑(キ)

論語 饑 古文
(古文)

論語の本章では”不作”。作物が十分実らず不足すること。この文字の初出は後漢の『説文解字』からで、論語の時代には存在しない。

論語 用 金文
(金文)

論語の本章では”税収”。語義は”用いること・用いるための資源”だが、論語の本章では政府の費用にあてる税収を指す。

盍(コウ)

論語 盍 金文大篆
(金文)

論語の本章では”なんぞ~せざる”と読む再読文字。”どうして~しないのか”。

論語 徹 金文
(金文)

論語の本章では”十分の一税”。周代では本来この税法だったと儒者は言うが、でっち上げに過ぎない。下に哀公の発言として「二」とあるので、十分の一税だとわかるだけ。

武内本には、「徹、漢石経肆に作る。古音徹、徹とは周代の税法、また斂法とも言う、其年の収穫を見分してその十分の一を課するをいう、魯宣公十五年新たに税法を定めて十分の二を課す、哀公の時猶之に従う、故に二猶不足というなり」とある。

そこで『春秋左氏伝』宣公十五年(BC594)の条を参照すると、以下の通り。

(経文)初稅畝。
(伝)初,稅畝,非禮也,穀出不過藉,以豐財也。

初めて畝にみつぎとる。…初めて畝に税るは、礼にあらざる也。穀出して籍を過ぎずざるは、以て財を豊かにする也。

初めて畝ごとに課税した。これは礼法に従っていない。穀物の納税額が籍法を超えないのは、(民の)財産を豊かにするためである。

ここで籍法というのは、周代の理想的な税制であると儒者が夢想した井田制による、実質十分の一税を指す。井田制とは、900畝の耕地を井の字に9等分し、中心の1区画を共同耕作の公田として収穫を税収に充て、それ以外を私田として8家族に与えた、という妄想。

ただし私田一区画だけでも1.34km四方以上になる。

私田 私田 私田
私田 公田 私田
私田 私田 私田

私田を大人が手ぶらで歩いて一周するだけで、1時間強かかる。1家族だけで耕せるわけがなく、8家族がまじめに公田を耕すわけもない。

論語 二 金文
(金文)

論語の本章では”税率十分の二”。数字の表記は同じ人類がすることだけに、基本的に似通っている。『Newton』誌別冊ムックによると、ゼロが発見された古代インド・グプタ朝時代の数字は、3までは漢字と同じく「一二三」と記していたという。

なお当時のインドでは「・」でゼロを表記したが、古代中国でもゼロの”種”は存在したという。

古代中国でも、ある種の方程式を算木で解くとき、係数がゼロで算木が入らない項を「無入」とよんだ。そして「無入-正数=負数」といった算木の足し算・引き算の規則をあたえている(記号であらわせば0-a=-aに相当するが「負数」は現代的な「負数」ではなく「引かれるべき算木」を指す)。しかしゼロの概念はそこから先へははってんしなかったようだ。(Newton別冊『虚数がよくわかる』)

如之何

論語 如 楚系戦国文字 論語 何 楚系戦国文字
「如何」(楚系戦国文字)

論語の本章では、”どうするのか”。「如何」の目的語が間に入った形。類義語の「何如」との区別は以下の通り。漢文は主語が前、述語が後ろという原則に従う。平安朝以来の「いかん」という読みにこだわらず、一字ずつ読み下せばいい。

如何之。 (無主語)これを何の如くせん。(これをどうしよう)
何如之。 何がこれの如し。(何がこれに似ているか=これは何に似ているか)

猶(ユウ)

論語 猶 金文 論語 猶

論語の本章では、”それでもなお”。詳細は論語語釈「猶」を参照。

百姓(ヒャクセイ)

論語 百 金文 論語 姓 金文
(金文)

論語の本章では”領民”。「ひゃくしょう」ではなく「ひゃくせい」と読み、農民ではなくさまざまな姓を持つ民衆一般のこと。

孰(シュク)

論語 孰 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”なぜ”という疑問辞。

與(与)

論語 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では”~とともに”。

論語:解説・付記

論語 有若 アホ
ボンクラ有若が、論語の中で唯一まともなことを言わされている章。論語の後半は、この顔淵篇も含めて子貢一派の影響が強く、敵対派閥の長老格・有若の活躍ばなしを載せるわけがなく、論語の本章は漢代儒者が混ぜ込んだでっち上げ。

ここで『春秋左氏伝』を参照すると、哀公時代には十四年(BC481)のみに「饑」とある。この年は孔子が閑職に追われ、息子に先立たれた翌年で、当年は顔回が死に、麒麟(正確にはメスの麟が一頭)が捕らわれて「もう世もおしまいだ」と孔子が筆を投げ出した年でもある。
論語 孔子 慟哭

しかしそれ以上の情報は今のところない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)