論語詳解287顔淵篇第十二(9)哀公有若に問うて*

論語顔淵篇(9)要約:古来多くの論語読者のやる気をくじいてきた罪な弟子、ボンクラ有若ユウジャクが、珍しくいい事を言います。飢饉で税収不足を嘆く殿様に、ご自分の立場を理解しなさいと。しかしそれで不足が解決したかは、また別のお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

哀公問於有若曰、「年饑*、用不足、如之何。」有若對曰、「盍徹*乎。」曰、「二、吾猶不足、如之何其徹也。」對曰、「百姓足、君孰與不足。百姓不足、君孰與足。」

校訂

武内本

清家本により、饑を飢に作る。飢、唐石経饑に作る。徹、漢石経肆に作る。

定州竹簡論語

……[問於有若曰:「年饑a,用不足],如之何?」有若b曰:314……曰:「二,吾猶不足,若315……

  1. 饑、皇本作”飢”、『釋文』云”饑、鄭本作飢”。
  2. 若、今本作”如”。

→哀公問於有若曰、「年饑、用不足、如之何。」有若曰、「盍肆乎。」曰、「二、吾猶不足、若之何其肆也。」對曰、「百姓足、君孰與不足。百姓不足、君孰與足。」

復元白文

論語 哀 金文論語 公 金文論語 問 金文於 金文論語 有 金文論語 若 金文論語 曰 金文 論語 年 金文 論語 用 金文論語 不 金文論語 足 金文 如 金文之 金文論語 何 金文 論語 有 金文論語 若 金文論語 曰 金文 盍 金文肆 金文論語 乎 金文 論語 曰 金文 論語 二 金文論語 吾 金文論語 猶 金文論語 不 金文論語 足 金文 論語 若 金文之 金文論語 何 金文論語 其 金文論語 徹 金文也 金文 論語 対 金文論語 曰 金文 論語 百 金文論語 姓 金文論語 足 金文 論語 君 金文論語 孰 金文論語 与 金文論語 不 金文論語 足 金文 論語 百 金文論語 姓 金文論語 不 金文論語 足 金文 論語 君 金文論語 孰 金文論語 与 金文論語 足 金文

※論語の本章は饑の字が論語の時代に存在しない。有若は架空の人物である。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

哀公あいこう有若いうじやくうていはく、としゑてつひえらず、これ如何いかにせむ。有若いうじやくいはく、なんならはざるいはく、二もわれらず、これ若何いかんぞならはむこたへていはく、ひやくせいらば、きみいづくんぞともにからざらむ、ひやくせいらずば、きみいづくんぞともらむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 哀公 論語 有若
哀公が有若に問うて言った。「今年は飢饉で税収が足りない。これをどうすればいいか。」有若が答えて言った。「どうして前例通りにしないのですか。」哀公が言った。「十分の二取ってもまだ足りない。どうして前例通りに出来ようか。」有若が答えて言った。「民が足りているなら、殿がなぜ共に足りないのですか。民が不足しているなら、殿はなぜ共に足りるでしょうか。」

意訳

哀公「今年は飢饉じゃ。税収が足りぬ。」
有若「前例通りになさいませ。」
哀公「十分の二取ったがなお足りぬ。前例通りになどできるか。」

有若
有若「民が足りたならそれは殿が足りたこと。資源は共有するものでございますよ。」

従来訳

論語 下村湖人

魯の哀公が有若にたずねられた。――
「今年は飢饉で国庫が窮乏しているが、何かよい案はないのか。」
有若がこたえていった。――
「どうして十分の一税になさいませんか。」
哀公がいわれた。――
「十分の二税を課しても足りないのに、十分の一税になど、どうして出来るものか。」
すると、有若がいった。
「百姓がもし足りていたら、君主として、あなたはいったい誰と共に不足をおなげきになりますか。百姓がもし足りていなかったら、君主として、あなたはいったい誰と共に足りているのをお喜びになりますか。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

哀公問有若:「饑荒年,國庫空,怎麽辦?」有若說:「賦稅減半。「現在我還嫌稅少,怎麽能減半?「百姓富裕了,您還會不富裕?百姓貧窮了,您哪來富裕?」

中国哲学書電子化計画

哀公が有若に問うた。「飢饉の年に国庫が空で、どうやってやり繰りすればいいか。」有若が言った。「課役と課税を半分にするとよいでしょう。」哀公「今ただでえさえ税収が足りない。どうして半分に減らせようか。」有若「領民の貯えが豊かなら、殿がどうして豊かでないでしょうか。領民の蓄えが乏しければ、殿がどうやって富めるでしょうか。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 飢(饑)、 。」 () 、「 () 。」、「 () () 。」 、「 。」


哀公

魯 哀公
論語の本章では、孔子晩年の魯の国公。論語関連の書籍では、やる気はあるものの頼りない殿様として描かれる。孔子が帰国したときの国公であり、孔子没後、門閥の孟武伯に脅迫されて国外に逃亡、客死した。

有若

有若

孔子の弟子で、一時は二代目儒家総帥になったとまで神格化された、架空の人物。詳細は論語の人物:有若子有を参照。

饑(キ)→飢

論語 饑 古文
(古文)

論語の本章では”不作”。作物が十分実らず不足すること。

初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はki̯ər(平)。同音は幾とそれを部品とする漢字群多数。部品「幾」に”飢える”の語釈を『大漢和辞典』は立てていない。異体字「飢」ki̯ær(平)の初出は秦系戦国文字。詳細は論語語釈「饑」を参照。

論語 用 金文
(金文)

論語の本章では”税収”。語義は”用いること・用いるための資源”だが、論語の本章では政府の費用にあてる税収を指す。詳細は論語語釈「用」を参照。

盍(コウ)

論語 盍 金文大篆
(金文)

論語の本章では”なんぞ~せざる”と読む再読文字。”どうして~しないのか”。詳細は論語語釈「盍」を参照。

徹→肆

論語 徹 金文
(金文)

論語の本章では”十分の一税”。周代では本来この税法だったと儒者は言うが、でっち上げに過ぎない。下に哀公の発言として「二」とあるので、十分の一税だとわかるだけ。論語語釈「徹」も参照。

武内本には、「徹、漢石経肆に作る。古音徹、徹とは周代の税法、また斂法とも言う、其年の収穫を見分してその十分の一を課するをいう、魯宣公十五年新たに税法を定めて十分の二を課す、哀公の時猶之に従う、故に二猶不足というなり」とある。

だが肆のカールグレン上古音はsi̯əd(去)であり、徹はdʰi̯atまたはtʰi̯at(入)。まるで音が違う。戦前の、中国儒者のデタラメを真に受けた研究は、いかに力作でもこんにちではゴミ箱にポイだろう。そして肝心のこの部分、定州竹簡論語は欠けている。

ここで『春秋左氏伝』宣公十五年(BC594)、つまり孔子が生まれる半世紀ほど前の条を参照すると、以下の通り。

(経文)初稅畝。
(伝)初,稅畝,非禮也,穀出不過藉,以豐財也。

初めて畝にみつぎとる。…初めて畝に税るは、礼にあらざる也。穀出して籍を過ぎざるは、以て財を豊かにする也。

初めて畝ごとに課税した。これは礼法に従っていない。穀物の納税額が籍法を超えないのは、(民の)財産を豊かにするためである。

ここで籍法というのは、周代の理想的な税制であると孟子が言いだした井田制による、実質十分の一税を指す。井田制とは、900畝の耕地を井の字に9等分し、中心の1区画を共同耕作の公田として収穫を税収に充て、それ以外を私田として8家族に与えた、という孟子の妄想。

ただし私田一区画だけでも1.34km四方以上になる。

私田 私田 私田
私田 公田 私田
私田 私田 私田

私田を大人が手ぶらで歩いて一周するだけで、1時間強かかる。1家族だけで耕せるわけがなく、8家族がまじめに公田を耕すわけもない。

次に武内本が言う、漢石経による「徹→肆」だが、『論語集釋』にはこの校訂が記されていない。その代わり上記井田制について儒者どものうんざりするようなウンチクをたっぷり述べているが、役に立たないので記さない。ともあれ漢石経というブツに従って「肆」と考える。

「肆」は超多義語で、めんどくさくない諸賢はリンク先を熟読。これら語釈の中でに、論語の本章が偽作されたと同じ漢代に偽作された『書経』多士篇の「予惟率肆矜爾」が引かれており、”故事・前例”と解している。この解釈に従った。論語語釈「肆」も参照。

論語 二 金文
(金文)

論語の本章では”税率十分の二”。論語語釈「二」も参照。

数字の表記は同じ人類がすることだけに、基本的に似通っている。『Newton』誌別冊ムックによると、ゼロが発見された古代インド・グプタ朝時代の数字は、3までは漢字と同じく「一二三」と記していたという。

なお当時のインドでは「・」でゼロを表記したが、古代中国でもゼロの”種”は存在したという。

古代中国でも、ある種の方程式を算木で解くとき、係数がゼロで算木が入らない項を「無入」とよんだ。そして「無入-正数=負数」といった算木の足し算・引き算の規則をあたえている(記号であらわせば0-a=-aに相当するが「負数」は現代的な「負数」ではなく「引かれるべき算木」を指す)。しかしゼロの概念はそこから先へは発展しなかったようだ。(Newton別冊『虚数がよくわかる』)

如之何→若之何

論語 如 楚系戦国文字 論語 何 楚系戦国文字
「如何」(楚系戦国文字)

論語の本章では、”どうするのか”。「如何」と「若何」は同じ。の目的語が間に入った形。類義語の「何如」との区別は以下の通り。漢文は主語が前、述語が後ろという原則に従う。平安朝以来の「いかん」という読みにこだわらず、一字ずつ読み下せばいい。

如何之。 (無主語)これを何の如くせん。(これをどうしよう)
何如之。 何がこれの如し。(何がこれに似ているか=これは何に似ているか)

猶(ユウ)

論語 猶 金文 論語 猶

論語の本章では、”それでもなお”。詳細は論語語釈「猶」を参照。

百姓(ヒャクセイ)

論語 百 金文 論語 姓 金文
(金文)

論語の本章では”領民”。「ひゃくしょう」ではなく「ひゃくせい」と読み、農民ではなくさまざまな姓を持つ民衆一般のこと。論語の時代、「姓」は血縁集団を指し、「氏」は地縁・職能集団を指していた。従って山賊の一党は、血が繋がっていなくても同じ氏を名乗り得た。

論語語釈「百」論語語釈「姓」も参照。

孰(シュク)

論語 孰 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”なぜ”という疑問辞。詳細は論語語釈「孰」を参照。

與(与)

論語 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では”~とともに”。詳細は論語語釈「与」を参照。

論語:解説・付記

漢代の偽作である、論語の本章に言う饑饉を、『春秋左氏伝』哀公十四年(BC481)にある、哀公年間唯一の饑饉の記事に、無理に当てはめてもそれは滑稽なだけだ。そしてこの饑饉について、『春秋左氏伝』=左伝の伝は、何一つ解説を書いていない。

左伝は原本の年代記『春秋』の記述とされる「経」と、左氏が付け足した「伝」からなる。他の『春秋』注釈書が至って簡単な書き込みしかしていないのに対し、左伝ははるかに多くの記事を記しているから、春秋時代の第一級史料とされる。では哀公十四年の経を見よう。

十有四年,春,西狩獲麟。小邾射以句繹來奔。夏四月,齊陳恆執其君,寘于舒州。庚戌叔還卒。五月,庚申朔,日有食之。陳宗豎出奔楚。宋向魋入于曹以叛。莒子狂卒。六月,宋向魋自曹出奔衛,宋向巢來奔。齊人弒其君壬于舒州。秋,晉趙鞅帥師伐衛,八月,辛丑,仲孫何忌卒。冬,陳宗豎自楚復入于陳,陳人殺之,陳轅買出奔楚。有星孛。饑。

哀公十四年。春、都城の西で狩りをして麒麟を捕まえた。隣国・邾の射という者が、句繹の地を手土産に亡命してきた。夏四月、斉の田氏が国公の簡公を捉え、舒州に幽閉した。庚戌、叔還が世を去った。五月庚申の新月の日、日食があった。陳の宗豎が、楚へ亡命した。宋の桓魋が、反乱を起こして曹に亡命した。莒の子狂が世を去った。六月、桓魋は曹から衛に移った。桓魋を討伐していた宋の向巣が亡命してきた。斉の田氏が、舒州に幽閉した簡公を殺した。秋、晋の実力者趙鞅が、兵を出して衛を攻めた。八月辛丑、孟懿子が世を去った。冬、陳の宗豎は楚から陳に戻ったが、国人に殺された。陳の轅買が楚に亡命した。ほうき星(超新星とも訳せる)が出た。饑饉があった。

この年は麒麟が捕らえられて孔子が世の中に絶望したという伝説が出来た年であり、弟子の司馬牛が宋から逃げ出して「どうしてくれるんだ」と孔子に詰め寄った(論語顔淵篇3)年でもある。孔子の同世代の友人で、門閥家老家の一角を占めた孟懿子が世を去ってもいる。

だが論語本章の本質は、全然別の時代と場所にある。

論語 前漢武帝
前漢の武帝(位BC141-BC87)はやることなすこと暴君そのもので、よくも国が滅びなかったと不思議なほどだが、その暴政の一環として、漢帝国のあらゆる制度をいじくり倒した。国軍を事実上廃止して、総司令官を帝室の家事使用人扱い(大将軍)としたのはその一つ。

これは婆ちゃんやおばちゃんたちや姉たちのおもちゃにされ、さんざんいじくり回された幼児体験が原因で、それだけに根深くて誰にも止められなかった。儒教を国教化したのも、そういった女どもがそろって道教に凝っていた、それに対する反発以外の何物でもない。ともあれ。

仮に親子兄弟姉妹祖父母孫親類縁者聖人賢者忠臣でも、自分以外の誰かが軍隊という物騒な集団を握っているのが、怖くてたまらなかったからだ。以降中国では皇帝大総統国家主席党総書記を辞めた最高権力者はあっても、軍隊の親玉を辞めた例は寡少で、辞めたらほぼ殺された。

そういう事情で衛青霍去病将軍らの匈奴遠征が行われるのだが、戦争ほど金のかかる事業は無い。即座に財政が破綻したので、武帝は今度は経済政策と税制をいじくり回し、増税に次ぐ増税と、チクリによる財産没収、貨幣の改鋳を行い、皇帝発行のニセがねをばらまいた。

武帝は司馬遷の例のように、機嫌を損ねただけで家臣の色々をちょん切る暴君だったから、役人どもは震え上がって武帝の増税策に協力した。いわゆる儒教の国教化で職=公金横領の機会にありついた儒者どもも、武帝が生きている間は、やはり震え上がって大人しくしていた。

だが武帝が死んだ途端、反動で官民揃って騒ぎ出し、死後を任された権臣の霍光にも手が付けられなくなった。霍光は一計を案じ、全土からハナ垂れ儒者どもを集めて、武帝時代を支えた高官たちを批判させた。やったことは毛沢東の文化大革命とまったく同じである。

そのいきさつをまとめたのが『塩鉄論』だが、はな垂れ儒者どもはありもしなかった古い制度=論語の本章の「肆」を持ち出して高官を吊し上げた。論語の本章はその頃に書かれたと思われ、舞台を論語の時代に移して書いたのは、「漢皇色を重んじて」とある「長恨歌」と同じ。

『仮名手本忠臣蔵』とも同じ。責任追求されると怖いから、時代を変えただけである。

余談ながら武帝の故事は、古今東西の人類に普遍の、政権とは何かを示している。どんなに暴政を布いても、財政が破綻しても、戦勝や領土拡張が続く限り、その政権は滅びない。北朝鮮が将軍様の勝利伝説を言い回るのも、中国が尖閣に押し寄せるのもそれゆえだ。

土地や海が欲しいのではない。権力者が、政権の崩壊とそれに伴う自身の惨殺を怖がっているだけ。つまり中国国内での暴政と表裏一体の関係で、突き詰めれば国家主席なり党主席なりのナニガシの個人的都合で、国内外での暴力沙汰が起こっているわけだ。迷惑な連中である。

「世界中に不幸をまき散らす中国というシステム」。

岡田斗司夫が現代中国について、先進国が経験しているようなあれこれをとっくに経験済みの超・先進国であり、民主主義とか人権を言い立てる者が幼稚だ、と言い放っているが、まるで中国を知らないのに、知っていると思い上がったたわけ者の典型例だと断じうる。

そういう説教を金を取ってやる前に、北京語と漢文をものにしてから言って貰いたい。中国は秦帝国の昔から、馬鹿者が皇帝になるとどんなひどい世になるかをさんざん経験したにもかかわらず、制度的にそれを改めよう、少しでもこの世の不幸を押しとどめようとはしなかった。

仮にそういう努力はあっても、成果にならなかった。中国はむしろ『歴史哲学講義』に記されたヘーゲルの観察が正しい。「諸君の眼前に、古代そのままの帝国がある。」毛沢東の人民中国は一つの解だったが、自分が皇帝を辞めようとはしなかった。そして今は元の木阿弥。

当否は遠くない将来に分かるはずだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント