論語詳解291顔淵篇第十二(13)訟えを聴くは’

論語顔淵篇(13)要約:日本の時代劇同様、古代中国では行政官は司法官と兼業でした。孔子先生も判事になりましたが、できることなら人を裁きたくない。犯罪者の出ない社会を作る事こそ、先生が望む政治の姿でした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「聽訟、吾猶人也。必也使無訟乎。」

校訂

定州竹簡論語

……□訟,吾猶人也。[必也使□訟乎]!316

復元白文

子 金文曰 金文 聴 金文訟 金文 吾 金文猶 金文人 金文也 金文 必 金文也 金文使 金文無 金文訟 金文乎 金文

※論語の本章は、也の字を断定で用いているなら、戦国時代公の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、うつたへくは、われひとのごときかななりかならうつたへから使めむ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「裁判の判事は、私は人並みに務まるね。だが必ず訴訟そのものを無くしてみせたいものだな。」

意訳

論語 孔子 キメ
行政官が片手間に判事を務めればいいというものではない。訴訟そのものを無くすよう統治せねばならない。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「訴訟ごとの審理判決をやらされると、私もべつに人と変ったところはない。もし私に変ったところがあるとすれば、それは、訴訟ごとのない世の中にしたいと願っていることだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「審案,我跟別人一樣。我想做的是:使案件消失!」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「裁判は、私は他人と同じだ。私はこれについて、無くしてしまいたい!」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 使 。」


聽(聴)

論語 聴 金文 論語 聴
(金文)

論語の本章では”判事を務める”。詳細は論語語釈「聴」を参照。

耳で直接聞く、の意の他に、政治や裁判など”行政行為を行う”の意味がある。清の西太后が幼少の同治帝に代わり、玉座の後ろに御簾を掛け、その後ろに座って大臣達に指示を出したのを、「垂簾聴政」(スイレンチョウセイ)と言った。

猶(ユウ)

論語 猶 金文 論語 猶

論語の本章では、”~もまた”。「なお~のごとし」と読む再読文字の一つ。詳細は論語語釈「猶」を参照。

吾猶人也

論語 猶 金文 論語 猶
「猶」(金文)

論語の本章では、”私もやはり人と同じだ”。「猶」(ユウ)は再読文字で、「なお~のごとし」と読む。

吾猶人也。 吾猶お人のごとき也。

『学研漢和大字典』による原義は、酒壺から香気がただようさま。詳細は論語語釈「猶」を参照。

必也

論語 必 金文 論語 也 金文
(金文)

論語の本章では”ぜひとも”。ここでの「也」は、句頭の主語・副詞を強調する意を示す。詳細は論語語釈「也」を参照。

必也使無訟乎。ぜひとも訴訟を無くしたいものだなあ。

この句について既存の論語本を参照すると、儒者の間で議論があるようだ。荻生徂徠は「どうしても裁判について言うなら」と解したと吉川本にある。訳者としてはどうでもいいと思うし、吉川本にも「細心すぎる」という。

孔子は別に裁判について語りたいわけではなく、抱負を述べたまでだと訳者は解する。

論語 訟 金文 論語 訟
(金文)

論語の本章では”訴える・法廷”。訴訟と言うが、「訴」は人を排斥するようなことをいうこと。「訟」は公に訴えること。

『学研漢和大字典』によると「訴」は会意文字で、「言+斥(逆方向に切りこみを入れる)」。乍(サ)(ざくっと切れ目を入れる)・作(作為を加える)・泝(ソ)(川をさかのぼる)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「訴」論語語釈「訟」を参照。

必也使無訟乎

論語の本章では”ぜひとも訴訟を無くしたいものだなあ”。「使」(しむ)は使役を意味し、句末の「乎」(か)はここでは詠嘆を意味する。

必也使無訟 必ず也訟え無から使め

詳細は論語語釈「使」論語語釈「乎」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は前章と同じく、過去の中国で行政官が判事を兼ねているからこそ言えること。裁判・刑罰は権力が最もその姿をむき出しにする場面だからだろうか、儒者は喜んで本章に注を書き付けている。読解に役立つ注ならいいのだが、ごますりとこき下ろしばかり。

新注

論語 儒者
范祖禹「裁判の判決を下すのは、事件の結果を罰して予防するだけだ。民の性根を叩き直しておとなしくさせれば、そもそも裁判などやらずに済む。

楊時「子路はカタコトだけで判決が下せると言うが、愚かで乱暴者だから、礼儀や譲り合いで国を治める方法を知らんのだ。だから訴訟沙汰が止まない。だからここに孔子様のお言葉を記して、聖人にとっては裁判など造作もないことを示したまい、そもそも民に訴訟沙汰を起こさせないことの尊さを記したもうたのだ。」(『論語集注』)

オッソロシー人たちですなあ。みなさん、君子ゴミ溜めに近寄らずですぞ。楊時は言う事とやる事が全然違う如何わしい男で、どんな奴かは以前ちょっと書いた(論語里仁篇16付記)。范祖禹は謹言居士だったようだが、言っている事はサディズムだ。性根はまともではあるまい。

論語の本章の成立時期については、定州竹簡論語にあること、『礼記』大学篇『大載礼記』礼察篇に引用があることから、前漢前期よりは下らない。だが本章の「吾猶人也」の「也」は、詠歎に訳すのは無理があるように感じる。やはり戦国時代の成立とすべきではないか。

孔子が亡命するハメになった一因として、代官として「男女が道を別にし、落ちているものを拾わない」圧政を敷いて、庶民から嫌われたことが挙げられる(『史記』孔子世家)。仮に本章がそれより後の発言とすると、多少孔子も反省した結果かも知れないが、憶測でしかない。

罪を罰するより、罪を起こさせないような政治を行うのが正しいあり方だ、というのはまっとうに聞こえるが、そういう思想が孔子にあったのだろうか。論語為政篇3、「みちびくに礼を用う」が後世の偽作だったことを思うと、どうも孟子の思想であるように思える。

若民,則無恆產,因無恆心。苟無恆心,放辟,邪侈,無不為已。及陷於罪,然後從而刑之,是罔民也。

孟子
民という者は、財産がありませんから、不動心など持ちようがありません。不動心が無いから、悪さはする、図乗りはする、やりたい放題するしかないのです。その結果捕まって、その後で王殿下のような為政者が、そういう者に刑罰を加える。これを民を馬鹿にする、というのですぞ。(『孟子』梁恵王上)

有名な「恒産無くして恒心無し」の出典だが、孟子は上掲の梁の恵王だけでなく、滕の文公にも同じ説教をしているから、孟子にとって目玉商品だった可能性がある。もっとも、文句がまったく同じな点は如何わしいのだが、それに目をつぶれば孟子の思想と言ってよい。

対して孔子は論語を通読すると、民を徹頭徹尾経済動物のように思っており、慈しみ可愛がりはするが、それは畜産農家が家畜を大事に育てるのと同じ理屈だ。とりわけ中国ならではの事情として、一揆勢とか叛乱軍とかには遠慮がなく、相手が高貴な身分だろうと惨殺する。

食ってしまう者もいる。「食べちゃいたいほど」の下の句は、日本語では「可愛い」だが、中国では「憎らしい」のが常。だから為政者側も民に油断は出来ないのであり、民の立場で論語を解釈してしまうと、ついついオトツイの方角に出てしまうことになる。

論語を誤読しないための心得として、まず自分と論語の時代に言う「君子」との比較検討を以前指摘した。そうでないと、上掲宋儒のような、とんでもない高慢ちきに陥ることになる。だがそうかと言って、孔子を庶民である自分に都合よく解釈するのも誤りだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)