論語詳解278D先進篇第十一(28)三子者出づ

論語先進篇(28)要約:一人だけ孔子先生のおそばに残った曽点は、政治への抱負を述べた弟子たちの答えについて、先生の論評を求めます。それぞれあるがままに答える先生。のどかな孔子塾は、今日も暮れていくのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

三子者出、曾皙後。曾皙曰、「夫三子者之言何如。」子曰、「亦各言其志也已矣。」曰、「夫子何哂由也。」*曰、「爲國以禮、其言不讓、是故哂之。」「唯求則非邦也與。」「安見方六七十、如五六十、而非邦也者。」「唯赤則非邦也與。」「宗廟*會同、非諸侯而何*。赤也爲之小、孰能爲之大*。」

校訂

武内本:清家本により、曰の前に子の字を補う。宗廟の下に之事如の三字を補う。文末に相の字を補う。唐石経、如之何の三字磨改して而何の二字となす。

書き下し

子者ししやづ、曾皙そうせきおくれたり。曾皙そうせきいはく、の三子者ししやこと何如いかんいはく、おほい各〻おのおのこころざしへる也已矣のみいはく、夫子ふうしなんいうわらいはく、くにをさむるにはれいもちふ、ことゆづらず。ゆゑこれわらふと。唯〻ただきうすなはくにあらざるなるいづくんぞはう六七十、しくは五六十、しくにあらざるなるものやと。唯〻ただせきすなはくになるあらざる宗廟そうべう會同くわいどうは、諸侯しよこうあらずしなんぞ。せきこれせうたらば、たれれがだいらむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

〔承前〕

三人が先生の前を下がって、曽皙だけが残った。曽皙が言った。「あのお三方のお話しはどうですか。」先生が言った。「大いにそれぞれの志を言ったまでだろう。」曽皙が言った。「ではなぜ由(子路)を笑ったのですか。」先生が言った。「国を治めるには礼法が大事だ。子路の言い方には礼儀というものがない。だから笑った。」曽皙が言った。「しかし求(冉有)も国政の話ですが。」先生が言った。「四方六・七十とか五・六十と言うからには、国でないわけがない。」曽皙が言った。「(公西)赤も国の話ではないですか。」先生が言った。「祖先祭殿とか外交の場とか、それは諸侯の話でなくて何だ。しかし赤ほどの人物が下役を務めるなら、誰が上役を務めるのだろう。」

意訳

三人が去り、曽セキだけが残った。

論語 曽点 曽皙 論語 孔子 楽
曽皙「お三方の話をどう思われます?」
孔子「言いたいことを言ったまでだろう。」

曽皙「ではどうして子路を笑われました?」

論語 孔子 たしなめ
孔子「政治の基本は礼儀だといつも教えておるのに、あやつときたら大言壮語しよって…礼儀にふさわしい慎みというものがない。だから笑った。」
曽皙「冉有ゼンユウも政治の話では?」

論語 孔子 ぼんやり
孔子「ナントカ四方と言うからには、それはそうだが、まあ言い方が謙虚だったからな。」

曽皙「公西華もそうですが…?」

論語 孔子 遠い目
孔子「祭殿とか外交と言えばそうに決まっているが、あいつも控えめでよろしい。しかしあれが下役では、上役はさぞやりにくかろうなあ。」

従来訳

論語 下村湖人

間もなく三人は室を出て、曾皙だけがあとに残った。
 彼はたずねた。――
「あの三人のいったことを、どうお考えになりますか。」
 先師はこたえられた。――
「みんなそれぞれに自分相応の抱負をのべたに過ぎないさ。」
 曾皙――
「では、なぜ先生は由をお笑いになりましたか。」
 先師――
「国を治むるには礼を欠いではならないのに、由の言葉は高ぶり過ぎていたので、ついおかしくなったのだ。」
 曾皙――
「求は謙遜して一国の政治ということにはふれなかったようですが……」
 先師――
「方六七十里、或は五六十里といえば、小さいながらも国だ。やはり求も一国の政治のことを考えていたのだよ。謙遜はしていたが。」
 曾皙――
「赤のいったのは、いかがでしょう。ああいうことも一国の政治といえるでしょうか。」
 先師――
「宗廟のことや国際会談の接伴というようなことは、諸侯にとっての重大事で、やはり一国の政治だよ。しかも赤せきはその適任者だ。謙遜して、補佐役ぐらいなところを引きうけたいといっていたが、彼が補佐役だったら、彼の上に長官になれる人はないだろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

前章、前々章、前々々章もあわせ参照。

論語 唯 金文
(金文)

武内本に「唯雖通ず」とあるが、「ただ」と読み「いえども」と読まなくても意味が通じるので従わなかった。

赤也爲(為)之小、孰能爲之大

論語 赤 金文 論語 赤
「赤」(金文)

論語の本章では、”公西赤が下役では、誰が上役が務まるだろうか”。

「孰」は疑問を表すことば。「能」は”~できる”で、可能を表すことば。「爲」は論語の本章では、”役目を務める”。

別解として「赤やこれが為め小なり、孰(いずく)んぞ能(よ)くこれが大を為さんや」と読み下し、”公西赤は下働きをすると言ったが、それは分相応というもので、どうして長官が務まろうか”と解釈も出来る。

『学研漢和大字典』によると「赤」は会意文字で、「大+火」。大いにもえる火の色。赭(シャ)(あか)・灼(シャク)(まっかにもえる)・炙(シャ)(火をもやす)などと同系のことば、という。

論語:解説・付記

上記読み下しに従えば、公西赤は外交官としては立派だったらしいので、それ以上の外交官がいるだろうか、と孔子は高く評価したわけ。しかし語釈の読みの方もまたいいように思うので、どちらか決めかねている。

論語 白川静 論語 武内義雄
さて最後にぶち壊しの話になるが、白川静『孔子伝』によると、今回を最後とするこの論語最長の章は、「曽子の後学が偽作したもの」といい、すでに和辻哲郎が指摘しているという。確かに曽子一派ならやりかねない。自分だけでなく、おやじの宣伝まで論語に書き付けたのだ。

また武内義雄『論語之研究』によると、曽子の父・曽点が、論語以外の儒教経典の中で現れるのは『孟子』が最初で、狂士=「いたずらに理想だけ大きくして行いの伴わない人」として描かれているという(下記)。また曽点が孔子を「夫子」と呼んでいるのもおかしいという。

「夫子」=”あの人”で、論語では通常三人称として孔子を呼ぶ場合に用いている。しかし後世の創作が疑われる論語陽貨篇では、たびたびこの言葉を二人称として用いている。『論語之研究』では結論として、本章は儒家の中でも老荘的な者による、後世の挿入だとしている。

萬章問曰:「孔子在陳曰:『盍歸乎來!吾黨之士狂簡,進取,不忘其初。』孔子在陳,何思魯之狂士?」
孟子曰:「孔子『不得中道而與之,必也狂獧乎!狂者進取,獧者有所不為也』。孔子豈不欲中道哉?不可必得,故思其次也。」
「敢問何如斯可謂狂矣?」
曰:「如琴張、曾皙、牧皮者,孔子之所謂狂矣。」
「何以謂之狂也?」
曰:「其志嘐嘐然,曰『古之人,古之人』。夷考其行而不掩焉者也。狂者又不可得,欲得不屑不潔之士而與之,是獧也,是又其次也。孔子曰:『過我門而不入我室,我不憾焉者,其惟鄉原乎!鄉原,德之賊也。』」

萬章問うて曰く、「孔子陳に在りて曰く、『盍ぞ歸らざる乎來かな。吾が黨之士狂にして簡、進みて取り、其の初めを忘れ不』と。孔子陳に在りて、何ぞ魯之狂士を思うや」と。 

孟子曰く、「孔子『中道を得不り而之に與るは、必ず也狂獧乎。狂なる者は進みて取り、獧なる者は為さ不る所有る也』と。孔子豈に中道を欲せ不る哉。必ず得可から不れば、故に其の次を思える也」と。 

「敢えて問う、斯の狂と謂う可きは何如矣らん」 と。

曰く、「琴張、曾皙、牧皮の如き者は孔子之所謂狂矣」と。

「何ぞ以て之を狂と謂う也」と。

曰く、「其の志はコウ嘐然として、曰く『古之人、古之人』と。たやすく其の行いを考え而掩わ不り焉る者也。狂なる者は又た得可から不。いさぎよしとせ不潔しと不る之士を得んと欲し而之に與するは、是れ獧也。是れ又た其の次也。孔子曰く、『我が門を過り而我が室に入ら不るは、我憾ま不り焉る者にして、其れ惟だ鄉原乎。鄉原は、德之賊い也。』」

論語 弟子 論語 孟子
万章「孔子先生は陳で言いました。”さあ帰ろう。我が故郷の同志諸君はもの狂いで率直、貪欲に進歩を求め、学び始めた頃の初々しい心を忘れていない”と。孔子先生は遠い陳国で、どうして魯の狂士=もの狂いな弟子たちを思ったんでしょうね。」

孟子「孔子先生は、”片寄りの無い立場を取れない者は、必ずもの狂いか潔癖症になる。もの狂いは貪欲に進歩を求め、潔癖症の者はやりたくないことは絶対にやらない”と言った。先生は片寄り無しでいたかったと思うよ。でもそうもいかないから、まだもの狂いか潔癖症の方がましだと思ったんだろうね。」

万章「では、そうしたもの狂いの人とはどのような人でしょう。」

孔子「琴張や曽皙や牧皮のような人が、先生の言うもの狂いだね。」

万章「どうしてもの狂いなんですか?」

孟子「願望ばかり大きくて、まるでニワトリがけたたましく鳴くように、二言目には”昔の人なら! 昔の人なら!”と目の前の出来事にケチをつける。軽率に何でも出来ると思い上がっていて、そのくせ実行が伴わない。いつまでたっても、何もやり遂げることが無い。

また何事にもケチを付けて、自分だけいい子になろうとする連中とばかり付き合いたがるのが、先生の言う潔癖症の者だ。これはもの狂いの次に、世の役立たずと言うべき人だ。

だから孔子先生は言ったのだ。”我が家の前をうろちょろしながら、教えを聞きにはやってこない。そんな奴はどうなろうが知ったことではなく、いわゆる田舎の大将というやつだ。田舎の大将ほど、教育の邪魔になる連中はいない”と。」(『孟子』尽心下篇)

『論語』先進篇おわり

お疲れ様でした。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 赤也爲之小、孰能爲之大。(『論語』先進) 〔赤也之を小爲らば、孰れか能く之を大爲らん。〕 […]