論語詳解278C先進篇第十一(27)点なんじは何如

論語先進篇(27)要約:ある日の孔子塾の雑談風景。おそばにいた曽点に、先生は日頃の政治への抱負を尋ねます。ところが琴を弾いてなかなか答えない年長の曽点。答えたのは政治の話ではなく、なんとものどかな願いでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

「點、爾何如。」鼓瑟希、鏗爾*舍瑟而作。對曰、「異乎三子者之撰*。」子曰、「何傷乎。亦各言其志也。」曰、「莫*春者、春服既成。冠者五六人、童子六七人、浴*乎沂、風乎舞雩、詠而歸。」夫子喟然歎曰、「吾與點也。」

校訂

武内本:鏗爾、説文摼爾。撰鄭本撰に作り読みて詮となす、詮とは善なり。暮、唐石経莫に作る。浴筆解沿に作る。

書き下し

てんなんぢ何如いかんしつすることなり。鏗爾かうじとしてしつち、こたへていはく、三子者ししやせんことなれり。いはく、なんいたまむおほい各〻おのおのこころざしへるなりいはく、莫春ぼしゆん春服しゆんぷくすでり、冠者くわんじや五六にん童子どうし六七にんよくし、舞雩ぶうふうし、えいかへらむ。夫子ふうし喟然きぜんとしてたんじていはく、われてんくみせんなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

〔承前〕

先生が言った。「点(曽皙ソウセキ)よ、お前はどうだ。」
曽皙は大琴をつま弾いていたが、ガーンと音を響かせて琴を脇に置いて立ち、答えて言った。「お三方とは異なります。」先生が言った。「何を気にしているのか。大いにそれぞれの志を言ったまでだ。」曽皙は言った。「晩春、もう春服はすっかり身に付き、若者五・六人、子供七・八人と共に、沂水で水浴びし、雨乞い台の上で風に吹かれ、歌を歌って帰りたいものです。」先生がため息をついて行った。「私は点に賛成だ。」

意訳

論語 孔子 楽 論語 曽点 曽皙
孔子「曽皙、お前は。」
曽皙「♪チィ~ン・トォ~ン・シャァ~ン。…ガーン!」

曽皙「失礼しました。私の考えはお三方とは違いますので。」
孔子「遠慮せんでもいい。思うまま言え、と言ったのは私だぞ。」

曽皙「それでは失礼ながら…春の遅い頃、そうですね、もう春服がすっかり体になじんだ頃、若者や子供達を連れて沂水で水浴びし、雨乞い台の上で風に吹かれて乾かし、歌でも歌って帰りましょうか。」

論語 孔子 褒める
孔子「うむうむ、それがいい!」

従来訳

論語 下村湖人

先師、――
「点よ、お前はどうだ。」
 曾皙は、それまで、みんなのいうことに耳をかたむけながら、ぽつん、ぽつんと瑟しつを弾じていたが、先師にうながされると、がちゃりとそれをおいて立ちあがった。そしてこたえた。――
「私の願いは、三君とはまるでちがっておりますので……」
 先師、――
「何、かまうことはない。みんなめいめいに自分の考えていることをいって見るまでのことだ。」
 曾皙――
「では申しますが、私は、晩春のいい季節に、新しく仕立てた春着を着て、青年五六人、少年六七人をひきつれ、沂き水で身を清め、舞雩で一涼みしたあと、詩でも吟じながら帰って来たいと、まあそんなことを考えております。」
 すると先師は深い感歎のため息をもらしていわれた。――
「私も点の仲間になりたいものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

點(点)

論語 点 金文大篆 論語 曽点子皙
(金文)

曽子の父、曽点子セキ。曽子が孔子より46年少だから、孔子より25年ほど年下かと思われる。

『学研漢和大字典』によると「點」は会意兼形声。文字で、占は「卜(うらなう)+口」の会意文字。占って特定の箇所を選びきめること。點は「遯(くろい)+(音符)占」で、特定の箇所を占有した黒いしるしのこと。のち、略して点と書く。

占(場所をしめる)・店(特定の場所をしめたみせ)・黏(テン)(特定の所にくっつく)などと同系のことば、という。

「皙」は会意兼形声文字で、「白+(音符)析(セキ)(くっきりとわける)」で、くっきりと区分されてしろいこと。なお晳(セキ)は別字で、あきらか(あきらかなり)。けじめがすっきりしている。はっきりと見分けがつくさま、という。

 

瑟(シツ)

論語 瑟 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”床や座卓上に据えて弾く大琴”。

論語 三才図絵 琴 瑟

『三才圖會』所収「琴・瑟」(ケイ)。東京大学東洋文化研究所蔵

論語 希 金文大篆 論語 希
(金文大篆)

この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はxi̯ərで、同音は屎”くそ”のほかは希を部品とする漢字群。詳細は論語語釈「希」を参照。

冠者(カジャ)

論語 冠 金文大篆 論語 者 金文
(金文)

論語の本章では狂言と同じく、”若者”。とするとこの時曽皙は少なくとも40を過ぎていたはずで、本章は孔子が放浪から帰国した、68歳前後のことと推定できる。

『学研漢和大字典』によると「冠」は会意兼形声文字で、「冖(かぶる)+寸(手)+(音符)元」。頭の周りをまるくとり囲むかんむりのこと。まるいかんむりを手でかぶることを示す。完(欠けめなくまるく囲む)・院(囲んだ中庭)・垣(エン)(まるく囲むかき)などと同系のことば。

類義語の冕(ベン)は、天子から大夫までの礼冠。弁は、士の礼冠、転じて、キャップ状のかぶりもののこと。冠はその総称である、という。

沂(キ)

論語 沂 金文大篆
(金文)

論語の本章では、魯国の川、沂水のこと。地図では右下、都城の曲阜からは随分遠いので、泊まりがけの旅行になるだろう。
論語 魯国 地図

Map via http://shibakyumei.web.fc2.com/

『学研漢和大字典』によると「沂」は会意兼形声文字で、「水+(音符)斤(キン)(近づく、せまる)」で、岸が水ぎわにせまった川。また、水ぎわのがけ、という。

論語 風 甲骨文 論語 風 金文大篆
(甲骨文・金文大篆)

武内本に、「風、放と通ず、至る意」とある。しかし漢字の原義通り、”風に吹かれる”でよいと思う。

舞雩(ブウ)

論語 舞 金文 論語 雩 金文
(金文)

論語の本章では、”雨乞いを行う舞台”。拝み屋集団の母の元で育った孔子にとって、なじみ深い場所であったろう。樊遅を連れて舞雩に散歩した話も論語にあるので、あちこちにあったようだ。

『学研漢和大字典』によると「舞」は会意兼形声文字で、舛(セン)は、左足と右足を開いたさま。無(ブ)は、人が両手に飾りを持ってまうさまで、舞の原字。舞は「舛+(音符)無」で、幸いを求める神楽のまいのこと。巫(フ)・(ブ)(神前でまって神に幸いを求めるみこ)・募(求める)と同系のことば、という。

「雩」は形声文字で、「雨+(音符)于」。大声で天に訴えてあまごいをすること。吁(ウ)(わあわあと叫ぶ)・訏(ク)(おおという叫び)と同系のことば、という。

論語:解説・付記

この章、つづく。

なお早くは和辻哲郎から指摘されていたことだが、本章は現実にはあり得ないけしきで、子路・冉有といった一門の大立て者と、他ならぬ師匠の孔子を前にして、一人だけ琴弾きにふけっている曽子のおやじ曽点を、三者を超えて偉いように描いている。曽子一派の捏造だろう。

詳しくは次回に述べるが、曽点は弟子の中でも出来が悪いと評されていた可能性が高く、こんな無礼がまかり通るとは思えない。この先進篇は論語の後半にあり、どちらかと言えば曽子派の影響は薄いはずなのだが、現伝の姿に論語がなるまで、付加の機会はいくらでもあった。

漢代の儒者による膨らましが行われるまで、論語の各篇は200字程度だった可能性が高い。従ってこの論語先進篇は、本来24「子路子羔をして」で終わっていたのが、行き所の無い作り話だった本章をくっつけることで、他の篇と長さを揃えた、そんなところと思われる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)