論語298顔淵篇第十二(20)子張問う、士いかなる

論語顔淵篇(20)要約:何かとやり過ぎる弟子の子張。一人前と有名とを勘違いしています。それを指摘する孔子先生。語学的には、先生以前の儒者の姿を、たった一言だけではあっても、記録に留めた希有な章。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子張問、「士何如斯可謂之達矣。」子曰、「何哉、爾所謂達者。」子張對曰、「在邦必聞、在家必聞。」子曰、「是聞也、非達也。夫達也者、質直而好義、察言而觀色、慮以下人、在邦必達、在家必達。夫聞也者、色取仁而行違、居之不疑。在邦必聞、在家必聞。」

書き下し

子張しちやうふ、如何いかなるかこここれたつなるいはく、なんなんぢ所謂いはゆるたつなるものとは。子張しちやうこたへていはく、くにつてもかならきこえ、いへつてもかならきこゆ。いはく、ぶんなりたつあらざるなりたつものは、質直しつちよくにしこのみ、ことさついろおもんばかりてもつひとくだる。くにつてもかならたつし、いへりつもかならたつす。ぶんものは、いろじんおこなひたがひ、これうたがはず。くにつてもかならきこえ、いへつてもかならきこゆ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子張 論語 孔子
子張が問うた。「士族はどうあれば一人前と言っていいですか。」先生が言った。「何かね君の言う一人前とは。」子張が答えて言った。「国の中でも有名で、一族の中でも有名な者です。」先生が言った。「それは目立ち者で、一人前とは言えないな。そもそも一人前とは、性格が素直で正義を好み、人の発言や表情をよく観察し、考えた上で人にへりくだる者だ。だから国の中でも一人目として通用し、一族の中でも一人前として通用する。対して目立ち者は、作り笑顔を勘違いして行動を誤っているのに、自分が目立っている状態を疑わない。国内でも目立ち、一族の中でも目立っている。」

意訳

論語 子張
子張「私も士族として、一人前になりたいものです。」
孔子「なんだね、その一人前とは。」
子張「国内でも一族の中でも、目立っている事です。」
論語 孔子 ぼんやり
孔子「おやおや。それは人気者で一人前ではないぞ。一人前とは、根が素直で、素直だから他人の言葉や表情に敏感に反応して、必要とあれば即座にへりくだれる人物の事だ。
人気者は違うぞ? その場の他人の作り笑顔を、いつまでも続く自分への好意と勘違いして、行動を誤る者だ。だからずっと自分は人気者のままでいられると思っている。国でも一族でも人気がある、そんなの長続きしないのにな。」

従来訳

子張がたずねた。――
「学問に励みますからには、いわゆる達人といわれる境地にまで進みたいと思いますが、その達というのは、いったいどういうことなのでしょう。」
 先師がいわれた。――
「お前はどう思うかね、その達というのは。」
 子張がこたえた。――
「公生活においても、私生活においても、第一流の人だといわれるようになることだろうと存じますが――」
 先師――
「それは名聞(みょうもん)というものだ。達ではない。達というのは、質実朴直で正義を愛し、人言にまどわされず、顔色に欺かれず、思慮深く、しかも謙遜で、公生活においても、私生活においても、内容的に充実することなのだ。名聞だけのことなら、実行の伴わない人でも、表面仁者らしく見せかけ、自らあやしみもせず、平然としてやっておれば、公私とも何とかごまかせることもあるだろう。しかしそんな無内容なことでは、断じて達人とはいえないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 達 金文
(金文)

論語の本章で子張と孔子の間で見解が違うように、多義性がある。語源から言えば”通る”ことで、ここではどこでも”通用する人物”。

論語 聞 金文
(金文)

論語の本章では、良く人の耳に”聞こえる人”。目立ち者、人気者。

質直

論語 質 金文 論語 直 金文
(金文)

論語の本章では、”素直で正直な性格”。

論語学而篇(6)に見られるように、孔子には人を見抜く素質について一家言があった。つまり、自分が素直でないと、他人の嘘に気が付かないということ。いつも作り笑顔や猫なで声で、他人を転がして利用する者は、他人がバカに見えて仕方がない。

だから隠された悪意や心変わりに気が付きにくい。

色取仁而行違

論語 色 金文大篆
「色」(金文)

論語の本章では”作り笑顔を勘違いして行動を誤っている”。伝統的な解釈は、従来訳の通り「表面仁者らしく見せかけ」だが、ここは訳者も、速読の訳では間違えた(修正済み)。ここでの「仁」は論語の他の箇所と全く異なり、”耳障りのいい言葉”のこと。

加地伸行説によると、孔子が現れるまでの儒者とは、冠婚葬祭業者兼、拝み屋・イタコ・占い師であって、お客の気分が良くなるように耳障りのいい事を言うのを、「仁」と呼んだという。

本章の「色取仁」は同じく「観色」と対を為しており、達人は顔色を素直な心で観察し、相手がどう思っているか敏感に気付くのに対し、聞人は他人の作った表情をそのまま真に受け、「而(し)て行いは違(あや)まる」わけ。

どんな時代でも時の人というのはいて、それは論語時代でも変わらない。孔子が処刑した少正卯(ショウセイボウ)という人もそうだったようで、孔子は難癖を付けて処刑してしまった。理由の第一は嫌いだったからだろうが、その理由を『孔子家語』で言い訳している

しかし孔子が処刑しなくとも、時の人の人気は移ろいやすいものである事、論語時代も現代も変わらない。

論語:解説・付記

論語には珍しく、そのまま現代の教訓になる話ではないだろうか。

孔子は五十代前半で政界デビューを果たした頃、天狗になって弟子の子路にたしなめられたと『史記』孔子世家に記されている。しかしその効き目はなく、庶民に対しては厳格に風俗を取り締まって嫌われ、貴族に対しては根城を破壊するなど既存権益を崩して嫌われた。

結果、国外追放の憂き目にあった。人気の当てにならなさを、よく知っていたのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)