論語詳解206子罕篇第九(1)子まれに利と命と仁を

論語子罕篇(1)要約:論語の各所で、孔子先生は仁について語っています。しかし弟子によると意外にも、めったに口にしなかったとの事。つまり論語とは、おしゃべりな先生の話の中から、まれに語ったエッセンスの集まりだとわかる一節。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子罕、言利與命與仁。

書き下し

まれに、めいじんふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生はまれに、利益と天命と仁を語った。

意訳

論語 孔子 黙る
孔子先生は利益・運命・常時無差別の愛の話をめったにしなかった。

従来訳

論語 下村湖人

先師はめったに利益の問題にはふれられなかった。たまたまふれられると、必ず天命とか仁とかいうことと結びつけて話された。

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

罕(カン)

論語 罕 篆書 論語 罕
(篆書)

論語の本章では、”まれに”。長い柄のついた、鳥を捕るたも網形の道具が原義。この文字は甲骨文や論語時代の金文には見られず、秦漢帝国時代になってようやく現れる。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「㓁(=网。あみ)+(音符)干(=幹。長い柄)」。▽「まれ」の意は、乾(かわいた、水気が乏しい)や漢(水がかれた)などと同系のことばに当てたもの、という。

論語 利 金文 論語 利
(金文)

論語の本章では、ひとまず”利益”と解したが、原義に近い”鋭さ”でもよいと思う。

『学研漢和大字典』によると稲束を鋭い刃物でさっと切ることだといい、『字通』によると同じく稲束を切るので鋭利の意味が、その結果収穫を得るので利益の意があるという。『大漢和辞典』では、武器が鋭さを保っていることだという。

與(与)

論語 與 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では、”~と”。原義は力を合わせる事。

論語 命 金文 論語 命
(金文)

論語の本章では、”天の定め・運命”。『学研漢和大字典』による原義は、人を大勢集めて通達する事。

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文)

論語では、”常時無差別の愛”。

『学研漢和大字典』によると人の寄り添う姿で、相手を人間として鄭重に扱うこと。一方『字通』では、誰かのために敷物を敷いてやり、くつろがせること、という。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎 論語 荻生徂徠
利益と運命はともかく、仁の話はいくらでも論語に載っているのに、これはおかしい、しかしそう思った弟子もいたのだろうと、と既存の論語本では吉川本が言う。さらに続けて、この矛盾を解決しようとしたのが荻生徂徠で、「子は罕に利を言い、命と與(とも)にし仁と與にす」と読み下し、従来訳のような解釈をしたという。

論語 孔子 説教
訳者の見解はどちらとも異なる。つまり孔子はものすごいおしゃべりで、かたわらに人がいれば、しゃべらないと死んでしまうような病気だったと見る。世の中には実際そのような人がいる。論語以外の史料や資料に出て来る孔子は実に饒舌で、よくもまあ、と呆れもする

しかし孔子が度々人を評して、「あいつは口がうまいから嫌いだ」とか(論語先進篇24)、「口数が少ないのは仁に近い」とか言った(論語子路篇27)のは、自分が沈黙に堪えられなかったからだろう。弟子はそのような孔子の言葉のシャワーを浴び続けたわけ。

そんな弟子が孔子没後に集まって、さて、と自分たちのメモを取り出してみると、結局仁に関わる話が多かったのだろう。しかし論語郷党篇の冒頭には、孔子の別の姿がある。

論語 孔子 説教中止
孔子の郷党に於けるや、恂恂如(ジュンジュンジョ、慎み深い)也、言う能わ不る者に似たり。其の宗廟朝廷に在りては、便便として言い、唯だ謹しめる尓(のみ)。

普段がおしゃべりだったから、里帰りした時の、「言う能わ不る者」=まるで口がきけないような態度が物珍しく見えたに違いない。そして朝廷では「便便として」ベラベラしゃべったわけで、これも普段のおしゃべりを思わせる。

次いで「天命をめったに言わなかった」というのにも疑問がある。孔子の死去と入れ替わるように生まれた諸子百家の一人、墨子は、『墨子』非儒下篇で次のように書いている。

論語 晏嬰
晏嬰アンエイいわく…「儒家は天命を言い立て、そのせいにして仕事を怠けますから、職を与えても無駄です。」

『史記』孔子世家にも似た言葉が載った、孔子が斉での仕官に失敗したときの話だが、言い立てている主語が孔子ではなく儒家になっていること、『墨子』が弟子の手による記述である可能性が高いことをひとまずおけば、孔子は盛んに天命を言い回っていたことになる。

論語 司馬遷 論語 史記
『史記』には天命うんぬんは記されていないが、史料としては『墨子』の方が古く、むしろ『史記』は『墨子』のダイジェストと言っていい。しかも『墨子』は中国古典には珍しく、後世の改竄がほとんど無いと言うから、『論語』に次ぐ信憑性があると言っていいだろう。

論語 墨子
となると、この論語の子罕篇冒頭は、何を言いたかったのだろうか。可能性として、墨家への反論が考えられる。孔子没後、儒家はかなり衰えて、孟子の証言では墨家と楊朱(諸子百家の一人で利己主義を説いた)の天下だったという。失地奪回を儒家が計って不思議はない。

論語 孟子
現に孟子はそれを果たした。論語が現在の形になるまでには、後漢末の時代まで下るから、あるいは孟子が論語に、一言書き加えた可能性はあるし、まだ儒家がそれほど衰える前、つまり墨子が生きてきた間に、新興墨家を打破するために、儒家が書き加えた可能性もある。

いずれにせよ事実は薄暗い古代のかなた、想像することしか許されない。

なお武内義雄『論語之研究』は以下のように言う。

論語 武内義雄 論語之研究
利は孔門の徒が軽々しく説かなかったところで孟子の如きも極力これを斥けている。儒教の経典で「利」を説くのは易であるから、孔子が罕に利を説かれたというのは易伝と関係があるらしく、比較的新しい文章であろう。(p.95)

論語子罕篇が新しいというのには訳者も賛成する。しかしそれだけに、後世付加された章が少なく、編集意図がはっきり分かる。子罕篇は死にゆく孔子の姿を描く事で、儒者にとって忘れがたい孔子の人生を伝えようとしたのだろう。同様の例が同時代のブッダにも見られる。

論語 ブッダ
最古の仏典である『スッタニパータ』に遅れて、仏弟子はブッダの最後の日々を描いた『大パリニッバーナ経』を編んだ。中村元『ブッダ最期の旅』によると、それは仏滅という忘れがたい出来事の記録のためだったという。事情は孔子の弟子たちも同じだろう。

だが儒者は仏弟子のように、祖師の死そのものは描かなかった。その代わり一人ずつ先立った弟子や家族を記し、間接的に孔子の衰えを記し、まるで叙事詩のように孔子の最期を描いている。この論語子罕篇は順を追って読むと、だんだんと物寂しくなっていく事に気が付く。

論語子罕篇は、孔子についての『大パリニッバーナ経』だと言えるだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)