論語詳解226子罕篇第九(22)苗にして秀でざる*

論語子罕篇(22)要約:論語の本章も顔回神格化のための持ち上げ話。顔回を名指しはしていませんが、この論語子罕篇の編者は明らかにその意図でここに配置しています。儒者は元は葬儀屋ですから、死にかこつける手管はお手の物でした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「苗而不秀者有矣夫。秀而不實者有矣夫。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「苗而不秀者有矣夫!□而不實者有矣夫!」234

復元白文

子 金文曰 金文 論語 苗 金文而 金文不 金文者 金文 有 金文已 矣金文夫 金文 而 金文不 金文実 金文者 金文 有 金文已 矣金文夫 金文

※矣→已。論語の本章は秀の字が論語の時代に存在しない。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、なへにしひいでざるもの矣夫かなひいみのらざるもの矣夫かな

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「苗には花が咲かないものがある。咲いて実らないものがある。」

意訳

論語 孔子 哀
顔回よ、安らかに。
花が咲くまで生長しない苗もある。咲いても実らないものもある。仕方がないことなのだ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「苗にはなつても、花が咲かないものがある。花は咲いても実を結ばないものがある。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「出了苗而不開花的情況是有的!開了花而不結果的情況也是有的!」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「苗が出ても花が開かないことはある!花が開いても実を結ばないことはある!」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 苗 金文 論語 苗
(金文)

論語の本章では”作物の苗”。論語では本章のみに登場。初出は甲骨文。カールグレン上古音はmi̯oɡ(平)。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「艸+田」。なわしろに生えた細くて弱々しいなえのこと。猫(ビョウ)(声もからだも細いねこ)・秒(か細い)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「苗」を参照。

論語 秀 楚系戦国文字 論語 秀
(楚系戦国文字)

論語の本章では”花が咲く”。論語では本章のみに登場。

初出は戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は声母のs(去)のみ。藤堂上古音はt’uk。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「禾(禾本科の植物)+乃(なよなよ)」で、なよなよした稲の穂がすらりと伸びることを示す。修(すらりと形の整った)・脩(シュウ)(細長い干し肉)・蕭(ショウ)(ほそい)などと同系のことば。類義語の優は、しなやかなしぐさをする人で、エレガントなこと。俊は、すらりとひいでた人で、スマートなこと。

詳細は論語語釈「秀」を参照。

實(実)

論語 実 金文 論語 実
(金文)

論語の本章では”実る”。論語では本章のみに登場。初出は西周末期の金文。カールグレン上古音はʰi̯ĕt(入)。「ジツ」は慣用音。

『学研漢和大字典』によると会意文字。「宀(やね)+周(いっぱい)+貝(たから)」で、家の中に財宝をいっぱい満たす意を示す。中身がいっぱいで欠け目がないこと。また、真(中身がつまる)は、その語尾がnに転じたことば。質(中身)・窒(チツ)(ふさがる)・室(いきづまりのへや)などと同系のことば。類義語の満は、容器にいっぱいに物をみたすこと。充は、中身をいっぱいにつめること、という。

詳細は論語語釈「実」を参照。

矣夫(イフ)

論語 矣 金文大篆 論語 夫 金文
(金文)

論語の本章では、「矣」も「夫」も詠嘆のことば。語を重ねて、強い感情を表す。「矣」は孔子在世当時に無い字だが、恐らく論語の当時は「已」と書かれていただろう。詳細は論語語釈「矣」論語語釈「夫」を参照。

論語:解説・付記

脳科学が進んだ今日、人を操るにはまず思考停止に落とし込むことだという。停止に追い込む一つの手は、死をしめやかに語ることだという。死は万人にとって無関係でない上、万人にとって理解不能で恐るべきものだからだ。坊主と葬儀ビジネスは、それで成り立っている。

そのからくりを、古代の儒者は知っていた。元々儒者は葬儀屋で、茫然自失中の遺族をたぶらかして金を巻き上げるオカルト業だったから、知っていて当然だった。だからこそ顔回の神格化も、その実態を記録から消しに消し、ひたすら賞賛した上で若死にを強調したのである。

論語 顔回

論語の本章もその文脈で理解すべき話で、顔回を名指しこそしていないが、顔回のことだと分かるように、この論語子罕篇の編者は配置している。だが不逞のやからである訳者は、顔回の死をも笑い話に仕立てた『笑府』を引用して、思考停止からの脱却を図ることにする。

士有好飲宿娼。而賄得德行者。或嘲之曰。聞顏子有負郭田三十頃。如何得窮。一人曰。他簞單食是瓢飲。所以窮了。又一人曰。闞飲到去不多。都買了德行頭兒。单是闞飲。不得不買德行頭兒矣。(巻二、徳行)


酒を飲んでは女郎屋に入り浸っている儒者がいた。世間の聞こえが悪くなったので、ワイロを出して役所から「まじめ人間証明書」を買った。

ある人「顔回先生は、城壁近くの肥えた畑を三十ケイも持っていたのに、どうして窮死しちゃったんだろう?」

別の人「財産があるのに、これ見よがしに簞食瓢飲(タンシヒョウイン)=粗食を見せびらかしたからさ。」

さらに別の人「じゃんじゃん飲めばいいのだよ。どうせ証明書を買えばチャラになる。簞食瓢飲でなく単是闞飲(タンシカンイン)=ひたすら飲む奴は、証明書を売り出すお上には、いいカモだ。

論語 笑府 馮夢竜
儒者が他人に押し付ける悪意の妄想をこしらえた漢代~宋代と違って、こうやって論語をも笑い話にする明代とは、何と明るい世の中なんだろう。明代の科挙=高級官僚採用試験は、それまでと違って出題範囲が狭かったので、儒者にも毛色の異なった人物が出るようになった。

朱子による、論語本章の注と比べてみるといい。

蓋學而不至於成,有如此者,是以君子貴自勉也。

論語 朱子
けだし学びて成るに至らず。かくの如き有る者は、これを以て、君子の自らを責めて勉むる也。

「勉強はしたがデキない。そんな者は自分を責めて、努力するがいい。」

何と言えばいいのだろうか、朱子を初めとする宋の儒者は、どこか世の中を怨んでいるように思える。朱子は弟子にも辛く当たる人で、どうしてこんな人物が尊称されるようになったか不思議なのだが、軍国主義の時代は頭のおかしな人が多いから、日本人も他国を笑えない。

ただし、宋は最後だけは立派だったことをつけ加えておく。以下は儒者の感想文。

古注『論語集解義疏』

子曰苖而不秀者有矣夫秀而不實者有矣夫註孔安國曰言萬物有生而不育成者喻人亦然也疏子曰至矣夫又為歎顔淵為譬也萬物草木有苖稼蔚茂不經秀穗遭風霜而死者又亦有雖能秀穗而值沴焊氣不能有粒實者故並云有矣夫也物既有然故人亦如此所以顔淵摧芳蘭於早年矣

本文「子曰苖而不秀者有矣夫秀而不實者有矣夫」。
注釈。孔安国「生物には生まれ出ても育たないものがあるが、人もまた同じであると諭したのである。」

付け足し。先生はなげきの極致を言った。あるいは顔回の若死にを歎いたのを譬えで言ったのである。あらゆる草木には苖があって実を付け茂るが、穂が出る前に風や霜にあたってやられるのがあり、またちゃんと穂が出ても洪水や日照りに遭って実を付けないものもある。だからこれらを並べて歎いたのである。人間以外がこうであるからには、亡くなった人もまた同じで、顔回も花咲く前の年齢で若死にしてしまったのである。

新注『論語集注』

夫,音扶。穀之始生曰苗,吐華曰秀,成穀曰實。蓋學而不至於成,有如此者,是以君子貴自勉也。

夫は扶と同じ発音である。穀物の始まりは苗である。花が咲いたのを秀という。実がなったのを実という。勉強はしたがデキない…。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. チャーカ より:

    「闞」とありますが、「嫖」ではないかという気がします。その方が音的にも面白いですし。如何でしょうか。

    • 九去堂 より:

      ご指摘ありがとうございます。『笑府』の紙媒体はすでに処分してしまっており、手元にありません。中国哲学書電子化計画のサイトから原文を引用していますが、单是闞飲となっており確認の術がありません。おそらく仰せの通りでしょうし、音的にも意味上も間違いなく同意できますが、今はこのままとさせて頂きます。